allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

TATARI タタリ(1999)

HOUSE ON HAUNTED HILL

メディア映画
上映時間92分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ・コミュニケーションズ)
初公開年月2000/07/22
ジャンルホラー/サスペンス
映倫PG-12
呪われた廃墟病院/一晩生き残れたら1億円
TATARI タタリ [DVD]
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:ウィリアム・マローン
製作:ジョエル・シルヴァー
ロバート・ゼメキス
ギルバート・アドラー
製作総指揮:ダン・クラッチオロ
スティーヴ・リチャーズ
原案:ロブ・ホワイト
脚本:ディック・ビーブ
撮影:リック・ボータ
音響:ディーン・デイヴィス
音楽:ドン・デイヴィス
VFX:ロバート・スコタック
デニス・スコタック
出演:ジェフリー・ラッシュスティーブン・H・プライス
ファムケ・ヤンセンエブリン・ストッカード=プライス
テイ・ディグスエディ・ベイカー
ピーター・ギャラガードナルド・W・ブラックバーン
クリス・カッテンワトソン・プリチェット
アリ・ラーターサラ・ウォルフ
ブリジット・ウィルソンメリッサ・マーガレット・マー
マックス・パーリックカール・シェクター
ジェフリー・コムズリチャード・ベンジャミン・ヴァナカット
ディック・ビーブ
リサ・ローブ
【解説】
 1958年のホラー「地獄へつゞく部屋」のリメイク。忌まわしい過去を持つ元精神病院を舞台に、そこで一夜を過ごす事になった男女の恐怖を描く。斬新なVFX映像や効果音、そして凝った美術セットで迫力の恐怖描写を演出。ジェフリー・ラッシュ主演。ロバート・ゼメキス&ジョエル・シルバーが設立したホラー映画専門製作会社、ダークキャッスル第1回作品。“無事一晩過ごせたら1億円”のキャッチフレーズで招待された男女数人。だがそこは、かつて人体実験が行われていた精神病院だった……。
<allcinema>
評価
【関連作品】
地獄へつゞく部屋(1959)オリジナル
TATARI タタリ(1999)
TATARI タタリ/呪いの館(2007)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1167 6.09
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ダークリーママ投稿日:2018-02-27 15:29:31
「ホーンテッド」みたいな豪華な屋敷もいいけど、こういう廃墟みたいな病院をぐるぐる・・ってのも好き。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:irony投稿日:2007-08-29 17:10:22
 怖いと言うよりも 面白い 終盤のセリフがイチイチ笑える まぁこれ見て楽しめ的な作品だろ?ね…。ツボにハマった私はマイノリティーかね?
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2007-08-17 16:55:56
【ネタバレ注意】

〜の、口元が歪んだ笑い顔が凄い。存在感満点。

何が怖いって先ずあの屋敷が、その昔マッド・ドクターの仕切る犯罪者が患者の精神病院だった…って所。
単に鉛筆を削る映像すら雰囲気満点。しかも腹部を切り裂くし…
そこからの地獄絵……そして現代へ。
〜あのエレベータは演出だろうって想像は付いたけど面白いね。
あの屋敷から必死に去ろうとする持ち主…俺は酒を探す…ってか、ここからは怖い、怖くないでなくて呪われた屋敷の所業と、人間達の所業…結果、どうなっちゃうの?って興味で引っ張ります…間違いなく面白いです。
生きてる人間が死に、死んだ者が生き返り…それぞれの思惑が徐々に明らかになってゆくわけ。
俺は養子なんだ〜って…実に笑える。
結構、普通な奴等が生き残った訳だが、ラストの「位置」も楽しいです。

で、Marilyn Mansonの「Sweet Dreams (Are Made of This)」が流れる…
見かけで敬遠してたかもだが、音楽はまとも(グランジっつーか…)
エンドクレジット後の白黒ENDも凝ってます。

投稿者:すぴすぴ投稿日:2007-03-31 22:19:50
途中までかなり怖かったです(;_;) ゲームの弟切草思い出した。私だけ?
特にご主人が密室に閉じこめられて、怖い幻想を見るシーン。そこで息苦しくなるほどの恐怖を覚え、一旦DVDを止めた程です。
気を紛らわそうとネットを始め、タイトルを検索してみたらこのサイトが一番にヒットしました。
そして適度に恐怖が薄れた頃に続きを見たのですが、続きはまっっっっっっっっっったく怖くなかったです。
ホラー映画に似合わないアクション映画のようなBGMもちょっと変。
でも総合的にそう悪くないかと。
今まで見たホラーの中ではかなり怖い方です(途中まで)
投稿者:さとせ投稿日:2007-02-05 16:20:35
いわく憑きの病院で一晩を明かし、なお生存した者に賞金1億円を与えるというアイデアはどこかで見たような気がするが設定は悪くない。
音に拘ったという監督のコメントの通り、映像ともども不快である。物語自体はもう少しひねれば面白かったと思う。
投稿者:だやん投稿日:2006-11-14 07:02:13
怖くもなく、面白くもなく、印象にのこる訳でもなく。
投稿者:bond投稿日:2005-05-24 11:16:35
予告編は怖そうで、出だしも良かったが終わればあららって感じ。
投稿者:Johnny投稿日:2004-01-30 21:40:16
ホラーであってホラーでないような映画です。殺しが凄い訳でもなく
出てくる物がグロい訳でもないし、
脅かしてビックリ!な訳でもないような‥。
『13ゴースト』や他の作品も、そういった感じがしました。
サスペンス色が強く、見せるホラー映画って感じで
新しいジャンルを開拓したように思えます。

今までのようにB級なノリでB級の役者でじゃなく、
一流の役者で一流の映画
を作ろうとしている意気込みが伝わってきます。
で、見せるホラーのこの映画もストーリーもまあまあだし
(閉鎖的空間が好き!)雰囲気はかなり好き!
館の主人とその妻のキャラクターが良かったです。
全体の完成度は「う〜ん」って
感じなんだけど個人的には好きでした。

グーク・キャッスルの映画は、どれも雰囲気は
めっちゃ好きなんだけど核心部分に何か物足りなさを感じます。
でも、いつかとんでもない物を作ってくれそうな予感がします。
これからも、注目したい会社です!


投稿者:ASH投稿日:2003-11-23 14:14:50
 ギミックの帝王、ウィリアム・キャッスルを、リメイクという形でリスペクト…なんてね(残念ながら「地獄へつゞく部屋」は未見)。

 結局、お化け屋敷でお化け大会をやったら、本物が出てきて、さぁたいへん!という映画だと解釈しましょうか。夫婦の痴話喧嘩に端を発するとはいえ、なにもあんなにお互い手の込んだことを仕掛けなくても…と、考えてしまったのは野暮ちんですね。

 B級映画のノリを、大掛かりな特殊効果を駆使して表現するというダークキャッスルの手法。この着眼点は、テクノロジー至上主義者のゼメキスらしいといえば、それは褒め過ぎなのかしらん? ともかく、クライマックスの怒涛の展開は、結構満足したナリね。サラとエディが命からがら館から脱出したときゃ、観ているコチラも、まるでお化け屋敷からようやっと出られたみたいにホッとしちまったよ。あんな大金をふたり占め…いいなぁ…。

 つまり、充分に元は取ったということかね。まあ、怖い・怖くないは、この際置いといてと。しかし、レールが外れるジェットコースター、僕はアレが一番怖いがな! で、眼鏡ッ娘のフォーク・シンガー、リサ・ローブがレポーター役で登場! 絶叫してます。

 マリリン・マンソンが歌う「スウィート・ドリームス」のカバー、なんか雰囲気があってイイね。
投稿者:彬 翔投稿日:2003-08-17 13:12:21
「ダーク・キャッスル」と言うプロダクションの記念すべき1作目です。
ホラー映画の制作専門に創設されたというプロダクションだけあってリキが入っています。とにかく怖くて気持ち悪くて目を覆いたくなるのですが、そこがまた快感に変ってくるのです。
ハマったら癖になる「ダーク・キャッスル」のホラー映画です。
投稿者:the hysteric green投稿日:2003-08-17 13:08:35
最初の方はかなり引き込まれた。
この後どうなってくんだろう、、、ってカンジで。怖そうだったし。

でも話が進むに連れて退屈。
ビデオカメラにだけ手術してる光景が映るシーンは怖いけどそれくらいかな。

結局夫婦ゲンカを描いたみたいな映画だった(笑)。
しかも最後はCGのゴーストに追われるのかい!
床はハデに破壊するし、やっぱジョエル・シルバーのアクション映画魂を抑えらんなかったんだろうなー。。。

ダークキャッスルは毎回かなり期待させてくれるんだけど、実際は期待以下。
これからもそのジンクスは変わらないだろうな。
投稿者:トレマー図投稿日:2003-03-28 03:18:23
つまらなかった。以上。
投稿者:トリガー投稿日:2002-12-10 19:43:52
霊や怨霊に異常なまでの恐怖を示し「学校の怪談」すらまともに観れない
俺にとっては失神するくらい怖い映画だった。
なにより一番怖いのはメリーゴーラウンドのような治療マシーンに
閉じ込められた人(詳しく覚えてないが)がみるグロテスクな幻影。
あの悪夢的な映像だけでもう耐えられん・・・。
きっと、もう二度と観ないであろう。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-08-07 17:23:03
遊園地に是非行きたい。
投稿者:ダガーマック投稿日:2002-03-28 02:00:11
ここでは評判良くないみたいだけど、
決して悪くないんじゃない?

何よりまず、こういった感じの「正統派ホラー」が
今のアメリカで撮られることに敬意を表したいし、
主演のジェフリー・ラッシュの
いかにもヴィンセント・プライス然とした佇まいが良い。
ジャンルファンには堪らないよね。

オリジナルの『地獄へと続く部屋』は最後にトリックがあるけど、
この映画はマジで幽霊の仕業という設定もいい。

幽霊の出し方だって悪くないと思う。
メリッサがデジタルビデオカメラで手術室を撮影するとき
肉眼では何も見えないのに、レンズごしに人体実験をする
院長らの姿が見えるシーン。
彼らが一斉に、ゆっくりとこちらを振り向くところなんか背筋が寒くなる。
冒頭で、エディの贋者が現れてジェニファーを血のタンクに
誘いこむところなんかも秀逸。
あのシーンではCGとか特撮はないだろうしね。

ラストの幽霊も、たしかにいかにもCG然とした感じだけど
「何やら得体の知れない存在」というニュアンスが感じられて
悪くないと思う。

ただ、冒頭の遊園地のシーンは要らないかもね。
投稿者:桃太郎投稿日:2002-03-04 17:38:00
 全然怖くない、最後に登場するキャラクターもあまりにデジタルぽくって全然怖くない。設定はかなり恐そうだったのになんかもったいない
投稿者:ファット投稿日:2001-05-21 21:56:46
あ〜・・・おしいなあ。
恐い要素はあるのに。
良い部品を悪い骨組みに組み込んだような作品だった。
骨組みがしっかりしてたらもっと面白かったんじゃないかな。
ラストも平凡。
ストーリーも平凡。
投稿者:ホラーマニア投稿日:2000-12-04 15:29:33
ひさびさので、出来のいいホラー映画だった。
お約束どおりの展開でテンポもよい。
この手の映画好き以外からは、酷評されそうな感じだけど・・・
投稿者:zappy投稿日:2000-11-10 17:21:34
どういう手法で怖がらせようとしてるのか、イマイチ統一感が無い。
見えない相手への恐怖なのか幽霊のビジュアル的な恐怖なのか、はたまた
人間同士の愛憎劇の恐怖なのか・・・そのどれもがチョットずつ入ってる感じ。
序盤で思わず笑っちゃうようなことやってるから、それを引きずってしまい
恐怖感にのめり込むまで時間がかかった。ラストは結局・・・・(笑)
人の顔が残像でグチャグチャになるあの手法、どっかで見たことあるなぁと
思ったら「ジェイコブス・ラダー」でした。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION