allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

座頭市の歌が聞える(1966)

メディア映画
上映時間83分
製作国日本
公開情報劇場公開(大映)
初公開年月1966/05/03
ジャンル時代劇
座頭市 Blu-ray BOX
参考価格:¥ 58,320
価格:¥ 50,104
USED価格:¥ 45,980
amazon.co.jpへ

【関連作品】
座頭市物語(1962)シリーズ第1作
続・座頭市物語(1962)シリーズ第2作
新・座頭市物語(1963)シリーズ第3作
座頭市兇状旅(1963)シリーズ第4作
座頭市喧嘩旅(1963)シリーズ第5作
座頭市千両首(1964)シリーズ第6作
座頭市あばれ凧(1964)シリーズ第7作
座頭市血笑旅(1964)シリーズ第8作
座頭市関所破り(1964)シリーズ第9作
座頭市二段斬り(1965)シリーズ第10作
座頭市逆手斬り(1965)シリーズ第11作
座頭市地獄旅(1965)シリーズ第12作
座頭市の歌が聞える(1966)シリーズ第13作
座頭市海を渡る(1966)シリーズ第14作
座頭市鉄火旅(1967)シリーズ第15作
座頭市牢破り(1967)シリーズ第16作
座頭市血煙り街道(1967)シリーズ第17作
座頭市果し状(1968)シリーズ第18作
座頭市喧嘩太鼓(1968)シリーズ第19作
座頭市と用心棒(1970)シリーズ第20作
座頭市あばれ火祭り(1970)シリーズ第21作
新座頭市 破れ!唐人剣(1971)シリーズ第22作
座頭市御用旅(1972)シリーズ第23作
新座頭市物語 折れた杖(1972)シリーズ第24作
新座頭市物語 笠間の血祭り(1973)シリーズ第25作
座頭市(1989)シリーズ第26作
座頭市(2003)北野武監督作
不知火檢校(1960)
ICHI(2008)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2010-12-19 23:59:23
宮川一夫のカメラワークと伊福部昭の重厚な音楽に乗り、勝新の殺陣さばきが冴えわたるシリーズ中でも白眉の一作である。
いつものように見知らぬ男から頼みごとを請け、気が進まない中とある宿場街に来た市。そこには美人の女郎やヤクザに虐げられている年寄子供がいるといういつもの筋書きだが、座頭市が正義の味方である限りは安心して観ていられる。
今回の悪役は佐藤慶、その雇われ用心棒に天地茂。特に天地茂演じる黒部玄八郎との戦いが凄い。宮川一夫の逆光の世界の中の居合の一瞬は、空気を切り裂いて実にシュールだ。
3Dなんて必要のない名人の世界をぜひ堪能していただきたい。
投稿者:タニ投稿日:2010-04-19 01:45:03
一作目以来久々に天知茂が敵役として出演、撮影が宮川一夫となっているのが特徴ですか。

 一作目の活躍を期待すると本作の天知茂にはそれほど出番はない。印象に残るのは天知さんよりもむしろ宮川名人のカメラ。
 座頭市シリーズにおける殺陣を想い返していただくと分かるかもしれないが、市さんの殺陣は所謂「引き」で撮られる。ピクピク動く耳やクンクン動く鼻のアップは時折挟まれるが、そういった「間」の後、仕込み刀を振る市さんは全身が画面に収まる構図で撮られる。勝さんの見事な殺陣をもってして初めてできることだと思うが、本作においてはそれがまた、凝っておるのです。
 例えば...赤々と燃える松明に照らされ、橋の上で仕込み刀を振る市さん。シルエットになっている。さすが逆光大好きな宮川さんですね。

http://moviearth.at.webry.info/200911/article_4.html
投稿者:hayate9投稿日:2009-06-03 23:00:33
1作目は白黒でしたが、13作目の今作はカラーです。
天知茂目的で観ましたが、思ったより出番が少なくて残念。
でも、小川真由美(キレイ〜!)とのシーンでは“「黒蜥蜴」コンビだ〜”と嬉しくなりました。

今と違って灯りのない夜のシーンが素敵。琵琶のシーンもよかったし、濃いブルーの画面に橋がかかり、その上で繰り広げられるシルエットの殺陣のシーンがナイスでした。
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】座頭市の歌が聞えるレンタル有り
 【VIDEO】座頭市の歌が聞えるレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION