allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

扉の影に誰かいる(1970)

Quelqu'un derrire la porte
SOMEONE BEHIND THE DOOR [米]
TWO MINDS FOR MURDER

メディア映画
上映時間95分
製作国フランス
公開情報劇場公開(松竹映配)
初公開年月1971/08/07
ジャンルサスペンス
それは女!?ただよう殺気の中で、ブロンドの髪がゆれていた!
扉の影に誰かいる [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 2,800
USED価格:¥ 2,082
amazon.co.jpへ

【解説】
 ロンドン郊外の港町にある邸宅を舞台に、記憶喪失の男を利用して妻の浮気の清算を計る精神医を描くサスペンス映画。一つ舞台で行われるシチュエーション・ドラマは、役者と脚本の力が最も必要とされるものだが、邸宅内だけで展開するこの作品にはどちらも不十分、凡庸なメロドラマと言うしかない。ブロンソンにも生彩無し。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:塚原新投稿日:2014-06-04 00:05:55
A・パーキンスとブロンソンって配役だけが見所で、脚本は冒頭から壊滅的な出来。一目見て記憶喪失だと分かったり、奥さんやメイドもいる自宅に連れてきて隠しているのも強引だし、とにかく計画がムチャクチャ過ぎて、笑えるぐらい。
まあ70年の映画ってこんなのも許されたりしたんだろうなって印象。
主役の二人を見てる分には楽しめるのが救い。俳優の持つ力ってすごいなあ(笑)
投稿者:マーテル投稿日:2006-04-17 01:39:20
ほとんど舞台変換もなく静かに進行する地味な展開とアクションを抑えた心理サスペンスという新境地に挑戦したのはいいが絶頂期のブロンソン・スタイルにそぐわずリスクも大きかった。
http://www.geocities.jp/yorozu24jp/
投稿者:Laetitia投稿日:2006-04-08 08:45:18
「ロンドン郊外の港町」ってどこですか。常識で考えて変でいい加減な表記はやめてほしいものです。

映画は昔テレビで見たけれど、つまらなかった。
投稿者:ロスマク投稿日:2003-02-22 19:06:03
【ネタバレ注意】

『サイコ』のA・パーキンスが精神科医、『雨の訪問者』のC・ブロンソンが精神病院から脱走した異常者という設定からして確信的。おまけにA・パーキンスの浮気妻を演じるのが、私生活ではC・ブロンソンの愛妻であるJ・アイアランド!!んでもって、彼女を妻だと信じ込んだブロンソンは浮気相手に対して嫉妬の炎を燃やすのだ。ストーリーは相当つまらないが、配役&設定でそれなりに楽しませてくれた。

【レンタル】
 【DVD】扉の影に誰かいるレンタル有り
 【VIDEO】扉の影に誰かいるレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION