allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

はなればなれに(1964)

BANDE A PART
BAND OF OUTSIDERS

メディア映画
上映時間96分
製作国フランス
公開情報劇場公開(フランス映画社)
初公開年月2001/02/03
リバイバル→コピアポアフィルム-2017.1.21
ジャンルドラマ/コメディ
はなればなれに Blu-ray
参考価格:¥ 6,264
価格:¥ 5,638
USED価格:¥ 8,454
amazon.co.jpへ

 Photos

【解説】
 「勝手にしやがれ」のジャン=リュック・ゴダールが64年に製作した長編第7作目で、即興演出が冴え、ミュージカル・シーンも織り込んだコメディ・タッチの犯罪ミステリー。冬のパリ。フランツとアルチュールは大親友だが、性格は正反対。推理小説マニアで、ヒマはあるけど金がないのだけが共通点。そんな二人は美しいオディールに一目ぼれ。ある日、オディールが叔母の家で愛人が隠している大金を見たことから3人は強奪計画をたてるのだが……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
1095 9.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Bill McCreary投稿日:2017-04-27 07:43:05
やはりダンスのシーンが微妙にいいですね(苦笑)。アンナ・カリーナって、このような才能もけっこうあった人なんだなと感心させられます。http://blog.goo.ne.jp/mccreary
投稿者:Ikeda投稿日:2010-07-13 13:10:44
ゴダール自身がナレーションを入れているなど、彼らしさのある映画ですが、内容的には一般的なストーリーで、彼としては解りやすいと思える作品です。
ストーリーは比較的、単純ですが、サミー・フレイとクロード・ブラッスールの性格が異なる青年と、逆に性格が良く解らない娘アンナ・カリーナの三角関係とも言えないつき合いが面白い映画です。ただ、犯罪が絡んでいるとは言え、最後に、あまり意味もないのに簡単に人が死んでいく筋書きはゴダール的かなとも思いました。
投稿者:buenos aires affair投稿日:2006-08-02 17:05:15
当然、全力疾走です。眩暈がするほど美しい、二度と戻らない「青春」が世界で唯一、この映画の中にのみ残っています。大袈裟ではなく唯一泣きそうになった映画です(笑)個人的にゴダール映画は観たくない人は観なくて良いと思ってますが、これは別です。本当に素敵な映画なので、観てない方は是非観てください。
投稿者:JANNA投稿日:2006-01-20 23:33:24
 銀座の映画館に友達と見に行ったが、あのダンスのシーンを見ながら踊りたかった、、、
とてもキュートで大好きな映画です。
投稿者:ふじこ投稿日:2005-07-18 13:23:10
【ネタバレ注意】

何と言ってもアンナ・カリーナ。ダンスを踊る時、不安そうな顔をする時、三人で手をつなぎ走る時・・どれもこれも表情豊かで可愛い。
三人では上手くいかないだろうな・・って思ってしまうし、叔母さんもまたあっけない。
でもあの白黒映像と共に流れゆくルグランの音楽もまたピッタリあってて、観るだけでもおしゃれでよろしかった。
ゴダール作品、詳しくないのですがこれは私にもわかりやすかったです。

投稿者:Ki-Adi-Mundi投稿日:2003-08-16 00:27:02
予告編を先に見ていました。
この予告編はすばらしく、本編をとても期待させるものでした。
軽快で楽しい音楽・編集。とくに三人のダンスシーンと美術館を駆け抜ける
シーンはとても楽しみにしていました。
で、本編ですが、ちょっと失望でした。たしかにダンスシーンは良い。
しかし、「1分間沈黙〜」以降の音の使い方はちょっとね・・。蛇足だよね。
映像だけでちゃんとすばらしくできてるのに、なんであんなことをしちゃうんだろうか?
でも作品としてはおもしろく最後まで見ることが出来た。
いつもの意味ありげなアンナ・カリーナのうつむき顔にもキレがあったし、
あいかわらずの、意味深だが、得に意味はないシーン連発のストーリー進行も
ゴダールらしい。印象的なシーンの連続。しかし、個々のシーンがつながらない。ゴダールらしい。

軽快さと儚さ、美しさを垣間見た。それは前期の作品だけがもつものなのではないだろうか?

地下鉄の中、カリーナが言う「地下鉄の乗客はなぜ・・」。
それに答えるアルテュールの話しは、あれはクレショフ効果の説明だろう。
ちょっとびっくり。
投稿者:skull & rose投稿日:2003-05-30 01:54:36
カフェでの1分間の沈黙と、3人で踊るマディソンダンスの長回しは絶品ですね。でも、あえてタイム・ラグを出した編集などはどうも頂けない。町中のネオンやポスターのショットで“自由”とか“ヌーベルバーグ”の文字が映るけれど、“新しいと思ったことも今となっては無意識の中での模倣だった、映画が映画自身になることはできないのではないか”、というような悲しみや不安が、この時期のゴダールに出てきている気がした。それが観ていてとても痛々しく感じたけれど、それがゴダールの美しさでもある気もする。全くうまく言えてないけど、きっと同じように感じる人はいるはず・・・。
投稿者:kn2投稿日:2001-08-02 10:39:01
 この作品はゴダール作品の中でもサウンドの使い方が絶品。語りの入れ方も非常に効果的です。特に3人がカフェで過ごす一連のシーンは絶品。「一分間黙っていよう」というところから、踊るシーンまでの語りと音楽・サウンドの使い方は「うまいねぇ」と嘆息するしかないのです。http://cinema-today.hoops.ne.jp/
投稿者:河崎投稿日:2001-07-24 07:09:51
一応は眠らずについていけました。
行き当たり、ばったり的感覚で、結構、面白かったです。
投稿者:N゜1投稿日:2001-05-15 02:27:29
絶対的な評価を求めないで下さい
他人に寄りかかるのではなく
自分で出した答えを!

結論はその後だ


もうすぐお家でも観られるようになります
よろしければどうぞ
投稿者:シネフィル投稿日:2001-03-26 12:49:56
確かにゴダール映画について好き嫌いで語りにくい雰囲気があるけど,
僕はこの作品を含めて66年以前のゴダールは気に入っている。
この作品は,面白くて楽しめました。カリーナがカフェで踊るシーンなん
かは,何度でも観たいくらい素敵なシーンじゃなかった?
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】はなればなれに2013/02/23\5,800amazon.co.jpへ
 【DVD】はなればなれに2013/02/23\4,800amazon.co.jpへ
 【DVD】はなればなれに2001/12/22\4,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【DVD】はなればなれにレンタル有り
 【VIDEO】はなればなれにレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION