allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

黒い賭博師 悪魔の左手(1966)

メディア映画
上映時間94分
製作国日本
初公開年月1966/01/27
ジャンルドラマ/アクション/ギャンブル・博打
黒い賭博師 悪魔の左手 [DVD]
参考価格:¥ 3,024
USED価格:¥ 2,300
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:中平康
製作:亀井欽一
企画:児井英生
脚本:小川英
山崎忠昭
撮影:山崎善弘
美術:松井敏行
編集:丹治睦夫
音楽:伊部晴美
出演:小林旭氷室浩次
広瀬みさ春野うらら
二谷英明教授
大泉滉王様
横山道代時子
鈴木やすしチョンボ
谷村昌彦花田刑事
原泉婆さん
天坊準盲人
ジュディ・オング少年
郷えい治ジャバラ
神田隆蒲郡郷平
浜川智子ホステス風の女
平田大三郎隊員A
押見史郎隊員B
瀬山孝司隊員C
高緒弘志隊員D
加原武門親分A
伊丹慶治親分B
長尾敏之助親分C
弘松三郎匹田
晴海勇三馬場
玉村駿太郎毛利
ペドロ・フェルナンデス大使
【関連作品】
さすらいの賭博師(ギャンブラー)(1964)シリーズ第1作
黒いダイスが俺を呼ぶ(1964)シリーズ第2作
ギター抱えたひとり旅(1964)シリーズ第3作
投げたダイスが明日を呼ぶ(1965)シリーズ第4作
さすらいは俺の運命(1965)シリーズ第5作
黒い賭博師(1965)シリーズ第6作
黒い賭博師 ダイスで殺せ(1965)シリーズ第7作
黒い賭博師 悪魔の左手(1966)シリーズ第8作
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2009-11-17 23:07:29
【ネタバレ注意】

 後半、いやと云うほど原泉(中野重治夫人だ!)のクローズアップを拝める有り難い映画。多分、多くの観客への嫌がらせだと思うが、しかし原泉ファン(!)には堪えられない。主題歌「ジョルダニア」をバックに小林旭と原泉のアップカットがディゾルブする部分がクライマックスだ。ふざけ過ぎ!

 いやいや、本作もふざけ具合と演出のスピード感が実に楽しい。ヤクザの親分・蒲郡郷平を演じる神田隆は他の映画では見せたことがないようなスピーディなコメディ演技を見せる。また、当時16歳のジュディ・オングがハンチングを被った少年役で登場し印象をさらう。確かにこのジュディ・オングは怪演だ。この人がいなければ本作はワンランク下がってしまうだろうと思えるぐらいだ。そして、ヒロインの広瀬みさという女優、これがなかなかいい女で、早々に引退したのが惜しまれる。
 アクションシーンは拉致された広瀬みさを救出する病院のシーンでも、ラストの大使館地下の秘密基地でのファイトシーンでも痛さがよく出ている。ブラックなアイロニーという意味では本作も核(原水爆)保有や軍事国家へのアイロニーがあるのだが、前々作の米国の北爆批判(とまで云えば云い過ぎだが)の提示の仕方の方が鮮やかだった。

#備忘で配役について記します。
・パンドラ国王は大泉滉。第一王妃は戸川昌子、第二王妃は富士真奈美の特出。
・黒幕の教授が二谷英明。アバンタイトルで既に3号の原泉登場。
・本作のチョンボ役は野呂圭介に代わって鈴木やすし。
・蒲郡郷平に神田隆。ピンボールで対決。懐かしいマシンだ。
・本作も刑事で谷村昌彦がからんでくる。
・1号は盲目の男。これを天坊準という役者がやっている。なかなか雰囲気ある。
・小林と広瀬みさとのベッドシーンで、彼女がパンドラ王国の第三王妃だと分る。
・2号はジュディ・オング。殆ど英語をしゃべる。「聖者の行進」を鼻歌で唄う。
・パンドラ王国の秘密(?)警察には郷えい治(隊長)や平田大三郎がいる。
・横山道代も前々作に続いて小林旭の女、バーのママの役で再登場。
・神田隆の愛人役で浜川智子。スリップ姿でワンシーンだけ登場。

投稿者:シネマA投稿日:2006-12-23 15:49:17
 これは、小林旭主演の《賭博師》シリーズの8本目にして最終作。第5作までは、従来のアキラ映画のシリーズ物に代表される日活アクション路線の定型をなぞっただけの凡作が目立つ。しかし、後半の6作目以降になると、大胆な軌道修正をほどこしてスラップスティック調に激変。同時代に大ヒットしていたショーン・コネリー主演の007映画の恩恵にあやかろうとしたのか。一話完結なので、順番に観る必要はありません。万人向け、とはいいにくいかなあ。でも、波長が合えば満喫できるB級ハチャメチャ娯楽映画、ではないですか。

 パンドラ王国という回教の小国の王様(大泉滉)が、軍備を増強して世界を征服するという野望を遂げるための第一歩として日本のギャンブル植民地化を企てる。王の腹心である国立賭博大学の教授(二谷英明)は、まず〈悪魔の左手〉を持つ辣腕ギャンブラーの氷室浩次(小林旭)を標的にして、生え抜きの三人の刺客ギャンブラーたちを日本に送り込む。一方、教授の陰謀を阻止するために極秘データを持ち出したチューリップ王妃こと春野うらら(広瀬みさ)はひそかに氷室との接触を図るのだったが……。

 ストーリーはでたらめ。くだらない。人を喰っている。後年のモンキーパンチ原作の『ルパン三世』みたいな感じに近いか。徹頭徹尾、ナンセンスな笑いと奇想天外なアイディアの数々が絶え間なく弾けっぱなし。お色気は控えめ。エログロは皆無。ちょっとお行儀が良すぎる? 否、むしろ、この健全さは当時の日活らしいんじゃないか。よくできたギャグマンガを映画で見ているかのよう。微笑。失笑。爆笑。苦笑。呆れて物がいえない場面も。小林旭は主題歌を朗々と唄う。「ジョルダニア〜ジョルダニア〜サンドロ〜ジョルダニア〜エメラルンデ〜ジョルダニア〜デケラメンテ〜ジョルダニア〜♪」って、あんたはタモリか。

 監督の中平康については、フランソワ・トリュフォーに絶賛された初期作品ばかりが話題になるようですが、実際には、ハメを外してほとんどヤケ気味(?)で撮っていた娯楽作品群が後年の香港映画界にあたえた影響のほうが大きかった、という気がしてならぬ。撮影、編集、音楽、すべてにおいて軽みとスピードを優先。それでいて熱気もある。右から左へのワイプを多用。秘密基地みたいな大使館内部の美術セットは東映撮影所からでも借りてきたのか。安っぽくて気に入ったけど。

 以下は、若干ネタバレになってしまうので恐縮ですが、三人の刺客の顔ぶれが、盲人(天坊準)と少年(ジュディ・オング)と老婆(原泉)というのが奇抜。原泉も強烈だったが、天坊準の怪演に凄味が感じられた。ジュディ・オングはまだ十代。さすがに英語が流暢。外国人に扮した役者たちが英語で喋ると、画面に手書きの字幕スーパーが出る。特に二谷英明は英語の台詞が多かった。日活ニューフェースに合格する前は、米軍基地で通訳をしたり、ラジオ佐世保(現・長崎放送)のアナウンサーをしたりしていたとか。地味な渋さが印象的な悪役ぶり。吉本興業の漫才師みたいにド派手な衣裳を着ていてもカッコいい小林旭とは好対照。

 B級映画らしい時事ネタが多い。第三王妃の春野うららは、デヴィ・スカルノ夫人(1940〜 )に対するあてこすり、でしょう。赤坂のホステスから玉の輿に乗ってインドネシアのスカルノ大統領の第三夫人となった話は語り草となっている。王妃と時子ママとの恋の鞘あてにうんざりした小林旭が「もう結婚はこりごり……」とつぶやく場面。破局に終わった美空ひばりとの結婚生活(1962〜64)を連想させる楽屋オチですね。

 ヤコブスの豚(?)に仰天してパンツ一丁に裸足という恰好で往来に飛び出した大泉滉が、子供に「あっ、アベベだっ!!」といわれて手を振って走ってみせる場面。あれは、1964年の東京オリンピックのマラソンで優勝したエチオピアのアベベ選手のものまね。大泉は器用なコメディアンだった。溝口や小津の映画に出演したときとはまたひと味違う顔をみせる。その他、何人かのカメオ出演やエースコックのCM曲の引用もあった。自在な遊び心も芸のうち。

 賭場の元締めの蒲郡郷平(神田隆)は大食漢。悪乗りなんだけど憎めない。嗄れ声。たしかに外見はカバですね。時子ママの役の横山道代は芸達者なコメディエンヌ。白塗りの顔。早口。美人とはいえないけどチャーミング。かなり好きです。花田刑事を演じた谷村昌彦。むさくるしい容姿。刑事よりもコソ泥の役がふさわしい。いつもそうおもって見ていたのは私だけか。

 評価はちょっぴり甘めかも。まあ、あくまでも個人的な評価ということで。
投稿者:ご飯投稿日:2004-05-05 09:21:54
賭博で得た利益で国を軍事基地化して、冷戦状態だった東西陣営に売り込もうともくろむ小国の陰謀と対決するギャンブラー氷室。シリーズ最終作は荒唐無稽もここに極まれり、というくらいの馬鹿馬鹿しさ。小林旭は「渡り鳥」シリーズといい、これといい、リアリティがまるで無い世界に映えるスターだと改めて感じさせた。ジョルダニアー、ジョルダニアーと歌う主題歌も意味不明ながら、アキラだから強引に聞かせるのだ。このあたりの魅力は虚構だからこそ面白いんだという強烈なパワーを放つ大スターのカリスマだ。主人公を倒すために送り込んだギャンブラーが盲人・少年・婆さんというキャラクターも意表を尽き、ラストで敵のアジトが爆破するとは007の頂きか。フランスのヌーヴェルバーグに影響を与えた中平康監督のめちゃくちゃぶり・・・これも影響を与えたんだろうか?
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】黒い賭博師 悪魔の左手2005/01/21\2,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】黒い賭博師 悪魔の左手レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION