allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

突然の訪問者<未>(1972)

THE VISITORS

メディア映画
上映時間88分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・TV放映
ジャンルサスペンス/ドラマ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2011-08-17 10:23:28
ビル(ジェームズ・ウッズ)は内縁の妻マーサ(パトリシア・ジョイス)と義父ハリー(パトリック・マクヴィ)の家に住んでいる。そこにベトナム戦の戦友トニー(チコ・マルティネス)とマイク(スティーヴ・レイルズバック)が訪れて来るがこの3人は戦中でトラブルがあって・・・。

アメリカ軍がベトナムから撤退する前に作られた映画で、ベトナム戦を厳しい目で描いた初の作品だと言われていますが、戦争の様子が出てくる訳ではありません。
ビルの採った行動が正義に基づくものか、裏切り行為かという点が主題になっていますが、父ハリーも二次大戦で戦争の経験があり、汚いことをやるのも戦争だと主張し、輪姦に参加しなかった息子ビルを男ではないと言い放つあたりに焦点があります。ただ、それだけの問題が続き、最後には醜い復讐らしきものが出て来ますが、あまり面白い映画ではありませんでした。
ただ密告が出てくるだけに原作者でもあるエリア・カザンが赤狩りの際、司法取引をして友人の名前を出して告発した事と絡めて興味があります。そして平重盛の「忠ならんと欲すれば孝ならず、孝ならんと欲すれば忠ならず」という言葉も思い出す映画でもありました。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-07-01 02:29:51
内縁の関係、ベトナムでの過去など簡素な作品のわりにスキャンダラスな要素が結構入ってます。

静かな田舎暮らしをする若い男女(ちなみに監督の自宅で撮影)・・・なのですが、その二人の関係が最初からイマイチうまくいってないのが効果的でした。
シックリきてない不協和音な感じが中盤・後半に生きてましたね。

タイトルの訪問者というのは、ベトナムでの戦友たちなのですが武勇伝を語るでもなく世間話や思い出話をするでもなく、、3人の間に終始微妙な空気が流れています。
その不可解な緊張感が何とも魅力的で私は早々に見入ってしまいました。
テンポは速くないですし、淡々としているのですが「どんなわだかまりがあるのか?本当の目的は何なのか?いつ行動を起こすのか?何をする気なのか?」だけで魅せきっています。

多面的に心情を表現した演出も素晴らしいかったです。
人を選ぶ作品ですし後味は相当悪いですが、衝撃的な心理サスペンスドラマだったので飽きずに鑑賞できました。

「カジュアリティーズ」を鑑賞している方は、その後日談として観ると興味深いものがあるかもしれません(キャストは違いますが・・・)
投稿者:bond投稿日:2010-06-24 09:20:23
【ネタバレ注意】

軽度緊迫感が維持されラストで炸裂。ほぼBGMなしで終盤に流れるギター音楽が効果的。でも、ラジオの音楽でチークダンスした女の心理がわからない。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-06-10 16:38:32
「カジュアリティーズ」の続編的な作品。自主映画に近かったので撮影の殆どはカザンの別荘で行われたらしいが、全編に漂う緊迫感はやはり大ベテランでなければ出せない物。ただし後味は結構悪い。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ パルム・ドールエリア・カザン 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION