allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

レッド プラネット(2000)

RED PLANET

メディア映画
上映時間106分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ワーナー)
初公開年月2000/01/13
ジャンルSF/ドラマ
火星地球化計画。

【解説】
 2050年。地球は環境汚染によって破壊され、人類の希望は新天地・火星に委ねられていた。だが大量の藻を送り込み、酸素を発生させるという火星地球化計画はデータ送信の不通という結果となった。原因を調査すべく科学者グループが火星に向かったが、太陽フレアの影響で宇宙船はダメージを受け、女性船長ボーマンを除くギャラガーらクルーが火星へ降り立つことに。するとそこには、意外にも無数の甲虫が棲息していた。さらに、彼らの助手であるロボット“AMEE”が攻撃を仕掛けてくる。こうして彼らは、未知の世界で次第に追い詰められていくのだが…。徹底した科学考証とリアルなSFXで火星での過酷なサバイバルを描くSFドラマ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
529 5.80
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:HABBY投稿日:2016-08-25 22:12:00
【ネタバレ注意】

酸素が想像だにしなかった方法で生産供給されていたり、良きパートナーとなるはずのロボット君がいきなり反旗を翻したり、一寸先は闇、事実は小説よりも奇なりといったところか。科学はけして万能ではなく、人知を超えた何かがあると示唆する哲学的な世界観にも共鳴。

紅一点、女性船長を演じるキャリー=アン・モスから漂う気品とフェロモンはまるで女王蜂か女王蟻かと言ったところ。『マトリックス』や本作当時の彼女は実に素晴らしい。

本作は2000年の作品だが『インターステラー』や『ゼロ・グラヴィティ』と同次元の興奮を味わえる。古さをほとんど感じさせないのは流石。

遠くない将来人類は外に飛び出して新たな居住空間を創造する必要があり、"赤い惑星"火星はその有力候補の一つとされているが、今の人類の地球上での我が儘ぶりを見ているととても一致団結して試行錯誤する精神的余裕があるとは思えないな。作中で語られる通り「人間は勝手だ 今が良けりゃいい 本質的にな」というのが本当のところだろう。ただ、続けて「何か偉大な力が働けば別だがな(人間は一致団結できる)」とも語られていて、そういう風なシチュエーションが来るのかどうか思わず沈思黙考してしまう自分がここにいるわけだけど。

投稿者:bond投稿日:2015-11-23 22:50:53
宇宙からの脱出 火星版。まあ、お約束パターンだが、ちゃんとサスペンスしてる。メンタリストもまだブレイク前。
投稿者:uptail投稿日:2014-01-06 10:47:42
演出:6
演技:6
脚本:6
音楽:6
投稿者:ダークリーママ投稿日:2012-05-21 11:40:46
突っ込みどころ満載だけど楽しめる。サイモン・ベイカーの存在感のなさには驚く。その彼が今や「メンタリスト」で大人気とは・・。https://sites.google.com/site/darklymama/home
投稿者:ジーナ投稿日:2008-04-17 01:20:18
【ネタバレ注意】

虫の正体が気になる。
もっと攻撃性があるのかと思わせる妙な演出も気になりましたが、とにかくこの虫の全容が知りたいです。
地球を救うヒントになる・・・あの何でも喰う虫が?!
映像に関しては普通に観たらチープですがB級として観れば素晴らしいです(笑)
無重力での火事や消火方法など面白い発想でした。
しかし、SFとはいえストーリーにもう少しリアリティが欲しかったです。
人物像の厚みもイマイチな上にアッサリ死んでしまったりと感情移入する暇なし。
とってつけたように入っているラブも邪魔なだけ(爆)
キャリー・アン・モスはキレイだけどさ。
作品のリズムも単調でうっすら眠気が・・・。
何とか観れたのはキャスティングのおかげ。
有名俳優という訳ではない皆さんが集まったクルーは観ていて楽しかったです♪
どう見ても体育会系なヴァル・キルマーに滅多にイイ人の役なんて見れないトム・サイズモアの貴重な姿、個人的に惹かれているベンジャミン・ブラット、役の必要性すら感じられないテレンス・スタンプとサイモン・ベイカー・・・というように微妙にズレている配役から無駄なキャスティングを楽しむことが出来ました(笑)

投稿者:tomovsky投稿日:2006-08-08 02:45:37
何だか、迫力に欠ける作品だな。何が言いたかったのか、まったく見当がつかないし・・・。狂ったロボットも、なんだかトロイ動きだったし、昆虫の件も、何だかなって感じ。評判は悪いが、「ミッション・トゥ・マーズ」の方が、俺は面白いと思った。やっぱり、火星人に出てきてもらわないとな。雰囲気が出ない。
投稿者:とろりん投稿日:2006-08-02 02:11:28
スケールが大きいようで小さい。地球でてこないし。
もっといろんな要素が欲しかった。
「火星はいやだ。やっぱり地球がいい」っていうのが
主題なんだろうけどイマイチ・・・。

もう見ないでしょう。
投稿者:長春投稿日:2006-07-21 21:51:19
【ネタバレ注意】

戦闘ロボットが襲ってくるが、そんなに恐ろしくは描かれないどころか、救いの神。人食い昆虫も現われたと思ったら、弱点が分かり、あっけなく全滅。エンジン停止しても、宇宙服を着て落ち着いて対処したら、回復。
恐怖もなければ、感動も、アクションも、なるほどと言うこともない。

投稿者:藤本周平。投稿日:2006-04-03 22:03:54
見終わった後は何も残らない。
投稿者:aldechino投稿日:2006-04-01 19:02:06
もっとマニアックで、もっとダークな感じで、結末がもっと悲惨ならばパーフェクトだったと思う。
投稿者:tomason投稿日:2006-03-28 07:53:07
劇場初見時は正直うーんと言った感じだったのだが、見直すとなかなか面白い。ふと思ったのだが、キャリー・アン・モスは`"リフリー"シガニー・ウィーバーの後継として出るべきして出た女優さんかも知れないね。
投稿者:もわわ投稿日:2005-11-19 02:59:43
【ネタバレ注意】

私は好きでしたけども。
ありがちなアメリカンジョークというか笑わせようっていう余計な感じないし。
正統派な感じがした。
いや、SFわたしそんな見てないから何とも言えないわやっぱり。
期待しないで観たせいか、とてもよかった。
SFだが、ラブ要素投入の配分もちょうどいいって思った。
絡みも、しつこくないしね。ちょうどいいよ。

でも、結構これ評価低いね。まー人それぞれだね。
根っからのSF好きさんには、物足りないのかもしれないね。
私はこれ、お勧めしたい。

投稿者:Naka.d投稿日:2005-07-09 16:25:27
映像は超綺麗。特にAMEEがすごい。あの不気味な動きとやメタリックなボディがカッコいい。
しかしストーリーはやや斬新なアイデアを盛り込んではあるものの劇場で観るほどのものではない。少なくとも僕は(先にノベライズを読んでいたのもあってか映画は)ほとんど映像を楽しんだ。
将来、火星は地球上の生命にとって最も重要な存在になるだけに本作も“謎”に満ち溢れた冒険ものを作りたかったのかもしれないが、薄すぎる。知的で冷たい雰囲気を出して独特の「火星」を表現し、丁寧な作りではあったが、あまりアイデアを活かせなかった惜しい作りでもある。
タイトルもどこかミステリアスな感じも受け取れるが、シンプルすぎて工夫がないともいえる。おそらく大多数の人はタイトルだけで見るのをやめるのでは。
ついでにいえば安価版でDVDも買ったのだが、もう少し特典映像が欲しかった(ワーナーさん、予告編くらいはつけてよ)。
投稿者:SoH投稿日:2005-05-23 03:20:25
いや、劇場公開時にも悪い噂しか聞かなかったんだが、事情があって拝見。いきなりナレーションが入り、キャラ・状況説明がされる。その後もなんだかダイジェスト版を観てるかのよう。その上、不必要な危機ばかりを連続させるせいで、観ててまったく盛り上がらない(一番呆れたのは火星には実は酸素が…という展開。あれは観客の大半が「どうせ酸素あるんだろ?そうしないと生き残れないんだから」と思うものであり、それを仰々しく見せる監督と役者の演技には唖然としましたよ)。たぶんこれ、元々もっと長い映画だったんだろうな。でもモニター試写したら「(お話が詰まらないから)長いように感じた」ってな答えがあって、どんどん編集で短くした。で、さらに詰まらない映画になっちゃった訳だ。あはは。俺は元々期待せず、吹き替えで気楽に接したおかげで、なんとか観れたけれど、確かに観なくてもまったく支障のない映画に違いなし。それでもヴァル・キルマー、キャリー=アン・モス、トム・サイズモア、テレンス・スタンプといった豪華な役者の共演は見もの(あまり「華」のある人が出ていないけど…)。また、「赤い惑星」での荒涼した映像の数々は観る価値があり、取り分けロングショットは素晴らしいビジュアルを提供してくれる。CGを使った映像も悪くないね。一番好きなのは凶暴な虫が火花散らして死ぬ場面。あれは綺麗だった(笑)。ホームシアターセットが活かせる音源も良。しかし、話がこれだけ寒いとやっぱりねぇ。あ、トム・サイズモアの死に際はツボを押さえてて、ファンの俺としてはちょっと嬉しかったかな。
投稿者:william投稿日:2005-02-17 18:20:56
で何でこの曲だったの?テレンス・スタンプを申し訳程度に使うのもやめてくれ。
投稿者:freejacker投稿日:2004-12-26 00:06:28
地味だけど、はまってしまう作品。DVDで何回も見ている。花火でなく、
種火のように地味で長く楽しめる作品。
投稿者:kenny投稿日:2003-10-12 23:02:03
同じ火星映画「ミッション・・・」よりいいって意見は同じ。
同時期(かな?)に作られたせいかよく比較されるが、連れ合いは夢物語好きらしく、「ミッション・・」のほうがいいと言う。
音楽がいい。DVDプレイヤーを購入したばかりの頃に見たせいか、タイトルが浮かびあがると同時に重低音のシンセサイザーが響き、気に入ってしまった。
エンドクレジットの曲も気に入り、安かったのでDVDも購入。
でも見るのはいつも最初と最後だけ。ストーリーは1度見れば十分。
投稿者:quadrant投稿日:2002-12-27 01:11:10
【ネタバレ注意】

・・NASAに協力拒否されたんだっけ?
正統派SFとしても、見応え十分だと思うけどなぁ。あ、あくまで「SF」ね。リアリティを求められたのなら、しょうがないかな・・
虫さんに7点。良いアイデアです。オススメですよ。

投稿者:dadada投稿日:2002-08-04 08:17:43
単純なサバイバルもの。適当に障害物を配して、適当に盛り上げて、細かな嘘を粗がみえる前に適当に切り上げて...適当に楽しめる。適当な分だけ、「ミッション・トゥ・マーズ」よりも面白い。この手の映画の物語は、思いっきり入れ込んで練られたものか、これくらい適当なのが良いです。こちらも適当な気分で観ていればイイもの。特撮だけが適当じゃないのが、またイイです。適当な味付けで...。
投稿者:CC投稿日:2002-07-15 23:10:42
だって画面の大部分が、親父で占められてる・・・。
投稿者:トリガー投稿日:2002-07-12 21:08:59
まあ「ミッション・トゥ・マーズ」よりは面白かった。
酸素がない、どうする?一難去る。
意外な敵の襲来、どうする?また一難。
なかなかハラハラして面白かった。
こういうダークな雰囲気の映画好きよ。
トム・サイズモアの最期はかっこよかった。
「俺は派手に逝くぜ!!」
投稿者:黒いチュウリップ投稿日:2002-05-28 20:07:08
真面目な雰囲気で冗談キツイよなーこれ
投稿者:大地下投稿日:2002-05-28 01:54:41
この映画をつくった連中、やる気があるのか? と言いたい映画。
投稿者:PEKO投稿日:2002-05-22 09:57:16
【ネタバレ注意】

火星の地表に繁殖させたハズの藻が消えた、しかしなぜか空気がある。そこに大いなる謎が!?・・・なかった!!
まるで主人公たちを火星で空気に困らせないためだけ、みたいな設定でがっくし。虫たち発見されたと思ったらあっという間に炎上壊滅状態になるし。
敵も自分達が持って来た探索ロボットだけだし、味方もやけにあっさり消えていくし、しかもこれぞ!っていう話の本筋がなかったような気が。
犬みたいなロボットが軍事モードになったら拳法家みたいになったのは笑った。
2002.5.21観賞 5点

投稿者:longisland投稿日:2001-06-23 01:26:46
近年稀に見るずさんな脚本。
おいおい、ずいぶんチンタラした戦闘ロボットじゃん。変な虫はあれだけしか出てこんのか。空気のこと解らんかったんか。T・スタンプはあれだけかい。etc・・・・・
投稿者:テオレマ投稿日:2001-02-11 16:38:41
それなりに楽しめたけど・・・
でもっテレンス・スタンプに
あの役はないんじゃなかなぁ。
彼だから存在感が出せたと思って納得しようか。
投稿者:ayu投稿日:2001-01-21 16:48:36
面白いといえばまぁまぁ面白い作品でした。
でも一緒に行った人はおもいっきり寝てました。
最後が結構面白いのでそれまでがちょっと眠くなるかもしれません。
【レンタル】
 【Blu-ray】レッド プラネットレンタル有り
 【DVD】レッド プラネット 特別版レンタル有り
 【VIDEO】レッド プラネット <レンタル>レンタル有り
 【VIDEO】レッド プラネット <吹替> <レンタル>レンタル有り
 【VIDEO】レッド プラネットレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION