allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ナイト・オブ・ザ・リビングデッド/死霊創世紀(1990)

NIGHT OF THE LIVING DEAD
LA NOTTE DEI MORTI VIVENTI[伊]

メディア映画
上映時間90分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(にっかつ)
初公開年月1991/12/14
ジャンルホラー
お前の生肉が欲しい…。
ナイト・オブ・ザ・リビングデッド 死霊創世紀 [DVD]
参考価格:¥ 1,523
価格:¥ 500
USED価格:¥ 412
amazon.co.jpへ

【解説】
 郊外の一軒屋を舞台に、突如甦った死者たちと生存者の攻防を描いたジョージ・A・ロメロの先駆的傑作「ナイト・オブ・ザ・リビング・デッド/ゾンビの誕生」のカラー・ステレオ版リメイク。前作の脚本(ジョン・A・ルッソ)をロメロ自身が脚色、オリジナルを重視しつつも時代性を取り込んだアレンジを見せ、特殊メイクアップ・アーティストの盟友T・サヴィーニの演出がそれに見事に応えた。米版96分。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
758 8.29
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:さとせ投稿日:2013-03-03 09:28:49
ジョニーとバーバラの兄弟は墓参り中にゾンビに襲われジョニーが殺されてしまう。残ったバーバラはベンと言う黒人と出会い一軒家で篭城する事にするがそこには5人が先に匿っていた。仲間割れを繰り返しながら街へ向う為に車を取りに行こうとする皆だが・・・。

あの名作「ナイト・・・」のリメイク作品。ロメロと親交の深かったサヴィーニが監督し手堅く演出していて皮肉なラストも効果を上げていた。劇場公開以来のDVDでの鑑賞だが今見ても面白く古臭さを感じさせないのは素晴らしい。音声は劇場同様のステレオ収録だが違和感なくしかもサヴィーニのコメンタリーも収録されているのが嬉しい。
投稿者:bond投稿日:2011-08-20 10:32:37
古典的名作。ハデさは無いが、追い詰められ感と緊迫感十分ある。
投稿者:TNO投稿日:2009-10-31 01:17:06
ホラーは、好きなジャンルではないが、興味深い一編だ。ジョージ・C・ロメロの60年代の作品のリメイクでロメロは制作に回っている。辺鄙な場所にある母の墓参りに兄とともに来た若い女性が主人公で、この一昼夜の間におどおどした頼りない女性が、目の前の惨劇を機に目的意識に開眼し、そこらへんの男共より逞しいスーパーウーマンに変身してしまう。これも、エイリアンと同様の密室心理劇だ。地下室に籠るか、家の窓を防御するか、外に出てゾンビを振り切って助けを求めに行くか、意見が割れる。肉親がゾンビ化して手を下せずに自分が殺されてしまったり、ゾンビの対応方法を会得した人間が、ゾンビを動物のように扱ったりする場面もあり、印象深い。しかし、死体がなぜ急に全米でゾンビ化したのか謎は解き明かされないままだ。ゾンビに扮した人達は、振舞に統一性があり、かなり訓練を要したのであろう。トニー・トッド、パトリシア・トールマンは、いずれも馴染みのない役者だが、それぞれ好演している。特にトールマンのなりふり構わない演技は見もの。
投稿者:キチ衛門投稿日:2007-09-19 16:48:14
もちろんオリジナルはジョージ・A・ロメロの「ナイト・オブ・ザ・リビングデッド」です。
オリジナルのこの作品はネットで視聴することができます。というのは作品発表時に類似の作品があったため題名を替えたのですが、その際に手違いで著作権等の権利を明記していなかったため、フリーコンテンツ扱いされているのでした。

まあそのurlをここで書くのは躊躇われますが、ウィキペディアあたりに行けば知ることが出来るんじゃないかと……

本作のリメイクは、そうした経緯もあってきちんと作り直した、という意味もあるようです。
原作のテンポの悪い部分を直していますが、オリジナルにかなり忠実です。
しかし、先に原作を見た方がより楽しめると思います。バーバラの性格やラストの部分にちょっと違いがあって、また地下室のコテに血がついている意味とか、まあそんなマニアックな部分も楽しめるようになりますので。

楽しめる作品です。http://yoisinatansaku.seesaa.net/
投稿者:ミッチェル五郎投稿日:2007-05-06 16:11:52
オリジナル版未見ですが、おもしろかった
投稿者:エイリアン投稿日:2007-01-27 01:40:33
オリジナルは見てないけど、結構面白かった。まあ、最近のゾンビ映画よりはいい。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2007-01-14 02:45:08
【ネタバレ注意】

 
「ゾンビ」→「ドーン・オブ・ザ・デッド」の悲劇と違い、こちらは実に丁寧にリメイクされた良作。わかっている人が作るとこうも違うものかと。

クライマックスの改変も個人的には○。あっさりと無慈悲に終わる前作もいいけど、バーバラが目撃者として、ベンの身に何が起きたか、外で何が行われているかを目撃する今作の方が、前作よりもヘビーさが増している。

ゾンビの描写も丁寧で、背骨が折れても這いずってくるとか、丸焼きになっても迫ってくるとか、地味だけど超リアル。
「ゾンビの眼が曇っている描写」ってこの映画が最初じゃないかな?
生き返ったジュディが近づいてくるシーンとか、本気で怖すぎ。

一本のホラー映画としても相当おもしろいです。おすすめ。

投稿者:ASH投稿日:2005-09-08 19:47:06
【ネタバレ注意】

 意地の悪い言い方をしちゃえば、ただの「カラーコピー」。が、それだけではないテーマが奥に潜んでいることに気付くと、コレがだなぁ。しかし、「死霊創世紀」だなんて、アイアン・メイデンのアルバム・タイトルみてぇだなぁ。

投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-10 23:47:09
ゾンビ物ではかなり好きなほう。
投稿者:やんこら投稿日:2004-04-19 21:48:22
【ネタバレ注意】

もともとベトナム戦争を題材にしている分、ベトナム帰還兵であるサビーニの体験が反映されている本作は、オリジナルよりも強烈なラストが用意されている。(ベトナムでは本当にあんなことがあったのだろうか。)
下の人は争いがあほくさいと言っているが、人間の醜さを描いてきたシリーズだということを考えれば、その部分もオリジナルに勝ると言えるのではないか。

投稿者:メロトロン星人投稿日:2002-12-21 23:30:46
自分はこのリメイク好きじゃありません。ベンとバーバラの扱いがまったく違うのがネック。クーパーとベンの仲たがいの仕方もなんだか子供の喧嘩みたいでみていてあほらしくなってくる。この映画はやはり音楽も含めてオリジナルが一番であると思う。そして、この映画はモノクロであることにも意味があるのだと思う。(なぜに黒澤明がカラー時代に入ってもモノクロ映画にこだわっていたかというのと同じ意味で)しかし、なぜこのようなリメイクを作ったのかも不明。だいたいモノクロ作品や昔の映画をリメイクしたものはそのほとんどが失敗作である事実があるのだし・・・。
投稿者:春夏秋冬投稿日:2002-11-20 19:49:24
通常大作をリメイクするとそれを超えられず凡作になるということが一般的ですがこいつは違います。新たなシーンなども追加していてオリジナル?にひけをとらない面白さ!DVD化望む!
投稿者:まっどぼんば投稿日:2002-02-13 06:16:02
リメイクのお手本みたいな作品。オリジナルを生かしつつ
現代風にうまくアレンジしてる。ガソリンスタンド?の鍵のありかなど
オリジナルでは触れられなかった部分もうまく取り入れてる。
トム・サビニの演出もいい。
【その他のおすすめ】





allcinema SELECTION