allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

条理ある疑いの彼方に(1956)

BEYOND A REASONABLE DOUBT

メディア映画
上映時間80分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ケイブルホーグ)
初公開年月2000/09/02
ジャンルサスペンス
条理ある疑いの彼方に [DVD]
参考価格:¥ 4,104
価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 4,104
amazon.co.jpへ

【解説】
 フリッツ・ラング監督のハリウッド時代最後の作品。作家のトムは死刑廃止論に興味を持ち、仲間のオースティンと組んである実験を行うことに。トム自身が未解決の殺人事件の容疑者となって無実の者が死刑にされることがあることを示そうというのだ。いよいよ逮捕されたトムの裁判が始まるが、その矢先彼が無実である証拠を持っていたオースティンが事故死してしまい、トムの計画は狂ってしまう……。
<allcinema>
【関連作品】
ダウト 〜偽りの代償〜(2009)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:uptail投稿日:2012-12-27 13:40:56
演出:9
演技:9
脚本:8
音響:8
投稿者:noir fleak投稿日:2011-08-08 22:14:03
全くの凡作だ。いい加減な脚本だし、ラングらしいイマジネーションあふれる場面や撮影も全くない。ダナとフォンテーンという格上主演陣も見せ場なし。
Blue Gardenia や Human Desire などのノワール作品とは比べ物にならない。もしかしたらラングはこのジャンルに飽きてしまってやる気がなかったのかもしれない。
ラングという巨匠の作品でなければ、完全に忘れられただろう。
投稿者:Tom投稿日:2009-05-10 21:14:25
この映画はアメリカ期におけるラングにとっての、2年後に崩壊するRKOにとっての最後の傑作フィルム・ノワールとなった。ニュージャーマンシネマの監督ファスビンターたちからラング後期の作品をけなされようとも(当時傑作を連発していたダグラス・サークと比較して)、この映画は傑作ですね。
ダナ・アンドリュースとRKOにとってはかかせない『断崖』のジョーン・フォンティーンも素晴らしいです。SwanSong(最後の傑作)!!。
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-01-06 09:54:21
 このジョーン・フォンテーンへの照明の気遣いの無さは驚異的だ!つまり、
この映画のフォンテーンはとても不細工。ハリウッド映画のヒロインをこれ
ほど醜女に撮った監督はラングだけではないか?もう感動的ですらある。或
いはこの映画の後にハリウッドを去ったラングの最後っ屁か?
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】条理ある疑いの彼方に2012/09/24\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION