allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スティグマータ/聖痕(1999)

STIGMATA

メディア映画
上映時間102分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM=UIP)
初公開年月2000/05/27
ジャンルホラー
スティグマータ 聖痕 (特別編) [DVD]
参考価格:¥ 1,000
価格:¥ 1,980
USED価格:¥ 498
amazon.co.jpへ

【解説】
 パトリシア・アークエット主演のオカルト・スリラー。キリストが負った5つの傷を示す聖痕“スティグマータ”。突如その傷が現れた女性を襲う、未曾有の恐怖を描く。ガブリエル・バーン共演。ある日突然、都会で働くヘア・ドレッサー、フランキーが体数カ所から出血するという怪現象に襲われた。バチカンから派遣された神父アンドリューは、彼女に現れた聖痕が真実か否かを調査しはじめる。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
531 6.20
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2015-02-08 19:45:46
美容師フランキーは母から旅のお土産ロザリオを貰う。風呂に入ったフランキーに突如激痛が伴い手や足に穴が開いてしまい流血する。アンドリュー神父はフランキーの聖痕の真贋を調査するが・・・。

タイトルだけ見ると鑑賞する気が余り起きない作品で購入してから13年も開封していなかった。いざ、鑑賞してみると意外にも見入ってしまい普通のオカルト作品とは少し違う。P・アークエットの魅力も宛ら体当たり演技がDVDの5.1chと広大なシネスコに嵌っていて最後まで楽しめた。
投稿者:namurisu投稿日:2010-10-19 13:31:10
監督の選択ミス。映像ゴチャゴチャしすぎ。落ち着いて撮れ。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-08-19 12:05:37
【ネタバレ注意】

 超常現象のひとつとして謎の多い聖痕現象(スティグマ)を真正面から描いた90年代の映画では珍しいオカルト映画。観る前の自分の予想としては、実在するこの怪奇現象の解明や真相はどうせボカしたりはぐらかして最終的に話を締め括るんだろうなぐらいに思っていたんだけど、本当に明確に聖痕現象を解明しています。
 
 ・・って言っても、これではこじ付けと言うか、この作品の女性主人公が襲われた聖痕現象の場合に限るという限定付き。後から考えたら別に聖痕現象なんて起こさなくたっていいじゃんと思ってしまうような真相。単に世界的にも有名な超常現象を映画の題材にセンセーショナルさをアピールして観客を呼び込もうという商魂が垣間見える作品。
 女主人公の身体に聖痕が現れる瞬間、いちいち彼女が磔刑の格好になったり、これでもかというぐらいに出血シーンを頻繁に出したりするショッキング・シーンの過剰サービスぶりがちょっとワザとらしい。

 最終的には「エクソシスト」になってしまうこの作品。製作側はあのオカルト映画の金字塔に挑戦したかったのか? 今まで誰も観たことがない悪魔祓いのシーン。なんと!人を助けるのではなく、人を○○しようとする掟破りのエクソシズムなんだから困ったもんだ。

投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-05-09 01:06:26
P・アークエットがなにより怖い。
投稿者:さすらい2投稿日:2006-04-12 08:25:24
というコピーは言葉のトリックなので注意しましょう。
だってどんな大ヒット作でもいつかは一位の座から落ちます。
その当たり前のことを売り出しコピーに使うのはいけません。
たまたまその時期にこの作品が出ただけの話です。
ガブリエル・バーンは熱演でしたが、
シックスセンスと比せるほどの作品では勿論ありません。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-03-15 23:18:31
まあまあ
投稿者:観音ボール投稿日:2005-09-20 18:19:41
「シックス・センス」を追い抜いて1位になったというので、少し期待して見たのですが、まぁまぁといったレベルでした。まぁ「シックス・センス」もオチだけの映画ですが。

亡くなった神父の十字架を手に入れたことから女性(パトリシア・アークエット)に聖痕現象が起きるようになった。バチカンから神父(ガブリエル・バーン)が調査のために派遣される・・・

なんだか無理やりオカルト映画にしたような印象を受けました。確かにそういう題材なんだけど、ミステリーとして見たほうが良いのではないかと思いました。謎解きにもっと力を入れて作ればもっと面白い映画になったんじゃないかな。「トマスの福音書」が最後に字幕だけで登場するのはもったいないと思いました。ショッキングな映像が入ってるほうが受けると思ったんでしょうか、エクソシストばりの場面もありました。でもそのためにかえって安っぽい映画になってしまったような気がします。

ジョナサン・プライスは悪役が良いですね。インテリな悪役が実に似合う。ガブリエル・バーンもよかったです。一番最初のシーンは高倉健みたいでした。パトリシア・アークエットはお姉さんみたいに派手な顔立ちじゃなくってかえってよかったんじゃないかな。でも変な言い方ですが、競争激しい顔立ちだな。
投稿者:長春投稿日:2005-02-10 21:56:52
「トマスによる福音書」初めて知りました。「トマスによる福音書」の日本語訳も出版されているんですね。ただただ女性に聖痕が現れ、アラム語を使うというだけで、映画としてはもう一歩という感じでした。
投稿者:filmer2003投稿日:2003-03-18 00:55:22
【ネタバレ注意】

宗教をモチーフにしたオカルトにしてはとても現代的なので、カトリック事情など無知な私でも楽しめた。枢機卿がバチカンに都合の悪い情報は真実(?)でも握りつぶすっていうのは、どこぞの政府でもありそうな話だし、ガブリエル・バーンが元科学者だから浮き世離れしてないし。でも、最後のキスが余計だったかも。アンドリュー神父が悪魔の誘惑と戦う葛藤を強調しようとしたのかもしれませんが、誠実そうで正義に生きる人っぽいので、別に恋愛感情がなくても彼女を助けたんじゃないかと思うし、その方がいいような気がしたので
すが。

投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-03-24 22:59:24
エクソシストのマネ入ってて、なんか全然新鮮味がない。
主人公の女の人の歯並びが気になった。(関係ないけど)
投稿者:もっち投稿日:2001-11-17 16:13:39
もっと怖いのかと思ってましたが、そうではありませんでした。
でも、痛そうなシーンとか多くて、「ギャー!!」と思いつつ観ましたが…
内容とかあまり知らない状態で観たので、
結構近代的な中身で意外でした。
投稿者:zxcv68投稿日:2001-11-11 21:33:48
エクソシストのリニューアルという感じがしました
投稿者:サクヤ投稿日:2001-03-11 04:09:02
エンドオブで伊豆と一緒に見たので・・・悪魔と神父・・・・・・・ごっちゃ
投稿者:asako投稿日:2000-11-22 11:18:40
ガブリエル・バーンが大好きで見た映画です。
タイトルが「聖痕の現れた人」だし、
ジャンル的にはホラーになっていたので期待度は低かったのですが、
ホラーというよりも現代的なオカルトと言うのがぴったりで、
映像も美しくかなり引き込まれながら見ました。
目当てのガブリエル・バーンの魅力を堪能できるシーンもあったし、
何よりも、そんなに美人ではない(?)パトリシア・アークエットが
次第にマリア像と重なって見えてきてとても美しかったのに驚き、
十分に目を楽しませてもらいました。
私は特に宗教は持ちませんし、「聖痕」には疑問も拭えませんが、
主人公の女性が同じく無宗教でヒッピーのような感じだったので、
同じような目線で見て感じることが出来てストーリーにも入りやすかったです。
DVDが出ていれば購入したかったのですが販売は未定のようで残念です。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION