allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ピンク・ピンク・ライン(1999)

THE THIN PINK LINE

メディア映画
上映時間106分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(パルコ=東京テアトル)
初公開年月2000/10/07
ジャンルコメディ
ピンク・ピンク・ライン [DVD]
参考価格:¥ 5,076
価格:¥ 9,800
USED価格:¥ 700
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ぱちょり投稿日:2003-02-11 22:04:19
やっぱりしょーもない駄作でした。見る価値なし。『無実の死刑囚』がほんとはどうだったのか、結局事実がわからないし。主役はクレジットの6番目にあるジョー・ディートルという人で、上の5人は皆カメオです。フレンズメンバーを見たいなら、J・アニストンなら「リストラマン」のほうが全然よくできています。D・シュワイマーはどれも情けない役が多いけど、この映画が中でも一番情けない。彼のなら「6デイズ7ナイツ」かな。個人的にはJ・ガロファロが上手い役者だなと思いますけど(ユマ・サーマンとの「好きと言えなくて」やビル・マーレイとの「小さな贈り物」なんかがお勧め)。
投稿者:クーパー投稿日:2002-10-14 12:22:59
WOWOWで放送していたのを録画して見ていましたが、半分見ただけで挫折してしまいました。この状態でコメントを書くのはフェアではないでしょうが、私にはこれ以上見る気力がありません。
フレンズの二人が出演していることから、期待して見始めたのですが、なぜ彼らがこの映画に出演したのか分かりません。原題からして、THE THIN RED LINEのパロディーかとも思っていたのですが、そうでも無いようです。
全て見た方、コメントをお願いします。

【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】ピンク・ピンク・ライン2001/11/22\4,700amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】ピンク・ピンク・ラインレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION