allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

トマホーク峡谷の待伏せ(1953)

AMBUSH AT TOMAHAWK GAP

メディア映画
上映時間73分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COL)
初公開年月1953/05/15
ジャンル西部劇
トマホーク峡谷の待ち伏せ [DVD]
価格:¥ 2,642
USED価格:¥ 1,970
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:真・しん爺投稿日:2009-05-21 16:07:37
↓の「しん爺」は不肖ワタクシです。うっかりIDとパスワードを忘れたので、やむなく「真・しん爺」として再登録した次第。しかしこの映画、低予算ながら実に良く出来た西部劇だとあらためて思います。すべてに定石通りなんだけれど、それをいかに活かすかを、この映画の監督は知っている。
投稿者:しん爺投稿日:2005-02-03 17:04:05
【ネタバレ注意】

強盗一味がたどり着いたのは、すでにインディアンの襲撃で廃虚と化した町。…なるほど、これならエキストラも必要なし。セットも使い回しで間に合わせられるっていうもんだ。実はこの一味、この町に盗んだ金を隠していた。が、それを唯一知るボスが死んだか何かでいないため、探すまではここから離れられない。そうして始まるインディアンっちとの必死の攻防戦も、ショボいながらもそれなりに見られるところが、西部劇のいいところか。もっとも、捕らえたインディアン女がこっそり鏡を使って仲間に合図を送ったり、一味の老ガンマンが若い相棒を親身になって世話したりと、プロットにそれなりの工夫と変化を与え、それをきちんと演出している監督の手腕は正当に評価されていいだろう。また、伏線というほどでもないんだが、町にあったダイナマイト(いや、火薬樽だっけ)が、クライマックスであると同時にラストに、ある凄絶な使われ方をするのにも感心させられた。うん、これはちょいと“拾い物”の1本!

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】トマホーク峡谷の待伏せ2014/03/05\2,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ハリウッド西部劇映画傑作シリーズ DVD-BOX Vol.72014/01/08\18,000amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION