allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

トム・ジョーンズの華麗な冒険(1963)

TOM JONES

メディア映画
上映時間127分
製作国イギリス
公開情報劇場公開(UA)
初公開年月1964/05/16
ジャンルドラマ
トム・ジョーンズの華麗な冒険 [DVD]
参考価格:¥ 5,184
USED価格:¥ 7,280
amazon.co.jpへ

 Photos
トム・ジョーンズの華麗な冒険トム・ジョーンズの華麗な冒険トム・ジョーンズの華麗な冒険

【解説】
 大地主の屋敷のベッドに子供が捨てられていた。主人はその男の子を養子として育てる。子供はやがて精悍な青年に成長し、様々な冒険を繰り広げる。しかし、ある事件がきっかけで、彼は無実の罪で絞首台へ送られる……。トム・ジョーンズと名づけられた青年の冒険を描いたコメディ活劇。A・フィニーの飄々とした芝居が印象的。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:4531731投稿日:2013-06-27 12:06:42
完全なストーリー映画で、映画娯楽の伝統を踏襲している。
衣装もセットも金がかかっていて豪華。子供も見れる無害な映画。
ラストは楽しいので見て損することもない。

投稿者:ジーナ投稿日:2011-04-18 00:38:09
「トム・ジョーンズの華麗な冒険=モテ男の色んな女性とのあれこれ」だったんですね(爆)
なんの予備知識もなかったので勝手にタイトルから派手な冒険活劇だと思って鑑賞したら、女たらしのB級コメディドラマでした。

序盤・中盤のストーリー展開は大雑把ですし、終盤は急ぎ足なので残念ながら面白みを感じられませんでした。
無難に鑑賞できましたが、一面的なので退屈しちゃうんですよ。
キャラクター性も描ききれていないので薄っぺらい人物たちがあっちこっちしているだけに映ってしまいましたね。

コスチューム劇特有の趣もイマイチ感じられないなど演出も細やかとは言えなかったです。
もしかしたら撮影や編集が当時では新鮮だったのかもしれませんが、今となっては・・・って感じです。

シニカルなブリティッシュジョークは好きなほうですが、さすがに時代が古すぎて笑えなかったカナ・・・。
ある女性がまさかの・・・だったり結構笑えないネタを堂々とブチ込んでくる潔さには感服いたしました(爆)
まぁ、笑えるかどうかは人それぞれの感覚があるのでなんとも言えませんがね。

力強く勇ましい男っぷりのアルバート・フィニーですが、もう少し粋な感じがあると良かったですね。
もしくはフレッシュでみずみずしい俳優さんのほうが合ってたかもしれません(爆)
あどけなさがあって愛らしいスザンナ・ヨークは守ってあげたくなるお嬢様にピッタリでした。
華やかで美しくて知的な清純派といった魅力にクラクラです。

私には面白さが伝わりませんでしたが、何にもとらわれず思うがままに生きるトム・ジョーンズの人物像を考えると男性のほうが楽しめるのかもしれません。
愛嬌のある作品だとは思いますが、この完成度でアカデミー賞を獲得した事には疑問です(爆)
投稿者:bond投稿日:2011-03-04 11:51:33
歌手のトムジョーンズとは関係ないのね、英国的ドタバタ喜劇で、普通に楽しめるが、オスカーとる程かなー。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-02-26 00:35:49
22分でリタイア。「バリー・リンドン」は見応えあった。

追記 11-3-18
続きから観始めたけど、結局43分が限界。
投稿者:william投稿日:2009-07-08 13:25:27
古臭さを感じさせない華麗なる喜劇。
投稿者:さち投稿日:2004-07-01 08:23:50
あれ程不貞を重ねても、血が繋がっているとわかっただけで
あの変わりよう 血は水よりも濃し そのままである
 二時間苦痛だった 確かに衣装、装置は全く文句無し
 笑えない 
投稿者:映子投稿日:2002-12-01 22:34:37
女心をそそる輝くような美男子とは私はちょっと思えなかったが、アルバート・フィニーはやんちゃで、憎めないキャラを好演してると思った。それにしても女好き。
そして、目玉ぎょろりのソフィーのお父さん役、ヒュー・グリフィスとソフィーの伯母役の女優さんとの掛け合いが面白い。
「おしゃれ泥棒」もそうだけど、何であのお父さんの娘があんな美人なのか。(だから面白いんだけど。)
アカデミー作品賞で時代劇なのにドタバタコメディーだったんですね。
投稿者:nao投稿日:2002-03-19 22:55:27
アルバート・フィニー、憎めない男ぶりが本当にさわやかでキュート。
そう思ってみれば、「エリン・ブロコビッチ」でも、憎めないなんだかカワイイところを見ることができますね。

とにかく印象的だったのは狩のシーン。群集(人だけでなく動物まで含めて)の生々しい興奮ぶりは、とても面白い撮り方で、今になってみても斬新な感じがしました。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 作品賞 
 □ 主演男優賞アルバート・フィニー 
 □ 助演男優賞ヒュー・グリフィス 
 □ 助演女優賞ダイアン・シレント 
  ジョイス・レッドマン 
  イーディス・エヴァンス 
 ■ 監督賞トニー・リチャードソン 
 ■ 脚色賞ジョン・オズボーン 
 ■ 作曲賞ジョン・アディソン 
 □ 美術監督・装置賞(カラー)Ralph Brinton美術
  Ted Marshall美術
  Jocelyn Herbert美術
  Josie MacAvin装置
■ 男優賞アルバート・フィニー 
■ 作品賞 
 ■ 男優賞アルバート・フィニー 
 ■ 監督賞トニー・リチャードソン 
■ 作品賞(コメディ/ミュージカル) 
 ■ 外国映画賞(英語) 
■ 作品賞(総合) 
 ■ 作品賞(国内) 
 □ 男優賞(国内)ヒュー・グリフィス 
  アルバート・フィニー 
 □ 女優賞(国内)イーディス・エヴァンス 
 ■ 脚本賞ジョン・オズボーン 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】トム・ジョーンズの華麗な冒険2003/12/20\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】トム・ジョーンズの華麗な冒険レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION