allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ショコラ(2000)

CHOCOLAT

メディア映画
上映時間121分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アスミック・エース=松竹)
初公開年月2001/04/28
ジャンルロマンス/ファンタジー/コメディ
ショコラ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 4,500
USED価格:¥ 782
amazon.co.jpへ

【解説】
 「マイライフ・アズ・ア・ドッグ」「サイダーハウス・ルール」のラッセ・ハルストレム監督がジュリエット・ビノシュ、ジョニー・デップ主演で描く愛のファンタジー。古くからの伝統が根付くフランスの小さな村に、ある日謎めいた母娘がやってきてチョコレート・ショップを開店する。厳格なこの村に似つかわしくないチョコだったが、母ヴィアンヌの客の好みにあったチョコを見分ける魔法のような力で、村人たちはチョコの虜になってしまう。やがて村の雰囲気も明るく開放的なものになっていくのだが……。“甘い”のひとことで片付けるにはあまりに奥深いテーマ――人間にとって宗教とは、癒しとは何か――が語られる。
<allcinema>
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aギルバート・グレイプ (1993)
[002]Aスリーピー・ホロウ (1999)
[003]Aアメリ (2001)
[004]Aパイレーツ・オブ・カリビアン/呪われた海賊たち (2003)
[005]Bローマの休日 (1953)
[006]Bシザーハンズ (1990)
[007]Bアメリカン・ビューティー (1999)
[008]B羊たちの沈黙 (1990)
[009]Bグラディエーター (2000)
[010]Bライフ・イズ・ビューティフル (1998)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
74625 8.45
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ローランド投稿日:2014-11-07 23:06:58
  いまひとつ話の流れがなぁ・・・って思っていながら、いま一度観たくなる変な作品で、見直したら変なところが消えてなかなか良かったです。 西田佐知子の歌う「コーヒー・ルンバ」を思い出すカカオとチョコレートを小道具にした寓話劇なんで、話の流れの些末を気にしてはいけないのでした。  

  爐海梁爾任蓮△發係てはならぬものを見たら見ぬふりを、希望が裏切られたら二度と希望を持たぬこと瓩箸△襦∈覆貌┐欧蕕譴燭海箸鮹里蕕譴涜写韻妨下されることを恐れる伯爵で村長で神父である支配者によって、因習に縛られ新しいものを受け入れようとしない希望を失った村民に、北風に吹かれて訪れた赤いマントの母娘が放浪のジプシーとともに束縛から解き放してくれるという幸を与えまして、神父よりもこの母娘のほうが神の使徒と言えるのではないかと思えてしまうことになります。  

  始まって間もなくの赤マントの母娘が村を訪れるところから、フォルクローレ調の音楽のなかで店の内装を整えて調理を始める・・・主役の女優の快活な動きが良い・・・までの10分くらいのうちにもう映像と音楽と雰囲気のよさに心惹かれますが、その調理を覗き見にきた子供たちの会話の猝疑析声圓性甅爐修豌拭甅狠里蕕覆き瓩法己の弱点を覆い隠すために敵を作って居丈高になるという、俗人の典型を演じている神父の姿が思い浮かんで滑稽です。  

  ということで、なにかここでも宗教と言うものを揶揄しているように思えて、一緒にするな!って宗教家に怒られそうだけど 狎い涼罎砲呂呂濬个啓圓噺世錣譴訖祐屬いるのはどうしようもないことで、それをはみ出したままにしておいては・・・瓩箸いΕ筌ザ関係のお方の著書の一説を思い浮かべるように、宗教というものに必要悪との言葉を連想してしまうのでありますが、関わらないで済みそうな人間までもがあえてその必要悪に関わろうとするのはなぜなんでしょうかね?。  

  この7年前の作品「ギルバート・グレイブ」では、さすらいの旅人に田舎町の因習と家族のしがらみから解き放ってもらったジョニー・ディップなんだけど、この作品では逆になっていて、ジャンゴ・ラインハルトでおなじみの「マイナースイング」の演奏が気持ちよい放浪の民ディップが村人を解き放ちますが、こういう似たような着想の作品でどちらも佳作になっているというのも監督さんのセンスの良さでしょうか。  

   追記。  返却まで三回も観賞してしまいました。 なんだろ、この魅力は。 主役のジュリエット・ビノシュが良いのははもちろんのこと、知らなかったけど天才子役として有名らしいヴィクトワール・ティヴィソルがなかなか良く、母が用を済ます間にたむろしているおっさん共と博打をやって鴨をせしめるなんてところを入れたりした、ただの可愛さだけではない描き方がされていて、それにジュディ・デンチの人生を達観したどこか魅力的な偏屈ばあさんなど、脇役の人々の描き方にも深いものがあり、全体的に皆がけっこう凄いことを演じているのだけど、あくというか澱(おり)のようなものは感じさせないさらりとした透明感のようなものがあり、この監督の作品はなんとなく村上春樹の「ノルウエーの森」を読んだときの感じを思い出させます。 
投稿者:ピースケ投稿日:2014-06-07 21:57:56
ジョニー・デップが終盤でチラっと登場するが、印象深い色男な役。
そら奥さんもイチコロですわな。
投稿者:UFO投稿日:2013-11-06 22:19:00
普通に観れる。
投稿者:Hoppy!投稿日:2013-03-24 16:04:52
ぬるい。ひたすらぬるい。なんだろう。
チョコレート料理などはとても美味しそうなのだけど。
それなら、料理だけの物語にしてくれればよかったのに。

時代背景はかなり中世のようなシーンと演出が多くて、とても好ましい感じだった。
ジョニーデップの海賊映画パイレーツオブカリビアンの頃のような。

古い慣習と、宗教と、人々と文化。まぁ明るい作品にはならないのは言うまでもないんだが、
タイトルをショコラと銘打つなら、もうちょっとその良さを表現して欲しかったところ。

ありがちな話に、それなりの雰囲気を漂わせながらぼんやりと展開していくんだが、
無理やりなロマンスw 

急激なオチ。

エンディングのしょーもなさ。

ぼんやりながらも、せめてエンディングがキレイだったらなぁ。
後半からはチョコレートの鮮やかさがほとんど出ないという。何のために観た映画やねんな?と。

映画:マレーナの出来を改めて思い出した作品であった。http://idolhappiness.web.fc2.com/
投稿者:jb投稿日:2012-07-24 22:00:05
あのチョコ食べたい。
投稿者:Kircheis投稿日:2012-01-12 09:36:15
これはラッセ・ハルストレム監督お得意の古くからの因習の打破と宗教の本質をテーマにした映画で、ジュリエット・ビノシュとジョニー・デップの恋愛がメインの話だと勘違いしてた俺は「前振り長すぎ!!」と思いながら観てた(笑)

ちょっと浮いてたジョニー以外のキャストは皆素晴らしく、ジュリエット以外では特にジュディ・デンチとピーター・ストーメアが印象的だったな。
70歳くらいにもなってるのに綺麗なレスリー・キャロンもさすが(〃▽〃)

町の住人達が徐々に親子を受け入れていく過程が少し弱かった気もするが、最後はやはり感動!!
投稿者:inres9投稿日:2011-09-04 10:34:01
まあ面白いのだが、女性たちがそれぞれ魅力的なのに、男性はみな類型的。
原作者が女性だから?
投稿者:ケラヒロミ。投稿日:2011-06-12 17:43:23
チョコ美味しそう
街の雰囲気がとても良かった
投稿者:namurisu投稿日:2010-11-06 13:47:06
【ネタバレ注意】

「魔女の宅急便」っぽい。

投稿者:マスターユーダ投稿日:2010-04-29 01:59:57
たいしてオモシロくなかった。またDVDのジャケからするとジョニー・デップとビノシュのラブがメインかと思いきやそれほど重要ではないしデップの出演シーンも短いように思えた。おちついた作品。
投稿者:ピンクガンスモーキン投稿日:2009-12-26 00:23:50
【ネタバレ注意】

小さな集まりにキレイ過ぎるオバさんが急に出てきたときの衝撃的魅力、といってもいいが、ここで35〜36歳のジュリエット・ビノシュが見せるその種の場にそぐわないエロさが、この「フツウの映画」の最大の見所である。通常、オバさんには「気取り」がないが、たいていは「美しさ」も失っている。ところが、「美女なのに気取らない」ということで、ビノシュ的存在はこちらを無抵抗にするのだ。しかも、ひたすら美しいというだけではなく、ストレス下や、人目の無いところで晒す無表情な老いた顔が、こちらの心に染みる。つまり、「オバさん、キレイだな」という単純な思いと、「やはりオバさん、大変なんだね」という切ない気分が、交錯する。30代って(早くも)老後が見えてしまうものだとは、若い人には分かるまいが。

内容をザクッとまとめれば、「新参者の試練」(および犯罪者の追放)を描いた作品で、日本人にもよく分かるフツウの陳腐な作品だけに、輝いたり老いたりするジュリエット以外には見所が少ない。

とってつけたような相手役のジョニー・デップは、あまり見せ場が無い。もっと若い男優を使えばどうだったか?まあ、宣伝効果が減って痛すぎるか?

映像的にもフツウ……正確にはややダメな映画(冒頭の霧が晴れて上空から街、教会の門に入っていく人々、という1分ぐらいの映像でダメっぽいと分かる)。

「中年の映画」なので、気取った娘(20代の女優)はほとんど出てこない。これは特筆すべきことで、児童と中高年たちばかりが画面に映る。たしかに、「20代女の気取り」と「30代女の飾りのなさ」とを対比する映画ではないのだから、合理的なキャスティングではある。20代の女を入れると話が複雑になりすぎる(チョコレートよりも、女に目が行く)。だから、チョコによる回春というテーマにしろ、デップとの恋にしろ、「20代の女が存在しない」という人工的な環境が、前提になっている。実も蓋もない話、30代の女に勝たせるための配慮である。

以下余談:辛口のレビュアーたちが必ず指摘している内容上の2つの問題点について。
まず1つ、<放浪者たちにとって定住はハッピーエンドなのか?>
「結末が安易だ」という意見があるようだが、動きたければ動けば良いのだし、移動を余儀なくされているなら定住のほうが幸せに決まっている。この映画では、娘の精神病(?)の原因が移動生活にある、とハッキリ描かれているので、定住するほかない。
もう1つ、<追放されたアル中男は救われないのか?>
なるほど、こちらは、「抑圧されたものの回帰」なんて言葉も呟きたくなる。伯爵=町長がおのれの住居侵入・器物損壊の罪をうやむやにしておいて、男の傷害・放火の罪を断固許さなかったのは、「汚い」というほかない。ハッピー・エンディング間近に、男を呼び戻すための努力がなされるべきだった気もする。シーンの入れ忘れ(撮り忘れ)か。しかし、編集が困難とみた。

しかし、そうした諸「問題」よりも、あたかも(たとえばの話)「日本映画で、韓国の閉鎖的なムラを描いたかのような、しかも、主演のチェ・ジウ以下みな日本語をしゃべる」といった作品に潜むであろう、政治的な「きな臭さ」にこそ鋭敏でなければならない。

投稿者:IDU投稿日:2009-09-21 23:48:46
本当にチョコが食べたくなる
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2008-10-03 15:56:59
雰囲気もあるし悪くない。
投稿者:cossa*投稿日:2008-08-31 17:20:45
雰囲気はよかったけど、別にムリにフランスにしなくてもいいのでは?イギリスとかでちょっと設定変えれば…フランス人が全員英語で、ボンジュールとかマダムとかだけフランス語なのはかなり違和感あり。そしてジョニーデップ、めちゃくちゃ浮いてます。一人だけ思いっきりアメリカンで喋り方もワイルド。ものすごい違和感でした。そして存在感がかーーなり薄いし、登場シーンも少なすぎです。なぜパッケージこれなんだ??

音楽もあっているし、主役の人の色っぽさや、チョコレートのおいしそうな製造過程が楽しめました。話の内容はまあそんなに深くはないけれど、目で堪能できてリラックスさせてくれるいい映画だと思いました。
投稿者:bond投稿日:2007-09-14 09:58:15
偏見との戦い系映画だが題材がチョコだけに、ギスギスせずホンワカと展開する。ドラマチックではないが、普通にいいかも。
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-09-01 10:14:17
テレビで放送された時に録画して見ました。なかなか良かったですが、まぁ普通かなというのも正直な所です。とりあえずあのチョコがどんな味なのか食べてみたいですね。私は甘い物がそれほど好きではないんですが、チョコだけは何とか食べれるので味がとにかく気になります(笑)。
まぁ何にしても最大の嬉しかったことはレスリー・キャロンの出演!登場シーンは決して多くはないけど、おばあちゃんになっても美しくキュートな彼女の姿に感動でした!もうMGMミュージカル・ファンには堪らないですね!
もちろん、ジョニー・デップやジュリエット・ビノシュ、ジュディ・デンチなども良い感じで楽しませてくれるし、監督もラッセ・ハルストレムなので私的には見やすかったです。
とにかく普通に楽しめる作品で、見終わると温かい気持ちになれました。
投稿者:なちら投稿日:2007-02-22 22:25:44
五感を刺激される素敵な映画。
投稿者:織田秀吉投稿日:2007-02-22 02:08:34
この映画は、スゴく面白いとまでは、いかないが、ほのぼのとする映画だ。後、宗教面に関してはかなり濃い物にはなってるが特には気にならない。何かラブストーリーとか言ってるけど、老若男女が見ても嫌気は生まれてこないファンタジードラマとしてみれば、全然面白い映画だと思う。ただ、ラブストーリーとして見てしまうとちょいとつまらん………。
投稿者:もんきー投稿日:2006-11-02 15:05:41
見始めてちょっとの間、「バベットの晩餐会」に似てるかなと思ったが、全然違った。ジュリエット・ビノシュ演じるヒロインは風変わりなだけで、言動が矛盾しているというか信念のようなものが伝わってこなくて、周囲の人たち(レナ・オリンや糖尿病のおばあさん)のほうがずっと魅力的に思えた。

最後にみんながハッピーエンドってやつ、アメリカ映画だから仕方ないけど、現実だったらみんなが幸せなんてことはありえないわけで、、、映画だからまあいいか。まじめに考えなければ。

ジュリエット・ビノシュ、どうも苦手。もうこの人が出てる映画は観ないだろうと思う。
投稿者:Salat投稿日:2006-10-11 21:49:12
おとぎ話のようで、観ている間現実を忘れさせてくれた。絵本にしてもいいと思う。
投稿者:masamami投稿日:2006-08-19 15:04:14
BS-iで放送中で久しぶりというか公開時以来の再見中。
ほのぼのとしたあの雰囲気楽しめます。
公開当時見てあまり気づかなかったこと。
「マトリックス」のトリニティ役キャリー・アン=モス
が出ているんだけど、この女優ってトリニティ役以外は
実に地味。あのクールなアクションした女優とは思えない面白さ。
あと、「巴里のアメリカ人」「リリー」などのキュート極まり
なかったレスリー・キャロンが出ていたのね。すっかり
70歳のおばあちゃんですが、可愛いおばあちゃんなので
よかったよかった。
投稿者:shizuco投稿日:2006-03-31 01:24:42
NHKBSで観て、一気にファンになりました。
ジュリエット・ビノシュ、視線がセクシーで女の私でも惚れちゃいます。そしてきゅっと細い腰に豊かな胸。そしてジョニ―ディップのワイルドな感じ。そして画像全体が、ちょっと暗めで好きです。アメリカ映画じゃなくて、ヨーロッパ小品って感じで、雰囲気がおしゃれだなーと思う。私はアジア映画ファンで、ほっとんど欧米映画は観ないんですけど、これはDVD購入考えようかなーと今迷ってます。小粋な映画ですね。
投稿者:じゃび投稿日:2006-02-14 20:44:36
淡々とした映画で、妙に神秘的。全編「癒しの時」あるいは「教会でのお説教」とでも言おうか、文部省推薦の優等生映画ってきがしてしまう。スクリーンに溢れるチョコレートの数々とは違い、「ほのぼの」というより「ゆるゆる」って言うかなんかとらえどころのないまだるっこい作品。ビターチョコレートのどこかほろ苦い味付けがあった方が作品としてしまったのではないだろうか。、「慣習からの解放」といいながらヴィアンヌはいやがる娘の手を引いて出て行かなければならないのか・・・
投稿者:アリー☆投稿日:2005-12-06 02:14:43
一番好きな映画のひとつです。少なくともデップの映画のなかでは一番かっこよくて大好き。
チョコおいしそうだし、すごく教訓的だし、心あったまる感じ。
投稿者:りえもん投稿日:2004-12-20 10:50:21
これいいです。
観た後、ほんのり幸せになります。
少し泣けたし、役者さんの演技もいいし、ジョニーはかっこいいし☆
個人的にとってもいい映画を観た気分でした。
投稿者:jyunn投稿日:2004-12-17 00:46:33
【ネタバレ注意】

と思いました。
ジュリエット・ピノシュや彼女がチョコを教える女性、おばあさん等、皆さん素敵でした。
映画の中では伯爵がちょっとやりすぎている感じがしますが、少し全体的に暗めながらもいい雰囲気の町は、厳しい戒律があってこそ成り立っていた部分もあると思う。新しい価値観がやってきて、それと古い価値観が対立するのはいつの時代もそうだろうが、あそこまで古い価値観を否定する事も無いのかなと。まあ、最後はちょうど良く二つがあいまったかんじがしますが、確かにすこしぬるいのかもしれない。しかし、これこそハルストレム。
人の気分は案外、美味しいチョコレートを食べるだけでがらりと変わったりする物だと思う。チリを効かせたり、バラの香りを練りこんだり・・、色々なバリエーションがあって、それを生活の様々なシーンに溶け込ませる。本当に美味しそうなチョコレートたち・・・。
あの女の子がポネットのあの子だとは、驚きでした。

投稿者:ふじこ投稿日:2004-09-22 13:26:54
女優さんたち、特にジュディ・デンチ、レナ・オリンが良かったという印象。ビノシュの顔はほんわかして好きなのでこの作品には合ってたかなと。
その中でくりかえされる人間ドラマ・・何だか気持ちが癒される気がした。

皆さんも書いてるし、しつこいようで申し訳ないが私にもひとこと言わせて・・・
ジョニー・デップかっこよすぎ。ギター弾いてるシーンなんて、も〜たまらない。

やっぱりハッピー・エンドものはいいですね。観た後しっかりチョコ食べました。
投稿者:さち投稿日:2004-06-14 06:22:30
デップ格好よすぎ
投稿者:マーク・レスター投稿日:2004-01-05 22:00:52
【ネタバレ注意】

「母親から主人公へ」「主人公から娘へ」と連綿と続く「世代間連鎖」に
強い興味を持ちました。
昨今、取りざたされている「幼児の虐待連鎖」に例を見ると、「幼児期に虐待された心の傷(トラウマ)が、時間を経て親となった時に“我が子への押さえられない虐待衝動”として噴出する悲劇のサイクルで、被害者がいつしか加害者に変貌し、新たな被害者と同時に次代の加害者をも作り続ける冷たい鎖。」なのです。この主人公は幼児虐待はしないが、「放浪」という行為で「世代間連鎖」の大きな鎖となっているのです。主人公は母親と放浪した子供時代に、何らかのトラウマ的精神傾向を植え付けられ、押さえ切れない衝動のまま、自分の娘にも「放浪」という極端な生き様を強要してしまうのです。問題なのは、深層的に娘がそのライフスタイルを望んでいないところにあり、居もしないカンガルーを唯一の友にしている点に、そんな娘の「心の闇」が見えてきます。主人公は他者への心くばりを見せる前に、最も身近な存在である自分の娘が持つ、この構造的な悲劇を理解し、一刻も早く解決するべきだったのです。

そんな閉塞情況に、それこそ「河原者」(反権力、芸能の象徴)の彼が
船に乗って登場。村の“正統”に突然“異端者”がチョコレート店を開業し、追い討ちをかけるように水上生活者という“異教徒”が大挙して侵入して来たワケで、ちょっとした宗教戦争の様相を呈するのです。
(異教徒は“えせ十字軍”に火あぶりの奇襲にあって一時的にその勢力を縮小しますが......。)

筋書きの取りあえずの和解を見て、「中世の宗教的価値観に支配されていた村に、近代の夜明けが訪れる。」という大団円を迎えます。しかし、主人公たちに真の開放がやって来るのは、その後なのです。「河原者」の彼が丘にあがり、「変わり者」の主人公と村に定住するという、“異端者”と“異教徒”の改宗という穏やかな形で具現化するのです。娘の精神的危うさの象徴であったカンガルーが娘のもとを去り、放浪衝動の発生起因である「北風」に、トラウマの元凶だった母親の遺灰をゆだねる姿から、幾世代にもわたり強固に繋がってきた「鎖」が切れる音を聞きました。

この映画は主人公の「血縁的因習からの開放」と村人の「地縁的因習からの開放」という二重構造があったからこそ、映画としての膨らみを持つことができたのです。


http://ouiaojg8.blog56.fc2.com/

投稿者:咲椰投稿日:2003-11-23 19:49:45
いいですね〜、レナ・オリンと、その役(役名忘れました)。生き方も外見も、ヴィアンヌに助けられながらも自分の意志で、どんどん変化していく。強い女性だと思いました。
ヴィアンヌ、人の目とかうわさとか、そんな俗物を超越した人物かと思いきや、急に感情的になったりして、ちょっとがっかり。行くところ行くところで人付き合いができなくて転々としてきたなんて、なんか、アヌークがかわいそう。壊した道具を拾い集める姿が哀れ。でもハッピーエンドだから、いいか。
投稿者:ジプシー投稿日:2003-11-18 00:30:57
幸せって、ほんの些細なこと。そうゆうことに気付かされる映画。
その人によって幸せの形は違うけど、幸せっていつも隣にあるんだな。と。ただ、当たり前になるとそれに気付かなくなってしまうだけ。
素敵な作品でした。
投稿者:ぼー投稿日:2003-09-21 21:17:44
ショコラのジョニーデップはかっこよすぎ!
一緒に暮らし始める女の人の旦那がこわかった。
投稿者:yukii投稿日:2003-06-22 12:18:41
とても素敵ないい映画だと思いますよ。
昔話風にしてあるのもリアルすぎずちょうどいい感じ。
ジョニー・デップはすばらしいね。
かなり贅沢な使い方だけど。
投稿者:kyow投稿日:2003-03-08 14:24:48
甘くてちょっとだけピリッとする、チリ入りホットチョコレート。
まさにそんな映画でした。
良い映画じゃないですか。でもこれは完全に女性向けですね。
男には理解できず、「ゆるい」とかケチ付けたくなるのもわかります。
ちょうど、女性が書いた恋愛小説のように。
男なら、彼女と日曜の午後に家でまったり見るにはお勧めしたいです。
というかそれの他無いとおもいます(苦笑)
僕は一人で見てしましましたが・・・。

ジョニーデップに関しては、船上で一人静かにギターを奏でているシーン。
あれだけですでに出てる意味があったと思います。映像的にとても良い雰囲気でした。なんだか「ジプシーって、良いなぁ」と思えますよね。
(と言ったら、ネイティブアメリカン系の彼は余計不適・・?)

最後にチリを入れたホットチョコレート、本当に美味しいらしいですよ。
体もポカポカだとか。


投稿者:ゆきぼー投稿日:2003-01-07 04:20:17

私はおもしろかった。

はじめ、食べた人全てを幸せにするのかな?と思いきや、大して
万能でもないチョコレート屋さんや、あの架空のカンガルーに
かなり想像も膨らんだ。
人によってチョコレートの効果が違うように、この映画も、人に
よって受け取るメッセージが色々あるような、大人のファンタ
ジーかな?と思う。

ちなみに、ジョニーデップはかっこよすぎ。
キスシーンにうっとり。
投稿者:ななつ投稿日:2003-01-02 13:55:42
レナ・オリンとジュディ・リンチに感動。
ストーリーが展開するにつれてレナはどんどん輝いていくし、ジュディの
芯の通った存在感は圧倒的。
全体的にはちょっとおとぎ話すぎてぼやけている感じがしたけれど、素直に
楽しめる作品。
でもフランスの小さな村・・・という設定なのに、村人はみんなほとんど
英語を話しているのはなぜだろう??
投稿者:しょご投稿日:2002-12-21 01:06:54
見終わった後の正直な感想は、ほのぼの。
宗教とか慣例とか周りの目とかもういいじゃん!って感じで、自分に正直に行きてこうよって気分になった。
ただ、ジョニー・デップを見ていて、無駄にかっこいいなとゆうか…もうちょっと渋い、でも味のある俳優を使ったほうがいいんじゃ…とも思った。
投稿者:wayu投稿日:2002-11-14 16:22:04
映画の雰囲気、特に村の景観や村人達がいい。

けど、話の展開に特にドキドキさせられることもなく
あれ? って感じに終わってしまった。 

それと終わったあと、どうせなら大大ハッピーエンドものに
すればよかったのになぁ、と私も思った。
投稿者:no reply投稿日:2002-06-30 16:24:22
ハルスロレムの個性はたしかに感じられたけれど、
まだ所々甘い気がする。
がんばれハルストレム!
投稿者:しろがねゆっき投稿日:2002-05-09 23:00:47
【ネタバレ注意】

セルジュは追放で、元凶となった伯爵は再婚予定でしかも、ルーは戻ってくる。
どうせやるならみんな幸せにしましょうや。迂闊な大団円の甘さが結局は矛盾を露呈しておりやすToT

投稿者:徘徊爺投稿日:2002-04-20 17:19:39
まるで文部省推薦のディズニー映画のようだ。
唯一、糖尿病を悪化させて死んでいったお婆さんが現実的だった。

もう当分チョコレートは沢山って感じで、ゲップが出そう。
でも、またチョコレートを食べたくなったらこの映画を観るかも。
投稿者:さだじ投稿日:2002-04-03 01:37:05
 中途半端って意見もあるようですが、個人的にはここの現実世界とファンタジー調の世界がいい具合で融合しているんじゃないかなと。ちょっとミステリアスな雰囲気を持つジュリエット・ビノシュが作るチョコ食べて、村人たちが己の心のカラを打ち壊す前半のノリは独特でおもいろいです。なので後半、話が春になってくると主人公とジョニー・デップ(思ったほど出番なし)の恋愛沙汰が中心になってくると主人公の不思議さなんかが薄れるのでちょっぴり残念。ファンタジックなムードも、メルヘン的なものも少なくなっちゃってます(恋愛を描くこと自体は否定しない)。

 とはいっても全編飽きることはありませんし、「慣習からの解放」なんてテーマもいい感じで練りこまれてます。ところでトリにかけるチョコソースなんてホントにあるんですかねぇ。

 ↓師匠のHP(新作ビデオ、DVD情報アリ)http://www.cinemanc.com/
投稿者:spoon投稿日:2002-03-15 12:57:41
というのはそもそも沢山のメタファーに溢れているもの。
甘くてほろ苦いおとぎ話の裏には、深い味わいがある。
投稿者:Katsumi_Egi投稿日:2002-03-04 22:08:10
 スウェーデン出身の監督がいかにもハリウッド的なストーリー・テリングのパターンに毒されていっている、という穿った見方もできると思う。流れ者が逗留場所で古い慣習や価値観を持った周囲の人々を揺すぶる、といったパターンの映画は過去にいくらでもあるわけで、極端に云えば、ジュリエット・ビノッシュをクリント・イーストウッドに置き換えても成立する物語なのだ。

#サルーン(酒場)や床屋(パーマ屋)の描写まである!

 しかし、扉や窓の映画的な使い方や或いは衣裳の色使いや美術装置の面白さ等繊細できめ細かな演出において、ハルストレムがハリウッド文芸映画の質を底支えしているのも確かだと思う。
 ビノッシュとデップも悪くないが、ジュディ・デンチとレナ・オリンが圧倒的に魅力がある。特にジュディ・デンチが初めて店を訪れ、チリ・ペッパー入りのホットチョコレートを飲んだ後のカットなんて鳥肌が立つ素晴らしさ。ピーター・ストーメアの扱いは少々中途半端か。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:Naoko投稿日:2002-02-27 18:06:08
淡々とした映画で、わたしは嫌いじゃなかったです。フランスの田舎の村の風景を目にすることもなかなかないのでそういうところを楽しみました。それとやはり助演とってるだけあってジュディ・デンチはいいな〜。
投稿者:sonic投稿日:2002-01-20 00:43:35
深みはないけどお伽噺、メルヘンとして結構楽しめた。
投稿者:映子投稿日:2002-01-19 23:08:45
最初の親子の登場シーンは神秘的な感じがしてすごく良かったのに、ずっと見ているうち、なんか彼女の人間像が中途半端に描かれているような気がした。
ストーリー的にも役者の演技にも何も欠点のないまとまった映画という印象。
チョコレートや飲み物は確かにおいしそうだったけど、もっと刺激的な何かが欲しかった。最後の村長が手をつけるところも工夫がなかったし。(単におなかがすいてるだけのような感じ)



村長がチョコレートを食べるシーンにはもうちょっと工夫が欲しかったですね。
投稿者:dadada投稿日:2001-11-19 22:48:20
“ゆるい”...“ぬるい”...一言で表現するなら、そんな映画。個人的な満足度からすれば、“ほのぼの”なんて言葉も当てはまらない。それでも、映画を観ながら苦痛を感じたくない私は、自分のノレる場所探し...。まあ、飲み食いが大好きな私にとっては食い物が触媒の一つとなって人々に化学反応が起こるという展開や、禁欲は不健康!と言わんばかりの語り口なんかは、それなりに面白いと...あくまでも“それなりに”ですけど...。
投稿者:タケキチ投稿日:2001-11-17 23:17:51
まあ確かに、隅々まで非常に目の行き届いた、一通り観た限りでは
目立つ欠陥など何も無い、典型的な「優等生映画」ですね、これは。
アカデミー賞会員が何故この映画を評価したのかも、
本編を観たらすごく納得が行きますわ。
あの賞って、知ってる人ならご存知の通り、
単に映画の「偏差値」が高い物だけを、分かりやす〜く
順に並べるような賞だもんね。
ま、そんな訳でこの作品、出来は確かに良いけど
「映画」としては全く面白くない、と言う
オスカー・ノミネート作品の典型的なパターンの一例ですね。

何が一番つまらないってこの作品、映画のタイトルはもちろんの事、
本編中でもず〜〜っとチョコの話ばかりが出てきている筈なのに、
観ていても、まったくと言って良いほど「腹が減らない」んだよね。
つまりはこの作品、映像そのものに「快楽」って物が
まったく感じられないって事。
散々台詞の中では、あのチョコがどれほど美味いのかを、
そしてメインのテーマの筈の「快楽に溺れる楽しさ」って物を
過剰に感じるほど説明してはくれるのだけど、
映画からはその美味さが全く醸し出されない。

例えば、同様に料理をテーマにした秀作と言うと
最近では「シェフとギャリソン/リストランテの夜」
なんて作品がありましたけど、あの映画を観てる時、
僕は心底「イタリアン食いてえ!」って思えたし、
何よりあの作品は、陳腐な台詞や大袈裟な芝居に頼らずとも
映像の中から十二分に「美食の快楽」って物が感じる事が出来たんですね。
そういった意味ではこの作品、
「食」をテーマに人間の快楽を描く、という点では
「シェフとギャリソン〜」は愚か、漫画の「美味しんぼ」にも遠く及ばない。

結局はこれって、いろいろ手を変え品を変え
それなりの映画を作っているように見えながら、
実は退屈なオッサンの説教のような映画しか作れない、
ハルストレム監督らしい作品だとは言えますな。
ま、映画を快楽としてより適度な「癒しの時」、
もしくは「教会でのお説教」の延長と捉えるような人には
御あつらえ向きの一本でしょ。
投稿者:JJ投稿日:2001-11-13 10:40:22
期待が大きすぎたのか、どうもイマイチでした。
コメディでもないし、ハートウォーミングドラマとしても
ファンタジーとしても中途半端な印象。
ポネットちゃんが、そのままで懐かしかった。
投稿者:maki投稿日:2001-10-07 02:56:38
この監督の作品は結構好きだから期待していたのだが、
どーも物足りない。
個人的に、ジュリエット・ビノシュがあまり好きじゃない、というのもあるけど、
今の私が求めるものよりもどうもおとぎ話すぎるし、
「ほのぼの」というよりは「ゆるゆる」で、全体的にいまいちなのでした。

他の人も書いてるけど、うん、ジョニー・デップじゃなくても良かったかも。
投稿者:ユウティエン投稿日:2001-06-25 12:14:20
ハレストレム監督の作品は、ドッグにしても、グレイプやサイダーハウスにしても、観終った後の心地良さが期待通りでたまらない。無条件にそう感じている自分を省みると、これって作品の質云々ではないところでの、所謂好き好きの問題なんだろうな。
投稿者:ゆうじ投稿日:2001-05-28 08:45:09
画面から香がただよってきそうな映像が続く。スクリーンに溢れるチョコレートの数々は、甘い物が苦手な僕にとっては結構苦痛だった(特に鶏肉にチョコソースをかけるなんて、ご飯にマヨネーズをかけるよりおぞましい・・・)。まあ、ストーリーがほのぼのしていて、見終わった後の気分は悪くはなかったけどね。

うまく役に入り込んでいる俳優たちの中で、唯一ジョニー・デップのジプシー青年だけが浮いていたのが印象的。ミスキャストとまでは言わないが、もっと地味な印象の人の方がよかったと思うが・・・。
投稿者:ひゅー投稿日:2001-05-23 23:08:07
ラッセ監督の映画はどこかほろ苦い味わいがあったが今回は
大甘。でもそれも悪くない。
 ストーリーに意外性はないがなによりも豪華絢爛なキャストが
第一の魅力だろうね。ジョニーは役柄に完全にマッチしていたし
ビノシュもお母さんを好演していた(不安だったけど^^)
投稿者:kn2投稿日:2001-05-16 11:05:15
 全体としてはとても普通です。物語はすごくうまく出来ていて、ゆったりとしていながら先の展開へスムーズにつながり、なぞとして残っていたものを解き明かしてゆく。おじいちゃんのお話しというのもそうだし、誰ともわからないナレーションもそうだし、陶器の入れ物が「おかあさん」であるというのもそう。
 そんな素直な物語にアクセントとなっているのは、クロースアップの映像で、特にチョコレートと口元のクロースアップは、やはりチョコレートの映画であるだけに非常に効果的で、かつすごくおいしそう。見終わってチョコレートが食べたくなってしまうのはいたし方がないところ。後は、ジプシー調の音楽もリズムを加えるという点ではいいでしょう。http://www.odaiba-web.com/~cinema
投稿者:不二峰子投稿日:2001-05-09 17:26:46
とても有名ところの俳優さんをふんだんに使った贅沢な作品ですね。
少しものたりなかった気がしますが 見終わった後はさわやかな感じのする作品だと思います。ナレーションが誰か最後でわかるし 銅像が笑うのもかわいい。
個性的な俳優がそろう中 ジョニーデイップだけがミスキャストという評がありましたがそういわれるとそうのような・・・ ミスキャストというより ルーの存在が少し中途半端なのかなーなんて思いました。
チョコレートが幸せを運ぶという発想はとてもおもしろいし主人公の女性がとっても暖かくて魅力的なんだけど 怒って銅像を蹴ったりするところなんかもいかな。
最後また 旅立つんだろうなと思いましたが そうじゃないのかな? どう思います????
投稿者:敦煌投稿日:2001-05-09 02:13:56
 明治製菓の協賛を得てチラシを何種類も作るなど、独特の販促を
展開していたこの作品、実際、劇中に出てくるチョコレート菓子が
どれもおいしそうだったこと。あれじゃ、誰も村長さんについてい
かないわ。

 すっかり未亡人役にはまっていたキャリー・アン・モス。まあ、
どちらかというと「マトリックス」の役柄の方がミスキャストっぽ
かったですが。
投稿者:A.KI.投稿日:2001-05-07 23:29:19
赤頭巾なところでなんか童話っぽい雰囲気を感じてよかったです。
大いに泣かされるような感動作ではないにしても、監督特有の温かさは
健在で、笑えるシーンやじーんとくるシーンもあって、よいです。
ポネットちゃんの成長がみられたのも個人的には◎です。
投稿者:投稿日:2001-05-03 06:48:41
監督・・・またルールですかい
お堅いですね
ルールは住んでる人がきめるもんですよ
考えを甘くしてくださいね
あとキャスティング

わずか3歳でヴェネチア映画祭 女優
女優ポネットちゃん が・・・・しゃべった
じゃなくって 
美味しい でもなくて かわいかった・・・・・・・
でもまだ8歳じゃ・・・
いい女になるまであと12年
あと溶けかけたチョコレートみたいのばっか
完全に溶けてる人もいるじゃないですか

キャリー=アン・モス
いいですけど 浮いてましたよ
彼女・・・・・・

http://www2.odn.ne.jp/~aah27120/
投稿者:ヒカル投稿日:2001-04-13 00:41:31
いかにもラッセ・ハルストレムの作品だった。
単に、旅の母娘が村の人々を救う話ではないところが奥深い。
個人的には「サイダーハウス・ルール」より楽しめた。
投稿者:アメデオ投稿日:2001-03-01 14:24:31
ジョニ−・デップファンの私はかなり期待して見に行ったのですが、彼のシーンがあまりなくいつもの(目)の演技が見れなかったのが残念。
街のつくりと音楽があっていていい感じでした、小さな街のある物語というだけで内容も特に感動させられる事もなくジュリエット・ヴィノシュの為に作られた映画って感じでした。
チョコレートであんなに人格変わるものか?
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 主演女優賞ジュリエット・ビノシュ 
 □ 助演女優賞ジュディ・デンチ 
 □ 脚色賞ロバート・ネルソン・ジェイコブス 
 □ 作曲賞レイチェル・ポートマン 
□ 作品賞(コメディ/ミュージカル) 
 □ 女優賞(コメディ/ミュージカル)ジュリエット・ビノシュ 
 □ 助演女優賞ジュディ・デンチ 
 □ 音楽賞レイチェル・ポートマン 
□ 助演女優賞ジュディ・デンチ 
  レナ・オリン 
 □ 脚色賞ロバート・ネルソン・ジェイコブス 
 □ 撮影賞ロジャー・プラット 
 □ プロダクションデザイン賞 
 □ 衣装デザイン賞 
 □ メイクアップ&ヘアー賞 
■ 観客賞(女優賞)ジュリエット・ビノシュ 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ショコラ2012/12/19\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ショコラ2011/03/18\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】ショコラ2012/12/19\1,429amazon.co.jpへ
 【DVD】ショコラ2009/06/19\1,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ショコラ2007/03/02\2,381amazon.co.jpへ
 【DVD】ラッセ・ハルストレム監督作品BOX II <初回限定生産>2003/03/21\5,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ショコラ DTS特別版2001/11/03\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ショコラレンタル有り
 【DVD】ショコラ DTS特別版レンタル有り
 【DVD】ショコラレンタル有り
 【VIDEO】ショコラレンタル有り
 【VIDEO】ショコラ <吹替版>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION