allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

座頭市海を渡る(1966)

メディア映画
製作国日本
初公開年月1966/08/13
ジャンル時代劇/アクション
座頭市 Blu-ray BOX
参考価格:¥ 58,320
価格:¥ 50,104
USED価格:¥ 45,980
amazon.co.jpへ

【関連作品】
座頭市物語(1962)シリーズ第1作
続・座頭市物語(1962)シリーズ第2作
新・座頭市物語(1963)シリーズ第3作
座頭市兇状旅(1963)シリーズ第4作
座頭市喧嘩旅(1963)シリーズ第5作
座頭市千両首(1964)シリーズ第6作
座頭市あばれ凧(1964)シリーズ第7作
座頭市血笑旅(1964)シリーズ第8作
座頭市関所破り(1964)シリーズ第9作
座頭市二段斬り(1965)シリーズ第10作
座頭市逆手斬り(1965)シリーズ第11作
座頭市地獄旅(1965)シリーズ第12作
座頭市の歌が聞える(1966)シリーズ第13作
座頭市海を渡る(1966)シリーズ第14作
座頭市鉄火旅(1967)シリーズ第15作
座頭市牢破り(1967)シリーズ第16作
座頭市血煙り街道(1967)シリーズ第17作
座頭市果し状(1968)シリーズ第18作
座頭市喧嘩太鼓(1968)シリーズ第19作
座頭市と用心棒(1970)シリーズ第20作
座頭市あばれ火祭り(1970)シリーズ第21作
新座頭市 破れ!唐人剣(1971)シリーズ第22作
座頭市御用旅(1972)シリーズ第23作
新座頭市物語 折れた杖(1972)シリーズ第24作
新座頭市物語 笠間の血祭り(1973)シリーズ第25作
座頭市(1989)シリーズ第26作
座頭市(2003)北野武監督作
不知火檢校(1960)
ICHI(2008)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
533 6.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nabeさん投稿日:2011-01-02 03:48:19
社会派監督の新藤兼人の脚本であり、一風変わった筋立てになっている。
「海を渡る」といっても、座頭市が海外ロケを行なったわけではなく、四国に渡っただけであるが、今回登場する宿場町は山形勲率いる馬賊が跋扈し、それを座頭市に退治させようとする計算高い住民がいるというアメリカ西部劇に出てきそうな街の設定となっている。
街が馬賊に蹂躙されそうになっても、住民たちは決して戦おうとしない。その彼らを市と安田道代演じるお吉が説得するが、知らんぷりである。こんな現実的な座頭市は初めてだ。
また市は市で、今まで犯してきた殺人に対し大きな呵責の念を抱いていて、いつものキレが見られない。ラストの殺陣も圧倒的多数の敵に対して自信が無さそうにビクついている。
途中市に好意を寄せていたお吉が、ラストシーンできっぱりと馬上から別れを告げるシーンが印象的。やっぱり男は強くなくてはダメなんである。
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】座頭市海を渡るレンタル有り
 【VIDEO】座頭市海を渡るレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION