allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

絶唱(1966)

メディア映画
上映時間98分
製作国日本
公開情報劇場公開(日活)
初公開年月1966/09/17
ジャンルドラマ/文芸
絶唱 [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 3,175
USED価格:¥ 2,626
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
432 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:カール犬投稿日:2013-10-30 03:45:17
舟木一夫主演・悲恋三部作のうち『絶唱』

内容は許されぬ身分違いのメロドラマ。

“バカだなぁ小雪は(ハハハ)”という花畑な展開の分、
脇のベテラン勢が、安定の演技でがっつりと支えています。

この映画での和泉雅子の役づくりは“痩せること”という過酷なミッション。

痩身の船木若様よりはるかにツヤツヤしていて頑丈そう、、
などと考えてはいけません。
山鳩はちょっとコロコロとしてるくらいが可愛いってもんです。

最後は「絶唱」お約束のお姫様抱っこ。頑張れ舟木一夫!!

舟木一夫の歌う主題歌は日本レコード大賞歌唱賞受賞。

ファンに向けて“歌”と“映画”が抱き合わせのセット売り。
当時多忙を極めた御三家人気にあやかったアイドル映画ということです。
投稿者:篭瀬山投稿日:2005-04-03 18:13:25
【ネタバレ注意】

 舟木一夫さんが当時アイドルだったって本当ですか? 優等生的な生真面目さは感じても、アイドルに必須な華やかさをあまり感じなかったので。そのせいか、彼が小雪(和泉雅子)に示す愛情も、犬猫・ペットに示す類の穏やかな愛情にしか見えなかった。小雪の方も、忠犬的な従順さから<ご主人様>をお慕い申し上げているだけで、恋愛の真の情熱を知らずに死んだ女性に見えた。私は、この物語はそういう話しだったと確信している。その方が、多くの描写に合点がいくからだ。

 でもそれで全然問題なかった。小雪の潜在的な魔性についても、映画の早い段階で指摘されており、むしろ話がどう展開するか緊張感を持って見るのに役立った。歌声も細く柔らかで、感情の物凄く繊細な部分に届く感じでよかった。また、舟木の歌声は(さすがに)絶品だった。彼の唄を聞いていると、なぜか鼻水が目から溢れてきて、急性花粉症になったかと思ったほどだ。今の世の中、TV・ラジオにかぎらず街に音楽はあふれているけれど、<本当に歌のうまい人>の歌をじっくり聴く機会は滅多にないので、貴重なひとときとさせてもらった。7

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】絶唱2014/02/04\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】絶唱2007/05/03\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】デビュー45周年記念DVD 舟木一夫 青春BOX <初回限定生産>2007/02/02\35,000amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】絶唱レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION