allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

アメリカン・サイコ(2000)

AMERICAN PSYCHO

メディア映画
上映時間102分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アミューズ)
初公開年月2001/05/03
ジャンルサスペンス/ドラマ
映倫R-15
アメリカン・サイコ ―デジタル・レストア・バージョン― [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 5,318
USED価格:¥ 1,738
amazon.co.jpへ

【解説】
 衝撃的な内容で話題となったブレット・イーストン・エリスの小説を「I SHOT ANDY WARHOL」のメアリー・ハロン監督が映画化したサスペンス・ドラマ。80年代のニューヨーク。27歳のハンサムなヤッピー、パトリック・ベイトマンは一流企業の副社長。高級マンションに住み、美しい婚約者もいる彼は一見誰もが羨む生活を送っていた。しかし、彼の心の中には深い闇が広がっており、突如襲う衝動に突き動かされ、夜の街をさまよいホームレスや娼婦を殺害していたのだった……。
<allcinema>
【関連作品】
レス・ザン・ゼロ(1987)
アメリカン・サイコ(2000)
ルールズ・オブ・アトラクション(2002)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1599 6.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:nedved投稿日:2015-11-03 21:01:50
クリスチャン・ベイル
投稿者:namurisu投稿日:2015-06-01 14:26:26
貨幣の寄生虫どもは、刑務所と精神病院とレストランの予約電話で大混乱。
投稿者:あーぼう投稿日:2014-09-09 17:33:27
【ネタバレ注意】

昔に観たような気もするが、記憶がないので今さらながら観てみる。今や押しも押されもしないクリスチャンベイルだが、この時はまだ売出し中といったところだろうか。役作りへの執着はこの時からで、全裸チェーンソーは迫力がある(笑えもする)。数々ある突っ込みどころもラストのオチなら納得。笑える箇所も多いが、考えさせらるところも多い。
自分で作ったつもりの自分のイメージやこだわりなどの美学も、他人は案外見ていなかったり、見透かしていたりするのかもしれない。

投稿者:uptail投稿日:2014-08-28 10:05:37
演出:7
演技:7
脚本:6
音響:7
投稿者:has42120投稿日:2011-10-27 09:33:29
クリスチャン・ベイル
投稿者:scissors投稿日:2011-03-15 03:49:28
コメディとして狙ってるんだろうし、出てくる音楽もほとんどわかるから小ネタも理解できてるつもりなんだけど、全編冗長散漫で全くつまらん。
笑いや緊迫感どころか眠くなってしょうがなかった。
技術的に下手なんだ。
投稿者:mototencho投稿日:2010-09-22 15:59:32
 タイトル通り“アメリカの狂気”がテーマ。もっとも笑える側面があるから余計怖いのがこの作品の特徴。バブリーな人はこの国にも沢山いましたけれど、アメリカにもやれ“ブランド品”やら“社会的地位”やらに執着するピカピカ・ツルツルのお坊ちゃんはいたわけです。シャワーを浴びながら延々と商品説明したり、BGMがホイットニー・ヒューストンだったりフィル・コリンズだったりでかなり笑えます。http://mototencho.web.fc2.com/2010/girlfexp.html#americanphy
投稿者:ドミンゴ投稿日:2009-09-17 02:03:47
ブラックコメディとして観た。 

面白かった!

ジャレッド・レト リーズ・ウェザスプーン クロエ・セヴィニ− ウォレム・デフォーと何気にキャストがそそりません!?
投稿者:ヒノキオ投稿日:2008-06-18 08:05:25
高値の割りに価値の安い作り物にばかりに囲まれた
そんな環境に飽和してしまったリッチなビジネスマンが
妄執の中で狂気にとりつかれて殺人を犯していく話ですが、

淡々と描かれて狂気も恐怖も特に強調されず、
きらびやかな高層ビルや真っ白で綺麗な部屋が印象に残る。

主演のバットマンはじめ豪華な「リッチ」側のキャストが
みな平板に映る(わざと)のに対して、
追い詰めるウィレム・デフォーがいつもながらに濃い。

すべてがあまりに流れるように描写されていく淡白さが、
そのまま現代の虚無につながってもいるのだと想う。
この監督は確信犯。

投稿者:さとせ投稿日:2008-05-25 19:39:01
パトリックは金も女にも不自由のない羨ましい男だがナルシストであり殺しが趣味である。殺すことでしか快楽を得ない男の行く末は・・・。
ナルシストの殺人鬼をC・ベールが見事に演じきっている。DVDで視聴したがNYの夜景をシネスコが見事にとらえきっているのが良く、5.1chの効果も響くシーンのみ効果有り。演出も素晴らしく最後まで退屈することなく見ることが出来る。
原作は「アメリカン・サイコ」(ブレット・イーストン・エリス・角川文庫・評価3)ははっきり言って読みづらいが内容は発禁処分云々と言うのが分かる出来。これは全てを映像化出来ないだろう。
投稿者:ララルー投稿日:2007-10-03 10:09:28
ウィレム・デフォーの顔がサイコっぽい。
投稿者:なちら投稿日:2007-02-21 22:23:03
だめだった。
投稿者:s-iko投稿日:2006-09-17 00:58:57
バブル期のヤッピービジネスマンが徐々に狂気の世界に埋没していく様を描くサイコスリラー劇ですが、大変面白かったです。原作のセンセーショナルで残酷な描写などから、アメリカ社会に大きな波紋と議論を呼び起こした作品だそうです。しかしまあ、この種の映画はあまり重々しく捉えずに、ギャグを楽しむ姿勢が必要かもしれません。

モノに溢れ、最新流行を追いかけ、そのことが大きなステータスを占めるビジネス界。主人公は、名刺の柄に神経質なほどにこだわり、そのことを原因に猟奇的な殺人すら犯す。そして何より僕がショックを受けたのが度重なる殺人シーンにおける現実感の喪失ぶりです。主人公の殺人は常に破壊的で、かつ血みどろで生々しいものなのですが、そこには現実的な感覚が明らかに欠如しているのでした。その反対に、殺人の前に行われるセックス描写には、これでもかという位の生々しい感覚が描かれています。その後に突発的に行われる殺人の浮遊感、乖離感は一体何なのでしょう。主人公は殺人を犯す際にも、自分の衣服、部屋のインテリアといった「モノ」に異常なる執着を見せます。モノが唯一的に価値をもつ世界で、彼は人間をもある種の「モノ」として直截する。白衣をまとい、流行音楽を大音量でかけ、とってつけたようなチェーンソーによって行われる惨たらしい殺人。それは、「モノ」に介在され、それ自体が価値を獲得してしまった世界観を見て取れる気がします。「モノ」が主人公の生活感覚を横断し、現実感覚の遊離を引き起こしているようなのです。肉体と肉体を結ぶ介在物たるメディアの虚構が越権的に彼の現実をも支配してしまった、そういう世界を感じました。

またこの映画は、モノの虚構性に加えて、心象世界の虚構性という二重の虚構が描かれているような気がします。モノの虚構性が精神世界にダイレクトに影響しうるとしたこの展開は、何か空恐ろしいものまで感じてしまいます。主人公がウォークマンで音楽を聴いているシーンがありました。隣に座った女性の話には耳を貸さず、ヘッドホンにより現実を遮断し、流行音楽に没入する彼。このシーンは映画のテーマを象徴するものとして非常に興味深いものであると思いました。

現代は、この映画によって描かれた80年代以上に、メディアテクノロジーが発展し、また「モノ」が溢れているように思います。そうした中で、我々は虚構と現実をどのように峻別していくのか。インターネトの普及によって、メディアに没入し、そこに自らのアイデンティティを投影させるという傾向。メディアそのものが規範となり、現実に越権する状況は、これからも様々な技術が進歩していく中でさらに大きな潮流となっていくことだと思います。その中で我々の身体表象も変化し、メディアそのものが我々の身体そのものへと仮託され、同化していく。そしてそうした流れの中で、テクノロジーの発展自体を批判するよりも、我々はそのメディアの虚構性を常に再確認して生きていくということをするべきなのではないかとも思いました。

色々なことを考えさせられて、凄く面白かったです。また映画自体の作品性で言っても、凄く質が高く感じました。時折見受けられる意地悪なユーモアにも笑いました。主人公が、ヒューイ・ルイス&ザ・ニュースやフィル・コリンズなどについてたいそうな演説をするシーンなど、ロックファンなら思わず苦笑いしてしまうと思います。そういったユーモアが、本質的には、物質文化の滑稽さを暴く役割を担っているようにも感じますし、完成度の高さを思い知らされます。
不思議と爆笑してしまうシーンも数々あって、ブラックコメディとしても素晴らしい出来なんじゃないでしょうか。
投稿者:マイケル・ピット投稿日:2006-07-25 05:19:47
もろ笑える。こーゆーの大好き
投稿者:ガイ投稿日:2006-05-12 01:32:50
1991年に出版されたエリスの長編3作目を映画化したものです。この原作は出版以前から、その内容の凄惨さのためにNOWからのボイコット運動やノーマン・メイラーからの激しいエリス批判が出たことで「話題の本」となりました。映画の中で判り難いところがあればそれは、原作にその理由があります。原作を一読されることをお薦めします。
投稿者:irony投稿日:2006-03-28 23:37:48
 を自慢しあうシーンが好き、紙質や細工にクリスチャン・ベールが愕然とする(あぁ…負けたって敗北を感じつつ名刺を手にとる)回りにそんな人がいた気がする。 モデルがあるとしたら、多分ジェフリーダーマーあたりかね
投稿者:りちゃちゃ投稿日:2006-02-28 00:23:28
猟奇殺人の映画で感動サイコサスペンスなんてあるはずはないから期待はしてなかったけど(あったら観てみたい気もするわ)この映画を最初観た時はさっぱり意味がわからなかったけど2回目を観てなんとなくわかりました。でもどうわかったか説明するのは難しいんだけど。自分を良く見せることには些細なことでも必死になるけど、他人の事にはどんなことでも無関心ってことかしらね。
投稿者:bond投稿日:2005-08-17 13:34:33
クリスチャン・ベールでピッタリはまっていたが、緊迫感がなかった、ちょっとだらけてた。それにオチが半端。結局なんだったんだ。
投稿者:FilmSeeker投稿日:2004-11-07 01:06:24
衝撃的なストーリーでおもしろそうだったのですが、全体の雰囲気がいまいち好きになれず、退屈でした。
投稿者:midoro投稿日:2004-11-07 00:59:37
【ネタバレ注意】

サイコなヤッピーを笑い飛ばす映画でしたね。
皆さんの言うとおり、クールで緻密な殺人鬼の映画を期待してたら、全然違いました。
クリスチャンベールはおナルな主人公役がハマってて、
普段はサイコさんだなんてこれっぽっちも感じさせない、
素敵なビジネスマンなのかと思ったら、しょっちゅうキレてるし挙動不審だし、
なんか友達にもあいつはちょっとおかしいよね、とか言われてそう。
熱く音楽とか語る語る、娼婦もビックリみたいな。

肝心の殺人も、血の付いたシーツをクリーニングに出すなよ!
新聞紙敷いた椅子に通すなよ!血だらけのゴミ袋引き摺るなよ!
って、杜撰もいいところで、いつ捕まるんだろ、と思ったら
夢オチというか、妄想オチっすか。ガックリ。

映像も、冷蔵庫に首入ってたり吊り下がってたり、全部昔の映画の焼き直しみたいな
使い古された場面ばっかりで、ショッキングな描写が全然なかったです。
主人公が腹筋してる横で、悪魔のいけにえが流れてるのも笑ったけど、
後でほんとにチェーンソー振り回して、しかも血だらけの素っ裸で廊下駆け回っちゃうし、
オイオイ!ってツッコミどころ満載。全部オマージュだってことなのかな?
螺旋階段からチェーンソー落としてみたら、上手く当たっちゃった!とか、
徹頭徹尾ギャクでした。

あと、名刺の紙質とかフォントに凝ってるヤンエグたちがアホっぽくて素敵です。
名刺の優劣で殺意を抱かれたり、有名なお店の予約を競ってたり、
無駄なプライド炸裂!ほんとに当時ってこんなんだったの?
サントラもなんか古臭かったし、クールさを期待しないで、
80年代の世相とか文化を笑うって意味でなら面白い映画だと思います。

それからクロエ・セヴィニーは魅力的でした。
ホモのルイス役の人も気になる。殺されかけてるのに誘われてると勘違いして
手にキスするシーンと、後で電話するってジェスチャー、気持ち悪くて良かった!

投稿者:Virginia投稿日:2004-09-20 09:29:53
デフォーの出番が少なかったことが残念です…その上、心に残る役ではありませんでした。
「ローズレッド」のマット・ロス、「ボーイズ・ドント・クライ」のクロエ・セヴィニーの方が遥かに印象的でした。

殺人シーンもセックス描写も、当時の音楽の蘊蓄も、白々しいというかなんというか…。
こういったストーリーは、もはや使い古されたものになってしまっているのかもしれませんね。
投稿者:D.投稿日:2004-07-16 11:56:44
原作は1991年にアメリカで出版されるや否や、言論の自由と検閲に関する熱い議論を巻き起こしたそうですが、本作に関して言えばその理由は全くわかりませんでした。残酷描写がヒドイとか後味が悪いとかいう以前の問題で、作品自体が物語として成り立っていない気がします。

1980年代のアメリカの様子や細かいアイテムなど、細部にはかなりこだわりが見られ、懐かしいところもありましたが、それ以外は???もっと主人公とW・デフォー扮する私立探偵と主人公の間で繰り広げられる手に汗握るサスペンスを期待していましたが、むしろ、笑ってしまう場面の方が多かったです。全編、緊張感に欠けているのです。何やら続編の話もあるそうですが、これ以上何を描こうというのかは疑問。http://www.asahi-net.or.jp/~rn6d-hnd/
投稿者:引き金さん投稿日:2004-01-25 18:35:42
興味深い統計だけど、猟奇殺人犯のタイプは精神異常者からエリートに変わりつつある。エド・ゲインだって当初はただの感受性の強いボウヤだったんだから。こうはならないぞ、と心の奥底で誓っても、人間どう転ぶか分かったもんじゃないよ。
投稿者:bye04312投稿日:2004-01-10 06:15:35
皆さんがコメントするほどに悪い映画ではないように思いました。確かに退屈な場面はありますが、シニカルな視線やC・ベイルも中々の熱演で、時代の雰囲気の一側面をよく表していると感じました(当時の米国は景気が悪いというより、第三次産業が肥大化して社会の二分化が促進された時代だった)。日本でも似たような人は沢山いますしね。メッセージの先鋭さが解らない人もいるでしょうし、逆に解る人はむしろ不愉快に感じて嫌になるかもしれません。そういうポジショニングの映画は、受けが悪いのは当然といえば当然です。
ちなみに、作品紹介のところで「副社長=VicePresident」とありますが(名刺にそう書いてあった)、米系会社の場合、日本でいう課長代理クラスでもVicePresidentです。そんなにお偉方の話ではありません。それでもあんなに仕事しないで昼から酒を飲んで豪勢なアパートに暮らしてValentinoのスーツを何着も、というのも当時の米系コンサルの雰囲気を表しているかもしれません。
投稿者:イドの怪物投稿日:2003-09-23 18:17:21
終わって良かった。どうも懲りずに2を見そうだわい。
投稿者:MARK投稿日:2003-07-22 00:43:16
原作を読んでいないのでストーリーそのものは批判できませんが、なんと安っぽい連続殺人魔なんでしょう。これは今日本を騒がせている不幸な少年犯罪と動機的には同じですね。ハーバード出のヤッピーがこうなるという設定は、少し安易な気がしますね。まるで彼の行動原理は、中学生のそれです。娼婦たちの前で、開陳する
安っぽいアメリカン・ポップス論もまた無垢な中学生のそれです。
受験秀才が大人になるとこうなるってことですか?まあ、当っていないこともないのですが、これは単なるセンセーション目当ての企画でできた作品としか思えませんね。もっと人間て薄気味悪いものなのになぁ・・・・なんて思いました。期待はずれでしたね。
投稿者:pathos投稿日:2003-06-12 04:04:46
というもの、以降の映画もクリスチャンベイルの印象がベイトマンとダッブて見えてきてしまう。ガンカタのあの映画では感情を持ち合わせていない前半なんか特にね。アメリカンサイコ、印象の強い映画でした。評価は賛否両論ですが、個人的には好きですね。
投稿者:ボッシュ投稿日:2003-01-06 05:51:51
ダメ映画イヤッホウ!
いやーつまらん通り越してイヤッホウ!
笑いっぱなしでした。
投稿者:fulcrum投稿日:2003-01-05 19:22:51
ぼくはこの映画を病気を患ってるときに見たので、泣いちゃいました。いま見ると「あのときの涙は何だったんだ?」て思いますが…。
ぼくは鬱病だったのですが、原作では主人公もそうだと(思い込んでる?)書いてある。抗欝剤をむさぼり食うシーンとかは、同じ患者同士だと思うと涙が止まりませんでした。

主人公のへんちくりんな行為は、全能感と無力感の間を行ったり来たりしてて、それが手に取るようにわかって泣けるんです。80年代的な好景気(当時アメリカはレーガン不況だったような気がするのですが)は醜悪で、躁病的に描かれています。その通りだったかもしれません。少なくとも当時のぼくは。いまは景気が後退してて世間も鬱病的になっていますが、醜悪さは変わらずというかセコくなった分より醜く、世の中のことを考えると絶望ばかりです。
おっと気持ちが病気モードになってしまったいかん。
たまには人でも殺して気張らしするか。てな具合に生きたいなあ。無理か。これは、絶望の深さと、(その絶望の)ばかばかしさを描いた作品ですね。(であってほしいのですが、どうも醜悪なパロディ映画のような気もします)
ていうか、絶望(狂気)は怠惰や倦怠からも生まれる、ということを示したのが新しい。

ところで下のほうのお方、「エド・ゲイン」はほとんど同じような話ですよ。本作よりも田舎臭く古臭く貧乏くさいですけれど。
投稿者:dadada投稿日:2002-10-05 06:23:55
殺人鬼予備軍は、何処にでもいるよという警鐘か、単なるおふざけか?
名刺やレストラン予約に関するこだわりなんて、見てる分には笑ってられるけど、程度の差こそあれ似たようなこだわりは誰にでもあるんじゃぁない?...そんなこんなのツボにはまると、それなりに楽しめる...かな?
それにしても、ろくに仕事もしないで豪勢な暮らしぶりの主人公...あれじゃぁ、つまらん妄想遊びもしてしまいますって。
投稿者:quadraphonic投稿日:2002-09-29 03:17:34
「ひたすら笑える」というよりも、あの名刺のシーンのアホさ加減や、大げさな爆破が、
どんどん狂っていくヤンエグ(死語)の異常さを引き立たせていたように感じました。
「タクシードライバー」や「ファイトクラブ」に近いものを感じましたが。(言い過ぎ?)
投稿者:沢村駿投稿日:2002-08-28 03:31:40
作品でございますね、こりゃ。
主人公の「あてどのない狂行の終わり」に、どんなラストが待ち構えているのか・・・と思って期待しながら観てたんですけど、あのラストは意味不明でがっかりだったな。
結局なんだったの?って言う感じ。
それとも、主人公の狂気に我々をもシンクロさせる為だけの映像だったのか?(ケムにまく為だけの)
それでも、何がしかの結末は付加して欲しかった。
あんな猟奇映像見せつけられて、結末あんなんじゃ、納得いかないってもんでしょうが・・・。(それとも、原作に起因しているものなのか?)
投稿者:よしこ投稿日:2002-08-13 19:21:48
『太陽の帝国』のクリスチャン・ベール!!見たさに、一生懸命最後まで
我慢して(笑)見ました。
当時、ヤッピーと呼ばれていたエリートサラリーマン等を馬鹿にしている、
というか馬鹿にしたい映画だとしたら、拍手もんかも。
おまけに、ヒューイルイスも嫌いなの?
『太陽の帝国』の面影を期待し見てしまった私にとって、
ショック、ショック、ショックです。

投稿者:大地下投稿日:2002-08-11 16:03:08
最後のノートの落書き、つまり主人公の頭の中(妄想)を絵にしたという事なのか?
主人公は精神分裂病によって現実の出来事と混同している。という解釈でよかったのかな?

投稿者:ゆき投稿日:2002-06-18 22:34:13
 クリスチャン・ベールと言えば、「太陽の帝国」で子役として注目を浴びていたように思います。当時映画館で見た者としては、「大きくなったな」と実感しています。シャツを脱いだ時の鍛えられた肉体は凄いと思うし、ナルシストも似合っていると思う。でも、ねェ。この映画じゃない所で見たかった。もっと、冷酷でかつ大胆な手法で人殺しを行うのかと思いきや、高級な部屋に似つかわしくない新聞紙を敷いたりとか、レインコートも可笑しい!金持ちなのに、やってることはしょぼい。それが笑いを誘うんだけど。殺人気の哀愁も何もなく、ただひたすら笑えるという映画でした。名刺のシーンでも笑えました。
投稿者:バーバー投稿日:2002-04-27 22:26:09
 完璧な連続殺人鬼V.S.しがない探偵…
なんて展開を期待してしまったんですが、違いました。残念。このままでは、ウィケム・デフォーの役も不完全燃焼って感じです。
 そういえば、中盤あたりで主人公が『悪魔のいけにえ』のビデオを見て(?)ますが、映画のラストで黒味になってクレジットが流れ出すタイミングなんて、その『悪魔のいけにえ』まんま。完璧に狙ってやってますね。
投稿者:すなかけ投稿日:2002-04-09 19:23:30
【ネタバレ注意】

最近お金ないからさー、映画はビデオばっかりなのよねぇー。
でもビデオで良かったって思うこともあるのねぇー。
これがまさにそれだわぁー。ビデオ半額デーで良かった。
予告編で流れているボウイの曲が聞きたかったのと音楽担当がジョン・ケールだからということで借りちゃいました。

殺人シーンに焦点を当てたいんじゃあなく、社会性だとか背景にスポットを当てたかったと特典映像で監督が喋っていたが、いくら殺人依存症の青年だからって名刺にプッツンってそりゃないでしょう。殺人に駆り立てられる動機があまりに安直だぞー。

日本の営業マンの名刺なんか顔まで印刷してあったりするけど、向こうの証券マンは顔売ってナンボっていうことではないんやね。
誰かと会食が仕事って、ちょっと羨ましい…。おいしいもの食べたいわぁー。

マンションの廊下をバッグから血を垂らしながら歩いたら、いくら目の悪い警備員だって「困りますなぁベイトマンさん、なんか垂れてますよぉ」って注意するわ。
ウィレム・デフォーもなんでこの映画引受けたんだろう?
全てにおいて中途半端。
さぁーって「エド・ゲイン」でも借りてこようっと。

投稿者:さだじ投稿日:2002-03-26 04:54:10
 ビデオジャケットの解説文を読む限り、よほどの問題作なんだろうなあ、原作は。確かに映画の方も残酷な描写、問題発言なんてのもあった。主人公によるナレーションを入れてるあたり、なんとなく「時計仕掛けのオレンジ」(特に小説版)を思い出してしまった。

 でも中身はコメディ。それもマジメなコメディ。最初のクリスチャン・ベールのナルシストぶりからいって笑える。名刺による殺意もそう。アホすぎ。それも製作者たちは「真面目」にお話を語っている感じさえするから、余計笑える。監督・脚本を兼任されたメアリー・ハロンはコメディを作ろうとしたのか、どうなのか。ちょっと気になる。

 ラストのオチがこれまたひどいのだが、もはや怒る気なし。主人公くん、君は早く病院に行った方がよろしいぞ。

 ↓師匠のHPhttp://www.cinemanc.com/
投稿者:ひでと投稿日:2002-02-23 07:11:30
個人的にこの作品はかなりイイ線いってるんじゃないかな〜
総合的に観てもオリジナリティに溢れてるし、非日常的な世界も好きです
しかしなんと言っても印象深いのは、あのC・ベールの鬼気迫る演技
ではないかと思う
投稿者:wasi投稿日:2002-02-22 23:59:21
クロエ・セヴィニー見たさにビデオ借りてみたけど、なんかずーっと笑ってたです。まあ、スプラッタムーヴィーじゃなくてよかった…。映画館で見たら「金返せー!」コールしてたよ。70年代後半〜80年代にかけて洋楽でそだったわしとしてはちょっと悲しいものがあった。
投稿者:うらら投稿日:2001-05-09 22:25:01
あっはっはー!何て愉快な映画だ。
下の方のコメントどおりホント、こりゃパロディーだ。
そして、奇面組サラリーマン(下の方、上手い!)。
名刺で勝負するシーン、腹を抱えて笑いました。あんなことで殺意が湧くとは。
いちいち、とって付けたように80年代の大ヒット曲を説明するところも、笑えた。そして懐かしかった。
これは、ひどい意地悪な80年代回顧ムービーですな。
(映画の予告編を観ただけでは、あんな意地悪なパロディー映画だなんて、まったくわからなかったけど)
でも、80年代ってあんなヒドい描き方するほど、ヒドかったかな。
一応ワタクシも「ウォール街」観てマイケル・ダグラス演じたゴードン・ゲッコーみたいに投資家になりたい、なんてコドモの頃思ったもの。

笑いっぱなしの映画だったけど、ラストに関しては不満。
あの主人公のその後の2001年現在は、結局ふさわしい妻と子供との生活なんでしょうか。
それと、厳しいアメリカの証券会社にあんなに仕事してないヴァイス・プレジデントがいるって、ありえないこと。まぁいいか。
投稿者:Syco投稿日:2001-04-07 01:47:56
あのヤッピーという言葉が流行り出した80年代の、服、外食、車に惜しみなく金をかける若いアメリカの独身貴族たちのパロディ。 今だからブラックコメディとして十分笑えます。でも一応ミステリーサスペンス分野なので、ちゃんとハラハラドキドキさせてくれる場面もたくさんあります。 でもやっぱり恐さよりもお笑いの映画だと思いますhttp://www.popkmart.ne.jp/syco/
投稿者:80年代音楽マニア投稿日:2001-01-30 04:53:17
エー…正直期待はずれでした。
ま〜その〜なんといいますか”80年代版狂人的奇面組サラリーマンバージョン”
さらっといえばこんなとこでしょうか…。
全米全英ナンバーワンとかそんなので売ちゃうんだろうな〜。
ところで全米ナンバーワンって多過ぎくない?
【レンタル】
 【DVD】アメリカン・サイコレンタル有り
 【VIDEO】アメリカン・サイコレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION