allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

スペース カウボーイ(2000)

SPACE COWBOYS

メディア映画
上映時間130分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2000/11/03
ジャンルSF/アクション/サスペンス
スペース カウボーイ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,500
価格:¥ 1,051
USED価格:¥ 756
amazon.co.jpへ

【解説】
 老パイロットたちが、人工衛星の修復という任務を受け40年ぶりに集結、自らの夢だった宇宙飛行へと挑む。クリント・イーストウッド監督・主演作品。かつてアメリカ空軍には宇宙探索飛行を目的としたパイロット・チームが存在したが、土壇場になって宇宙プロジェクトが空軍からNASAに移行、宇宙へ行ったのは訓練に励んでいた4人の男たちではなく一頭のチンパンジーだった。それから40年、チームの一員だったコービンのもとにNASAから衛星修復の依頼が来た……。
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aダーティハリー (1971)
[002]A大脱走 (1963)
[003]A風の谷のナウシカ (1984)
[004]AダイヤルMを廻せ! (1954)
[005]A未知との遭遇 (1977)
[006]A真夜中のカーボーイ (1969)
[007]Aゴースト/ニューヨークの幻 (1990)
[008]Aロード・オブ・ザ・リング (2001)
[009]Aユージュアル・サスペクツ (1995)
[010]Aフォレスト・ガンプ/一期一会 (1994)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
29221 7.62
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:イエガー投稿日:2016-05-19 20:26:45
普通に面白い!映画だな。宇宙に旅立つ前までが特に。その後ちょっと失速かな(笑)。イーストウッドとサザーランドは戦略大作戦を思い出すし、トミー・リーと、ウィリアム・ディベインだと、ローリング・サンダーを思い出すよ(笑)。こういう映画がキネマ旬報一位って、それだけ面白い映画がないってことだよね。だってフツーに面白い映画だよ。
投稿者:炙り明太子投稿日:2016-05-05 17:48:18
イーストウッドゆかりのDサザーランドとJガーナーの再演が嬉しいです。
若いフランクを演じてた俳優、イーストウッドの特徴を良く掴んでいて感心しました(笑)

大ヒットのアルマゲドンを意識して作られた割にスペクタクルな見せ場皆無で、公開時はイーストウッド監督なら仕方ないかと思ったものです。
この後イーストウッドは激しい戦闘や津波のシーンをリアルに撮るように変化しますが。

投稿者:ちっぷ投稿日:2015-10-22 08:45:53
適役がこんなにたくさん出ているのは見事のひとこと。
投稿者:jb投稿日:2013-01-31 23:08:58
十分楽しめた。
投稿者:こじか投稿日:2012-11-19 00:56:51
普通に観れましたけど、イーストウッドと言えども賞賛には程遠かった。
投稿者:namurisu投稿日:2012-06-16 17:22:37
宇宙の果てでの、核兵器自爆が見たかった。
投稿者:ノブ投稿日:2011-05-28 23:38:36
【ネタバレ注意】

「スペース・カウボーイ」(監督:クリント・イーストウッド 130分)
話の内容は老人4人がチームを組んでスペースシャトルに乗り込み、旧ソ連の通信衛星(実は核ミサイルを積んでいる)を修理する話。
最初の生ギターでの演奏を、ジェット機が奥から手前に飛んでくる轟音で切り裂く演出が良かった。
ジェット機の飛行シーンとその後のスカイダイブシーンが良かった。
勇敢なパイロットとしてサルが選ばれる所は「皮肉な感じ」が良く出ていた。(*映画宣伝で事前にサルが選ばれると分かってはいる)
刺青した牧師・ジェットコースターの設計・試乗者(老眼・入れ歯でも女好きで女にモテモテ。後で女医に老眼なので度の入ったカッコいいサングラスをプレゼントされる)・アクロバット飛行機のパイロット(客が途中で飛行機にゲロを吐く)というチームメンバーの現在の仕事が面白かった。
対向車のトラックを間一髪かわして、イーストウッドの車を抜くトミー・リー・ジョーンズの車の運転のシーンが良かった。
元上司のNASAの高官が「嫌な奴」という感じをよく出していた。
通信指揮官のジーンも、頑固で偏屈だが宇宙飛行士思いな感じを上手く出していた。
旧ソ連の通信衛星にアメリカの設計が使われていたり、実は通信衛星ではなく、核ミサイルを積んだ軍事衛星だったりという「冷戦」を思い起こさせる設定が良かった。
身体検査で裸で並んで立っているおじいちゃん4人の所に女医が現れて、3人は前を隠すが、ドナルド・サザーランドだけは前を隠さず堂々と立っているのがコミカルだった。
前半のおじいちゃん達の頑張りがとても良かった(悪態をつきながらフラフラになって走る所・「女医さんが見ている」と言われて張り切って走る所・若い子に負けまいとして100キロのベンチプレスを支えている人と2人で必死に持ち上げる所・栄養剤を送られたお礼に若い宇宙飛行士達にベビーフードを送る所・「遠心力で皺が伸びて若返った」と言う所・酒場でウエイトレスに「どちらを選ぶか決めてくれ」とせまり仲間同士でケンカになる所(翌朝二人とも目の青タンはシャワー室で転んだと言うのがコミカルだった)等)
後半の無事に地球に返れるかの緊張感(通信衛星が核ミサイルを積んでいる所・若い宇宙飛行士が暴走して核ミサイルがむき出しになる所・おじいちゃん達が核ミサイルが地球に落ちるのを必死で防ぐ所・トミー・リー・ジョーンズが衛星と一緒に月まで吹っ飛んで皆を助ける所(シャトルに積んでいた発射用ロケットとその後の核ミサイルの発射で月まで飛んで行こうとする)・シャトルを無事に地球に戻らせる所)はとても良く出ていた。特に最後シャトルが地球に戻る時の演出は、フラダンス人形が踊る所を入れる演出(コミカルさでシリアスさにアクセントをつける)・大気圏でシャトルの表面が真っ赤に燃えているシーン・青空と白い雲の中直滑降で落下するスペースシャトルのスピード感(遠景ショットでは飛行機雲が下に向かって一直線にのびている所なども撮っていた)・途中で若い宇宙飛行士達はシャトルからスカイダイブさせて逃がすのに、おじいちゃん二人はイーストウッドと一緒にシャトルに残る仲間同士の連帯感・無事に着陸できた時(以前にトミー・リー・ジョーンズが仮装飛行訓練で行った操縦法と関連している)の安堵感等の雰囲気がとても良かった。
最後まで強がりを言っているおじいちゃん達が良かった(無事着陸できた後に「散歩みたいなもんだった」という所)。
プロジェクトが成功して、嫌な元上司が「イーストウッド達はやれると思っていた」とイーストウッド達を称えるのが、「てのひら返し感」があって面白かった。
最後の歌とトミー・リー・ジョーンズが月の表面で横たわっているラスト(歌は「月に連れてって」みたいな歌で関連している)がとても良かった。
全体的に
演出もシーン的な撮り口も女優の扱い方も淡白になっているような感じはした(女の人が全然魅力的に撮れていなかった・酒場での殴りあいも昔なら全体を巻き込んでの大暴れになったのにと思った)。
ロケット発射シーン(煙モクモクの打ち上げやエンジン噴射のショット)や着陸シーンはとても良かった。
4人のおじいちゃん達のキャラクターがとても魅力的だった。又4人の連携プレーや友情もきちんと描けている所はさすがだと思った。
最初はおじいちゃん達の頑張りが微笑ましい感じだが、最後は本当におじいちゃん達頼みになる感じもとても良く描けていた。
確かに少し撮り口・演出・女の描き方は淡白になったかもしれないが、おじいちゃん達の頑張りがとても素晴らしい、ただ宇宙飛行の大迫力を描くだけではない見事な傑作SF作品。http://mamaduke.at.webry.info/

投稿者:has42120投稿日:2010-10-13 16:23:38
クリント・イーストウッド&トミーリー・ジョーンズ
投稿者:ジーナ投稿日:2010-05-28 02:03:28
年老いた宇宙飛行士が決死の覚悟で宇宙へ飛び立つまでを描いたSFコメディドラマです。
諦めきれない夢と男気と友情を軸にちょこっとラブを加えちゃったりして、現役バリバリに頑張っているストーリーです。

若かりし頃のパイロット時代の4人と老年期の引退生活を送る4人がイマイチ一致しなかったですが、チームのメンバー一人ひとりの個性や宇宙飛行士になるための訓練などコミカルで面白かったですね。
あてつけや皮肉めいたクリント・イーストウッドのキャラ、ガンコな親父っぷりが光るトミー・リー・ジョーンズのキャラ、老眼をかけてもなお御盛んなドナルド・サザーランドのキャラ、神父のジェームズ・ガーナーなどみんな魅力的ですし宇宙を初めて観た時の少年のような表情がなんとも印象的でした。
他にも嫌みったらしいジェームズ・クロムウェルに職人気質なウィリアム・ディヴェイン、珍しくクセのない役柄を演じているマーシャ・ゲイ・ハーデンなど脇を固める豪華な俳優陣も見どころになっています。

衛星がどうなってどうなるとダメなのか、何をどうすれば大丈夫なのか、、がイマイチ理解できないのが残念でしたがコミカルな前半とドラマ性が高まる後半、シンプルなストーリーとスケール感のある美しい宇宙の映像、フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーンの効果的な流し方など見事な作品だと思います。
露骨な感動シーンにしないあたりもイーストウッド監督らしいですね。
軽めのテイストなので気楽に鑑賞できますし、パワフルな爺さんたちから元気をもらえると思いますよ。
120分超えでしたが、全く長さも感じませんし。
投稿者:QUNIO投稿日:2009-11-02 20:00:17
実はこれが初めて見たイーストウッド作品だった。当時の感想は「アルマゲドンより面白い」って、『アルマゲドン』と比較する事自体が失礼か? イーストウッドファンの皆様? ぶっちゃけた話、そこまでいい映画だとは思えなかった。ラストが意味不明だった記憶だけが鮮明に残ってる。月面で一人座ってるシーンで終わるなんて。
投稿者:TNO投稿日:2009-10-30 20:34:31
主役4人が豪華。本作に興味を持ったのは、この理由に尽きる。しかし、それぞれの人物描写に今ひとつ深みがないので、豪華キャストが活きてこない。例えば、ドナルド・サザーランドは、ただの下品なすけべじじいにしか思えない。更に、この老いぼれ集団が、困難な仕事を達成してしまう無理筋は、シラケを誘う。ジェームズ・クロムウェルのNASA高官がクリント・イーストウッドの制作したシステムを漏洩して旧ソ連からリベートを受け取っていたのが暗示されているにも関わらず何ら処分された形跡がないのも不可解の極みだ。かなりの資本投下により制作された映画だと思うが、残念。
投稿者:uptail投稿日:2009-05-21 18:35:50
演出:9
演技:9
脚本:8
音響:8
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-04-15 00:32:40
のCGの使い方が粋だった。まさに大人の娯楽作だったと思う。でもキネ旬1位は出来すぎ。
投稿者:なちら投稿日:2009-04-14 23:38:01
【ネタバレ注意】

遠心力でシワが延びてるとか、耳毛がはみ出たとか、入れ歯がどうとか、
ジジイは面白い引き出しをいっぱい持ってるからズルイよ。

やはりこの4名は、キャリアと年齢を重ねているだけあって、
各自の個性で見ている者をとても楽しませてくれるね。
ここではクリントさんも、ワンマンってワケには行かなかったのかな〜?と思います。

粋な死に方を選択出来るって幸せかも。
そんなわけあるかい、とは思っても、月に座って地球を眺める死に様にジ〜ン…!

投稿者:黒美君彦投稿日:2008-05-25 10:10:53
【ネタバレ注意】

毀誉褒貶の激しい作品のようですが…。
S・キューブリックのようにあらゆるジャンルに挑戦しないと気のすまないC・イーストウッドの鬼門?SF版、というところでしょうか。そこはそこ、さすがはイーストウッド、宇宙空間を西部に仕立ててしまいました(苦笑)。故に厳格なSFを追求すると肩透かしを喰ってしまいます。

で、この作品、私自身は面白く観ました。D・サザーランドにトミー・リー・ジョーンズ、J・ガーナー、そしてイーストウッド。それぞれが個性的な役を楽しそうに演じています。前半は黒澤『七人の侍』を意識したとか。フランク・コービン(C・イーストウッド)が、腕に覚えのある旧友を訪ねて回るシーンは確かに共通する印象があります。
基本的に「気持ちが若けりゃ夢はかなう!」「老けこむな、男たち!」みたいな作品なので、体力的にどうしたってガタが来るだろう、とは思いますが、そこは目をつぶって(苦笑)。
いつまでも夢を捨てられない、どうしようもない男たちのファンタジーなのです、この作品は。

投稿者:ララルー投稿日:2008-04-22 08:07:45
宇宙へ行く前の方が面白かった。
カフェテリアで入れ歯をウガチャカやってるサザーランド、芝居が細かい。
一番好きだな、このエロおやじ。

投稿者:hymitecs投稿日:2008-02-08 22:32:38
娯楽のポイントをしっかり抑えていて、なかなか楽しい。熟年が活躍するいうことで話題になった映画だったが、それ抜きにしても充分及第するのではないか。ハリウッド映画にありがちな、ラストでの小細工しようとした悪党たちのお仕置きも省略されていて、反ってスマートに感じる。本格的なSFではないので、衛星の軌道修正やら色んな細かい理論付けや、訓練段階でのリアリティには欠けるが、この映画的には違和感はない。これは、月に連れて行ってもらって、地球を見ながら眠るように死ぬ、ということに本当に無上の喜びを感じるような星屑の仲間たちのファンタジーであるのだ。イーストウッド見直したな。
投稿者:喜三太投稿日:2007-06-21 05:57:22
名作でも傑作でもないかもしれないけど・・・
この映画の美しいラストシーンは、私の心にずっと焼き付いています。
投稿者:ブロッケン鈴木投稿日:2006-08-06 11:25:29
 イーストウッド、J・ガーナー、サザーランドというベテラン俳優の中に、トミー・リー・ジョーンズも顔を並べているが、あんた、他の三人とは年齢もキャリアも違うでしょ? 
投稿者:くろくろ75投稿日:2006-03-31 06:14:52
2時間キッチリと楽しめた。
だけど、2時間という時間じゃ物足りないかな、とも思った。
各キャラに性格を出すために、もう少しエピソードがあっても良いと思うし、宇宙に行ってからもちょっと急ぎすぎ。

トミー・リーとイーストウッドの組み合わせは面白いと思った。できたら、2人のコンビでもう1作見てみたい。
投稿者:オメガ投稿日:2005-11-19 23:35:57
【ネタバレ注意】

真面目過ぎず、かといってふざけ過ぎず。そんな展開が心地良い。
宇宙空間でのシーンも、結構緊張感があり映像が綺麗だった。
最後の大気圏から地上に着陸するまでは、やや無理があったように
思うが、それもまたよし。年老いても「夢」を忘れない。そんな
心温まる作品だ。

投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2005-08-15 10:53:30
【ネタバレ注意】

引退した元パイロットを集める展開からして楽しい。
アクロバットな飛行機…乗りたくねぇ。ジェットコースターはまだしも。
しかし核弾頭が、ずっと地球の軌道を回っていたとは…
若者の功名心の為に窮地に陥るが、ホークが命を懸けて地球を守る。
ホークは癌でなくても同じ事をしたと思うよ。
けど、観てる人は癌であった方が、まだ諦めが付く…悲しみの緩和策では?
もう一人の若者は、シミュレーション飛行でおっちゃん達のアメイジングな実力を認めているからね〜気絶しちゃうが。ホークの真似で帰還するフランクに拍手。
ラストは…表情を映すのか?と思ってしまった…ここは難しい所かも。
何かポイントとなるもの(アクセサリーとか)があれば、そこから引いても良かったのかも…実はホークは月には辿り着いておらず、フランクの想像なのかも。
いずれにしても、これは楽しい宇宙パニック・ムービーの傑作だ。

投稿者:キニア投稿日:2005-05-03 14:15:18
最後のシーン・・・
「フライ・ミー・トゥー・ザ・ムーン」のメロディーが流れる中で、
トミー・リー・ジョーンズの宇宙服が転がっている様が映し出されるけど、なんだか悲しかったね。
アメリカ人は、このように悲壮感も笑い飛ばしてしまうんだね。
参ったよ。
しかし、話は映画のはじめの頃のシーンに戻るけど、
老宇宙飛行士候補生4人組の身体検査でのこと、
またまたクリントは自慢のお尻を出しましたね。
「アルカトラズからの脱出」の中年ヌードは未だましだったけど、
70歳近くになって、しわがれたお尻を出さなくても・・・!?
しかし、4人のうちでは、一番キュートなお尻でした。
でも、裸を見せたいならば、プリプリの30代までに披露してよね?
投稿者:たまきち投稿日:2005-01-18 23:24:01
こういう、昔名をはせた人達がもう一度集まって・・という話しは大好きです。
イーストウッドとジェームズ・ガーナーが出るのなら、かつて2人と共演したよしみでジョージ・ケネディも、是非!飛ばしてほしかったです(エアポートシリーズで、飛ぶのは慣れてるし・・)。
投稿者:ムタト投稿日:2004-06-27 01:23:22
もっと骨太な映画を期待していたら、純度100パーセントの娯楽映画だったのにはがっかり。イーストウッド監督の演出はさすがに手堅くてそれなり楽しめるけれど、映画全体のコンセプトが不明確という致命傷は痛かった。でもあの4人が共演しているというだけで、映画ファンなら一見の価値はある。http://www11.plala.or.jp/kunihiro/cinema/
投稿者:まっこうくじら投稿日:2004-06-05 00:24:07
【ネタバレ注意】

こんなノリの映画は大好きです。
イーストウッドを始め、皆が良い味出しています。
が、一つだけ。
最後に月に行くのは・・・。
蛇足のような。

ミサイルの燃料に酸素の量。
話の流れで眼を瞑ったとしても・・・。
自由落下の激突で、あんな程度では済まない筈。
NASAの監修なら、もう少し乗れる様に知恵を絞って欲しかった。
気になり始めると際限が無くて。
まあ、気にしなければ良いのでしょうが。

投稿者:hide0921投稿日:2003-12-08 01:32:08
SF映画はそんなに好きではないけれど、これは昔からの俳優に思いいれとかあれば十分堪能できます。ドナルド・サザーランド、ジェームス・ガーナー(大脱走のときはもう少し背の高い俳優だと思ってたけど・・・)の共演は楽しかったです。
投稿者:ゆき投稿日:2003-07-29 16:34:21
 久々に「男のロマン」の映画を見ました。前半でイーストウッドが「俺は忙しいんだ」と言った時の妻の甲高い笑い声が林家パー子みたいで、もうそこでかなりおかしかった!名優ぞろいの映画と言うのは、ともすれば空中分解しがちですが、個人的にはこれはとても好きだし、中年になっても魅力は健在といったところでしょうか?日本の俳優もああいう感じだと素敵なのになぁ。 
投稿者:未可投稿日:2003-04-17 09:41:09
良いとこもあるんだけど,いまいちでした。
過去のスペースものの傑作を結構見てるせいかな,,,
4人の宇宙に対する強い思いが40年の月日を使ってるにしてはあまり伝わらなかった。
投稿者:akaneko投稿日:2003-03-06 01:24:39
面白い。ジジイやるじゃん映画。
といいたいけどひとつ。
肝心な時に頭を打って失神しているふたりの若者という設定が、どーも馬鹿にされているようで、若者の端くれとしてはちょっと不満です。そんなにアホ扱いしたいの?
まっ、ジジイの僻みだからな〜とは言いたくないので、今後はもうちょっと普通の扱いをして貰いたいものです。
投稿者:チロレン投稿日:2003-02-11 12:56:43
この映画をDVDで観た。
くしくも例の事故の後。
やはり、単なる娯楽の映画とは思えない気持ちになった。
最後の大気圏突入の様子では「テキサス上空48000キロ〜」とゆう場面があるが「このときにはすでにコロンビアは分解してたんだなぁ」「船内の様子はどうっだったのかなぁ」と考えてしまった。(60キロ当たりで?)
昨年の9.11事件といい、アメリカは当面この手の映画は作れないのでは?(マーシャルローとか)
投稿者:00777投稿日:2003-01-17 11:49:04
ライトスタッフの続編か?トミーリージョーンズのアクロバットは
でも、イイ、一番の儲け役。
しかし、最後の主役は、イーストウッドだ
(シークレットサービスと同じく老人パワー爆発)
カプリコン1、アポロ13を、超えて、男のロマン、アメリカの勇気が
今、蘇る。
宇宙のシーンよりも、そこまでの過程の方が面白く
まるで、荒野の7人的で、楽しい。
最後の陰謀のシーンは、急ぎすぎたか?
それでも、面白い、男の映画http://www.bonoru.com/movie22.htm
投稿者:quadrant投稿日:2002-12-30 12:15:19
・・「アンタの夢かなえたる!アメリカ版」な映画。
こういう企画が通ってしまう、アメリカという社会の奥深さを感じる作品です。
やや鼻に付く演出もあるが8点。たまにはいいんじゃないですか?こういうのも。
投稿者:cinemax投稿日:2002-11-21 02:21:28
◆ 最初のエピソードの中で出てくるコービンを、しわくちゃのイーストウッド翁が無理して扮することなく(この人はやりかねない)、トビー・スティーブンスという役者(若き日のイーストウッドの雰囲気が出てた)が演じたので少しほっとした。この映画のような題材ならともかく、もうあんまりカメラの前には出ないほうが良いのでは、と思う。カメラの後ろで仕事(監督)だけでも一級なのだから…。
投稿者:shinjuan投稿日:2002-10-05 10:44:07
この映画って、私らオヤジにとって最高に楽しい映画なんですわ。A2のジャケットびしっと決めて殴りこみなんていう場面もね。とにかく皆、カッコいいです。個人的にはサザーランドとガーナーにもう少しエピソードが欲しかったけどね。
投稿者:PEKO投稿日:2002-08-22 21:18:30
素敵なじいさま達の姿に思わず笑顔がこぼれる作品でした。なにがいいかってみんなあっさり話に乗ってくる所が子供って感じでいいし、訓練中も若い者に負けずにがんばる姿がまたかわいいのだ。男の人っていつまでたっても子供ですね。
私はトミー・リー・ジョーンズが好きなので、月に向かって行く時は悲しくてしょうがなかったです。でもロケットの先頭に乗って猛スピードで飛んでく様には涙も乾いてしまった、なんか滑稽。
後半よりも前半が断然おもしろいです。
2002.08.22観賞 7点
投稿者:zero投稿日:2002-06-20 01:33:20
どこに文句を付けたいの?
どこが面白くないの?
どこまで楽しみたいの?

十分に楽しめました。
テーマの大きさを思えば、最後の「fly me to the moon」まで
文句は言えない。
投稿者:sonic投稿日:2002-05-20 01:42:22
いかにもイーストウッドらしい作品。少し変だなと感じる点も多々あるけど、夢を持ち続けた男達のお伽噺だと思うのでいいでしょう。それなりに楽しめた。ラストの月のシーンは余計だと思う。
投稿者:kouyakundesu投稿日:2002-05-20 00:50:20
見せ方のツボが、イーストウッドならでわで、同時期に公開されたSFの中では、最高。(SFと言うジャンルに入れるべきじゃないかも)スクリーンで見なかったのが後悔です。
投稿者:DUFFY投稿日:2002-04-17 00:04:36
泣かせるじゃないですか。トミーリージョーンズ。イーストウッド監督作品はいいですね。渋くてカッコよくて心に染みて。
ただ無理矢理ロマンスを入れることはないだろう。
投稿者:大根投稿日:2002-01-30 13:32:17
映画の楽しさを久々に堪能した。あろゆる場面にちりばめられた「映画」ならではの奔放さが気持ちよかった。こうした映画的なジョークは、今世界で同時的に起きている世代間、民族間、人種間、持つものと持たざるものなど、人間の絆を切り刻んでいく得体の知れない敵対感の噴出状況のなかで、わずかでも共感の絆を確認させてくれる貴重な武器だと実感する。辣腕のパイロットたちの前に立った飛行服をまとったチンパンジーの所在ない仕草のおかしさといったら思い出しても笑ってしまう。トミー・リー・ジョーンズがロケットに向かうエレベーター?で頭をぶつけるところなんてのは、もうこれ以上ない切れ味抜群のおかしさだ。ジョークこそ、老いていくものの武器。或いは成熟の証。リアリティとは、共感を得るために必要なアイテムではあるが、共感という目的を忘れたリアルさへの耽溺(無重力のシーンがいまいちだとか、老人がコンピュータを自在に扱えるのかというような声を怖れて、CGに金と時間をつぎ込んだり、ストーリーをがんじがらめにしていくような製作者の態度)は、人間の視角のいい加減さや、感情というものの曖昧さの前には、徒労であるばかりか、現実認識をかく乱し、中毒状態に人々を引き込む覚醒剤ともなる。要は観ることを通して、人間が人間や世界に共感できるかどうかを問うところが「映画」なのだ。その意味で、この映画には共感がいっぱいであった。もう40年も映画を見てきた私には、最高の玉手箱だった。月への憧れは、映画への憧れと同意語である。メリエスの「月世界旅行」が映画の歴史の幕をあけたのである。月に突き刺さった核ミサイルとホークの寝転んだ姿を見せられ、そしてシナトラの歌を聞くとき、嗚呼、映画への愛情がまだ自分の心の奥に眠っていたのだと、初恋の人への思いのような切なさのこみ上げてくる勢いを抑えきれず目頭が熱くなったのは私だけではないと確信する。
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-11-20 19:32:56
 『許されざる者』より後のイーストウッドでは『トゥルー・クライム』の端正
さには劣るが、しかしこの映画も細部の演出は素晴らしい。見所だらけで、いち
いちあげていくとキリがないが、ファースト・カットの空の美しさだけでも見る
価値あり。走行する自動車と曲芸飛行をする飛行機を一つのフレームに収めたカ
ットも忘れられない。そして何より驚いたのは、トミー・リー・ジョーンズが癌
を告白するシーンだ。彼とマーシャ・ゲイ・ハーデンが飛行機の影にうずくまり
会話するカットと、歩くイーストウッドをクロス・カッティングした繋ぎ。この
ような演出とカッティングで観客の心を揺すぶる術はイーストウッドならではの
繊細さ。こんな繋ぎは世界映画史上初めてではないか、と思えてくる。

 宇宙空間での衛星の不気味さと瓦解の凄まじさも私の想像を遙かに超えるスペ
クタキュラー。やっぱり、これが「映画」だよなぁ、と痛感させられる。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:ドリフター投稿日:2001-09-03 04:00:06
スペースカウボーイは宇宙シーンの撮影がほとんど『吊り』だし、ストーリーもリアリティーがなさすぎ、ばかばかしすぎです。インデペンデンスデイやアルマゲドンと同じ類の子供だまし脚本。
人類月へ立つ(NHK−TVで最近放映された)とアポロ13の宇宙シーンは全て航空機の弾道飛行による微小重力場で行っています。一回の飛行で20〜40秒しか取れず、宇宙シーン全体では弾道飛行1000回を超えたらしい。ゲロゲロ。
お金がむちゃくちゃ掛かるがトムハンクスの信用で集めたんでしょうね。
これらもストーリーにはもっと原作に則した緻密さが欲しかったですがちょっと残念。
投稿者:さむ投稿日:2001-07-26 10:36:04
前半『ライトスタッフ』 後半『アルマゲドン』でした。
前半はロマンスをはぶけば、かなり面白かったです。
投稿者:無名投稿日:2001-06-03 11:53:47
ミサイルには誘導装置が付いていて発射すればかならずセットされた
目標に向かって飛んでいくんですよ
6発のミサイルはアメリカの大都市と軍事基地に目標セットされている
と言ってたでしょ。
だから 衛星軌道からはるか離れたところで誰かが発射しなければ
いけなかったのです。
投稿者:fulcrum投稿日:2001-05-28 00:38:20
「スティル・クレイジー」とか「テイキット・トゥ・ザ・リミット」とか渋いですね。泣かせます。

実はぼく、イーストウッドってあまり好きではないのです。そんなかっこいいか?この人?とか思うくらいで。でもDVDけっこう買ってしまいましたが。崇拝する人がいるのがなんか信じられない。かっこいいって言えばスタローンの方がかっこいいぞ、なんて思うくらいです。

彼の作る映画って、どれも小ぶりですよね。スピルバーグとかキャメロンの作品に対して「ケッ。あんなダサいの」なんて言ってる感じです。なんか、仕事を終えて家に帰る前にちょっと見る、余韻を楽しみながら家路につくって感じの映画。好感が持てるけど、一方で「お前の方がスカしてないか? クリントさんよお」と言いたくなる(笑)。

もちろんこの作品を見て家路につくときは、アレですよね。ミスター・ボイス♪

ジェイムズ・ガーナーもよかったけど、ジーン・ハックマンを宇宙に連れてってほしかったですねえ。
それと、クロムウェルはPowerBook使って副大統領と電話してましたが、NASAの職員でこんなの使う人っているんですかね。やっぱハリウッドにおけるappleの陰謀ですかね?
投稿者:JUM投稿日:2001-05-26 00:43:55
>ところでクライマックスに向かう大事なところで、設定がよくわ
>からなかったのですが、トミー・リーはなぜ月に行かなければなら
>なかったのでしょう?
私も同感です。
ラストもなんで?
未だになんかすっきりしません。
投稿者:ブロッケン投稿日:2001-03-28 21:09:07
トミーは老け顔だが、4人の中ではかなり若いのでは。

投稿者:きくゑ投稿日:2001-03-08 18:04:49
渋い!彼氏にしたい。
アルマゲドンより面白いわ。
自分を犠牲にするんじゃなくて、夢叶えるため(表向きでも)に行くってとこが。
そーゆーとこが、最後まで気持ちいい。
思いっきり楽しんだあとに、しみじみこーゆーのもありやなぁって思えた。
最後の月のシーンもかわいかったし。
投稿者:スーパーノヴァ投稿日:2001-03-04 22:12:04
案外面白かったです。4人が宇宙に行く発想からして荒唐無稽で良かった。あんな無茶な発想だったら30日で宇宙に行く訓練を完了させてしまうのも許せます。健康診断を老人のくせにパスしてしまうことも勢いあるから許せちゃう。だから、最期まであの調子で行ってほしかったなぁというのが感想。トミーリージョーンズがミサイルと一緒に飛んでいくのはやめてほしかった。ラストまで一か八かを荒唐無稽に切り抜けて、みんな笑顔で帰ってきてほしかったなぁ。
宇宙のもずくになっちゃったら、「アルマゲドン」といっしょじゃん。
面白い映画だけに、「アルマゲドン」ちっくな安っぽさがあったのがとても残念。
投稿者:junjun投稿日:2001-02-26 17:42:31
このメンバーは凄い。このメンバーで映画を撮ると聞いたときからずっと楽しみにして待ってました。J.ガーナーの映画は観たこと無いけど名前は知ってたし、他の3人の映画は結構観てたので「こりゃー期待大だわー」と友人と話しておりました。
 昔宇宙に行きそびれた宇宙飛行士が再び宇宙を目指す、というのが大まかなストーリー。そのいきそびれた宇宙飛行士4人組、チーム「ダイダロス」。この4人が若い飛行士と同じ訓練を受け宇宙に行くというシナリオだが、はっきり言う。シナリオにあまり目新しいものは無い。ジョーンズが癌に侵され、それで地球を救うために我が身を捨てミサイルと共に月へ…。こういうパターンは結構見たので飽きたね。
 私は結構シナリオ重視なので普通ならこの映画の評点は低いんだけど、この映画は出演者の掛け合いが最高に面白い。なんか、三谷幸喜のシチュエーション・コメディ観てるみたいで面白かったんだなこれが。映画(洋画)を観て、映画館で吹き出すなんて事は今まで無かったのに、今回は思わず大笑いしてしまった。ジョークってこういうものなんだなあって思えるよ、ほんとに。
 シナリオは良くないけど、出演者の演技で挽回。それと、エンディングの雰囲気はとても悲しいんだけど何か明るい感じで、ジョーンズの満足感みたいのが感じられて◎。いかが?
投稿者:敦煌投稿日:2000-12-03 22:43:48
 骨董品のような人工衛星が故障した。爺さんにしか直し方がわか
らない・・という卓越した設定を思いついた時点で、この作品は成
功していたのではないでしょうか。あとは魅力的なキャラを創造す
るだけ。
 イーストウッドとショーン・コネリーって、歳をとっても、とい
うか、歳をとるほどかっこよくなりますよね。私もああいう爺さん
になりたいものです。
 ところでクライマックスに向かう大事なところで、設定がよくわ
からなかったのですが、トミー・リーはなぜ月に行かなければなら
なかったのでしょう? 字幕を見る限り、ミサイルなんて、どうに
でもできたように思うのですが。
 1958年のシーンに出てきたプレイボーイ誌は、最後に感謝のクレ
ジットが出ていたところを見ると、現存する本物だったのでしょう
か。
投稿者:dadada投稿日:2000-12-03 10:19:08
年老いても夢を追い、実現させる男達の物語。
こうも簡単に夢が叶うものかと思いつつも、それはそれ...なんだか微笑ましく心地よい。
イーストウッドたちが宇宙から地球を眺めるシーンがとても美しく、夢の実現を見事に映像化していると思う。
地球を救いがてら、月へ行くという夢をかなえるトミー・リー・ジョーンズのくだりは少々あざといが、これはこれでありか...。
とにもかくにも、終始心地よく楽しめる映画。
投稿者:papipu投稿日:2000-11-27 12:16:50
前半はそれなりに面白かったです。
でも最後はいただけません。
地球の危機を救う為に、自分の命を捧げます。っていうアメリカの宇宙映画のお決まりを、あなたたちまでやらなくてもよいんじゃない。
おじ様達が頑張って訓練を乗り越えるところをもっと見たかったのだけど、ちょっと体力的に無理だったのかしら。
投稿者:イーストウッド投稿日:2000-11-18 14:48:40
「荒野の用心棒」からの長ーーい、イーストウッドファン。ひいき目かもしれませんが、今回の作品余裕がまず感じられたな。セリフの面白さとカメラアングル、こせこせしてない所がまずいいな!お涙ちょうだい的な最近の宇宙ものよりカラッとしてていいな!
イーストウッドも良かったが、演技では「逃亡者」「追跡者」のあのおやじ、
(トミ−リ−・ジョ−ンズ)の方が一枚上手だったかなー。
私の採点、全編とうして95点!イーストウッドますます頑張れ!!
この次は21世紀版「荒野の用心棒」が是非、是非見たい。
投稿者:tomiri投稿日:2000-11-12 16:03:33
絶賛するほどの映画とは思えないけど、あの4人を宇宙に行かせたというのが
いいんじゃないの!?
あと宇宙モノ特有の無重力な状態を見せつけるところが省けていてよかった。
ただ文句をひとつ言わせていただくとラストの”月”のシーンはいただけない。
あれは宇宙着の一部が映し出されているくらいがいいな。
もしくは地上に着いたときに今回の原因をつくったイーサンをフランク(クリント・
イースト・ウッド)がぶん殴ったほうが何よりの供養になったのではないだろうか。
もちろんここは昔のフランクとホークを重ねて欲しい。
若手に「後はまかせた。偉大な先輩を忘れるな」ってバトンタッチっていう部分も描けるしね。http://www2.neweb.ne.jp/wd/min2
投稿者:アトム投稿日:2000-11-10 17:54:31
私としては予想外に良かったです。だって、やんちゃなオジ様たちの冒険映画だと思っていたらいつのまにか引き込まれていて「クリント・イーストウッドってやるなあ。」と感心しました。なるほど、こんな映画を作りたかったんだなあという感じです。それにしてもラストのシナトラの歌に泣かされました。
投稿者:ゆき投稿日:2000-11-10 10:21:43
ロマンスを盛り込んだのは、強引だったかも・・・
なんか、サラがホークに惚れるっていう過程が不自然でした。
あと10分くらい短く編集できたんじゃないかなぁ。
投稿者:こう投稿日:2000-11-06 20:04:45
みなさん誉めてますね。そんなに面白かったかなあ・・・
あの4人そろえて そんなもん?って感じでした。
コメディなのかSFなのか中途半端で、SFは問題外だったし・・・
ただ笑えたのは確か。強引にラブストーリー入れてるのにも無理があった。
そんなにお勧めの映画とはいえないと思うんだけど・・・
投稿者:ゆみ投稿日:2000-11-04 01:20:04
渋い俳優、選曲とアメリカンな発想、技術があいまって不思議な感じに。
でもあの4人をってことだけでもみに行く価値はありだと思います。
アルマゲドンとは後味がひと味もふた味も違います。

 
投稿者:ゆみ投稿日:2000-11-04 01:14:41
渋い俳優、選曲とアメリカンな発想、技術があいまって不思議な感じに。
でもあの4人をってことだけでもみに行く価値はありだと思います。
アルマゲドンとは後味がひと味もふた味も違います。

 
投稿者:インディ投稿日:2000-09-09 01:34:50
大傑作!男泣き映画、ここに極まるって感じ。4大ジジイ俳優が絶品!すべての男が観るべきです。ユーモアとサスペンスのさじ加減が絶妙!なんか整理ついてないけど、みなさん観て下さい。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 音響賞(編集)Bub Asman 
  Alan Robert Murray 
【レンタル】
 【Blu-ray】スペース カウボーイレンタル有り
 【DVD】スペース カウボーイ 特別版レンタル有り
 【VIDEO】スペース カウボーイ <レンタル>レンタル有り
 【VIDEO】スペース カウボーイレンタル有り
 【VIDEO】スペース カウボーイ <吹替> <レンタル>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION