allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

呪怨(1999)

メディア映画
上映時間76分
製作国日本
公開情報劇場公開(東映ビデオ)
初公開年月2000/03/18
ジャンルホラー
呪怨 [DVD]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 2,089
USED価格:¥ 1,300
amazon.co.jpへ

【関連作品】
学校の怪談G(1998)
呪怨(1999)
呪怨2(2000)
呪怨(2002)劇場版第1作
呪怨2(2003)劇場版第2作
THE JUON/呪怨(2004)英語リメイク第1作
呪怨 パンデミック(2006)英語リメイク第2作
呪怨 ザ・グラッジ3(2009)英語リメイク第3作
呪怨 白い老女(2009)劇場版3
呪怨 黒い少女(2009)劇場版4
呪怨 -終わりの始まり-(2014)劇場版5
呪怨 -ザ・ファイナル-(2015)劇場版6
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1278 6.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:徘徊爺投稿日:2014-06-23 18:15:51
猫が虐待される事件が多いと思ったら、こういう映画が原因なんだな。
猫が悪霊のように扱われてるこういう映画を、程度の低い人間が観ると、影響を受けて、猫を虐待するようになるんだと思う。。いい加減にしろと言いたい。
投稿者:Kircheis投稿日:2011-06-13 10:12:28
【ネタバレ注意】

シリーズ中一番おもしろいのはこれだと思う。

怖さはまぁ普通だけどB級ホラーとしてのチープ感やありえないんだけど妙に納得してしまう構成とかなんか好きだ。

特に一番好きなシーンは小林(柳ユーレイ)が伽椰子に襲われて『ヒェー』ってなってる横で俊雄君が『ニャーオ』て泣いてるカット。あそこはマジで爆笑したよ。

柑菜がアゴ無しで振り返るシーンはCGがなかなかリアルだなぁと感心したのと、母親役の人のタメの演技が良かった。
だけど血まみれで家に帰ってくる途中で誰かに止められるだろうし、あそこまで生きてるのもおかしいから違和感はアリアリ。

俺が一番怖かったシーンは小林が伽椰子の日記を読む場面。偏執的な日記の内容が一番寒気がした。

投稿者:bond投稿日:2009-07-22 08:47:35
うーん、柳ユーレイが大根なので質おとしてるなー、どう見てもモテそうでないなー、感想は観た順番にもよるだろうけど、劇場版第1作が一番怖い。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2009-07-05 16:55:17
が本シリーズのマスコットキャラとして映画ファンに知られている今になって本作を観ると、全然怖く無くなっているのがキツい。時系列をずらした構成は印象的。栗山千明ファンにはお薦め。
投稿者:ASH投稿日:2008-02-03 01:40:34
【ネタバレ注意】

 あんまりみんなが「怖い!怖い!」って大騒ぎするもんだから、果たして自分も同じ様な感想を持てるものなのか? そのことを確認したいがために試しに夜中にひとりで観てみたわけよ。それもわざわざヘッドフォンを装着してね。

 この作品を心の底から怖いと思っている連中には申し訳ないが、僕にはなにひとつ怖くもなんともなかったよ。白塗りのガキが口を丸く開けて「♪ゴロニャ〜ン♪」と鳴いたからとて、「なんだよ、ソレ」てなもんで、かえってシラケちまったくらい。そらま、こういう体験を実際にしたのなら怖いんでしょうがねぇ(想像力と感性が乏しいのってヤーね!)。

 なんかね、いろんな謎を残したまんま終わっちゃうので妙なモヤモヤ感が残るのよ。時系列をバラした場合、最後にはキッチリと収まってくれないと困るんですよね。その続きは「呪怨2」で補ってくれってことなのね。で、僕なりに思ったことは、伽耶子さんが小林くんに勝手に横恋慕したことがすべての「呪怨」の発端だったってことなのかな? だとすれば、随分とハタ迷惑な話じゃん。

 階段から血まみれの伽耶子さんが「ぁぁぁぁぁ…」と呻きながら降りてくる場面が撮りたかったんだろうね。そういう意味では、構図がビシバシとキマッていて監督の意図したことは分かったつもりです。二階の窓から人影がフッと現れるところなんか、思わず巻き戻してもう一度観たくらい。知り合いが撮ったビデオに人影が写ってるのが見えたときのような、あの感じ。

 その昔、「あなたの知らない世界」のようなTV番組での再現フィルムが子供心に怖いと感じたことはあったけど、それと同じようななんともいえない恐怖感が、残念ながら僕にはまったく感じ取れませんでしたよ。

 てなわけで、こんなもんを観ちゃうと、やっぱりJホラーにはなんも興味は沸かんわ…。

 以下、他人にはどうでもいい話。僕は、東映chで放映されたものをHDDに録画して観たんですね。で、もし今後「2」が放映されたんなら、また観るわ。もちろん、ケジメをつけたいから。

投稿者:千野日庸投稿日:2007-09-04 22:43:22
劇場版の「呪怨」は、全く面白くもなく、こわくもなかったが、これは、すごい。見ていて何度もゾッとさせられた。おそらく監督の意図どおりに。これくらいの水準に達していれば、確かに、世界に誇れるだろう。
投稿者:トウショウファルコ投稿日:2006-11-16 07:21:09
【ネタバレ注意】

難病もので恋人とかが死んでしまうもの
死んだ者が主人公のもの
古くはマカロニウェスタン
それにホラー、はっきり避けてました。

栗山千明で観ました。ほとんど出てねぇ。オムニバスなのな。
なんか安物のHなビデオのような雰囲気と配役陣でございます。

その安っぽさ故に、そこそこ怖いです。(見慣れてないせいもございます。)
だが、中盤以降は慣れちゃって安っぽさだけが目立ちましたでやんす。
アゴなしの少女、すいません、爆笑しました。

ということで観終わりましたが、東映ビデオの予告編がおまけです。
いやぁ〜〜びっくり、ドン引き。
ウルトラマンや変身者ヒーロー、までやってますよね。これといった
進歩もなしに。
同じように恐ろしく安々なヤクザもの、まだあるんですね。斬新さまるでねえ。
本編よりも、ある意味印象残っちまっただ。

投稿者:BLADE投稿日:2006-02-06 20:52:37
細部までよく分からないところが多いのが難点だけど、これはなかなか怖い。
CGを抑え、「間」を意識した演出が良かった。
いろんなリメイクが作られていますが、やはり原点が一番いいと思います。
三輪ひとみの最後よりも、妹の三輪明日美の最後のほうが、すごく怖い。
あのシーンがベスト。
投稿者:hira投稿日:2005-07-19 10:33:26
 確かに時間軸をずらした展開は面白かったが、結局恐怖には結びついていないように感じました。内容的にも映像的にもVシネの域を出ているとは思えないのでハリウッド化は奇跡ですね。
投稿者:古木はスター投稿日:2005-07-09 23:51:08
あんた、劇場版と間違えてるよw
投稿者:Georgia投稿日:2005-06-03 18:09:44
先程(遅ればせながら)DVDで見ましたが全く"恐怖"を感じませんでした。
突然、白塗り&血まみれの子供や女子が出てくると怖い?のか・・
一緒に借りてきた2を見る気が失せました。
とにかく私には何の感想も無く無駄な70分でした。(ファンの方、ゴメン!)
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-11 22:02:47
ビデオ版が一番怖い。
投稿者:かじゅ投稿日:2005-02-25 00:03:21
これ、けっこう怖いよ。
ホラー麻痺しているぼくでも怖いと思った。
呪怨ってビデオ版は怖いのに、
どうして劇場版の映画になると怖くなくなってしまうの?
ハリウッド版もぜんぜん怖くない。
投稿者:J君堂投稿日:2005-02-24 22:45:59
エクソシストから始まり20数年間ホラー映画を見続けておりますが、怖さなら本作がNo1でだと思います。特に時間軸をずらす手法は効果的(批判も多いですが)、延々とホラーシーンが続く内容ですが、呪いの発端となるエピソードを最後に持ってきているため、「どうしてこうなるの?」という謎が深まり続け飽きずに見ることができました。また、最後にすべてのピースがつながった時には爽快ですらあります。これだけ多くのショックシーンを一本の映画にまとめた監督の手腕に敬服。
投稿者:さとせ投稿日:2004-11-30 15:32:05
素晴らしい!!これぞ日本ホラーの旗頭!オムニバスでVシネマというところが減点であるが加椰子やとしおくんの不気味さ。何故、こうなるのかの説明もなくてただ怖さを追求した1本。DVDは画質はVシネマなので今一だがコメンタリーが入っているのでビデオを持っている人もどうぞ。
小説「呪怨」は前後の状況も書いてあるので買い。
投稿者:紅竜投稿日:2004-07-16 00:04:49
 ビデオ版も劇場版もどちらも日本家屋の特徴を十分に
活かしていると思いました。凄惨な事件があってもおかしくない
古びたたたずまい、そして逃げ場所のなさそうな狭苦しい間取り。
こんな日本家屋に「死霊のはらわた」か「ブレインデッド」に
出てきそうな幽霊キャラが登場したらそら怖いですよ。
 話自体は古典的な怪談。しかし物語の時系列を変え、観客の
頭を混乱させ、そこへカヤコが不意打ちを食らわす。
アイデアの勝利ですね。
投稿者:リザード夫婦投稿日:2004-01-15 02:05:42
最近の日本ホラーは「女優霊」が1番だと思ってますが、
久々のナイスヒット!JPホラーです。
サムライミはこっちを観て評価してるんじゃないかな?
オムニバス&連作形式も良し。一日1話鑑賞できるし。
投稿者:HOBO投稿日:2003-11-18 12:40:48
ある意味不気味な作品ではある。
単純に視覚的要素で捉えるなら、恐さの度合いはそれを観る側の資質による問題に過ぎないので評価の対象として論外であるが、裏に秘められた制作者側の
企みを垣間見るにつけ、ビデオの中身とは別に空恐ろしさを感じる訳だ。
映画版も製作されたらしいが、おそらく観るに耐えないシロモノだったと推測出来る。
本に無気味なビデオである。
投稿者:りこ投稿日:2003-09-25 00:21:03
【ネタバレ注意】

こわかったあ。全編、目の前に目一杯広げた手のひらの指と指の間からの覗き見状態でした。何でもない画も、なんかこわい。色がこわい、空気がこわい。そりゃぁ、ストーリーの中途半端さとか、特殊メイクの拙さとか、不満がないわけではないけど、変にCGとか使って、やっつけちゃってる映画版「呪怨」に比べたら、格段にいい。フォーカスのあっていない画面の隅っこの俊夫とか、一心に部屋に向かって階段をのぼる柑菜とか、素人に程近い俳優たちの可能性を最大限に引き出している。お金をそんなにかけずとも、こんなにこわがらせる事ができる。それを知る事が出来たと言う意味でも、嬉しい作品でした。初心忘るべからずですね。

投稿者:ハヤ肇投稿日:2003-02-07 01:49:38
怖がらせるという点では、ここ最近のものでは1番なんじゃないかなと思います。
これぞ和製ホラーの醍醐味って気がしました。
ヘタにグロいメイクより、全身白塗りの男の子の方がシンプルなのに、妙に怖いです。
映像って、お金じゃないんだなと、また思わされました。
投稿者:スネーク投稿日:2002-03-18 22:48:59
『恐怖』 この映画のどの部分を切り取っても、『恐怖』以外の言葉は見当たらない。理由も理屈も因果も、全くといって寄せ付けない恐怖の金太郎飴。低予算によるデジタルビデオ撮影のあらなんぞ気にする余裕すらなし。
20年以上ホラー映画を見続けてきた末に、ようやくたどり着いた、最終型ホラーがここにある。
【ニュース】
U−15の悲鳴が池袋に轟く!2002/12/06
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】呪怨2014/10/10\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】呪怨2009/07/21\3,000amazon.co.jpへ
 【DVD】呪怨 ビデオオリジナル版BOX <初回限定生産>2003/07/25\9,000amazon.co.jpへ
 【DVD】呪怨2003/01/24\4,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】呪怨レンタル有り
 【VIDEO】呪怨レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION