allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スペーストラベラーズ(2000)

メディア映画
上映時間125分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映)
初公開年月2000/04/08
ジャンルアクション/コメディ
ジョビジョバ大ピンチ スペーストラベラーズ ver.Zero [DVD]
参考価格:¥ 3,024
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:本広克行
企画:河村雄太郎
(フジテレビ)
佐藤雅夫
(東映)
阿部秀司
(ROBOT)
プロデューサー:臼井裕詞
(フジテレビ)
近藤正岳
(東映)
堀部徹
(ROBOT)
ラインプロデュー
サー:
田口拓也
協力プロデューサ
ー:
須藤泰司
原作:児島雄一
ジョビジョバ舞台「ジョビジョバ大ピンチ」
脚本:岡田惠和
撮影:藤石修
美術:大倉謙介
音楽:松本晃彦
照明:椎原教貴
制作プロダクショ
ン:
ROBOT
制作担当:松岡利光
録音:芦原邦雄
助監督:羽住英一郎
出演:金城武西山 保
深津絵里相田みどり
安藤政信藤本 誠
池内博之高村 功
濱田雅功野々村清
渡辺謙坂巻隼人
筧利夫深浦巧一
鈴木砂羽深浦公子
甲本雅裕清水考広
武野功雄倉沢慎太郎
中山仁須藤正義
ガッツ石松庄田義政
大杉漣常田宣一
【解説】
 人気お笑い集団・ジョビジョバの舞台劇を、『踊る大捜査線』のヒットメーカー・本広克行監督が映画化。銀行強盗に押し入った3人組の若者たちと、彼らに人質にとられた行員や客たちの騒動をコメディタッチで描く。密室劇で繰り広げられる本広監督独特のユーモアや、爽快なテンポの演出が見もの。金城武、安藤政信、深津絵里共演。孤児院育ちの3人組、西山、高村、藤本たちは、閉店間際のコスモ銀行を襲撃。だが計画は呆気なく失敗し、彼らは警察に取り囲まれてしまう。戸惑った西山たちは、銀行内にいた行員や客らを犯人に見立てるという奇抜なアイデアを思い付くが・・・。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
966 7.33
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:半熟卵投稿日:2010-01-03 13:29:12
濱田雅功
投稿者:ATS投稿日:2008-05-20 15:18:23
【ネタバレ注意】

登場人物も、物語も、とにかく頭が悪すぎて、観ているこちらはどんどんしらけていくという、救いようのない駄作。
面白くもないコントの最後に無理矢理主人公を殺して涙をさそおうとするというひどい代物だった。
これ以上の駄作は今のところ見たことがない。

投稿者:nooooon投稿日:2006-01-16 17:35:20
【ネタバレ注意】

序盤は見てて何が起こるんだろうとわくわくどきどき。
三人が強盗入ったときも男女のやりとりが面白くテンポいいコメディタッチでその後も期待できた。
が、それからはもう、つらかったです。
全体的に主人公の役者3人は画的にいいかもしれませんが観客を引き込むには力不足に感じた。
いきなり安藤政信の役がアニメキャラを引出して「これ!これでいこう!」みたいなノリにも「はあ?」という感じ。
そしてそのアニメキャラクターのイラストもかなりお粗末。クオリティ上げようよ。
散々な最後まで観た後で舞台作品を映画化ときいて納得。
妙に薄っぺらくそれをカバーするほどの軽快さがない。

投稿者:jyunn投稿日:2005-01-24 20:00:25
【ネタバレ注意】

深津絵里がとても可愛く見える映画でした。

投稿者:marie投稿日:2005-01-11 02:15:54
とっても面白かった。ラストは何だか泣けた。。
キャストも良かったし、ストーリーもギャグっぽいが面白かった。
安藤政信が好きで観たのだが、金城の演技の下手さに目がいって…(汗)
あれはヒドいと思う。
投稿者:紅竜投稿日:2004-07-06 23:20:31
 当時でもそこそこ有名な俳優を集めた作品と思いましたが。
今では、もっとメジャーになった(なる可能性がある)人も..
そういう意味では先見性のあるキャスティングだったと評価できるかも。
投稿者:Mr.Nobody投稿日:2004-03-14 14:14:14
【ネタバレ注意】

世の中には見なくてもいい映画ってあるんですね。
この映画がまさにそんな映画です。

「銀行強盗に入ったら、人質にテロリストがいてさぁ〜」
「その銀行がサプライズ・パーティやっててさぁ〜」
「バンドの解散会見の途中で、銀行強盗の発生を聞いて集まった
 記者がいなくなちゃってさぁ〜」

なんてミーティングでは「それ面白ですね」
何て言ってたんだろうけど、
実際に映像化してもまるで笑えません。

それはまぁいいんですけど、一番酷いのが池内博之が
撃たれた後のスローモーションがクドイ過ぎるくらい長く、
本広監督の「ここで泣いて下さい」光線が
出っ放しでもういい加減に頭にきました。

この監督やたらのこの光線を出したがる人で
「踊る大走査線」シリーズや「サトラレ」もそうでした。

本当に見たことを後悔させる映画です。

投稿者:かっこう投稿日:2003-11-08 19:05:50
ドタバタしてて楽しく見られました。
僕の大好きな邦画「遊びの時間は終らない」を思い出しました。

だけど、下の方のコメントにあるように、確かに自分たちをアニメキャラに置き換えるという設定は活きていないですし、泣かせようとしているエンディングも、もう少しハッピーエンドにしてほしかったとは思います。
投稿者:ゆーき投稿日:2003-09-18 16:35:22
【ネタバレ注意】

先が読めないというか、テンポが良くって全然飽きないで最後まで見る事ができた。配役もなかなかマッチしてると思うし、ストーリーも思わず笑ってしまうような箇所が散りばめられていて、かなり楽しく見れた。ハッピーエンドを想像してみてたけど、そうじゃかなった。でもやはり全体を通して楽しい。最後の泣けるシーンもアニメをみて泣くという新鮮な感動だったし、出演者それぞれの言葉が良くって心に残る映画になっていると思う。冒頭の「知ってる?雲の上って雨が降らないんだ」という言葉から始まって、「あなたは今、何をしてますか?」に繋がるところも感動っていうか、なんだか良かった。エンドロールの音楽、映像も「ふぅ。良い映画だったぁ」という気持ちになった。こういう映画があるから邦画も甘くみれない。★★★★☆

投稿者:映倫丸投稿日:2002-07-18 02:04:15
なんかコメントを書こうと思ったが、実際何の印象も残ってなかった。…ごめんなさい。金城が結構好きで、その他にもこんな俳優達がでてるんだなあって観ただけかもしれない。だめだなこりゃ。
投稿者:ジョジョ投稿日:2002-04-19 17:38:04
【ネタバレ注意】

これ途中までは結構面白いかもとか思って見てたのに、最後で全てがぶち壊しになった。コメディーっぽく見させといて、最後に死ぬってなんじゃそらー、って。
コメディーで人が死ぬのはとても耐えられるものじゃない。いや、むしろコメディーか。悪い意味で。
たとえベタでも逮捕して終わって欲しかったよ。
なんのヒネリも無い映画を見せんなー!!

投稿者:ゆうじ投稿日:2002-03-12 21:36:13
ちょっと外したかなといった出来。本広監督は前作「踊る大走査線」ではリアルな描写とちょっと面白いギャグをうまく調和して作品にノリのよさを出していたが、本作は設定が御伽噺的でリアルさは皆無。そんな世界の中で登場人物が好き勝手にはしゃいでいるだけでは、軽さばかり目立ってノリのよさに繋がってこない。

現実離れした設定にもかかわらず展開に意外さが無いし、ストーリーのバックにあるアニメ{スペース・トラベラーズ}も設定上生きていない。しかも、登場人物の内面描写が出来ていないとなると、これは駄作と言わざるを得ない。

思い切って、現実離れした銀行(閉店後すぐに送別会の準備をしている金融機関なんてあるわけない!)を襲った間抜けな泥棒を主人公にしたギャグ作品とした方が面白かったかもしれない。そうすれば、少ししんみりとしたラストも生きただろう。
【レンタル】
 【DVD】スペーストラベラーズレンタル有り
 【VIDEO】スペーストラベラーズレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION