allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

フルスタリョフ、車を!(1998)

XPUSTALEB, MAWIHU!
KHRUSTALYOV, MASHINU!

メディア映画
上映時間142分
製作国フランス/ロシア
公開情報劇場公開(パンドラ)
初公開年月2000/06/17
ジャンルドラマ
アレクセイ・ゲルマン コンプリートDVD-BOX(初回限定生産)
参考価格:¥ 21,600
価格:¥ 9,450
USED価格:¥ 7,889
amazon.co.jpへ

 Photos
フルスタリョフ、車を!

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2015-04-22 23:25:51
 どう考えても現実的だと思えない、でっちあげられた、演劇的と云ってもいいくらいの混沌と猥雑さ。それを見事な統制力でもって映画の画面にしている。家屋の中や病院の中も迷路というかカスバのような訳の分からない構造になっており、廊下の柵を飛び越えるのが通常ルートになっていたりする。老若男女、階級の差を越えて、怒鳴りあい、ふざけあう。とにかく狭い部屋に人が沢山登場する。多くの人がカメラ目線で一言つぶやく。パンニングやティルトで素早く被写体を追いかける。訳が分からない。だから面白い!
 しかし、開巻の夜の道の画面等、夜の光は悉くとても美しいし、この冒頭カットで犬が駈けて来るが、その足音にも興奮する。また、エピローグ、もっと云えば、ラストカットも面白い。実は、スターリンの挿話の後、タイトルの種明かしが出て、主人公がぐったりし、緩急の緩でもって、こゝで、エンドかと思った。(こゝで、エンドが良いと思った)。なのにエピローグが続くので、蛇足の感もしたのだが、いやラストカットで落ち着いた。ファーストカットとラストカットが共にかなり良くできたロングショットである、というのも本作の類まれなる統制力を感じる部分だ。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2012-08-26 06:33:26
一気観は出来た。後半の方が見応えはあった。前半(第一部)の祝祭的ノリにケチつける気は無いが、延々と続くのはどうかと思う。第一部はそれで終わったし。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ パルム・ドールアレクセイ・ゲルマン 
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION