allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

殺陣師段平(1950)

メディア映画
上映時間104分
製作国日本
公開情報劇場公開(東京映画配給)
初公開年月1950/08/26
ジャンル時代劇/ドラマ/アクション
殺陣師段平 [DVD]
参考価格:¥ 4,860
価格:¥ 3,625
USED価格:¥ 1,500
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:マキノ雅弘
製作:マキノ満男
企画:坪井与
原作:長谷川幸延
脚色:黒澤明
撮影:三木滋人
音楽:大久保徳二郎
出演:月形龍之介市川段平
山田五十鈴女房お春
月丘千秋娘おきく
市川右太衛門沢田正二郎
進藤英太郎倉橋(作者)
杉狂児兵庫市(道具方)
高松錦之助徳次郎(狂言方)
加賀邦男高島(役者)
原健作太田(役者)
初音麗子氷屋の婆さん
加藤嘉引抜きの男
【解説】
 長谷川幸延の同名戯曲を「醜聞〈スキャンダル〉」の黒澤明が脚色し「佐平次捕物控 紫頭巾 解決篇」のマキノ雅弘が監督した。1955年には「人生とんぼ返り」というタイトルでマキノ自身がリメイク版を監督している。また1962年には市川雷蔵主演のリメイク「殺陣師段平」が公開された。
 大正時代。新国劇を創立した沢田正二郎と、彼のもとで新しい殺陣を創造すべく、もがき苦しむ市川段平の姿を描く。
<allcinema>
【関連作品】
人生とんぼ返り(1955)リメイク
殺陣師段平(1962)リメイク
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2009-07-18 08:02:00
 クレジットはトップで市川右太衛門が出る。2枚目に月形龍之介と山田五十鈴が並ぶ。出番から云えば勿論タイトルロールの月形が一番で、もう圧倒的に映画を支えているのだが、市川右太衛門の澤田正二郎もなかなかいい。東京弁がいいから驚いた。ついでに云うと座付き作家の倉橋仙太郎を演じる進藤英太郎もずっと東京弁を喋る。そして、段平の妻おはる−山田五十鈴も見せ場のある、芝居しがいのあるいい役だ。前半の月形とのやりとりでは山田が食っていると云ってもいいのではないか。また、この髪結いの家のセットが良く、中二階のような離れの部屋や縁側などの空間を機能させながら二人の感情がよく演出されていて見事だ。さらに、後半の京都の氷屋の斜面−階段−の途中にあるロケーションも特筆すべきで、度々子供達の歌声が聞こえる演出も情感たっぷり。

 科白、特に演技論の部分は黒澤らしく青臭いというかお説教臭い。(なんて、つい嫌味を云いたくなりますが、いや多分、原作にある科白なのでしょうね。)しかし、流石にマキノはちゃんと演出の映画にして見せてくれています。画面を見る限り、黒澤臭さが全くない、誰のものでもないマキノの映画になっている。

#配役等を備忘で付け足す。
・冒頭のつけの取り立て(つけ馬というセリフがある)の女は赤木春生(春恵)
・段平から「飛田、松島に馴染みがいる」というような科白がある。
・娘の「おきく」は月丘千秋。月丘夢路の妹。ちょっと浪速千栄子に似ている。
・道具方の杉狂児が目立つ役。ラスト近くの酔っ払い演技が見事。
・若い役者の役で原健作もたびたび登場。ただ、余り目立たない。
・引き抜きの男が加藤嘉。引きの画が多く、実は初見では判別できなかった。
・氷屋の婆さんは初音麗子(礼子)。いいセリフ回しだ。
・医者は横山エンタツ。「むちゃくちゃやがな」
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】殺陣師段平2008/01/21\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】殺陣師段平レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION