allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ニキータ(1990)

NIKITA

メディア映画
上映時間117分
製作国フランス
公開情報劇場公開(ヘラルド=日本ビクター提供/ヘラルド)
初公開年月1991/01/12
ジャンルアクション/サスペンス/ドラマ
泣き虫の殺し屋、ニキータ。
ニキータ [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,700
価格:¥ 1,996
USED価格:¥ 1,195
amazon.co.jpへ

 Photos
ニキータニキータ

【解説】
 政府の秘密工作員に仕立てられた不良少女、“MY FAIR LADY”ならぬ“MY FEAR LADY”ニキータを描いたスタイリッシュでパワフルな女性アクション映画。長年のパートナー、エリック・セラの音楽と相俟ってL・ベッソンのタイトな演出が冴え渡る逸品だが、死刑宣告を受けた主人公が選択の余地無く組織に入り、訓練を積み重ねていく前半のテンションが特に素晴らしい。ニキータの訓練担当になるT・カリョの存在感も凄いが、精神的にはか弱い女暗殺者を演じきったA・パリロー(元監督の恋人)の存在無しにこの作品は有り得なかっただろう。唐突の様でいて余韻を残すエンディングにも注目。'93年にアメリカで「アサシン」としてリメイク。尚、J・レノ演ずる“掃除屋”はその後、イメージを膨らませて「レオン」として復活する事になる。
<allcinema>
評価
【関連作品】
ニキータ(1990)オリジナル
アサシン(1993)リメイク
ニキータ (シーズン1)(1997)TV版(1997)
NIKITA/ニキータ (シーズン1)(2010〜2011)TV版(2010)
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aレオン (1994)
[002]Aセント・オブ・ウーマン/夢の香り (1992)
[003]Aオープン・ユア・アイズ (1997)
[004]A真実の行方 (1996)
[005]A許されざる者 (1992)
[006]Aミッション:インポッシブル (1996)
[007]Aフェイク (1997)
[008]Aレナードの朝 (1990)
[009]Aシンドラーのリスト (1993)
[010]A八甲田山 (1977)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
24188 7.83
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:流氷一滴投稿日:2017-07-08 13:26:32
凄腕の女工作員のバイオレンス・アクションだと思っていた。
前半は予想どおり。アンヌ・パリローのアクションはすばらしい!
後半、スーパーのレジのお兄ちゃんが出てきてから、話がおかしくなった。あれっ、これってラブロマンスだっけ?
この映画のよさが分からないと言う人は相当ハリウッドボケが進んでいるらしい。
私のことだ!
投稿者:sachi823投稿日:2014-10-05 16:55:24
演出にキレがあり流れに乗ったスタイリッシュな
映像が印象的です。
主人公の殺し屋が格好いいです。
あまり現実味を感じさせない軽さもいいです。
投稿者:ピースケ投稿日:2014-09-23 23:01:05
ニキータ好きだなあ。 リュック・ベッソン作品で1番。
投稿者:緑茶投稿日:2011-10-06 22:18:49
ナイーブな殺し屋というアンビバレントな役柄にアンヌ・パリローがぴったりハマっていて素敵だった。もちろん監督がそのために撮ったような映画だから当然だろう。この頃はリュック・ベッソンという人にだいぶ期待したものだが子供っぽい悪い部分だけ助長されてしまった。この映画もアンヌ・パリローの魅力が8割以上占めていて、普通に見ればただのマンガである。
投稿者:Kircheis投稿日:2011-05-18 14:51:38
【ネタバレ注意】

カメラワークは秀逸だし、アクションのテンポも素晴らしいんだけどニキータのキャラがどうも不安定過ぎて感情移入できない。

最初あっさりと警官殺したり、事情聴取の相手の手を鉛筆で刺したりと豪快なのが普通の女の子になるって…逆なら分かるんだけどね。

まぁ嫌いではない。

投稿者:scissors投稿日:2011-04-01 10:43:54
ビデオ化当初に見てとても気に入った。
今回久々に再見したけれど、やっぱりよく出来ている。
現実味が無く漫画のような話ながらも、ニキータ、マルコ、ボブにきっちり血の通った描写がされているのが良い。
マルコが「いい人」すぎるのはちょっと鼻に付くけどね。

「レオン」もいいがこっちのほうが好き。
投稿者:Normandie投稿日:2011-01-06 01:08:05
は本物だとある知人の銃器オタクが言ってるのもあるが
相当訓練してるのでは?と感じるアンヌ・パリローの魅力爆発。
C・カリョも渋いしJ・モローは一歩引いてもこの存在。J・レノは昔から嫌いです。
リュック・ベッソンもここまでは完璧に生きてましたね・・今は死んでるが。
この映画のよさが分からないと言うヒトは相当ハリウッドボケが進んでるざんす。
投稿者:こじか投稿日:2010-11-23 03:21:43
どうも鼻に付く場面が多かったせいで
登場人物の魅力が伝わってこなかった。
まぁ普通に観れるけど…。
投稿者:BLADE投稿日:2009-05-01 11:07:29
いや、面白いんだけどな。
ラストに行くにしたがって、あの途中でのアクションシーンがなくなり、なんとも唐突な終わり方をしてしまったと思う。
確かに切ないシーンもあり、印象に残るシーンもあるけど、僕もジャン・レノのキャラが好きでない。無能すぎるw
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-09-04 21:17:38
母がずっとTVシリーズの『ニキータ』を見ていて、私も少しずつ鑑賞に付き合っていたけれど、その頃一番感じた事は、TVで二キータを演じていたペータ・ウィルソンが最高にカッコよくて美しかった、ということ。なので先にTVの方を見てしまっていた私には本作でのアンヌ・パリローにまったく魅力を感じず、見事にラストまで楽しめませんでした。なのでリュック・ベッソン作品は基本的に好きなのだけれど、本作だけは残念ながらあまり好きではありません。
投稿者:なちら投稿日:2007-06-27 22:37:25
愛する男に幼い頃の話すらできず、幸せになりきれない姿が切ない。
こっちの「掃除屋」はインパクトがあるけど、猪突猛進すぎてあんまり好きじゃないな。。。
投稿者:黒美君彦投稿日:2007-03-15 15:45:47
リュック・ベッソンは基本的に力強い者が好きだ、と思う。男はもちろんだが、彼は強い女性にも強い執着を見せる。『ジャンヌ・ダルク』(99年)や『アンジェラ』(05年)の例を挙げるまでもない。
彼の代表作のひとつに挙げられるこの作品。一歩間違えれば、単に荒唐無稽なアクション映画に陥ってしまいそうなところを、アンヌ・パリローのストイックな演技が救っている。中性的なヒロインが、知性と人間性を得た特殊工作員になってから「女性」へと変貌していくその過程は十分魅力的だ。
ハリウッドを中心としたその後のリュック・ベッソンの作品は、そうした踏みとどまる部分を排除し、ひたすら「荒唐無稽」を追求しているかのようにみえる。それはそれでかまわないが、彼の持ち味は結局そこにしかなかったということか。
さて、この作品については言い尽くされているように思う。諸手を挙げて傑作だ、とも思わないが、十分楽しめる作品に仕上がっているように思う。
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2006-09-08 12:03:01
ベッソン作品もここまでは本当に素晴らしい。
いかにもフランスという感じが随所にあり、これまたいい。
仰々しくなく、シャレているが、いやらしくない。
ジャン・レノには笑った。
この役どころを作るあたりもなかなかシャレている。
投稿者:藤本周平。投稿日:2006-01-19 22:23:36
好きです。キャッチコピーいいね。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2006-01-02 17:46:42
ニキータ、レオン完全版の順で観たなぁ(一昨年くらいか?)、アサシンはその後に…
(ジャンヌダルク、トランスポーターもまだコメントしてないけどね)
夜の映像〜そして豪華なレストラン〜カメラは実に美しい。後半の光と影がまた素晴らしい。これぞムービーって感じかな。〜ストーリーも申し分なし。…リメイクが存在するしね。
あの無茶苦茶キャラ“掃除屋”がレオン?…オールドムァンに贈り物を届ける彼とは別人なような?…そして2人の男はとんでもない爆弾を懐かしむのであった…
むっちゃTVドラマっぽいカメラで怪しさは満点だが、香港電影の“BLACK CAT/黒い女豹”も結構好きだったりする…ちょっとした仕掛けも有り。

※アサシン観ました。まぁあれはあれで。
投稿者:アリー☆投稿日:2005-12-11 16:58:12
【ネタバレ注意】

アサシン、レオン、ニキータの順番で見ました。
レオンはとても大好きですが、ここではおいておいて、
アサシンとニキータ。これは、どちらもそれぞれいい面、悪い面ありますが、自分的にはアサシンが好きです。
アサシンでは、まず、彼女が訓練して変わっていく姿がきちんとわかる。外見もとてもきれいに返信。
名前忘れたけど、ボブ?だかがニキータを愛している、と伺えるのはこっちが上。
ニキータは男との出会いも、こっちから誘うところとか、出会いが急展開すぎて気に食わない。
最後、男が彼女が暗殺者だってことを知ってしまったという設定はいや。なぞのままでいてほしい。よしんば、知ったところで、「かわいそうに、利用されて」なんていえるわけないし。
確かに、ハリウッドはハッピーエンドで脚色しすぎな傾向はあるけど、リメイクだけあって、前作を超えた深みがあるきがする。

と、いうことで、アサシンをみてからのニキータには、少し物足りなさを感じた。

投稿者:irony投稿日:2005-09-01 20:11:03
 アンヌがダメだね。下手すぎ...
撃たれた足すら引きずる演技出来ないし、訓練受けた後も受ける前と何ら変化無し。蓮っ葉な印象しかない。「アサシン」のジェーンの方がいい演技してると思う。只ラストはニキ−タの方が好みだけど。
投稿者:たけわりマン投稿日:2005-08-17 08:12:41
【ネタバレ注意】

『あなたへの手紙は破らさせてもらった』
「文面は?」
『・・・・・』
「・・・お互い寂しくなるな」

余韻を残すラストがたまらない。
ハリウッド映画ばかり見ていると、これがダメなんだろうな。
ベッソン自身もハリウッドに毒されてセンスを失くしてしまった・・・。

投稿者:william投稿日:2005-05-12 02:27:43
アンヌ・パリローは全然美人じゃないけど、役者としてすごく強烈なインパクトを残してくれた。特に殺し屋としての暴力性の裏側に、女性としての繊細さを潜めた演技は抜群に素晴らしかった。あとあっさりとしたラストシーンもフランス映画の血筋をしっかりと受け継いでいる感じ。ベッソン作品が最もアーティスティックだった時代の名作。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-07 21:34:57
私的ベスト・ベッソン。
投稿者:mongoose投稿日:2005-02-17 17:03:58
【ネタバレ注意】

何とも「カッコイイ」引き締まった映画で、さすがR.ベッソン、最高のエンタテインメントと言いたいところなんだけど、結末の甘さが雑で残念。大体こういった世界では嫌になったから逃げ出して身を隠すなんてことが絶対に不可能のはず、あっという間に見つけ出され消される、秘密を知った恋人も問答無用でひねりつぶされる。この点リメイクの「アサッシン」の終わり方ほうが納得できますね。

投稿者:ジョジョ投稿日:2004-07-22 00:47:42
人体に塩酸をかけたらどうなるか?わかりそうなものですが、あのシーンが頭に焼き付いて・・・
まず訓練で最初に興味を持ったのが化粧なのがよいですね。そして初めて食事に誘われて、渡されたプレゼントがデザートイーグル。スーパーマーケットでは先を行く女性を真似て品物を買い、その後の同棲に至るまでの過程も自然で、彼氏にばれないようにライフルを組み立て、狙撃。
実に繊細に描きつつも、ハリウッド流の銃撃戦もしっかりしていて(そのせいで多少ツッコミどころはありますが)、面白いです。
あの時間帯にジャン・レノが出てくるというのが驚きでした。予備知識を入れなくてよかった。
投稿者:民生1973投稿日:2004-07-11 01:15:10
「ヨーロッパの作品=小難しい。アンチ・エンターテイメント」という固定観念を打ち破ってくれた、(個人的には)記念碑的な作品。
この映画と出会わなかったら、「洋画=ハリウッド映画」という等式が今でも僕の中に成り立っていたかも知れない。
投稿者:さち投稿日:2004-06-14 06:13:57
フランスならではのこのセンス
フランス映画にはまったきっかけになった作品
何度みてもおしゃれ
投稿者:団地妻投稿日:2003-07-10 22:52:16
公開当時はまった。とても好きな映画でした。まねして髪もショートにした(当時ワンレンがはやっていたので、反発もあったし)。でも最近見直してみるととても古くさく感じてしまった。ヒロインが野暮ったく見えてしまう。なぜかはわからないけど。
投稿者:Stingr@y投稿日:2003-07-05 18:41:31
ヤクで脳味噌スポンジ状態,ヒステリーで情緒不安定,そんな「おばさん」殺し屋を観ても面白くない。泣いても「おばさん」は「おばさん」で,かわいくもないし魅力もない。まあ,少なくともリュック・ベッソンだけは魅力を感じてたようだが……。
投稿者:00777投稿日:2002-12-26 18:46:39
ベンソンは、どこかパルマに似ている。
映像では無く、作品の持つ奇妙さ
ニキータ、レオン、どちらも面白いが、どこか不完全
凝った映像、パンチのある暴力、なぜか退屈なシーンの連続
これは、かってパルマの
キャリー、フュリー、を見た時と同じ感覚である。
今後、パルマの様な、完成品映画、アンタチャブルを作れるか
まだ、答えは出ていないが、非常に気になる監督である。
それでも、ベンソンの最高傑作は、いまだに(グレートブルー)
パルマは、(ファントムオブパラダイス)の様に、初期作品の方が
断然、面白い。http://www.bonoru.com/movie22.htm
投稿者:デジゴン投稿日:2002-12-04 01:27:15
広瀬隆著「クラウゼビッツの暗号文」のなかに出てくる、情報部員ソビエトKGBの養成学校と卒業試験を思い出した。拷問の試験である。卒業後の休暇先で捕まえられ、秘密漏洩か死を選択される(もちろん捕まえるのはKGB組織)。恋人・家族あらゆるゆさぶりをかけ、自白せず死を選んだ者のみ合格する・・・冷戦崩壊後の映画だから映画化可能なのかは考えすぎか?わからないが、リアルな展開に思わず引き込まれた。これでも現実のすさまじさからすればきれいなものである。
この映画では、逆に卒業から情報部員の育成が始まる。どのような教育も世間から見捨てられた人間にとっては蘇生となり、人間性を取り戻していくものなのかもしれない。しかし、まともな人間になって人を愛する事を知る二キータ。任務が重圧となる、その涙が全てを語っている。二人の愛をも振り切って行く先には何が待っているのか。(ふと現実に戻った・・・)
ハッピーエンドで終わらない典型的なフランス映画でもあり、なんともいえない余韻が残る。殺人を否定している事は伝わってくる、現実社会の矛盾でもある。つい最近、新聞のコラムに、日本の子供向けの絵本には子供への影響を考慮してか原作とちがう物が多いという。たとえば3匹のこぶたは、最後におおかみを食べるが、日本では省かれているそうだ。悪いことをすればどうなるか子供にとってはつらいが、免疫を作っておく必要があると書いてあった。この映画でも感ずるが、(学校教育と違う教育とでもいうか、しかし本当の人間教育なのでは?)いたみを知らずに育つと、大人になってから大変だなー!と自省もこめて思った。
恐れ多くも、特に中学・高校の先生が見るといいなあ、と思ったりもする。8〜9年前に初めて見てから、もう何度も見ているが、音楽も抜群にいいし、私は何度見てもあきない。
投稿者:sonic投稿日:2002-04-29 02:11:42
特に理由はないんだが結構好きだ。心理面では重苦しい描写もあるのだが、乾いた感じの雰囲気が良い。なんとなくだが、ハリウッド映画とは別の良さを感じる。
投稿者:garp投稿日:2002-04-28 20:11:34
終わり方がいいでしょ。へっ?これで終わり?っていう。
一瞬、そう思うんだけど、これで良いんだよね、二キータは。
語っちゃうと、クサくなるんだよね。
初めての殺しの後、雨の中を走るシーンがいいな。
アメリカでリメイクした「アサシン」って映画があるけど、目も当てられないヒドい出来。
作り方一つで、これだけ変わるという、良い見本。
投稿者:dadada投稿日:2002-02-18 21:06:47
初見の時、これは「スケバン刑事」だ!と思った。お国が違うと、こうもカッコよく撮れるもんなんだと感心した。劇画チックな物語をパワフルでそれなりにありそな話に見せる映画。レストランでの初仕事のエピソードまでは、テンポもいいし音楽もカッコよくてノリノリのニヤニヤ。
投稿者:zula投稿日:2001-11-14 01:51:17
 全然スキ!物語はともかくとてもおんなしひとが創ったとはおもえんくらい、とにかくこんなユニ−クな監督さんは好きさ!パリってやっぱ良いよね。ス−パーのシーンなんて超ツボだもん。そんなんありっすか?ってな展開で実にもってかれたよ。きらいなひとと別れるもんすね。レオンとは別モンっしょ。おとなになればなるほど、みるたび飽きがくるけど、ニキータは風情があって良し!
投稿者:JJ投稿日:2001-11-08 13:26:29
ストーリーは、面白かったのだが、「レオン」を先に見ていたせいか、あまりピンとこなかった。「レオン」の方が断然好き。とくに、あの唐突なエンディングは、やっぱりフランス映画。グラン・ブルー同様、スッキリしなくて苦手。主役のニキータが、どうも不良少女のわりに老けてる気がして、少女っぽさがなかったし、変身後もあまり美しいとも思えなかったこともあって、それほどの魅力を感じなかった。
投稿者:coco投稿日:2001-09-25 18:54:46
レオンとそんなに変わらない
とことんハリウッド風アメリカ映画
それならレオンの方がマシでちゅよ
投稿者:じゅんこ☆投稿日:2001-08-10 22:41:44
リュック・ベンソンの、独特の雰囲気が、あって、いいね!
投稿者:ゆきぼー投稿日:2001-08-09 04:17:56
おとぎ話 ってのいいですね。
納得。同意。
投稿者:seiji投稿日:2001-08-06 16:06:13
実は「レオン」よりこっちが好き。
池と蛙の話、パリローの泣き顔、乾いたライフルの組み立て音、・・・
最高のおとぎ話。
http://www5b.biglobe.ne.jp/~movie
投稿者:一番すき投稿日:2000-05-13 17:57:11
この映画を見てリュック・ベッソン監督が好きになり、まめまめしくベッソンの作品を見ましたが、いまだに私の中では癸韻任后もう10年近く経ってますがいろんなシーンが鮮明に残っています。この映画の何が一番いいんだろうと考えたのですが、やっぱり主役のニキータでしょう!強いのに弱い、繊細なところ。
もう一回見たいなと思っているのですが、なかなか実行に移せません。自分の中で美化しすぎていそうで。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 外国語映画賞 フランス
□ 外国作品賞 
■ 主演女優賞アンヌ・パリロー 
【レンタル】
 【Blu-ray】ニキータレンタル有り
 【DVD】二キータレンタル有り
 【DVD】ニキータレンタル有り
 【VIDEO】ニキータレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION