allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

シャンハイ・ヌーン(2000)

SHANGHAI NOON

メディア映画
上映時間110分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月2000/08/05
ジャンルアクション/西部劇
「M:I2」に続き、500万ドルの大ヒット!
ふたりの戦士(ファイター)が世界を救う!
シャンハイ・ヌーン Blu-ray
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 24,366
USED価格:¥ 21,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 1881年、中国・紫禁城からペペ姫が誘拐された。犯人は身代金として金貨10万枚、人質との交換場所をアメリカ・ネヴァダ州カーソン・シティと要求してきた。だが身代金を運ぶためアメリカへ渡った一行は、列車強盗に遭遇。カバン持ちチョン・ウェンは仲間とはぐれるが、荒野の果てで出会ったのは仲間から見放され砂漠に埋められていた列車強盗団のボス、ロイ・オバノンだった。やがて意気投合した二人は、協力してペペ姫を救出しようとする。
<allcinema>
【関連作品】
シャンハイ・ナイト(2003)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
634 5.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2014-02-03 09:56:09
演出:6
演技:6
脚本:6
音響:5
投稿者:Kircheis投稿日:2011-10-06 14:23:08
【ネタバレ注意】

ジャッキーのアクションを期待すると不満の残るできだが、オーウェン・ウィルソンのお調子者キャラが西部の雰囲気にも合っていてなかなか楽しめた。

ルーシー・リューもこの映画のお姫様は可愛らしくて及第点♪

残念ながらストーリーは予定調和と言うか、見ていてドキドキするものではなかったな。
悪者役がみんな魅力に欠けていたのがその最たる原因だと思う。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2010-03-14 07:26:37
【ネタバレ注意】

西部劇の繰り広げられるアメリカへ。

ルーシーは嫌な皇族と結婚したくない気持ちetc.の自由意志で英語の先生の話に乗って逃亡した訳だが、実は身代金目的の誘拐で、黒幕は清朝の裏切り者と呼ばれる男。
アメリカへ渡った衛兵ジャッキーはお姫様を救出する為に取引場所なネバダ州カーソン・シティへ行くことしか考えていません。
列車強盗なオーウェン…部下にする男を見る目が無いね。

娼館から荒野に生き埋めなオーウェンにジャンプするカットはシュール。ジャッキーに嘘の方角を教える事といい、何か強盗してもツメの甘いところといい、懸賞金がジャッキーより安いのをぼやいたり、ほぼ金貨が目的で友達になろうとした筈なのに、実際になんか友達化してる事といい、結構なキャラクターを展開してます。
更に偶々助けた少女の部族で褒美なのか酋長の娘を嫁に貰ったジャッキーとイカサマがばれた酒場で暴れては刑務所に入れられたり〜。しかし、この嫁がワイルドで頼りになります。

ワルな様で憎めないオーウェンとマジメで不器用そう…が結構な格闘家なジャッキーの西部劇をネタにしたドタバタ劇。ルーシーは冒頭こそ「コスプレですか?」って感じだが、最後には馴染んでます。

投稿者:あくび★投稿日:2009-07-17 12:51:15
もうだいぶ前にナイトの方を地上波でやっててそれを観た。
で、その前にヌーンがあるとは知らなかったし、暇つぶし程度で観たからタイトルも覚えてなかった。
で、数か月前にヌーンの方をスタチャンで観て、
「やっぱおもろいなぁ」と。
でも「あれ?こんな話だった??(´・ω・`;)」調べてみて自分が観たのはナイトの方だったと知ったけど、
オーウェンとジャッキーのコンビは息ぴったりで長年のコンビみたい。
大爆笑するほどのシーンはないものの、終始いろんな笑いが絶えなくて良いですぞ。
投稿者:ジーナ投稿日:2009-01-27 01:44:29
皇帝への忠誠心&姫への恋心を抱きカーソンシティを目指す近衛兵ジャッキー・チェンと拳銃を扱えない列車強盗オーウェン・ウィルソンによる西部劇風アドベンチャームービー(ロードムービー?)です。
とにかく、この相容れなそうな二人のバランスが絶妙でした。
ついでに言えば、彼らの役名もナイスセンス(笑)

ジャッキー・チェンのファンにとっては銃を手にする彼にガッカリするかもしれませんが、特にファンでもない私は展開の速さ、笑いありアクションありのマンガのようなストーリーを楽しむことが出来ました。
アクションもありきたりな殴る蹴る撃つではなく、イチイチ遊び心を取り入れる工夫をしているので面白みがあります。
深みはないけど、エンタメ作品として気軽に鑑賞する分には問題ないでしょう。

中国や先住民の描き方が酷いとか都合が良すぎるなんて事は気にしない!
・・・だって、西部劇でカンフーやってるような作品に都合も何もないでしょ(笑)
だから、ジャッキーがどこからどう見ても‘オッサン’だとしても気にしてはなりません(爆)

ルーシー・リューも高貴な姫様とカンフーを使うアグレッシヴな女性両方を違和感無く魅力的に演じていました。
ただ、この役をルーシーが演じる必要があったかは微妙です(爆)
頼りにはならないけど、憎めないオーウェン・ウィルソンのキャラもGOODでしたね。

追記:個人的にツボだったのは、馬を引っ張って歩くジャッキーの姿
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-03-01 23:26:10
 上海なんて出てこないし何の関係も無いのに「シャンハイ・ヌーン」なのは、あの西部劇の名作「ハイ・ヌーン(真昼の決闘)」のタイトルをもじっているからなのかな? J・チェンも上海キッドという名前のお尋ね者になっちゃうし。
 ジャッキーのカンフー・アクションに期待しなければ、ドタバタ・コメディ・アクションとして充分楽しめる作品。
投稿者:BAR-honda投稿日:2005-10-07 19:29:41
オーウェン・ウィルソンってあーいうキャラクターほんとに似合うと思います。あんなかんじのキャラ大好きです!
投稿者:さち投稿日:2004-06-18 07:08:58
まあ普通
投稿者:JJ投稿日:2003-04-01 16:08:40
ストーリーとしては、ありがちなジャッキー・チェンのドタバタコメディ。
何も考えず、楽しむには適度にのほほんとしているので最適。
でも老けたとはいえ、さすがジャッキー、アクションのキレはやはり健在。
ここまで、シャキシャキと手足を使ってくれると、みていてスカっとする。
ルーシー・リューは、お姫様姿よりも、石ころを運んでいる奴隷姿の方が似合っていた。
ラストのエンドロールでのNG集がとても微笑ましくて面白かった。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2003-01-04 22:02:21
ジャッキー、歳食ったなぁ。。
やっぱりジャッキーは、はらぺこオーラを出していてほしい。
そして、長いお箸でいっぱい食べてくれ。。
投稿者:quadrant投稿日:2002-12-29 20:17:56
【ネタバレ注意】

・・ジャッキーの使い方、分かってないよな。
遣われてるジャッキーなんて見てられないよ。
4点です。俺もああやって牢屋から逃げよっと(予定ナシ)。

投稿者:トリガー投稿日:2002-11-18 20:33:53
かつての華麗な技が大胆なスタントに変わってしまっているのは残念だが
この映画のジャッキーはファイターとしてではなくコメディアンとして
観てやるべきだろう。オーウェン・ウィルソンのお調子者キャラも
楽しめるし、西部劇らしい風景、音楽も意外に良い。
このノリのよさに乗ってゆけ!
投稿者:sonic投稿日:2002-03-24 02:15:20
ジャッキーの良さが生きていない。ありきたりのドタバタ劇。もっと舞台設定を生かしたアクションを期待したが。蹄鉄とロープを使ってのとこは面白かった。
投稿者:shou投稿日:2001-03-16 00:58:50
おもろかったけど、
ジョン・ウェインとワイアット・アープのとこがイヤだった
それ以外は、よかった
投稿者:ぴかりん投稿日:2001-03-14 12:02:34
久し振りにジャッキーのアクション・シーンを観ました。
キレのある動きには、ただただ感心してしまいました。
やはり、生(?)のアクションはイイです。
ジャッキー・チェンやジェット・リーには、ワイヤーを
使ってほしくないと改めて思いました。

ロイのお調子者振りも良かった♪
楽しめました。(*^^*)
【レンタル】
 【DVD】シャンハイ・ヌーンレンタル有り
 【VIDEO】シャンハイ・ヌーンレンタル有り
 【VIDEO】シャンハイ・ヌーン <吹替>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION