allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

太陽は、ぼくの瞳(1999)

THE COLOUR OF PARADISE

メディア映画
上映時間90分
製作国イラン
公開情報劇場公開(アミューズ)
初公開年月2000/05/13
ジャンルドラマ
太陽は、ぼくの瞳 [DVD]
USED価格:¥ 3,411
amazon.co.jpへ

【解説】
 「運動靴と赤い金魚」のマジッド・マジディ監督が、手で触れ、音を聴くことによって自然と対話する盲目の少年とその父との絆を描いたヒューマン・ドラマ。全寮制の盲学校に通うモハマドは、夏休みに入る前日に父親の迎えを待っていたが、友達がみな家に帰っていく中、彼一人取り残されていた。ようやく現れた父親は複雑な表情だった。家へ帰るとすぐ、新しい女性との結婚を控えた父は、祖母の反対を押し切って、モハマドを盲目ながら大工として働く男の家に預けてしまう。99年、カナダ・モントリオール国際映画祭グランプリ受賞作。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
214 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:cowboy投稿日:2002-06-09 14:50:02
これは美しい映画だと思いました.とても素敵な映画です.
神はどこにでもいる・・・
おばあちゃんが言いました.「あの子の事よりお前の事が心配だ・・・」
ラストに、ムハマドちゃんが探していたものは見つかったのだと確信しました。
あの子たちは本当に,ああやって石を読んだりしているんだそうです。
ムハマドちゃんは目は見えないけれど、
目が見える私たちに見えないものが、見えたのですね。
投稿者:ゆうじ投稿日:2002-04-03 01:33:34
主人公ムハマドのけなげな態度に心をとらわれるが、心理描写は浅い。また、主人公以外の登場人物についてもかなり心の葛藤があったはずなのだが、表面的に触れられているだけ。その為か、映画全体があっさり味になってしまい、何か物足りない。基本的には泣きの物語なので、多少なりともオーバーな演出があった方が、強く印象に残ったように思うが…。ラストが救いのない終わり方だけに、余計にそう思う。

画面はストーリーの内容と反比例して、光に満ち溢れて明るい。また、イランと言うと砂漠地帯のようなイメージがあるが、映画の中では緑の森や草原と、水の豊かな川や湖しか出てこない。何でも、監督が国内では数少ないそのような土地をロケ地として特に選んだようだが、明い画面と暗闇で生きる主人公の取り合わせが秀逸。また、これも意識的だろうが、キツツキのドラミングなど外の音が効果的に取り込まれている。

まあ、薄味の好きなファンには満足のいく作品だろうが、自分にはちょっとあっさりし過ぎの病院食のような映画だった。
投稿者:パタパタママ投稿日:2001-11-19 13:58:56
今の自分のバイオリズムにピッタリの作品でした。私には泣けました。
イラン映画を見ると(まだ3本目ですが)、貧困と、にもかかわらず子供の純粋さ・あどけなさ・いじらしさがまず目に付きます。
遠い遠い幼児の頃のかすかな記憶が喚起されます。自然が身の回りにあり、夜が暗く長く怖い、大人達が怖かった・・・
画面は大変きれいです。イランの大自然?でしょうか、すごくきれいです。麦畑・花畑や、糸を染める過程の花々を使った染めの色。
しかし何といっても、モハマド少年や登場する子供達の表情が、胸を打ちます。こんな子供の顔は今の日本ではもう見られないのではないでしょうか・・・

この映画は多分、幼少の頃、親との関係が上手くいかなかった経験を持つ者に、強く訴えるのだと思います。
私は子供の頃大変孤独で、この映画の出す音(鳥の声、風の声、得体の知れぬ動物?の叫びのコダマ、嵐の前のざわめき)を聞きました。盲目のモハマドの孤独の叫びがよく分かります。

「赤い運動靴の金魚」とは打って変わって、寓話的・物語的そして宗教的であります。
小さなモハマドが泣きながら「・・・ぼくはいつも神様を探している。神様になら何でも話せる」この場面が一番の涙々でした。

ラストの渓流場面は、残念ながら全体の中で異質で、また長すぎたでしょうか・・そして、またまた鈍い私は分かりませんでした。最後、少年がどうなったのか・・・??読解力足りないのかな?
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2001-11-09 18:38:40
なんか寂しい。始まりそんなん違うかったのにな。
感動でも悲しいでもなく、何故か寂しい。
投稿者:cario投稿日:2001-05-20 09:43:08
イランイラクというと、どうしても砂漠の国というイメージがわく。以前NHKで戦火を逃れてきた少年と彼の面倒を見る農家の女の話を描いた大変すばらしいイラン映画を見たことがある。その舞台が広大な田んぼで、その豊かな緑にショックを受けたのだが、この映画でも緑の山、森、畑がとても美しい。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】太陽は、ぼくの瞳2001/04/27\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】太陽は、ぼくの瞳レンタル有り
 【VIDEO】太陽は、ぼくの瞳 <日本語吹替版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION