allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ナバロンの要塞(1961)

THE GUNS OF NAVARONE

メディア映画
上映時間160分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COL)
初公開年月1961/08/15
ジャンル戦争/アドベンチャー
映倫G
ナバロンの要塞 コレクタブル・エディション(初回生産限定) [Blu-ray]
参考価格:¥ 6,458
価格:¥ 2,560
USED価格:¥ 3,950
amazon.co.jpへ

 Photos
ナバロンの要塞

【解説】
 ギリシャ・ナバロン島に据えつけられた2門の大砲を破壊するため、6人のメンバーからなる特殊部隊が結成された。イギリス駆逐艦がここを通過するまでに、大砲を破壊しなければならない。彼らは、ナバロン島南側の、400フィートもの絶壁に取りつくが……。A・マクリーンの同名冒険小説を映像化。錚々たるキャストと、重厚な演出が実にマッチした文字通りの娯楽大作。J・リー・トンプソンの最高傑作という賛辞は間違ってはいまい。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
14116 8.29
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2015-12-30 11:59:16
以前はよくテレビでも放映されていましたね。
登場する男たちの個性が際立っていて
みんな男前で格好いいです。
今ではもうつくられなくなったスケールの大きな
戦争娯楽映画の代表作かと思います。
最初見たとき実話と思い、どのあたりの場所の話か
興味をもちましたが、架空の地名のようですね。
投稿者:uptail投稿日:2013-11-07 10:08:36
グレゴリー・ペック
投稿者:ベン・ショックリー投稿日:2012-09-26 22:11:26
【ネタバレ注意】

初めてスクリーンで鑑賞。クラシック作品ならではの古臭さは否めないものの、映画は映画館に限るねと実感。少々つまらなくても、大画面、大音響で見ると許せちゃうもんね。続編も見直したくなりました。あ、やっぱフィルムは残してよ。あのザラザラ感と薄暗さは無くしてはいけない!

投稿者:Bill McCreary投稿日:2012-08-21 23:22:16
【ネタバレ注意】

クレジットタイトルを見ていたら、助監督にピーター・イエーツの名前を見かけました。ちょっと驚き。

キャストから考えると、「アラビアのロレンス」はこの映画を意識しているんですかね? アンソニー・クエイル、アンソニー・クインが重複しています。

いろいろとよくできている映画ですが、女の裏切り者を殺すシーンて、あるいは当時の映画界ではかなり大胆というか思い切ったシーンなのかもしれません。http://blog.goo.ne.jp/mccreary

投稿者:scissors投稿日:2012-08-16 08:45:17
「大作」にありがちなテンポの悪さ。
編集が悪く無駄なシーンも多いので、テレビ地上波用にカットされたものを見るほうが評価が高くなりそう。
映像的には屋外シーンもスタジオ撮影だったり、バックが絵や合成だったりで臨場感があまり無い。
お話のほうはかなりマンガ的、御都合的で、特に裏切り者追及のシーンはイイ感じだったのにオチがバカバカしくて白けてしまった。
グレゴリー・ペックのミスキャスト感も。
BDの吹き替えは酷かったので、見るなら字幕がオススメ。
投稿者:o.o投稿日:2010-10-18 02:42:19
1943 年、ケロス島に孤立した 1200 名のイギリス軍兵士達がナチス・ドイツ軍に殲滅されるのは、もはや時間の問題であった。休暇から急きょ呼び出されたマロリー大尉に極秘指令が下される。選び抜かれた精鋭達と共にナバロン島に潜入し、現地の抵抗組織と極秘に接触して、難攻不落の巨大要塞を破壊せよ。今、屈強の男達が、命じた者さえも成功を信じていない無謀なミッションに挑む。

「ぬおお、燃えるぜ!」と、出だしは大いに盛り上がったのですが、結局のところ冷めたピザのような印象が残る映画でした。まず、肝心の要塞爆破作戦の過程が雑で、全体の運びも大雑把な印象を受けます。それに、全体としてやたらと暗い画面が多い。別に明るければよいという訳ではありませんが、どうも好みではありません。一番緊迫したのは、紛れ込んでいた敵側のスパイの処遇を巡る場面でした。なお、自慢するわけではありませんが、というのは嘘で、自慢ですが、自分は最初から何となく怪しいと思っていました。顔で分かります、顔で。嘘ではありません。

しかし何と言っても盛り上がらなかった最大の原因は、「バルセロナのブッチャー」の異名を持つナイフ使いが「もう人は殺したくない」と突然言い出して主人公から信頼を失ったりと、戦争とは言えこんなに人を殺してしまっていいのだろうか、というテーマが底流に流れているということでした。まあそれはそうなんだけど、君達がいるのはフィクションの世界なんだし、そんな風に言うなよとなだめたくなります。そのため、ラストも今一つ無邪気に喜べない気分が残りました。

それでも感心してしまうのは、彼等の葛藤が「敵を殺すこと」であって「自分が死ぬこと」ではないということです。我が邦では、戦争の話と言えば、肯定派否定派を問わず、君は国のために死ねるのかという話ばかりになってしまっている気がします。要するに「自分の命のこと」しか興味がないようなのであって、これは、大東亜戦争における大敗北および死ね死ね教育のおかげで「戦争 = お国のために死ぬこと」という公式がどうしようもなく成り立ってしまっているからではないでしょうか。言うまでもなく、一般の兵士にとって、戦争とはお国のために「死ぬこと」ではなく「敵を殺すこと」です。それをどう受け止めるかはさておき、そのことを前提としてほしいものです。

お気楽に楽しむつもりが、何だかシリアスな考えに行き着いてしまった次第です。
投稿者:gapper投稿日:2010-06-28 22:18:11
 移動に3日も掛かる島なのに上陸が断崖絶壁しかない、戦闘機からの銃撃がマシンガン並みの威力、マシンガンの乱射で真正面以外の敵兵全てにあたるなどおかしな所もあるが男気や戦争に対する不条理に対する怒りをぶちまけながら策略や幸運で痛快に巨大砲の要塞を爆破する。

 敵地潜入物の「祖」というのは知らなかったが、胆の押さえ方が甘い感じがある。
 しかし、これは好みを押し付けないという面でよい方に作用しているかもしれない。

 ラストの巨大砲の破壊シーンも砲が発射されて落胆する場面があっさりしていて、個人的にはもう少し大きく落胆してほしかった。
 アンドレア大佐とマリアの恋愛的交流が中途半端な気がする。
 もう少し、さらりとしているか大きく取り上げるかの方が良かった。

 あとアンナが、もっと美人で同情を感じるタイプにして欲しかった、CCで良かったのでは?解説では、当時は監督を決めるのは俳優の権限で最初の監督は下ろされ、トンプソンに決まって4,5日で撮影が始まったそうだが今では考えられない。

 後日、マッケンナの黄金も撮っていてペックと相性が良い監督だ。
投稿者:にゃんにゃん投稿日:2009-07-05 16:15:18
キャラクターそれぞれの個性も引き立っているし
最初から最後までまったく飽きさせない面白さがある。
投稿者:藤本周平。投稿日:2009-03-04 17:55:24
製作された年を考えると、この映画かなり贅沢な作りだなぁとは思いました。どんどんと展開が変わっていくので全然飽きなく観れましたし、しっかりした娯楽大作として出来ています。ただ、観終わった後はかなり疲れましたけど(汗)
投稿者:Ikeda投稿日:2008-03-08 10:48:20
グレゴリー・ペック、デヴィッド・ニーヴン、アンソニー・クインという三枚看板での戦争映画で、非常に面白い映画です。小舟でケーロス島へ向かい、絶壁をよじ登るシーンから始まる前半は特にスリル満点です。後半に入ると、多少、話を作り過ぎているきらいはありますが、スパイなどを含めて娯楽映画として良く出来ています。
主役三人がベテランなので安心して見ていられますが、面白い事に、この映画はニーヴンが煙草を吸わない唯一の作品だそうです。ギリシャの結婚式が出てきたり、エーゲ海を中心とした風景など、カメラも良いと思いました。また、クインがペックに憎しみを持っていることが絡んでいたり、負傷した少佐のアンソニー・クェイルの処置についての各人の考え方が、ストーリーの展開に味を付けています。
投稿者:travis投稿日:2007-05-03 17:44:14
最初の絶壁に挑むシーンと、ラストの爆破シーンでハラハラさせられる。
G・ペックが演じるマロリー大尉の冷静な判断、アンドレア大尉との関係など登場人物にもなかなか興味がわく
投稿者:bond投稿日:2007-01-05 09:31:49
映画全体に無駄が無く、現代活劇の原点ともいえる傑作でしょう。一見ミスキャストっぽいグレゴリーペックがバッチリ決まっている。他のキャスティングも渋い。いい映画のお手本。
投稿者:マジャール投稿日:2007-01-04 23:50:08
リー・トンプソン監督最高作の評価にたがわぬ大傑作!!!
なんたって危険な任務を負って敵地潜入する男達が、みんなピッカピカの男前なんだから堪りませんね、これは。
そして、本作は、これ以降作られる凡てのアクション映画(敵地潜入モノ、特殊部隊モノ、特命ミッション物、007シリーズ、スパイ・アクション、戦争アクション大作・・)の原型にしてお手本となった、まさに金字塔!
美しいカラー画面(撮影オズワルド・モリス)と、ちょっとエキゾチックなD・ティオムキンのスコアもたっぷり楽しめます。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2006-12-20 02:11:43
残念ながらつまらなかった。
これはリアルタイムじゃないと感じられない映画かもしれない。
投稿者:Tom投稿日:2005-01-31 04:28:27
やっぱり『追いつめられて』だろう。渡米前のイギリス作品のほうが圧倒的にいい。案も上、この映画の次に撮った『恐怖の岬』は失敗作に終わった。
キャストがいいね。サスペンスの領域において敵中突破物というジャンルを作った映画!!
投稿者:00777投稿日:2002-11-26 12:37:51
大型アクション大作の夜明けである。
これ以後、大脱走、大列車作戦が、生まれる。
確かに、大脱走、大列車作戦くれべれば、スピード感が無く
重い演出である。しかし、大作アクションは、(ナバロンの要塞)以前は、ウエスタン、歴史劇 以外だと、
ヒッチコックのサスペンス大作の(北北西に進路を取れ)
ぐらいだろうか?本当の大作アクションを生まれた瞬間、僕はこの作品を
すすめる、得にアンソニークイーンが最高である。ペックはやはりダイコンか?、プロフェッショナルな男の設定の話しには、興味がわくが、
目立つのは爆発専門のニーブンだけとは、ちょおと悲しいが、61年に作った作品と思えば、面白い。http://www.bonoru.com/movie22.htm
投稿者:ISAO投稿日:2002-10-12 15:31:09
アクション映画として観ると、確かに物足りない。ペックは相変わらず大根だし、ニブンは相変わらず情けないし、クインは地そのまま。
しかし、無茶な命令を受けたサラリーマンの話として観ると、しみじみしてなかなか良い。命令を果たしても、疲れただけで、たいしてうれしくもない状況も、よくわかる。
活劇というよりは、悲劇ですね(タイトルバックにもギリシャの神殿のようなものが映る)。
投稿者:のら投稿日:2001-06-21 12:46:19
見てみて、戦争映画じゃないな、とは思いました。
投稿者:のら投稿日:2001-06-20 12:43:02
戦争映画は好きじゃいので好んではみませんが旦那につきあわされて。
それぞれの人を結構じっくり描いてて、楽しめました。
やはり名作といわれるものは
メーンのストーリー、個々のストーリー、人間描写、さまざまなモチーフがうまく絡みあってきれいに昇華していると思います。
投稿者:m1k10投稿日:2001-05-02 02:07:28
欧州戦線の知識に暗いので勉強になる。また、任務を帯びた指揮官の苦悩が良く表れている。G・ペックの無表情にはそういう意味が勿論あるのだろうけど、あまりにも淡々と演技をこなしているのが気になった。時間軸を明確にしてタイムリミットの緊張感を出す映画の草分けかも知れない。爆発やセットのリアルさはさすが。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 作品賞 
 □ 監督賞J・リー・トンプソン 
 □ 脚色賞カール・フォアマン 
 □ 劇・喜劇映画音楽賞ディミトリ・ティオムキン 
 □ 衣装デザイン賞(白黒)Jean Louis 
 ■ 特殊効果賞Bill Warrington視覚
  Vivian C.Greenham聴覚
 □ 音響賞John Cox Shepperton Studio Sound Department
 □ 編集賞Alan Osbiston 
■ 作品賞(ドラマ) 
□ 脚本賞カール・フォアマン 
【ニュース】
名優グレゴリー・ペック逝く2003/06/13
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【Blu-ray】ナバロンの要塞 コレクタブル・エディション <初回生産限定>2016/08/03\5,980amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】「ナバロンの要塞」/「ナバロンの嵐」2015/02/25\2,838amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】「ナバロンの要塞」/「戦場にかける橋」2013/11/20\2,838amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ナバロンの要塞2012/10/03\2,381amazon.co.jpへ
 【Blu-ray】ナバロンの要塞2011/10/26\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】第2次世界大戦コレクタブルDVD-BOX <初回生産限定版>2016/08/03\15,000amazon.co.jpへ
 【DVD】「ナバロンの要塞」/「戦場にかける橋」2015/03/25\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】コロンビア 戦争映画セレクションBOX2014/01/29\16,384amazon.co.jpへ
 【DVD】ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション2011/01/26\1,410amazon.co.jpへ
 【DVD】ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション2010/02/03\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】ナバロンの要塞 デラックス・コレクターズ・エディション2008/01/23\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション2007/07/25\2,848amazon.co.jpへ
 【DVD】3MY BOX 名作2 パック <初回限定生産>2005/12/21\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション2005/12/16\1,886amazon.co.jpへ
 【DVD】SUPERBIT(TM) ナバロンの要塞2005/02/23\4,700amazon.co.jpへ
 【DVD】ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション <2枚目タダ男 祝! アカデミー賞キャンペーン>2005/02/09\3,980amazon.co.jpへ
 【DVD】ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション <期間限定生産>2004/06/23\2,500amazon.co.jpへ
 【DVD】ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション2003/10/22\3,800amazon.co.jpへ
 【DVD】ナバロンの要塞 コレクターズ・エディション <グレゴリー・ペック追悼再発売/期間限定生産>2003/06/24\2,500amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【Blu-ray】ナバロンの要塞レンタル有り
 【DVD】ナバロンの要塞 コレクターズ・エディションレンタル有り
 【VIDEO】ナバロンの要塞レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION