allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

リュシアン 赤い小人(1998)

LE NAIN ROUGE

メディア映画
上映時間102分
製作国フランス/ベルギー
公開情報劇場公開(ケイブルホーグ)
初公開年月2000/09/02
ジャンルドラマ

【解説】
 ベルギーのイヴァン・ル・モワーヌ監督の長編デビュー作。身長が1m28センチしかないリュシアンは法律事務所で、主に離婚問題の担当として働いていた。ある日、リュシアンは伯爵夫人パオラの離婚を手伝うため彼女の邸宅を訪れた。しかし、館に滞在中に彼女と関係を持ってしまう。初めて肉体的なコンプレックスから解放されたリュシアンは、次第に態度が大きくなり職場をクビになってしまった。さらに、パオラはリュシアンを捨て夫とよりを戻してしまう……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:GRIFFIN投稿日:2002-11-24 20:55:37
 小男でサーカスなんだから、人間賛歌と尊厳の物語。でも少女を絡めて、純粋・無垢まで加えた演出はどうも好きになれなかった。モノクロにこだわる姿勢も。
 サーカスなら「道」「ロザリンとライオン」、小男なら「ブリキの太鼓」とか色々うかんでくるけど、本作ならではの個性ってのは思いつかない。そうしようとしている演出は見えるが、内側から発されてはいない感じだ。消化不良。
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION