allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

永遠(とわ)の愛に生きて(1993)

SHADOWLANDS

メディア映画
上映時間132分
製作国イギリス/アメリカ
公開情報劇場公開(ヘラルド)
初公開年月1994/07/02
ジャンルドラマ

【解説】
 『ナルニア国ものがたり』などで知られる童話作家C・S・ルイスの物語。彼はオックスフォードで文学を講じ、また、キリスト教研究でも名高い、現代の賢者とも呼べる高潔な人物である。象牙の塔に篭もり、退役軍人の兄と二人暮らしの彼は、女性とはほとんど没交渉の生活を送っていた。ある日、彼のファンだというアメリカの女性詩人ジョイ・グレシャムの訪問を受け、彼はその大らかで自立した意識に戸惑いつつも次第に彼女に惹かれていく。だが、それまで恋を畏れ遠ざけてきた彼は、感情を素直に表わせず、ジョイにはそれが苛立たしい。互いの想いが煮詰まりかけた頃、ジョイは突然ガンに倒れ、ようやく彼は溢れる愛を言葉にする。それは9つの時に母を亡くして以来、胸に押し込めていた暖かい気持ちだった……。原作はBBCのTVフィーチャー。芝居となった後に、ホプキンス、ウィンガー主演での満を持しての映画化。アッテンボローの演出も、いつものソツのなさから一歩大きく踏み出して、心に迫るものがある。ジョイの連れ子である利発でナイーブな少年ダグラスが、新しい父のルイスと共に母の看病をする、静かな展開の後半は、抑えたタッチで逆に圧倒的な感動を呼ぶ。小康を取り戻したジョイとルイスが、風景画のように美しいゴールデン・バレー渓谷を訪ねるシーンも涙ボロボロである。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
964 7.11
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ghost-fox投稿日:2008-04-28 22:07:20
最後まで理屈っぽい
投稿者:fairlane999投稿日:2007-09-29 20:43:03
随所でいろいろな方も書いてますが、上の「解説」と称するもの、
何とかなりませんかね?

「涙ボロボロ」って、プロの人間の書くもんじゃないですよ。
とても「解説」とは思えません。
「かんそうぶん」とかに変えたらどうですかね。


せっかくいい映画なのに、気分が台無しです。
少なくとも、責任として執筆者の名前くらいは明記すべきです。
もちろん、ひらがなでね(笑)。

しかも「永遠の愛に生きて」と入力して、このページが
検索されないこのサイトって、何なんですかね?
投稿者:ふくら雀投稿日:2007-04-29 18:36:31
既に書かれているようにラストの言葉がとても素晴らしいです。
とってつけたような邦題ですが、こういう風につけるのがちょうど
流行でしたね。
あまりヒットしなかったようですが、素敵な映画です。
今ならナルニアのC.S.ルイスといえば関心を引けるのでしょうか。
ところで、「永遠の愛に生きて」ではデータ画面が出ません。
できたらご修正お願いいたしたし。
投稿者:sonic投稿日:2004-03-01 01:53:12
最愛の人と決別の時が来るのを知りながらすごす。決別の時、そしてその後の「苦しみも幸せの一部」みたいな台詞があったけど、心に響いたね。これだけでこの作品を観た意義があった。
投稿者:猫亭投稿日:2003-05-21 10:19:05
【ネタバレ注意】

ゆうべ、なんとはなしにWOWWOWにチャンネルを合わせたら、丁度この映画の始まるところだった。
あ、アンソニー・ホプキンスだ……と最初はなにげなしに見ていたら、いつの間にかじっくり見ていた。
もう、最後は家族で泣いた泣いた。

自分自身の老いらくの恋を受け入れられない頑迷さ。それを解き放つのが愛する人の死の宣告だなんて、悲しすぎます。だけどそのあとの描写、風景のすばらしさ、心のありようについて話す彼女のまっすぐさ。すべてが涙、涙。

母を失ったダニエルと抱き合って大声で泣くルイスの姿が、親子ではなくて兄弟とか仲間とか、同志とか、そんな感じでした。その瞬間、二人とも子供のようで。めちゃめちゃ良い映画でした……でも実在の人物なんだよねぇ。まだ、涙出る。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主演女優賞デブラ・ウィンガー 
 □ 脚色賞ウィリアム・ニコルソン 
■ 男優賞アンソニー・ホプキンス 
□ 作品賞 
 ■ 主演男優賞アンソニー・ホプキンス 
 □ 主演女優賞デブラ・ウィンガー 
 □ 監督賞(デヴィッド・リーン賞)リチャード・アッテンボロー 
 □ 脚色賞ウィリアム・ニコルソン 
 ■ 英国作品賞(アレキサンダー・コルダ賞) 
【レンタル】
 【VIDEO】永遠の愛に生きてレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION