allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

メトロポリス(2001)

Metropolis

メディア映画 Anime
上映時間107分
製作国日本
公開情報劇場公開(東宝)
初公開年月2001/05/26
ジャンルSF/アドベンチャー
愛さずにはいられない。
メトロポリス [Blu-ray]
参考価格:¥ 8,424
価格:¥ 7,220
USED価格:¥ 5,148
amazon.co.jpへ

【クレジット】
監督:りんたろう
製作:角田良平
宗方謙
平沼久典
塩原徹
阿部忠道
長瀬文男
松谷孝征
寺島照彦
プロデューサー:丸山正雄
八巻磐
原作:手塚治虫
脚本:大友克洋
キャラクターデザ
イン:
名倉靖博
総作画監督:名倉靖博
作画監督:赤堀重雄
平田敏夫
桜井邦彦
美術監督:平田秀一
音響監督:三間雅文
音楽:本多俊之
OGテクニカル・
ディレクター:
前田庸生
声の出演:井元由香ティマ
小林桂ケンイチ
岡田浩暉ロック
富田耕生ヒゲオヤジ
若本規夫ペロ
滝口順平ロートン博士
石田太郎レッド公
【解説】
 手塚治虫の原作を大友克洋脚本、りんたろう監督で映画化したSFファンタジー・アニメーション。ロボットと人間が共生する巨大都市国家・メトロポリス。一見理想的な社会かに見えるこの国だが、発達したロボットによって大きな恩恵を受けた者がいる一方、そのロボットたちによって働き口を奪われた者、ロボットにも人権をと主張する団体など様々な確執が噴出し始めていた……。
<allcinema>
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
847 5.88
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ni-Ho=SAGARU投稿日:2012-10-24 21:06:50
どんだけリアルにキャラつくってもあのカッコだし
この作品みたいな方法でするしかないと思うけどねえ。
鉄人28号とかみたいな、過去の絵に合う時代背景にするしか。
あんな人間サイズで空飛べるわけねえじゃんってなるよ
リアルにしようとすればするほど。
こういう、手塚さんのキャラは手塚さんのタッチで動かすのが一番いい。
まあ、興行面では相当コケたらしいですが。
僕はロードショー行きましたよ。ちゃんと。
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2011-05-18 10:23:19
「スチームボーイ」よりは気に入ってる。封切りで観た直後は星七つだった。
投稿者:花男投稿日:2008-08-19 11:00:12
この映画を観ていると不思議とケチをつけたくなってきます。よせばいいのに観ながらアラを探してしまいました。それだけのめり込めなかったということなんですが・・。

そうはいいながらも絵はスゴイですね。描きこみ量が膨大。特にオープニング近くのメトロポリスの様子、実写でいえばエキストラともいうべき人や車がちゃんと動いている俯瞰の絵がよかったです。ただ映像は見慣れるとそれが当たり前に見えてしまうんで最初のインパクトがだんだん薄れちゃうんですよね。

あとキュラクターがいかにも手塚治キャラっていう感じの丸っこさがそのままでよかったです。
投稿者:ぺん投稿日:2007-09-19 00:18:12
2001年公開ってことのせいなのか、劇場公開されてることに気がつかずに、
DVD化された後も、手塚作品の今更のアニメ化作品ってことで、観るのが億劫
だったのだが、実際観てみると、良いアニメだった。
やっぱ、ロボット三原則からのロボットの心理や葛藤を描くものは面白いし、
映像が素晴らしい。ラストシーンでは、放心状態になる感じ。
投稿者:藤本周平。投稿日:2007-08-02 18:02:58
結構退屈でした。
投稿者:きも投稿日:2006-04-12 23:53:09
ティマとケンイチのデザインの可愛いさで最後まで見れました。
デッドテック+古いラブソング+白いハト+人造人間の哀しみe,t,c
良くも悪くも「ブレード・ランナー」ですな。

引きのシーンやモブで、細かく描かれた人物がそれぞれ動いているのが
繰り返し見ると楽しいです。
色彩やデザインに凝った背景が、キャラクターといまいち合っていなくて
中途半端にリアルにされた手塚キャラのおじさん達が少々キモイ。
でも全体にかわいいから好きです。

投稿者:william投稿日:2005-03-04 03:55:28
はっきり言って雰囲気だけの作品といった感じ。実際この時期以降のアニメ映画はほとんどそんな作品ばかりだけど、手塚治虫原作にしては薄っぺらな感じは否めない。
あとBGMは「死刑台のエレベーター」みたいな映画を意識していたのかな?でもこの作品ではあまり上手くかみ合っていない感じ。無難にSFチックな音楽の方が良かったかも。
投稿者:パーチェ投稿日:2005-01-27 16:46:43
音楽ピッタリだった!全てが機械で、人間味のない背景に対して、根底にはあり続ける人間味みたいなものを伝えてくれてるのかなとも。
映像も、手塚治虫のタッチを生かしつつキレイに仕上げてくれてます。
機械化の問題点、利益を上げようとする者達によって、被害を受け続ける多数の者達の描写も欠かさずに表現されてます。
ただ、確かにティマの存在が何を語りかけていたのか、わかりずらい面もあったし、機械文明で被害を受けている人々の怒りの矛先…何によって解決していく道がいいのか…そのへん手塚さんのメッセージの核心だけど、イマイチ伝わってこなかったし、そのへんが批判のされどころなのかな…
手塚さんのあの普遍的に語りかけてくるメッセージを伝えられる映画、これにめげずにもっかい頑張ってつくっていただけないかなぁ(^。^;)
投稿者:黒美君彦投稿日:2004-11-24 21:45:10
どうも評判が今いちのようだが、個人的には大変面白かった。
手塚治虫の原作そのものが1949年に発表されたものなのだから、その後の手塚アニメに親しんできたものにとって既視感があるのは仕方ないし、逆に手塚治虫を知らない世代にとっては物足りないかも知れない。

かつて夢に描かれた「懐かしの未来都市」が、緻密なCGによって再現されているのもいいし、好みの違いはあるかもしれないが、この都市には本多俊之のフューチャーしたジャズが見事に似合う。
レイ・チャールズの『I Can't Stop Loving You』も、流れ始めた瞬間、ドキッとした。美しい破壊シーンは、りんたろうの『さよなら銀河鉄道999』でも観られたが、レイ・チャールズの歌声によって切なさを一層かき立てられた。
確かにキャラクター設定が弱い感は否めないが、世界観はよく表現されていたと思う。手塚治虫のファンだから、どうしても点数が甘くなるのかも知れないが、個人的には好きな作品だ。
投稿者:クロガネーゼ投稿日:2004-08-15 16:13:29
いかにもテンポが悪いねえ。この監督、シークエンスを思い切りよく編集する勇気に欠けてる。でなきゃ、生来リズム感がないんだろう。

ロックが破壊ボタンを押した瞬間、レイ・チャールズの「I Can't Stop Loving You」が爆発的に鳴り出す瞬間だけ笑えた。
投稿者:さち投稿日:2004-08-12 06:35:29
素晴らしい
投稿者:へのへのもへじ投稿日:2004-02-02 15:44:14
最近やたらとCGを使うが、コンピュータで処理できるようねなった分、絵が薄っぺらい。カリオストロやナウシカ、ラピュタなどはもの凄い滑らかで綺麗だ。ディズニーの昔の作品も凄い。CGを使うなら使うでCGだけにして欲しい。中途半端でやだ。
投稿者:すかたん投稿日:2003-08-05 23:20:09
手塚治虫原作というのが信じられないほど、
人間描写に乏しく、後に感動の残らない映画。
「なんだったんだろう・・・」と思ってしまいました。

ティマは、キャラデザイン自体は可愛くって、期待したんだけどね。
訳のわからない生き物で終わっちゃった感じ。
エヴァの最終作でオバケになった綾波レイみたいだったし(^^;;

バックの音楽が、たまらなくミスマッチだった。
投稿者:バナナミルク投稿日:2002-12-20 10:28:11
 ケン一とティマとの物語だけにしぼってほしかった。
 いい意味でも悪い意味でも、原作マンガとは大きく異なるテイストだ。
投稿者:S&H投稿日:2002-02-04 00:43:05
ラストの緊迫するシーンでレイチャールズの曲が流れてきた日には、もう呆然としました。全体的に不快なほどの音楽のミスマッチ。機械文明の作画力は素晴らしかったのですが、肝心の人間描写が全然なってない。ロックの苦悩は共感できないし、特にキーパーソンであるティマの存在が何だかわからない。致命的です。女性の描写が得意ではない大友氏による脚本が一因でしょうかね。
投稿者:ゆきぼー投稿日:2002-01-23 08:02:27
何にも伝わってこなかったし、キャラに感情移入できなかった。
がっかりぎみ。
投稿者:ジャバ投稿日:2002-01-19 10:38:13
ジェームズ・キャメロン絶賛シリーズの中で
1番話の解りやすかった・・・手塚治虫先生だからなのか
は解りませんが・・・意味不明用語少なかったし・・・
よかったよかった・・・キャラクターにも何処か愛着があるし・・
あの愛くるしい鼻・鼻・鼻のオンパレードで・・・・
ま〜(B−29noなんたらなんたらの3)通称ペロ君は
石ノ森章太郎の回し者ですが・・・
とにかく
「アンドリュー系ロボ権問題」を扱った作品だと言う事は解った・・・
よかったよかった
ようやく日本アニメに認められた気がする
結局ジェームズ・キャメロンにとって
日本アニメの何処が彼にとって「あっちょんぶりけ」だったのかは
不明のままですけど・・・・

投稿者:ゆうじ投稿日:2002-01-18 00:11:12
背景ではフルにCGを活用しなかなかの出来。美しさと迫力を兼ね備えている。セル画の人物と合わさるとやや釣り合いがとれていない部分も散見されたが、ちょっと気になる程度のもの。

物語の方は、エピソードを詰め込み過ぎて、話の焦点がぼけてしまった感じ。手塚作品の主要キャラ総出演という感じなのが、それに拍車をかけている。原作の持つメッセージ性があまり感じられないのは、本作に限って言えばどんなものだろうか?

音楽は、モダンジャズを基調にしたもので、画面の雰囲気にピタリとはまっている。映像もいい。と、なると、後はストーリーをもっとしっかり作れば、宮崎アニメにも負けない作品になっただろうに・・・残念。
【レンタル】
 【DVD】メトロポリスレンタル有り
 【VIDEO】メトロポリス <レンタル>レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION