allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ミュージック・オブ・ハート(1999)

MUSIC OF THE HEART

メディア映画
上映時間123分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アスミック・エース)
初公開年月2000/09/09
ジャンルドラマ/音楽
ミュージック・オブ・ハート [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 3,970
USED価格:¥ 1,251
amazon.co.jpへ

【解説】
 夫と別居し実家のニュージャージーに戻ってきたロベルタは、友人のアドバイスでバイオリンの腕を活かしてハーレム地区の小学校でバイオリン・クラスの臨時教員となる。初めは誰も真剣でなかった子供たちだが、彼女の熱心な指導でみるみる上達していった。10年後、人気授業となっていた彼女のクラスは市の予算削減のため打ち切られることになる。彼女はクラス存続の資金集めのためコンサートを企画する。しかし、開催日が迫る中、予定していた会場が使用中止になってしまう……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
763 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ローランド投稿日:2017-12-26 10:11:39
  生活水準の低い地域の子供たちが打楽器のようなものならともかくも簡単には技術が身につかない爛凜.ぅリンなんてメソメソ男のやるもんだ瓩箸慮斥佞發△襪修粒擺錣剖縮を持つようになる過程が安易だし、脚の悪い生徒にイツァーク・パールマンを引き合いに出して励ますのはいいが狄祐屬和だけで立つのではないのよ、気持ちで・・・瓩辰童斥佞臭くゆるいしと、あまり気の入らないままで観続けていたのだけど、周囲から教え方が厳しすぎると注意をされて優しくしたら生徒どもに犧Fの先生気持ち悪い!瓩噺世錣譴討い弔眥未蠅北瓩辰洞擬爾乏莎い出てくるというあたりから楽しく面白くなってくる。    

  自分には負担が来ない範囲内で同情や心配をしてくれる俗人とは違って親身になって色々なことに手を焼き手配をしてくれる交友関係を描くためにある程度は必要だったのだろうが、主人公の私生活のことに時間をかけすぎたみたいで、それを少し削って上で述べた爐修粒擺錣剖縮を持つ過程が安易・・・瓩良分を補強したならうんと良くなったのになって気がするのだけど、実話に基づいた実に良いお話ということで綺麗にまとまり過ぎた感じはあるも高名な演奏家までが協力を申し出るところなんかでは思わず目が潤んでしまったのでありました。    

  メリル・ストリープの芸達者ぶりにはここでも感心してしまうのであって、いかにも都会で生き抜いて行く女という強気で時には感情的になる役柄は狠廊瓩任呂覆いと思わせるくらいなんだけど、それにしてもジャズにクラシックにと名演が多くあるあるまさに音楽の殿堂カーネギーホールでコンサートをやれるだなんて、これは大きな心の財産で特に子供たちにとっては価値があり生涯に渡って心の支えになるんだろうな・・・。    

  若い頃はあまり気持ちに掛からなかったヴァイオリンなどの擦弦楽器の音色が歳とともに心の波長に合致してきて、ヴィオラにチェロと低音になって行くほどに波長の合う度合いが増すのだけど、そのチェロだけの五重奏という風変りだが演奏も画質もとてもいいのがYoutubeにあります。     https://www.youtube.com/watch?v=jOSnOuIVsBE&list=RDjOSnOuIVsBE#t=3
投稿者:scissors投稿日:2012-07-15 20:20:23
あざといー、主演がメリル・ストリープだけによけいあざとい。
昔のロビン・ウィリアムスの映画をもっとチープにした感じ。
興行成績も大コケだったなんて、米国人もこんだけあざといのはさすがに嫌なのかね。
投稿者:Kircheis投稿日:2012-01-01 23:35:07
うーん…実話だというのが逆に足かせになっているのか割とあっさり進む。
もっと生徒一人ずつにスポットを当てて掘り下げると感動的なエピがどんどん産み出せた気がします。

しかし!!

とにかく最後のカーネギーでのコンサートシーンが素晴らし過ぎる♪

超有名バイオリニストが集い、奏でた音楽は最高だったよ(〃▽〃)

特に青春時代大好きだったイツァーク・パールマンの登場はマジで嬉しい。
彼のパガニーニは最高だから、少しソロも入れて欲しかったところ(笑)

演技陣はそれぞれ素晴らしいんだけど、やはりメリル・ストリープが圧巻。
彼女以外では彼女の母親役のクロリス・リーチマンが印象に残った。
若き頃スーパー美人だった彼女だけに、老いても品がある(*^_^*)
投稿者:mototencho投稿日:2010-05-12 21:41:29
 予告編で監督がウェス・クレイブン(「エルム街の悪夢」の人)と出たので、ズッコケちゃったのを良く覚えています。けれど出来栄えは素晴らしい感動作。ホラー映画だけの人ではなかったのですhttp://mototencho.web.fc2.com/2007/parije.html#musicofh
投稿者:kuro投稿日:2010-03-13 20:54:00
人生は変えられる、いや、そればかりか世の中すら変えられる。
そのために、かならずしも天才である必要はない。平凡な、むしろ負け組人生の者にだって、熱意さえあれば人を動かし変えることができるということを教えてくれる映画でした。

反面、ひとたび注目を浴びると爆発的な共感を呼び、過剰とも言える反応を示すアメリカ社会の怖さも感じました。
この映画で描かれたことは、たまたま良い方向に爆発しただけで、これが悪い方向だったと考えたら・・・

映画には申し訳ないが、実話の重みのために、ちょっぴり不安も感じさせる映画だったところが減点一点。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2009-03-09 08:51:35
まぁまぁ
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-09-25 12:38:56
メリル・ストリープ主演の感動作という事で借りて見た作品です。 まぁありがちな話ではありますが、実話という事もあってやっぱり感動しました。このような作品はいくら作っても私は飽きないですね。毎回泣けちゃいます!とにかくメリルが言うまでもなく素晴らしくって、彼女の表情は本作でも輝きまくっています。なので彼女のファンである私は、それだけでも嬉しかったのに内容まで素敵だとホント幸せですね。
エイダン・クインも素敵だったし、全体的にもとても見やすく、音楽の素晴らしさも感動もちゃんとある作品となっています。なので私も良い映画だと思います。
それから確かに監督がウェス・クレイヴンというのは驚きですよね!素晴らしい才能です!
投稿者:なちら投稿日:2007-02-20 20:44:20
無難な感じ。
投稿者:aaf投稿日:2006-12-24 01:26:33
ストーリがありきたりだ ってのは確かに言えますね。
だけどスポーツモノとかダンスあるいは歌ってのなら
わかりますがお金のかかるヴァイオリンでしかもそれが
実際の話をベースにしているってのが凄いと思います。
頭が下がりますね。
投稿者:irony投稿日:2005-08-22 05:34:12
ウェス・クレイヴンだなんて信じられん。ええ話や。
投稿者:william投稿日:2005-05-17 00:05:09
実話が元になっているとは言えど、こんなストーリーの映画は過去の作品に幾つもあったような気がする。子供達のバイオリン演奏のシーンは感動したけどね。
投稿者:ムタト投稿日:2004-12-28 00:46:06
これは10年に一本出るかどうかというくらいの傑作。別にフィクションであったとしても十分にテーマが伝わってくるだけのパワーを持つこの映画には誰しもが間違いなく圧倒されるだろう。音楽などの芸術教育がいかに大切か、それを理解しようとしないアメリカの教育界の抱える問題、そして何よりも主人公の子供にヴァイオリンを教えることに対する喜びと情熱が、素晴らしいドラマ展開の中でしっかりと描かれているからだ。
この作品がオスカーにノミネートすらされなかったというのは、おそらく宣伝活動に失敗したといった商業的な理由にすぎないであろう。ノミネートされた作品群と受賞作との比較からすれば、本作こそがノミネートされて受賞するべきであって、そのあたりに昨今のハリウッドの腐敗ぶりが見え隠れする。
投稿者:パタママ投稿日:2003-04-30 22:37:55
【ネタバレ注意】

もうラストまでお見通しのワンパターンの二番煎じどころか百番煎じなんですが・・
映像は飽きの来ないよう工夫されてます。手品のようにサイドストーリーも展開させ、締めは輝くカーネギーとスタンディングオベーション。
メリルが嫌な人には仕方ないですが、飛び込んでしまえば芸達者で安心して見てられます。

心身とも疲れていてハートウォーミングな簡単な映画が見たい時にオススメです。

投稿者:dadada投稿日:2003-01-02 11:26:06
実話がモチーフになっているという事じゃなけりゃ、あまりにトントン拍子で出来過ぎたお話。W・クレイブン監督の演出は、与えられたプロットをテンポ良くまとめ過ぎた感があって、奥行きが無いんだけれども...とりあえず、事実の面白さに救われてます。
投稿者:亀治郎投稿日:2002-11-27 16:33:12
メリル・ストリープってやっぱり美人女優にカテゴライズされているのでしょうか?
冒頭、ご主人に捨てられて未練たらしい電話を母親に切られるシーンで「あなたは未来も才能もある美しい女よ!」と説得されているのを見て頭の中に????が飛び交いました(笑)。

ドスコイ化が著しいのにまだ美人…。

同じことが「ノッティング・ヒルの恋人」でもありました(ウィリアムの妹が大女優を初めて見た時に『世界一美しい人!』と絶句する場面)が、やっぱり私の中における美人の基準と世間はだいぶずれているらしい。
投稿者:more投稿日:2002-02-09 03:24:08
思ってたよりも先生の私生活の割合が大きかった。
そのせいか、私生活と学校のあいだでM・ストリープの気持ちの流れがいまいちしっくりこない。
ああいう激情型のヒロインは現代ではあまり受けないかも。
なぜなら共感できないから。
ちょっとヒス気味の主人公と子供達の無邪気な笑顔で、ようやく調和がとれるような。
ストーリーにしても、実話であるから予想範囲以内であまり意外性も無い。“事実は小説よりも奇ナリ”というけれど。
うーん、まとまっているとは思うけど。
投稿者:ら☆投稿日:2002-01-31 01:00:49
うん。そおだなぁ。実話だから難しかったんだろうが、
私としては、ロベルタ先生と、生徒との心の交流を
もっとメインで描いて欲しかったね。
いろんな要素がてんこ盛りになってたから、一つ一つの
ドラマがうまく描ききれず、消化不良になっちゃった感じあり。
でも、実話だから、しょうがないか・・・笑
しかし、このストーリーを知って、やっぱり一生懸命
生きている人には、神はチャンスを与えるんだなと実感。
要は「あきらめない心」だね。そこに人も、幸福も、必ずついてくるんだな。
投稿者:月とスッポン投稿日:2002-01-28 23:53:59
前々から観ようと思っていて、最近やっとこさ観ました!事実にもとずいた話だと知ってよりいっそう感動がありました◎ただ子供たちの名前と顔が一回観ただけでは分かりずらっかった・・。←これは私の問題ですかね。。。
投稿者:クーパー投稿日:2002-01-11 19:52:39
【ネタバレ注意】

それなりにおもしろかったです。

ただ、生徒一人一人の描き方が足りないからかどうか解りませんが、殺された生徒が誰だか解らずに見直して確認してしまいました。
生徒の上達していく課程も今ひとつ解りにくかったです。
それと、あのコンサート内容からするとコンサートのポスターは誇大宣伝に思えるのは私だけでしょうか。
グロリア・エステファンも特に出演する必要性を感じなかった。

メリル・ストリープはあまり好きでは無いのですが、この映画の彼女は結構好きです。


投稿者:もっち投稿日:2001-10-15 18:07:47
結構期待していたせいか、なんだかイマイチな気がしました。
ごく普通の内容で終わってしまいました。
確かに、メリルストリープが子ども達に囲まれてバイオリンを弾いているシーンは
感動するけど…
投稿者:たけ投稿日:2001-09-12 19:18:38
似たような映画を前に見たいたせいか、二番煎じ、としての印象しか受けなかった。それが無かったら、もうちょっと感動できたのかも。・・・いや、そういう
わけでもないな。・・・先生がちょっとなぁ。
投稿者:ドトウ投稿日:2001-07-06 23:14:41
家庭ドラマに重点を置いているのね。もっと弦楽器の演奏シーンが多いと思った。

ラストの生徒たちの上達振りは唐突過ぎない?
過程が省き過ぎで、説得力無いよ。

M・ストリープは名演だね。素敵です。
投稿者:けいた投稿日:2001-05-07 04:44:22
 今、音大通いながら自宅でピアノ教えてるけど、生徒達に是非この映画観てほしいな〜〜って思いました!!音楽でどこまで人の心を動かす事(演奏者本人も含めて)の嬉しさ!!ってのは、自分が体験してみないとホントわかんないんですよね☆この映画観をて、今自分が進んでる方向は正しいんだ!!って確認出来た気がします!!
 
投稿者:Tyler投稿日:2001-03-29 11:59:44
 実話の映画化ということで、そこそこには、感動して見れました。 あいかわらず、メリル・ストリープの演技力は素晴らしく、思わず引き込まれてしまいます。
しかし、監督のウエス・クレイブン、今回初めてホラー以外の映画に挑戦し、「今後、ホラーは辞めたい」と言っているそうですが、あんたは、ホラー監督の方が似合っとるぜ! 考え直せって〜
投稿者:まさ投稿日:2000-10-08 04:04:43
すばらしく勇気をくれる映画でした。今の時代にも厳しく愛情あふれる先生がいたら少年犯罪も少ないのでは、と思わせる素敵な映画です。同じ女としても本当に尊敬できる女性で、やり遂げる努力を私も頑張ってしてみようと、本当に勇気をもらいました。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演女優賞メリル・ストリープ 
 □ 主題歌賞ダイアン・ウォーレン "Music of My Heart"
□ 女優賞(ドラマ)メリル・ストリープ 
■ 歌曲賞 “Music Of My Heart”
【レンタル】
 【Blu-ray】ミュージック・オブ・ハートレンタル有り
 【DVD】ミュージック・オブ・ハートレンタル有り
 【DVD】ミュージック・オブ・ハート DTS特別版レンタル有り
 【VIDEO】ミュージック・オブ・ハート <ワイド>レンタル有り
 【VIDEO】ミュージック・オブ・ハートレンタル有り
 【VIDEO】ミュージック・オブ・ハート <吹替>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION