allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バトルフィールド・アース(2000)

BATTLEFIELD EARTH
BATTLEFIELD EARTH: A SAGA OF THE YEAR 3000

メディア映画
上映時間117分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月2000/10/21
ジャンルSF/アクション
1000年後の地球をお見せしよう。
地球の文明は僅か9分間で壊滅――そして人類はひざまずく
バトルフィールド・アース [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 13,550
USED価格:¥ 2,980
amazon.co.jpへ

【解説】
 20XX年。平和な地球に突如異星人サイクロ人が襲来し、地上にガスを散布、わずか9分で人類は征服されてしまった。わずかに生き残った人類は、山奥に隠れ住むか、サイクロ人の奴隷になるかしか道はなかった。それから1000年。ロッキー山脈に隠れ住んでいた若きハンター、ジョニーは、人類の安住の地を探すため、仲間の反対を押切って旅に出る。しかし、途中でサイクロ人に捕らえられてしまう。だが、ジョニーはサイクロ人のリーダー、タールの陰謀に協力するふりをして、ひそかに反撃のための準備をするのだった。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
418 4.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:カール犬投稿日:2014-07-07 23:39:09
ここまでラジーをもらうって
やろうと思ってもなかなかデキることじゃないと思う。

そんな夢の賞まみれをやってのけたトラヴォルタ渾身のヘッポコ作品。

色々無駄にひどい。

でもホメどころがほぼゼロに等しくても、
これもひとつの情熱の産物なんだろうな、、とは思う。
投稿者:william投稿日:2011-07-26 12:10:47
何この安っぽさ…。
サイクロ星人って…。
トラちゃんも大分落ちたなぁ。
投稿者:ジーナ投稿日:2008-05-08 01:42:39
廃れた地球や人類に対する見解など設定に面白みは感じましたが、いかんせん無理がありますね。
時間の経過がもっと具体的で分かりやすいと良かったんだけど、そのあたりの描写がないから人間が退化するのもアッという間なら進化するのもアッという間という感じで説得力に欠けています。
・・・って真面目に観すぎ?!(笑)
気楽に観てれば、シンプルで観易いSFなのかもね。
超真剣B級SF映画に興味のある方は是非どうぞ(笑)
バリー・ペッパー(個人的に好き)にジョントラにフォレスト・ウィテカーが大真面目に人類VSサイクロ人を演じています(爆)
投稿者:ASH投稿日:2008-02-11 17:43:30
【ネタバレ注意】

 「映画の中でも好きなジャンルは?」と訊かれたら、迷いもなく「サイファイ!!」と答える、中学生スピリッツを持ち合わせた僕でさえ避けていた映画がコレよん! 劇場で観るのもはばかられるし、DVDを買うなんてもってのほか。レンタルですら時間がもったいない。だから、TV放映でもされない限り眼にすることなんてなかったけど、それすら避けていたという有様。

 で、ようやっと重い腰を上げて観たよ。いや、バトルシーンは意外とオモロいんでないの。でもさ、基本のお話がダメちん。そらま、教祖様の原作を信者が盛り上げるのは当然なわけだけど、関係のない一介の観客にはアホみたいな描写の連続にただただ脱力…。トラボルタが割りと真面目にやってるもんだから、かえってそこがオモロい。

 しかし、あの宇宙人のデザインはないよなぁ…。コレを「カルト」と呼べば、アイツは「どかが?」と反論するだろうけど、まあ、ある特定の人たちにとっちゃー大事な映画なんでないの。それがカルトなんだよ、多分。

投稿者:拳志郎投稿日:2007-03-26 21:36:29
ラジー賞7部門のSF超大作ですが、賛否両論意見多数の問題作ですね。

ストーリー自体にそこまで「面白い!」といえる要素はありませんが、
それよりもサイクロ人のマヌケな設定とか、3000年ってこんな感じなの
?とかを想像してみればそこそこ楽しめると思います。

個人的にはとても面白い領域にあります。ラスト30分のCGシーンは
色んな意味でSFファン必見だと思います。現在、自主制作映画なみの劇場
未公開B級ものと比べれば、よほどの面白さに値すると思いますが。
投稿者:hymitecs投稿日:2007-01-13 22:37:25
【ネタバレ注意】

原作が面白かったので期待していたのですが、その面白さがまったく生かされていない。
トラボルタが作ったらしい。
サイクロ星人って悪役面の大男にしか見えんし、いかにもアメリカ的に皆で気勢をあげるのは止めてほしい。

投稿者:あっきー投稿日:2006-09-13 23:48:12
公開当時の宣伝内容や、主演がジョン・トラヴォルタということに加え
そのストーリー性から察するに「これは超大作だ!」と楽しみにしていた作品ですが・・・これはいけません・・・
最後まで観るのが苦痛でした。
案の定、見事に「ラジー賞」を受賞した名誉ある作品となっております!

 ↓ 「映画レビュー」始めました! お気軽にコメントをどうぞ!!http://www.0721cinema-spirits.com/
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-04-03 09:42:13
ジョン・トラボルタは好きだけど今回はちょっと・・・
投稿者:ゆうじ投稿日:2005-03-18 22:11:20
何も言うことはございません。見事なアホSF映画でございます。バカ映画好きにとって、格好のネタになったのも頷けます。
投稿者:TELK投稿日:2004-09-26 04:42:15
今日久しぶりに深夜放送でやってたので、なにげなく見てたけど(実は劇場でも見てる)あのころは、ラジー賞総ナメとか、宗教がらみの制作で、きわもの映画という色眼鏡が強すぎたかもしれない。
確かに前年公開のマトリックスのパクリシーンとか、リアルな整合性を重視したつくりではないけれど。
SFで設定がカッチリ決まってるのに、面白くない作品もごろごろあることだし。予備知識なしでみれば好きな映画だな。
投稿者:フリクリ投稿日:2004-07-23 13:54:37
続編は予定されていたはずだが、思いっきりコケたので
やっぱ無しになったんだろうなあ・・・
バリーやトラヴォルタもやる気だったとか・・・
残念、メチャ期待してたのに・・・
こういう映画ほど続編が気になると思いません?
私もトラヴォルタのあの高笑いは大好きです。
あそこまで見事な高笑いはそうそう誰にでも出来るものじゃありませんて・・・
好きな映画です、廃盤DVDも苦労して手に入れました。
投稿者:Naka.d投稿日:2004-02-16 21:57:08
ラジー賞映画にも好きなものはあるし、SFも好き、トラボルタも好き、ということで期待していたのだが、ちょっとこれはイマイチだった。
すっげぇくだらねぇ、っていうほどでもないんだが、決しておもしろかくもなかった。
一番の期待はあのトラボルタの高笑いだったのだが、これがまたなんとも・・・(イマイチね)。
っていうかキャラがよくない。もうちょっとクールな宇宙人かと思っていたが、たいしたこともなさそうな連中。思いっきり「人間」に見えるのもつらい。地球人も服装ダセぇし。どっちにも感情移入できない。

でも個人的には、観る前から観る気の失せる(しかし観てみると、やはりつまらない)映画よりはこっちの方がマシだけどね。原作は読んでみたいかも。
投稿者:exparty投稿日:2004-01-06 22:04:03
ラジー賞作品ではピカイチの傑作。こんなに笑える映画はそうそうない。
続編出ないかな?原作は残ってるのに。

この映画で、ラジー賞の存在意義がよくわかった。
僕にとって、「タイタニック」と「バトルフィールド・アース」は等価値だ。
投稿者:Carol Sakeski投稿日:2003-12-02 10:58:15
トラボルタのようなもろ人間臭い人が
宇宙人を演じちゃダメだよ。
ふーん、新興宗教が絡んでんだね。
そりゃ製作にノリノリだったわけだな。
私もB級映画の雰囲気って好きだから
最後まで見ちゃったんだよな〜。http://www010.upp.so-net.ne.jp/Carol_s/
投稿者:キャメロンディアス投稿日:2003-11-27 19:05:30
最低映画賞7部門受賞作品だけど個人的にはSFとして大好きな映画。
ラストはどうかと思うけど総合的に言うと面白い。ストーリーも濃厚だし
CG技術もそこそこ凄い。トラボルタの役は馴染めないけどペッパーが結構
かっこよかった。こういう『バトルフィールド・・・』という本格的で
庶民的な題名はとてもいい。内容としては『地球戦場』という感じはしないけど。
トラボルタにはある意味アカデミー賞あげたい。最凶のSF大作!
投稿者:J.T.投稿日:2003-03-12 21:28:16
ラジー賞受賞のずっこけ超大作、と聞いて期待してみたら、結構好きになってしまって、恥ずかしい! でもこういうB級映画っていとおしい。荒唐無稽、マンガちっくな演出、トラボルタのたがの外れた気違い野郎ぶり。「金返せ!時間を返せ!」と怒りたくなる手抜き映画が多いなか、一生懸命にばかげたものを作っている心意気を感じました。「スターシップトルーパー」のような面白さがある、と思ったのですが皆さんはどうお考えですか。でもアメリカでどうして2週間で打ち切られたのだろう? 宗教がらみで映画とは別の次元で多くのひとに敬遠されたのかなあ。だってもっとばかな映画がアメリカでは大ヒットしたりしてるんだもん。
投稿者:きくりん投稿日:2003-03-12 19:18:14
まだ学生だった頃に読んだ原作が、前半部分だけですが、やっと映画化されました。映像化不可能とまで言われていた原作が、とっても大好きだった方には、きっと満足できる作品になっていたと思います。原作が古いせいなのか、一般的には受け入れられなかったようですが、当時のSF小説の雰囲気が伝わってくる、とても素晴らしい作品です。できれば、原作の後半部分も映画化してもらいたいですね・・・。
投稿者:いもこ投稿日:2002-09-28 23:00:57
こんなに壮大なスケールなあらすじなのに本編でのサイクロン星人vs人間って・・・びっくりするほどしょぼい扱いですね。ここまで徹底されると換えってすがすがしくて好感持ちました。

でも最低映画賞受賞は当然でしょうね。もうどうしようもない悪役だし、トラボルタ。すごいお金とかかかっているから「祝!ラジー賞制覇」でどれほど観客呼べたんでしょうか? 

劇場で観た方ご愁傷様でした。(でもお笑い映画としては一流かも?)
投稿者:ヨッシー投稿日:2002-09-04 12:26:31
おもしろい。SFXも最高。ラストはショック!
投稿者:トリガー投稿日:2002-08-28 00:35:35
「人間の好物はネズミだ!!」もう失笑もの。
しかし後半のハリアー戦闘機vsサイクロ星人の視覚効果は
なんで今までこれを使わなかったの?と思うばかり。
それまではもう陳腐でしょうがないこと。
トラボルタとその部下の話はついていけないし
そんなマヌケなサイクロ星人相手に業を煮やしている人間も笑いもの。
トラボルタ本当にこんなのの映画化を切望していたのか・・・・?
投稿者:バーバー投稿日:2002-08-27 23:21:23
ラジー賞独占も大いに納得の、珍品ですね。
全編、全シーンに突っ込みどころが満載です。というか、突っ込む必要のないシーンが存在しません。
細部まで行き届いていない設定なども、とんでもなく稚拙。所詮、SF知識どころか科学知識すら無い教祖さまが書いた小説が原作であります。


宗教のマインド・コントロールが人間の冷静な判断力を失わせる、そのことを証明したという点では、歴史に残る映画の一遍ですね。
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2002-08-18 17:28:51
【ネタバレ注意】

「核攻撃で自由を勝ち取る」最悪。。。

投稿者:sonic投稿日:2002-01-22 00:55:15
一種独特の世界ですね。良く言えばこじんまりとまとまってる、悪くいえばスケールゼロ。色々とツッコミ入れたくなる映画ですね。まっ、なにも考えず期待もせず暇つぶしに観るぶんにはいいんじゃないかな。
投稿者:凄い!!投稿日:2001-09-29 23:17:55
結構よかったけどね!単純に楽しめました。SFXは最高に迫力があったよ!!アメリカの記事をみたんだけど、この映画のゲームとアニメシリーズが出来るんだって聞いたけど、楽しみにしてます!!!
投稿者:たぬき投稿日:2001-08-02 05:34:09
ラズベリー賞総なめと聞いたので期待してみてみたら、たいしたこと無い。
むしろ普通ですね。これより酷い映画なんて山ほどあるからなぁ…。
投稿者:投稿日:2001-06-02 15:28:50
この映画をみて何となく、猿の惑星を思い出した。だがあれ程のインパクトはなく個人的には肩すかしをくらった感じ。
投稿者:BOYSBE投稿日:2001-03-28 01:53:35
2001年度ゴールデンラズベリー賞おめでとう。ある意味すごいですね。制作者側わよろこんでいましたね。DVDが売れるとかいってましたね。宣伝効果ありありですね。

投稿者:きーちゃん投稿日:2000-10-28 03:25:40
あまり考え込まないで見るべき映画です。時代観は世紀末、プロットは80年代SF。映像は一流だし、最新映画なのになぜか懐かしい宇宙人像がみられる・・・。そんな映画です。
投稿者:BAN投稿日:2000-09-29 11:43:17
はっきり言って内容が幼稚すぎる・・・。確かに映像はスゴイかもしれませんがそれにしても映画にするほど?と思えるほど。内容とは関係ないですがトラボルタはどんな特殊メイクをしても誰かはっきり分かる顔だなって再認識です。アニメを見てるような映画でした。好きな人は好きなのかな・・・。
投稿者:きも投稿日:2000-07-31 23:52:41
この映画の原作は、ジョン・トラヴォルタや、トム・クルーズ等が参加している、アメリカの「サイエントロジー」という新興宗教の教祖の作品です。
本国アメリカでは、2週間ほどで上映打ち切りとなった作品です。内容はヘンです。
それだけに一見の価値があると思います。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ワースト作品賞 
 ■ ワースト主演男優賞ジョン・トラヴォルタ 「ラッキー・ナンバー」に対しても
 ■ ワースト監督賞ロジャー・クリスチャン 
 ■ ワースト助演男優賞バリー・ペッパー 
  フォレスト・ウィッテカー 
 ■ ワースト助演女優賞ケリー・プレストン 
 ■ ワースト脚本賞コリー・マンデル 
  J・デヴィッド・シャピロ 
 ■ ワースト・スクリーン・カップル賞ジョン・トラヴォルタ 彼とスクリーンで共演した全ての俳優と
■ この25年のワースト・ドラマ作品賞 
■ ゼロ年代のワースト作品賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】バトルフィールド・アース2015/04/03\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】バトルフィールド・アース2001/07/25\6,000amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】バトルフィールド・アースレンタル有り
 【VIDEO】バトルフィールド・アース <レンタル>レンタル有り
 【VIDEO】バトルフィールド・アース <日本語吹替版> <レンタル>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION