allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

肉体と悪魔(1926)

FLESH AND THE DEVIL

メディア映画
上映時間90分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(劇場公開)
初公開年月1929/03/
リバイバル→ヘラルド-81.10
ジャンルロマンス/ドラマ
シネマ語り
~ナレーションで楽しむサイレント映画~
肉体と悪魔 [DVD]
参考価格:¥ 2,160
価格:¥ 1,093
USED価格:¥ 3,542
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
317 5.67
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:william投稿日:2010-06-29 00:26:28
グレタ・ガルボの恐ろしいまでの妖艶さを堪能せよ。
投稿者:クリモフ投稿日:2009-06-18 22:40:45
ラディゲのやつと関係があると思ったら、あちらは「肉体の悪魔」まったく違う話なのね。さてこの映画、グレタ・ガルボ目当てで観たのですが、その部分では大当たり。ガルボさん、ただ事ではないです。当時22歳なんて信じられん。妖気がありますなぁ、そりゃ一目ぼれしますよ。今の(特に日本)幼けりゃ良いみたいな風潮やめてほしいなぁ。
話はもうよくあるもので、特に面白くないし現代ではなかなか良さはわかりづらいです。撮り方にしても、ダンスを拒まれた少年の表情や文字が浮き出る等サイレントならではの演出が見られるものの、時代を超えることはできず笑いを誘ってしまっています。トーキー前夜でいろいろ迷いがあったのか。まぁサクサク進む話とあいまって退屈はしませんでした。
他のキャストもなかなか好演ですが、やっぱりグレタ・ガルボの映画でしょう。彼女の魅力にプラス1
投稿者:uptail投稿日:2009-05-22 13:34:48
グレタ・ガルボ
投稿者:gapper投稿日:2009-01-18 17:20:08
 この作品だと、ガルボの魅力ばかり強調されるが、クレッティング(ラルス・ハンソン)の妹のヘルタ(バーバラ・ケント)の存在も無視できない。純粋無垢な彼女の存在が、ガルボと上手い対比となっている。ラストは安易な感じだが、それまでは友情とそれに割って入ることになるガルボとの絡みが飽きさせない。 神父は酒を飲むは、すごいパイプでタバコを吸うは、しかもレオ(ジョン・ギルバート)に対する説教は完全に脅しで、神父らしくない。また合成も、ガルボの顔は良いとしても文字が汽車の車輪も上を瞬くというのは、ちょっと変だった。 ガルボのファッションやレオの外人部隊から帰ってガルボと会うシーンでのノーネクタイの廃れた感じなど、多くの退廃的な恋愛ものの手本となっているだろう。トーキーの方がもっと良かったと思う。
投稿者:さと投稿日:2007-09-22 23:58:08
サイレントにして、一度も寝ずに見れた作品のうちの一つです。コミカルでもあり一見の価値はあります。お勧め!
投稿者:Ikeda投稿日:2007-01-17 11:34:45
人妻であるガルボが、ジョン・ギルバートとその親友であるラルス・ハンソンを次々誘惑するという妖女を演じて、彼女の名前を世界的に有名にしたという映画です。MGMがクラレンス・ブラウンを起用して、ガルボをフィーチュアーすることに成功しています。それだけにガルボのアップが頻繁に出過ぎる傾向がありますが、ガルボとギルバートのラブシーンが綺麗で、その後のアメリカ映画に影響を与えたと思います。
冒頭からしばらくは、かなりコミカルな演出が続きますが、段々愛欲の雰囲気が出てきて、途中に牧師(ジョージ・フォーセット)がギルバートに意見をする所などはズーデルマンの原作らしいです。そして、いかにもハリウッド映画らしいエンディングにはクラレンス・ブラウンらしさが出ています。
投稿者:ミュジドラ投稿日:2006-05-27 20:19:53
 ガルボの妖艶さはただごとではない。10歳あまり年上のギルバート相手に、貫禄たっぷりに有閑マダムを演じているのだから恐れ入る。22歳には到底見えない。ラストの氷中に落ちるシーンも凄絶だった。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 新規登録作品 
【ソフト】
【レンタル】
 【DVD】肉体と悪魔レンタル有り
 【VIDEO】肉体と悪魔レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION