allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

何処へ(1966)

メディア映画
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月1966/03/16

【関連作品】
何処へ(1964)オリジナル
何処へ(1966)正編
続・何処へ(1967)続編
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:マジャール投稿日:2010-03-19 23:38:12
『続・何処へ』のほうは、随分前にTV放映を観ましたが、こちらは今回初鑑賞。(3/17 ラピュタ阿佐ヶ谷にて)
なかなか面白かったですねぇ。
いきなり胃痙攣を起こす池内淳子とか(!)左卜全、東野英治郎も相変わらず面白い。
受持ちクラスのヤンチャ中学生は、子役時代の火野正平じゃないでしょうか(?)名前が違ってるけど。

記憶が曖昧ですが、『続・ーー』のほうも、男二人してモテモテの加山を「アイツ」呼ばわりする小沢昭一、佐藤允とか、若い加山に頭下げられて業腹な有島一郎とか、面白い映画でした。
後半から物語の展開がグズグズになって、変なストップモーションに「伊能琢磨よ  何処へ」という文字が出てよく判らないまま終わるというのも両作品に共通。
東宝お気楽娯楽映画ですが、ちょっと醒めたような捨て鉢風なところが昭和四十年代っぽくて面白いです。
走る特急列車に被さるタイトル、軽快な山本直純の音楽が楽しい。
【レンタル】
 【VIDEO】何処へレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION