allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

オーロラの彼方へ(2000)

FREQUENCY

メディア映画
上映時間117分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ギャガ=ヒューマックス)
初公開年月2000/12/09
ジャンルドラマ/サスペンス/ファンタジー
もう一度、逢いたい。話したい。

NYでオーロラの見える日、30年前と無線がつながった。それは父が死ぬ前日。――今なら未来を変えられる。
オーロラの彼方へ [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 927
USED価格:¥ 899
amazon.co.jpへ

【解説】
 1969年、ニューヨーク上空に珍しいオーロラが出現した日、消防士フランクは救助を終え、妻ジュリアと6歳の息子ジョンの待つ家へと戻ってきた。親子3人の生活は幸福な輝きで満たされていた。ちょうどその日のオーロラのように。だが、その2日後、フランクは殉職する。息子ジョンは深い哀しみに暮れる。それから30年。再びニューヨークにオーロラが出現した日、ジョンはふと父が愛用していた無線機を見つける。そしてそこから男の声が聞こえてくる……。まるでそれは父と話しているようだった。
<allcinema>
【関連作品】
オーロラの彼方へ(2000)オリジナル
シグナル/時空を超えた捜査線(2016〜2017)リメイク
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aシックス・センス (1999)
[002]Aグラディエーター (2000)
[003]Aスタンド・バイ・ミー (1986)
[004]Aライフ・イズ・ビューティフル (1998)
[005]Aスピード (1994)
[006]Aキャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン (2002)
[007]Aバック・トゥ・ザ・フューチャー (1985)
[008]Aザ・ロック (1996)
[009]Aアンタッチャブル (1987)
[010]AL.A.コンフィデンシャル (1997)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
52448 8.62
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:er3535投稿日:2015-03-30 02:30:39
【ネタバレ注意】

こんな奇跡あったら良いなぁ〜という、おとぎ話で何度見てもジーンと来るのだけど、やっぱり事件部分は要らない気がする。でも他のファンタジーとの差別化には必要だったのかな。POIのリース君が若い。

投稿者:uptail投稿日:2012-03-19 09:56:11
演出:8
演技:8
脚本:8
音響:7
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2011-10-13 22:49:47
死んだ父と無線機で会話ができる、
なんて魅力的なテーマでしょうか。
完成度の高い作品だと思います。
何度でも感動できる。
投稿者:has42120投稿日:2011-04-06 10:13:16
ジム・カヴィーゼル
投稿者:kuro投稿日:2011-02-04 18:46:50
娯楽映画として面白いのですが、それだけの映画。
悪い奴は死んでハッピーエンドで終わります。
アメリカ人が思い描く理想ファミリーはこんな形なのでしょう。
すごく単純な価値観の映画で子供向けです。
投稿者:gapper投稿日:2009-07-29 13:47:58
 タイトルはそれなりに凝っているが、文字が見づらいのは気に入らない。ネイティブなら問題ないのかもしれないが、私は違う。
オーロラは、北極圏の写真などとは異なるが美しいのは美しい。ひも理論などが劇中のTVで語られるが、こじつけにしか聞こえない。まあ、銀河系は回転(約200Km/秒)しているので、30年も経つととんでもない離れた場所にあるし、説得力はない。

 過去の父親と話せるというアイデアはいいと思うが、やはりそれなりに実現性を演出してほしかった。最初、下水道で爆発が起こり間一髪で脱出という場面があるが、炎をかわしてというのは実際はありえない。圧力で爆発した瞬間に飛ばされる筈だ。こういったリアリティを考えないものを最初に出しては、過去との通信が単なる作り話であることが強調されてしまい、興味をそがれてしまう。ありえない話だからこそ、真実味を持たせる演出が必要だ。

 科学的な理論で、完全に否定されている部分も気になる。父がメッセージを送るために、机に文字を半田ごてで彫る部分などだ。科学的にはこういったことはありえず、パラレルワールドとして別世界になってしまうと考えられている。つまり、息子の話している世界と、父が机に彫って進んだ未来は、別の世界ということ。上記の下水道の演出と同じで表面的な演出にこだわり安易なつくりになってしまっている。

 全体的に画作りが表面的で、「三十四丁目の奇蹟’47」のように(わかりにくいかもしれないが)実はさまざまな工夫が凝らされている作品を知っていると大して感動はできない。
投稿者:花男投稿日:2009-01-28 16:20:51
よくできていますね
物語上の目指すべきゴールが二転三転しますが、伏線が上手く、しかもわかりやすいため唐突感がまったくなく、一難去ってまた一難的な先の見えなさが楽しいです。クライマックスにもシチュエーションをうまく活かしたオリジナリティを感じますし、観た後の印象も爽やかでもう大満足

・・・と言えないのはなぜでしょう。やっぱりドラえもんグッズ並みのお手軽&都合よすぎ感が気に障るんでしょうか・・・・・あるいはこういうケチをつけても無粋にしか聞こえない、この映画が発している“いい話”オーラのせいなんでしょうか
どうにも居心地が悪いんですね
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2009-01-12 01:35:42
まぁまぁ
投稿者:ララルー投稿日:2008-07-25 11:39:06
サスペンス部分がいらない気がした。(って、それがメインか?)
パパと無線でつながり合い、パパの事故を防ごうとするが
パパは職務をまっとうし、殉職・・・
誰の過去も変えない、ある意味ハッピーエンド。
消防士の家だから、飼い犬はダルメシアンだったのか?
エルビス犬がもっと活躍して欲しかったな。
投稿者:NYY投稿日:2008-06-22 06:22:48
【ネタバレ注意】

うーん、よくできてて、面白いとも言えるんだけど・・・
途中で娯楽映画に切り替わるのに、ついていくのが大変だった。 
 
ボクは、前半だけで、お腹いっぱいになったから。
後半の展開は、満腹なのに、もう一食食べさせられて胃がもたれ
た感じw・・・
お父さんを救うことができて、「良かった〜」って気分で終了し
て欲しかった。
サスペンスは見てる間は楽しいけど、終わった後に何も残らない
から、前半の「良かった〜」が吹っ飛んじゃったのが、不満なん
だ。
後半を娯楽の展開させるには、前半が雰囲気良すぎるんだよ。
娯楽→感動の順なら感動できた筈が、感動→娯楽でスカスカの娯
楽映画になってしまって残念。
 
お父さんを、どうしても死なせたくないって気持ちは分かるし、
過去の出来事も少しくらいなら、変えちゃっても良いかも知れな
いw。
しかし、変えまくって、未解決事件の犯人まで片づけちゃって、
タバコを握り潰したら癌にならないで生きてるなんて、都合が良
すぎて漫画だよ。
お父さんの殉職を、病死に変えられて、少し長く生きてもらえた
だけで、十分だったと思う。
 
なんか、ラストは「やっぱ、お父さんは頼りになるぜ」っていう
、単細胞なアメリカ人の好みそうなパターンになっちゃったし。
 
これ、最初からこういう作品にする予定だったのかな?
作ってる途中で、保険屋あたりが口出しして、後半を娯楽にした
んじゃないの? とか穿った見方をしちゃったんだよね〜。
サスペンスと了解した上で、もう一度見直すかっていうと、もう
オチを知ってる訳で、見ても楽しめない。
やはり、途中で流れを変えたのは、不満。 
 
ま、堅物の昔の男って感じのデニス・クエイドは凄く良かったし
、スマートな息子のジム・カヴィーゼルもなかなかだったと思う
よ。
 

投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2007-08-26 12:14:01
 感涙モノのヒューマン・ファンタジーを期待していたら、これがもうハラハラドキドキのタイム・パラドックス物のサスペンス映画だったんですね。 主人公が消防士ではなく刑事役という設定で、殺人事件を捜査しているシーンが出てきた時に、おや?とは思ったんですが。
 
投稿者:なちら投稿日:2007-02-22 00:47:15
無難な感じ。
投稿者:喜屋武☆・3・w投稿日:2007-01-02 01:42:38
☆・3・w<((最初感動作なんかなーって思ってみたけど、案外感動しなかったw
最初の爆破シーンがすごいw

中盤からゎサスペンスにかわったしwやっぱし過去を変えるとあんなややこしいことになるんだねw
投稿者:たのきゅう投稿日:2006-09-22 19:11:44
製作・脚本のトビ−・エメリッヒのセンスが良い。「ファイナル・ディステネーション」「バタフライ・エフェクト」にもそのセンスがいかんなく発揮されていると思う。
投稿者:ショーンファン投稿日:2005-12-27 22:30:56
この映画は多少頭が冴えてる人でないと最後、スッキリした気分で見終えられないかもしれません。・・・というのも、なんというか、例えて云うなら、時差の勉強をしているよう・・・。ボーッっとしてみていると、後でつじつまが合わなくなって混乱しますよ!私も正直、「は?」というところがありましたが、また見直して確かめます。
いやいや、財布を隠しておいて30年後に取り出すこのやり方・・・。こういう物語を一度は見てみたかった!おもしろいに越さないですね。
犯人のジャックの30年後の老け方と言ったら(笑)特殊メイクの技術のすごさですかね。唖然としました。
あり、ですね。ハリウッド映画、万歳・・・。
投稿者:the hysteric green投稿日:2005-10-05 13:19:14
ココロ温まったり、ハラハラドキドキしたり、娯楽映画っていうのはこういう作品を言うんだなと思った。

とにかくムダが無い。全編イベントが目白押しって感じ。
親子の絆が本当にステキに描かれてて、後半のサスペンス的な部分を乗り越えて迎えるラストは超感動した。

文句なしに個人的映画史に残る傑作!
色んな人に見て欲しいと思う。

余談だけどオレはカナリの爆破シーン好きなんで最初の爆破シーンは超ニンマリ(笑)
投稿者:hira投稿日:2005-06-10 06:36:57
 劇場、WOWOWと観ましたが、遂にはDVDも買ってしまいました。自分はこれまでジャンルを詰め込んだ娯楽作を知りません。
 野球、消防士、オーロラ、ハム無線機、刑事、連続殺人事件、タイムパラドックス・・・これだけの要素を盛り込みながらも完成度の高い脚本を書いたトビー・エメリッヒは天才ですよ。何でもこれが初脚本作らしいですね。そして、こんな破天荒な脚本をあっさりと撮ってしまったグレゴリー・ホブリットも凄い。主演二人の演技も良いし、アクションも良し、感動もします。これが嫌いな人はハリウッド映画が嫌いということでしょう。
投稿者:web00k投稿日:2005-05-14 04:37:27
【ネタバレ注意】

次々にトラブルに巻き込まれ、その都度解決していく構成がすばらしい。
安心させては、ひっくり返すタイミングが絶妙で時間を忘れて観てしまいます。
複線の張り方がとても良くできています。
殺人犯が30年野放しという設定に無理があるとか、まあ、そんな観かたをしてたらカス人間になりそうなのでやめます。
じっさい最後を盛り上げるための演出としてなんの問題もないと思います。
部屋が急激に変化して、陰鬱だった部屋から、明るい部屋になっていく瞬間のカタルシス「家族が帰ってくるっ」という力強さがいいです。
守るものがあるから、観ているほうもハラハラするという、本能に訴えかける手法で、かなりの爽快感が得られました。

投稿者:william投稿日:2005-03-01 06:47:23
普通ドラマやらファンタジーやらサスペンスやら、あれこれテーマを詰め込み過ぎると調和が取れなくてグタグタなストーリーになってしまっている作品がよく見られるが、この作品は意外なほどバランスが取れていてストーリー展開にひねりも聞いている。
それ以上にまず、30年前に亡くなった父親と(電話のような発達した機械ではなく)無線機で会話するというファンタジックなテーマがとても魅力的。一度は見て損のない作品の一つと言えよう。
投稿者:terramycin投稿日:2005-01-11 12:48:40
【ネタバレ注意】

自分はこういう時空を超えたSFものが好きなためすんなり物語りに入り込めた。バッドエンドをハッピーエンドに変える物語の軸も好きだ。しかし過去の歴史を変えることで部分的に歴史が変わっているが私はもっと歴史は変わってしまうと思う。野球の結果も微妙に変わってしまうし、自分の記憶も都合よく両方の記憶を持つことはないんじゃないか?とか。さらに一番(根本的に)おかしいと思うところは、過去の歴史を変えたところで自分がいる現在の歴史を変えることはできないということだ。過去を変えるということは変えてしまった時点を分岐点にして既に違う未来(時間)が生じ始めているということである。ゆえにそこから辿れる現在は自分の住んでいる現在とは違う現在(異なる現在)であり、元の世界(現在)にはなんら影響を及ぼさないはず。だからバックトゥーザフーチャーのようにタイムマシンで過去へ行き、歴史を変え、現在に戻ってみても元の自分がいた世界には戻れないということである。

投稿者:アッキー投稿日:2004-11-26 08:07:35
下記に掲載されているコメントを見る限り、賛否両論。ですがこの作品は、オススメして良い作品です。賛否、いずれの結果になろうとも、観て損、はしないと思われます。賛辞する点としては、非常に練り込まれた秀逸な脚本がグッド。父と子の絆をモチーフに展開するファンタジーという基盤を持ちながら、そこにサスペンスの要素を取り入れて、見る者をぐいぐいと引き込んでいく。現在と過去の同時進行で、さらに絡み合っていくストーリーの末に迎える、驚きのラスト。そして最強のハッピーエンド。ドキドキハラハラして、最後にホロリと泣かせてくれる、非常にオススメの1本です。
否定する人の意見としては、タイムパラドックス的な部分に、突っ込む箇所が多い事、ファンタジー部分だけで構成して欲しかった、などなど。がしかし、この作品は、そんな些細な事にこだわってはいけない作品です。肩の力を抜いて、家族で、恋人同士で楽しみましょう。ホントに、楽しめる1本ですよ!
投稿者:アカシアハウス M投稿日:2004-11-15 16:17:52
家族で見ても、カップルで見てもいい映画。
会いたいけれど会えない人。
思いの切なさと、展開の速さに最後まで飽きさせません。
つれあいが父を早くなくしているのでこんな風に話ができたら
いいのになあ、などと、頭の端っこで考えていました。

やっぱり、家で観る映画はハッピーエンドが一番。
投稿者:SPHYNX投稿日:2004-11-03 18:34:25
【ネタバレ注意】

ハッピーエンドってすばらしいです。感動的なラストでした。笑いながら大泣きしました。幸せな時間を取り戻せて、よかったって思いました。ビッグフィッシュでも泣きました。同じような感じでした。
やっぱり物語を成立させるためには、悪者が必要でしょうし、ドラマティックな展開も必要でしょうが、あれもこれもと手を加えずに、展開のないただ幸せな家庭を描いただけの映画というものもあってもいいかなと考えました。見てるほうは退屈でしょうか。やはり、緊迫した過去がないと、現実に感動できないのでしょうか。
ただの幸せな家庭の映像をみつづけても、感動ってしないものでしょうか。
延々とハッピーエンドな映像で綴る映画というものはあるのでしょうか。

投稿者:lion投稿日:2004-11-03 17:32:55
導入部から、ぐいぐい引き込まれクライマックスまで目が離せない作品。
昨今、超大作や大スター映画に案外見掛け倒しが多いけれど、この映画は隠れた秀作サスペンスと評価したい。知らない俳優ばかり、とか評判にならなかった、と食わず嫌いをいわないで「期待して」見て欲しい一本です。
投稿者:コーベン・ダラス2世投稿日:2004-06-09 22:40:24
野球好きの俳優としてはケビン・コスナーが有名ですが、この映画の父親役のデニス・クエイドも相当なものらしく、おそらく彼は役柄を楽しんでいたのではないかと思います。まあ私自身そういう彼の気分を感じながら鑑賞できたので、このSFファンタジーともサスペンスとも親子の絆・家族愛がテーマとも呼べる内容盛りだくさんの映画は楽しめましたよ。
投稿者:midoro投稿日:2004-05-06 22:06:21
【ネタバレ注意】

SF感動物かと思ったら、意外や意外。
推理サスペンスを上手く絡めたナイスな脚本の映画でした。
確かに、途中で話がガラッと変わってしまうので、アレアレという
感じですが、親父さんが生き残ったがために、狂った過去を修正しようと
奮闘する親子。過去の親父さんと現在の息子が力を合わせ、
1人の殺人犯を追っ掛ける。その辺のハラハラ具合とか、
母のペンダントや医療事故で息子を失った両親などの伏線が上手で、
過去の犯人の指紋を現在に送ってみたり、小技が効いてて飽きさせない。
過去を変えることによって、現在がどんどん変わってしまうので、
早い展開に付いていくために、一生懸命考えさせられる。
クライマックスは、過去と現在両方で同じ犯人と取っ組み合う、
それを無線がつなぐ、なんて、脚本良く出来てるなあと感心させられた。
最後もビックリ。親父さん、癌まで克服しちゃったよ!
これでもか!っていうハッピーエンドで、全てが上手く行っちゃうので、
死んで行く人は沢山いて、どんなに望んだって決して還って来ないのに、
なんでこの人たちだけ、こんなに幸せに?映画だよな〜と思いつつも
結局泣かされてしまった。
タイムパラドックスとか、矛盾は沢山あるんだけど、
ドキドキ山場もドンデンも沢山あったし、
エンターテイメントとしては充分及第点だと思います!

投稿者:kenny投稿日:2004-01-02 20:54:19
友人に勧められて見たんだけど、中盤、眠くなりました。序盤は面白かったんだけどね。
ジョン役の人を「なんかの映画で見たはず、どの映画だっけ・・誰だっけ・・」
と話の筋よりその事ばかり気になって結局、最後まで思い出せなかった。
昨夜、TVで「ペイ・フォワード」を再見して、やっと思い出した・・
あの映画でヤク中の浮浪者役やってたっけ。浮浪者役の彼の方が良かったな。


投稿者:nehane215投稿日:2003-12-17 20:05:16
中盤まではファンタジー、サスペンスとバランスのとれた良い展開で進むのですが、
終盤急に速度と濃さを増すサスペンス色の粗さと強引さ(脚本が悪い?)で、
気づいたらオーロラも消えちゃいます。

投稿者:ぼー投稿日:2003-10-08 14:44:43
【ネタバレ注意】

おもしろい!今父が引き出しにしまったものが30年前のものとして今すぐ古くなって出てくるのってすごい!
最後お父さんに会えたときは感動しました。よかったぁ!

投稿者:kounosuke 投稿日:2003-03-12 14:59:46
見れば見るほど夢が広がって行くので、
ストーリーに引きずり込まれてハラハラドキドキして大変でした。
たとえつじつまが合わなくても、嘘みたいな展開ばかりでも、
この映画なら許してしまいます。
他のコメントを読んでから見たので、あまり期待していなかったから、
得した気分でありま〜す。

投稿者:まー投稿日:2003-03-05 23:48:56
ハラハラしました〜。あんまりなにも残らない映画だったけど、面白かったよ。
でも、これって禁じ手ですよね。
過去を変えることができたら、人生つまんないっすよ。

と言いつつ、私だったら、高校生の私に向かって無線で連絡取りたいです。
「痩せろ!」とか「もっと勉強しろ!」とか「部活さぼるな」とか。
もしくは結婚前の母と無線で連絡取って
「その男と結婚したら、生まれてくる子供達まで苦労することになるぞ!」と警告を発したい。

なーんてね。
投稿者:トリガー投稿日:2003-03-04 18:07:19
感動映画だかなんだかシリアスなもの気取っちゃってるけど、これこそモノホンのエンターテイメント・ムービーだよ。全体の統一性の無さと言ったらピカ一の映画。色んなものをぎゅうぎゅう詰め込んだ感もあってどこからも
イマイチ深みが感じられないが、その装いとは全く異なった偽善的なジェット・コースター式展開に注目してやりましょう。
あざとい脚本に弱い俺みたいなヤツならホロッと来ちゃうかもしれないけどあんなに簡単に未来が変えられちゃっていいものかよ!客観的な視点からのみでしか感情移入の行き届かない演出。まだまだ青いな。
投稿者:みにこ投稿日:2002-11-27 23:09:12
皆さん書いてある通り、父子感動モノかと思い、レンタルしました。
数十分で、お父さんが助かり、これで終わり??短い映画だーと
思いきや。意外とハラハラ楽しめました。泣けなかったけどね。
投稿者:Gordon Shumway投稿日:2002-10-16 17:11:23
どんなに会いたくても2度と会えない人ともう一度話ができたら・・・。そんな発想が素敵。(過去を変えないストーリーでも良かった。そうだったら多分めちゃめちゃ泣けたと思われる。)
後半のサスペンスな展開は予期してませんでした。一粒で2度おいしいのが狙いか?
面白かったのは、父親を助けたことで今までなかった父との記憶が戻るというかできあがるというかのシーン。スローで落ちるグラスとジムの表情で、こんな風に表現したのね。なるほど。
投稿者:sachi投稿日:2002-03-12 05:24:32
結構面白かった。お父さんカッコ良かったし。
ストーリー的には???と思うところもあったけど、連続殺人犯がしつこくて良かった。「ザ・ウォッチャー」の美しくも残酷でもなくて、ほんでもってあまりにもあっけなく死んでしまった殺人犯役のキアヌ・リーブスよりずっと。
投稿者:kei投稿日:2002-03-11 07:37:20
「素晴らしき哉、人生」と「バックトゥザフューチャー」を
思い出してしまってしょうがなかった。
投稿者:sonic投稿日:2002-02-16 22:16:52
ファンタジーからサスペンスへと途中から色合いが変わる。サスペンスとしてはいまいち。面白くは観たが、ちょっとどっちつかず。自分もファンタジー一本で行った方が良かったと思う。
投稿者:招き猫投稿日:2002-02-11 19:47:46
面白かった!!
小気味よいあのラストは、
絡まった糸の先がぴんと張るようにして
より合わさっていく運命が見ていてとても爽快だった。
タイムパラドックスがうまく味を引き立てていた作品だと思います。
それに、父さんと息子と‥時を隔てて愛しい人と話せるなんて、
その発想がお気に入りです。
細々とした30年を隔てた遊びも楽しかったし‥。
やっぱり映画は構えず、思わず、素直に見ると楽しいですね♪
投稿者:カイルブロフロスキー投稿日:2002-02-10 23:34:07
『この男はジョン。36歳
過去の父親との美しい思い出と面影に取り憑かれているしがない警官です。
そして、ここにあるのは30年前の古いアマチュア無線機・・・
今夜はオーロラ、
何かが彼を導くでしょう。
そう、そこは「ミステリー・ゾーン」なのです。』

なんて、「トワイライトゾーン」の感動編みたいなカンジでした。
往来のタイム・スリップものより、”声”だけが”無線機”によって過去と現在を結ぶという発想は面白かった。
「TV版・シャイニング」は霊界と交信してたけど、妙にコッチの方が説得力アリです。
前半、現在の息子と過去の父親が交信するあたり
または、過去の悲惨な事故を防がんとするくだりは結構、ウルウルきた。
(かんけーないけど、最近、親孝行に目覚めたもので・・・)
あぁ、これを全編引っ張っててくれたら傑作が出来てたかもしんない。
後半の「ナイチンゲール殺人事件」が関わってきてからサスペンスとしては盛り上がってきたけど、一本の作品として見た場合、失速してるようで残念。
あれはあれで面白いんだけど・・・
あの倉庫火災をクライマックスとした静かなファンタジーになれば良かったおもうよ。
投稿者:ぷれ投稿日:2001-09-08 22:53:51
前半だけを2時間かけて丁寧に描けば、もっと落ち着いたまともな作品になった(かもしれない)。

後半サスペンスになってるのは、冷静に考えたら笑うしかないでしょう。
投稿者:ユリ投稿日:2001-08-21 16:14:44
見てるうちに意外な方向へいったりとびっくりしたけど飽きずに見れた。けっこう良かった。
投稿者:どのばん投稿日:2001-08-20 03:42:07
やっぱ思った通り、自らの正義に疑いすら持たない無反省アメリカ型「父と息子」ムービーを、タイムトラベルモノにパッケージングしただけの作品だ。
ストーリーが面白いのは、脚本のアイデア賞。細かいとこまで練ってある。でも、結局すべて「ストーリー」だけ。脚本も演出も芝居も、人の根源的な哀しさに対しての洞察がまるでない。ラストはすべて丸く収まって、これって、「夢オチ」とおなじ。アメリカ映画はだから馬鹿だという、ひとつの見本のような作品だ。
投稿者:ともくん投稿日:2001-05-23 01:12:24
脚本というか、発想がいいですね。
「ミステリーゾーン」や「アウターリミッツ」系統の話ですが
最後の落ち?もあって、よく出来ていると思いました。
ただ、火事がらみの話が少しごちゃついていると感じました・・
投稿者:hijiri投稿日:2001-05-09 14:45:55
やっぱり素敵だった、ジム・カヴィーゼル。
『シン・レッド・ライン』で彼を見て衝撃を受けましたが、期待通りにこの作品でも素晴らしい演技を見せてくれましたね。彼だけが目的で劇場まで足を運びましたが、作品も感動したのでとても良かったです。矛盾を探したらいっぱいあるでしょうが、この作品でそれを言うのは野暮というものです。下手をすれば矛盾ばかりが目立つかも知れない所を、全く気にならなくする程の出来だったと思いました。
今後のジムも楽しみです。
投稿者:Lee投稿日:2001-01-04 07:22:51
 もう何と言ったらよいやら。呆れかえるくらい面白いミステリー映画でした。
 こんなかたちのバディ・ムービーがあったなんて。
 実にいい脚本です。「バック・トゥ・ザ・フューチャー」の10倍、「タイム・コップ」の100倍は考え抜かれてあると思います。もしかしたら中核にあるアイデアは、バリー・ウォンの「ゴッド・ギャンブラー3」あたりからインスパイアされたのかも? 楳図かずおの「漂流教室」みたいな趣向もあって、ニヤリとさせられました。
投稿者:風船投稿日:2000-12-13 11:59:01
序章は少々難しかったが、中盤からは引き込まれていく感じでさすがアメリカでロングランを記録した映画だった。ただのドンパチよりずっと心に残る作品だと思う。
投稿者:敦煌投稿日:2000-12-11 23:04:03
 原題が「FREQUENCY」、つまり単なる「周波数」である
ことを考えれば、珍しくまともな邦題のついた作品だった
と言えるでしょう。昨今の映画の邦題ときたら(1)「い
ったいどんな企画会議をすると、こういうアホなタイトル
が出てくるの?」と絶句してしまうような邦題(2)原題
をそのまま(あるいは、theや複数の「s」を取っ払った半
端な形で)カタカナにしただけの邦題・・のいずれかが大
半ですからね。
 邦題のセンスを反映してか(?)、内容の方も水準以上
のデキでした。前半は30年の時を経て無線交信に成功し
た父子の情愛モノ、後半は父子がタッグを組んで連続殺人
犯と戦うサスペンス。ヘタに貼り合わせれば支離滅裂にな
りかねない2つの話を、ギリギリの線で違和感なく絡ませ
ていました。
 現代に生きる息子は、タイムトラベル物の常識ではやっ
てはいけないとされている言動をけっこうお気楽にやって
しまっていて、倫理的には「ちょっとな」と思わないでもあ
りません。ただ、それに応じて変わる現代の様子の描写が
なかなかにアイデア豊かで、思わずニヤニヤしてしまいま
す。この手のストーリーでは「一切のタイムパラドックス
を排除しろ」という方が無理な話。ある程度もっともらし
く、そしておもしろく見せてくれれば、それでよしとする
べきでしょう。
 ラストのあの展開は読めませんでしたよ。座布団1枚。
投稿者:プモリ投稿日:2000-12-10 03:46:39
 泣く準備万端!前半、いいぞ!盛り上がってきた!あれ?映画が変わったの?これなんの映画?ってなかんじ・・・
投稿者:コウ投稿日:2000-12-05 03:14:32
予告が良すぎた・・・
もっと父と子の触れ合いに重点を置いた感動作かと思ったのに・・
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 歌曲賞Jenny Yates “When You Come Back to Me Again”
  ガース・ブルックス 
【レンタル】
 【DVD】オーロラの彼方へレンタル有り
 【DVD】オーロラの彼方へ <dts版>レンタル有り
 【VIDEO】オーロラの彼方へレンタル有り
 【VIDEO】オーロラの彼方へ <吹替>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION