allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ゴジラ×メガギラス G消滅作戦(2000)

GODZILLA VS. MEGAGUIRUS: THE G ANNIHILATION STRATEGY

メディア映画
上映時間105分
製作国日本
初公開年月2000/12/16
ジャンルSF/特撮
ゴジラ×メガギラス G消滅作戦 【60周年記念版】 [Blu-ray]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 4,143
USED価格:¥ 3,333
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:手塚昌明
製作:富山省吾
脚本:柏原寛司
三村渉
キャラクターデザ
イン:
西川伸司
撮影:岸本正広
視覚効果:小川利弘
美術:瀬下幸治
造型:若狭新一
編集:普嶋信一
キャスティング:田中忠雄
音響効果:佐々木英世
音楽:大島ミチル
アクション:喜多川務
(ゴジラ)
渡辺実
(メガギラス)
ビジュアルエフェ
クトスーパーバイ
ザー:
岸本義幸
大屋哲男
小野寺浩
照明:斉藤薫
制作担当者:金澤清美
操演:鳴海聡
特効:渡辺忠昭
特殊技術:鈴木健二
特殊技術・撮影:江口憲一
特殊技術・助監督:菊地雄一
特殊技術・照明:川辺隆之
特美:高橋勳
録音:斉藤禎一
助監督:宮村敏正
ナレーション:屋良有作
出演:田中美里辻森桐子
谷原章介工藤元
勝村政信新倉誠
池内万作美馬和男
山口馬木也細野精一
山下徹大奥村知治
永島敏行宮川卓也
かとうかずこ早坂薫
中村嘉葎雄山口剛
伊武雅刀杉浦基彦
星由里子吉沢佳乃
黒部進海上自衛隊幹部
上田耕一政府関係者
極楽とんぼ水道局の職員
【解説】
 度重なるゴジラ襲来に備え開発されたブラックホール砲“ディメンション・タイド”。だがその実験後、時空の歪みから現れた古代の巨大昆虫は卵を産み落とし、それは少年の手によって東京・渋谷に運び込まれた。卵から孵化した無数のメガヌロンは渋谷を水没させると、成虫のメガニューラに変態、日本に迫りつつあったゴジラと激突した! 1954年の初上陸によって東京が破壊され首都を大坂に移したパラレル・ワールドの日本を舞台にした作品。
<allcinema>
【関連作品】
ゴジラ(1954)シリーズ第1作
ゴジラの逆襲(1955)シリーズ第2作
キングコング対ゴジラ(1962)シリーズ第3作
モスラ対ゴジラ(1964)シリーズ第4作
三大怪獣 地球最大の決戦(1964)シリーズ第5作
怪獣大戦争(1965)シリーズ第6作
ゴジラ・エビラ・モスラ 南海の大決闘(1966)シリーズ第7作
怪獣島の決戦 ゴジラの息子(1967)シリーズ第8作
怪獣総進撃(1968)シリーズ第9作
ゴジラ ミニラ ガバラ オール怪獣大進撃(1969)シリーズ第10作
ゴジラ対ヘドラ(1971)シリーズ第11作
地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン(1972)シリーズ第12作
ゴジラ対メガロ(1973)シリーズ第13作
ゴジラ対メカゴジラ(1974)シリーズ第14作
メカゴジラの逆襲(1975)シリーズ第15作
ゴジラ(1984)シリーズ第16作
怪獣王ゴジラ(1956)シリーズ第1作改訂版
ゴジラVSビオランテ(1989)平成シリーズ第1作
ゴジラVSキングギドラ(1991)平成シリーズ第2作
ゴジラVSモスラ(1992)平成シリーズ第3作
ゴジラVSメカゴジラ(1993)平成シリーズ第4作
ゴジラVSスペースゴジラ(1994)平成シリーズ第5作
ゴジラVSデストロイア(1995)平成シリーズ第6作
ゴジラ2000 ミレニアム(1999)平成シリーズ第7作
ゴジラ×メガギラス G消滅作戦(2000)平成シリーズ第8作
ゴジラ・モスラ・キングギドラ 大怪獣総攻撃(2001)平成シリーズ第9作
ゴジラ×メカゴジラ(2002)平成シリーズ第10作
ゴジラ×モスラ×メカゴジラ 東京SOS(2003)平成シリーズ第11作
ゴジラ FINAL WARS(2004)平成シリーズ第12作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
746 6.57
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:こじか投稿日:2010-08-29 09:38:35
め、メガギラス…!?
もうその段階でのれない。
設定のちゃちさ特撮のやっつけ感は川北時代へ逆戻り。
一応わたしも愛のある元怪獣マニアなのですが…。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2009-02-08 08:09:22
【ネタバレ注意】

強いて共通点があるなら「泣かせる映画」であるってこと。
桐子ちゃんがパンチを繰り出すシーンがハイライト。
格好良い「戦う」ヒロイン→釈ちゃんのメカゴジラに繋がってるのではないかと。まぁアッチの引き摺る過去は若干暗すぎるかもだが…

…しかも空を埋め尽くす蟲の親玉がお台場でガメラと対峙します…迫力の格闘ってか正に一騎打ち。剣の達人が切り結んでどちらが傷を負ったか解らない様な緊迫感…そしてガメラがアイツを!
スローモーションだぜ?〜まぁカメラとか効果(メガギラスの残像etc.)とか凝りまくり。しかも音楽がクラシカルではあるんだが超絶に格好良いです。

冒頭のカレーはキャラ紹介的ギャグでしょうね…しかも最後元に戻ってるし。実はゴジラの格闘も倒れた頭にあのフジの球体が…みたいなギャグに走るんじゃないか?って内心ハラハラしながら観てました。

エンドロールの後に標本を持った少年が観たものは?〜勿論、次作?に登場する筈なゴジラなんでしょうが…

投稿者:メカゴジラ投稿日:2007-12-18 17:05:49
 
平成ゴジラシリーズは、観る前に自分の中のハードルをいちばん下まで下げとかないといけないんですが、これは予想外の面白さ。
特に「おおっ!」と思わせてくれる凄い画が多く、水没した渋谷のビルにものすごい数のメガニューラが貼り付いて羽化するシーンや、海中のゴジラに対する魚雷攻撃シーン、お台場にゴジラが浮上するシーン、ディメンション・タイドが地上を破壊するシーンなど、久しぶりにゲンナリしないで観れた平成ゴジラでした。
小さなことだけど、メガギラスに合体すべく水中に飛び込んだちっちゃいメガニューラが、ちゃんと前足でピコピコ水をかいてたのには感心。作品の質を上げるのは、こういう小さいこだわりだと思うですよ。

他の方も書かれているとおり平成ガメラシリーズの影響が強いみたいで、ゴジラにメガニューラの大群がたかるシーンや、放射能火炎を受けたメガギラスが燃えながら落ちてくるのを引きの画で撮ってるとか、観てて結構ニヤニヤしました。永島敏行さん出てるし。

ただまあダメな部分もやっぱりあって、あいかわらず作品ごとに設定をリセットして(首都が大阪とか)、しかもそれがあんまり意味ないとか、主人公がほとんど役に立ってないとか、冒頭のカレーとか、なんでこの映画の作り手はこれでいいと思っちゃったんだろう?とうすら寒い思いもさせられます。

まあ欠点はあれど、平成ゴジラの中では結構観れる作品だと思います。
投稿者:たにし投稿日:2006-07-18 20:11:39
冒頭、永島敏行に助けられるところに

なぜか男女の香りが。。
投稿者:DJazuma投稿日:2006-06-14 13:58:17
怪獣同士のバトルや、メガニューラの群がり方は楽しめました。
現実味に欠ける設定も、その量が私にとってちょうどよかった(あれ以上だったり以下だったりしたらしらけるが)。


これであんな陳腐なCG使ってなけりゃぁなぁ。
そして、いくらなんでもディメンションタイドが物理を無視してまっすぐ落ちるのは無視できなかった。


手塚さん、惜しい。彼にもう一、二本撮ってもらえば、最終的に大傑作が出来そうな気がするんだが。
投稿者:Jack1991投稿日:2006-06-07 20:36:29
 他の方のレビューを見ると酷評が多々あるようですが、個人的には◎です。ある機会があって「ガメラ2 レギオン襲来」を見たのですが、これ「ゴジラ×メガギラス」じゃんって思いました。まぁ正確には「メガギラス」が「ガメラ2」っぽい、というのが正しいのでしょうが、この作品は非常に平成ガメラ3部作を意識して作られたようですね。
 まず、渋谷の水没。これは富山Pがインタビューでも発言していますが、「ガメラ3」の渋谷崩壊に対するもの。「ガメラ3」よりはインパクトが無いですが、メガヌロンの羽化シーンなどは結構面白いので◎とします。
 次にメガギラスのキャラクター性。これは非常にレギオンに近いですね。メガニューラが群れをなしてゴジラを襲うシーンは、小型レギオンがガメラを奇襲するシーンとそっくりですね(だから悪いというわけではありませんが)。
 公開当時は作品の評価は割りと高かったのですが、年々酷評する人の方が増えているように思えます。
 まぁ「ガメラ」を意識して製作したにしても、前年度の作品「ゴジラ2000ミレニアム」の地味だったイメージをがらりと変えた、東宝の空想特撮作品というレトロな感じと現代的な感じが漂っていてよかったです。
投稿者:BMG投稿日:2006-04-02 19:15:12
ラドンの餌だったメガヌロンをこんな所で登場させた事は、なかなかいい設定だと思います。ラドンの餌だったという事は、本作で全く触れられていなかったので、すこし残念でしたが、あの小さな虫(それなりの大きさ)がゴジラとまともに渡り合えるにまで成長してくれたのは、個人的にとても嬉しいです。
ゴジラとメガギラスの戦闘場面も、それなりにハイレベルな戦いをしてくれていたと思います。
ブラックホール砲やメガギラスに向かって放射火炎を吐くゴジラの姿は、すごく勇ましかったと思います。
面白くないという人もいると思いますが前回のミレニアムよりかなりおもしろかったので十分良かったと思います。
投稿者:ゴジラ好き投稿日:2006-03-19 23:15:20
【ネタバレ注意】

個人的には、嫌いではありません。放射火炎を浴びて大爆発するメガギラスを見るのは、とてもスッキリするものがありました。
デストロイアみたいに自衛隊にやられてしまった奴よりは、幾分かマシだと思います。
ゴジラとメガニューラの群れの戦闘シーンやブラックホール砲に向かって、ゴジラが反撃する場面など、今までのゴジラシリーズでは見られなかった場面が多かったと思います。

投稿者:映画で元気投稿日:2005-01-03 13:48:48
ミレニアムで絶望していた私にとっては、結構、面白く、今後の期待を抱かせる作品でした。随分、ハラハラドキドキ、わくわくすらさせました。
奇想天外なストーリー展開とテンポの良い作風は、監督に敬意を表します。
その後、ガメラの監督がゴジラを作って、新味のなさでがっかりさせ、再びメカゴジラで監督をされたのですが、上映時間を短くされて、ハム太郎との併画では、腕の振るいようもないでしょう。
製作者の意図と現場との意図とのちぐはぐさが裏目に出て、ファイナルは本当にファインルになってしまった。
改めて、平成ゴジラの唯一の秀作に再度、経緯を評します。
投稿者:ディープ・ブルー投稿日:2003-02-25 01:33:14
個人的にアノ「メガヌロン」がゴジラと闘う!・・・・・とマニアックな設定に惹かれて劇場に足を運んだのにがっかりした。 ドラマ「WITH LOVE」で楽しませてくれた田中美里のガンバリは素直に評価したい。 渋谷の水没シーンとかも結構リアルに作れててこれも素直に評価。 ただ、肝心の敵怪獣のちゃっちさには全て台無しって感じだ。 もう2度とムシものはやめてください。 カマキラス、クモンガ、ちょっと違うけどエビラ・・・そして諸悪の根源モスラ・・・逝ってくれ!
投稿者:ジョジョ投稿日:2002-05-07 21:40:39
【ネタバレ注意】

カレーの材料が一瞬で料理になるシーンを見ただけでしらけてしまった。
マイクロマシンによるものだということがばれて子供達が一言、「なんだぁー。」
いやっ、おまえらちょっと待てよ。そっちの方が凄いじゃねえか。
肝心のゴジラとメガギラスの対決シーンは、もっとテンポの早いものを期待していたのに・・・これじゃあ「ゴジラvsメカゴジラ」のゴジラとラドンの戦いのほうがマシ。鈴木監督のやりたいことはわかるが、迫力に欠ける戦いだった。
大阪が首都になるなど設定的には面白かったが、SF色を強く出した兵器や衣装はあまり好きではない。政府の陰謀めいた話も活かされていない。
・・・というか最初のカレーの話。これに尽きる。子供たちもがっかりしてしまうほどあの映画の世界の科学技術は進歩しているんだと言いたいのか?ならば何故そんなものを作った男が軍に呼ばれるのか?
もっと年下の子供ならともかく、あの歳の子供ならたとえそれが機械によるものであっても驚くはずである。脚本が強いんだか弱いんだか・・・
何にせよ、映画は最初が肝心。そう思わせてくれる映画だ。ファンには評価が高いというが、納得できない。

【レンタル】
 【DVD】ゴジラ×メガギラス G消滅作戦レンタル有り
 【VIDEO】ゴジラ×メガギラス G消滅作戦レンタル有り
 【VIDEO】ゴジラ×メガギラス G消滅作戦 <レンタル版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION