allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

殿方ご免遊ばせ(1957)

UNE PARISIENNE

ブリジット・バルドーの 殿方ご免遊ばせ(ビデオ)

メディア映画
上映時間88分
製作国フランス
公開情報劇場公開(東和)
初公開年月1957/12/21
リバイバル→IMAGICA TV-2010.9.11
ジャンルコメディ
殿方ご免遊ばせ HDニューマスター版 [DVD]
参考価格:¥ 2,940
USED価格:¥ 3,500
amazon.co.jpへ

 Photos
殿方ご免遊ばせ

【解説】
 バルドーは官房長ミシェル(ヴィダル)にしつこくつきまとい、遂に結婚するが、彼のあまりの女性関係の多さに腹を立て、そこで自分も浮気してやろうと、国賓のシャルル王子(ボワイエ)と空軍のジェット機を密かに使ってランデヴー。季節外れのニールの海岸で水遊びをするが、最後の一線を越えるに至らず、結局、旦那様がいちばんというワケで、王子の帰国予定もあってパリに再び(まさに)飛んで帰る。王子を見送る空港で彼もクシャミ、バルドーもつられるかの様に人垣の中でクシャミ。夫はその訳を知る由もない……。「この神聖なお転婆娘」に続き、ボワロンがバルドーの陽性の魅力を思い切り引き出した軽快なコメディ。ここでも彼女は仏首相の一人娘というお嬢様に扮し、その可愛らしいわがまま娘ぶりで大いに笑わせてくれる。
<allcinema>
評価
【関連作品】
この神聖なお転婆娘(1956)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
213 6.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:黒美君彦投稿日:2014-01-31 01:35:58
【ネタバレ注意】

BBのコケティッシュな魅力に溢れたラブコメ。
逆にいえばそれ以上でもそれ以下でもないんだけど(笑)
相手役のアンリ・ヴィダルはこの映画の公開2年後、うつを患って薬物に溺れ、わずか40歳で亡くなっている。
シャルル・ボワイエも美味しい役どころ。
色気たっぷりなBBのパリジェンヌぶりが楽しい作品。

投稿者:gapper投稿日:2014-01-02 16:02:09
 推定予算45万ドル。

 邦題が示す通りのおしゃれな作品。
 フランス的スタイリッシュと言ったらいいのだろうか。

 男女の恋愛駆け引きは、各国あると思う。
 日本にはあまりなかったのかもしれないが、敗戦後はこういった洋画から学んで今のようになったと思う。
 ただ、ちょっと誤解もある感じだけれど。

 ベベ(ブリジット・バルドー)のための作品で、ベベのキャラを見せるために物語は進む。
 アンリ・ヴィダルのミシェルの評判が良くないが、ベベの引き立て役なので目立つわけにいかずそんな役どころだったと思う。
 その意味で仕方なかったと思う。

 スタイルもよく当時人気があったのは、当然のように思う。
 ただ、ベベ以上の見所は無い。
投稿者:TNO投稿日:2013-06-30 16:45:15
説明までもなく、BB主演のアイドル映画だが、バカらしさも、度を超すと面白い。どこか、ハリウッドのドタバタ喜劇に通じる。シャルル・ボワイエがマフィアのボスと勘違いされたり、妻に頭が上がらず、浮気を告白させられたり。アンリ・ヴィダルのモテ男ぶりは、ちょっと不自然。他の女とキスをしながら眼だけは周囲を伺っている様子は最高。
投稿者:maxpit投稿日:2012-06-28 00:15:52
ブリジット・バルドー。通称「BB」の人気に火がついた時の作品
である。ロジェ・ヴァディム監督と結婚後、彼のデビュー作「素直
な悪女」で初の主役を勤め、爆発的人気の出たのが1956年。同年に
ミシェル・ボワロン監督で「この神聖なお転婆娘」マルク・アレグレ
監督で「裸で御免なさい」翌年に、再びボワロン監督と組みこの作品
となる。とにかく、作品がどうだこうだという話ではない。彼女を
見るための映画である(笑) 子憎たらしい可愛さはたまらない。
私はこの時代のフランス映画が大好きで、他にもアラン・ドロンや
ジャン=ポール・ベルモンド、カトリーヌ・ドヌーヴ、フランソワ
ーズ・アルヌール、ミレーヌ・ドモンジョ、シルヴィー・ヴァルタン
などといった俳優の作品を取ったミシェル・ボワロンもお気に入り
の監督の一人。フランス映画史を語るのには、なくてはならない
存在の「BB」。彼女の全盛期の作品で、必見作と言えよう(笑)
ちなみに、もう一昔前の名優シャルル・ボワイエが共演で、老いて
もなお、二枚目どころを演じている。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-11-06 03:48:11
モテ男に恋をした大統領の娘の日々を描いたドタバタコメディです。
お子ちゃま扱いで女として見てもらえないヒロインが結婚までどう事を運ぶか、女遊びの耐えない夫をどう自分に向けるかなどリアリティは無いですが観ていて楽しかったです。

外国の王子までもを魅了する生き生きと元気のよいブリジット・バルドーがなんと言ってもこの作品の魅力でしょう。
柔らかそうな豊満バストに驚異的にくびれたウエスト、まるでバービー人形のようなおみ足・・・そんなパーフェクトボディには不釣合いなあどけない顔立ち・・・この方は頭からつま先まで自分の魅力を完全に把握してますね。
ふてくされたような表情なんて見事な可愛さですよ(笑)
彼女によく似合う華やかで可愛らしいファッションも要チェックです。
ナイトガウンまで抜かりの無い衣装の数々には溜め息が出ますよ。
どんな服を着ても(着なくても 笑)素晴らしいブリジット・バルドーがお嬢な設定なのですから最強ですよね。
遊び人ではあるけれど粋なアンリ・ヴィダルや、おじさまぶりが素敵なシャルル・ボワイエ、親ばかな首相を演じたアンドレ・リュゲのキュートな父親ぶりなど男性キャストも良かったです。

ストーリーや演出は良くも悪くもない平凡な内容でしたが、本当に「殿方ご免遊ばせ」とあしらうようなブリジット・バルドーの小悪魔的魅力に溢れた作品でした。
投稿者:msang投稿日:2010-02-06 01:31:39
ブリジット・バルドーを鑑賞するためのドタバタ艶笑コメディーと最初から思って見れば、文句があるわけありません。ただ、字幕だけで見てると本当のコメディーとしての面白さがわからないかも・・・ じゃなくて、ブリジット・バルドーを見てれば十分なんですね、わかります。はい。
投稿者:Ikeda投稿日:2005-05-09 22:34:09
私の見たブリジット・バルドーの映画の中では、この作品がトップです。それに彼女自身も、この映画が一番好きだと言っていたそうです。自分の演技もあると思いますが、シャルル・ボワイエが共演していることが大きいです。何しろガルボ、デートリッヒ、バーグマンその他の有名女優と共演してきた名優ボワイエですから、彼女もこれを誇りに思っているのではないでしょうか。アンリ・ヴィダルが今一つの感じですが、ボワイエが出てきてからは、コメディながら全体がぐっと引き締まっていて、ラストの「くしゃみ」につながっています。
投稿者:MOMO投稿日:2001-09-07 23:02:16
ブリジット・バルドー可愛かった!これにつきます。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】殿方ご免遊ばせ HDニューマスター版2010/07/02\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】殿方ご免遊ばせ2008/07/25\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】殿方ご免遊ばせ2001/05/30\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】殿方ご免遊ばせ HDニューマスター版レンタル有り
 【VIDEO】殿方ご免遊ばせレンタル有り
 【VIDEO】ブリジット・バルドーの殿方ご免遊ばせレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION