allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

愛と憎しみの伝説<未>(1981)

MOMMIE DEAREST

メディア映画
上映時間129分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・CXで放映
ジャンルドラマ
愛と憎しみの伝説 [DVD]
参考価格:¥ 1,543
価格:¥ 899
USED価格:¥ 500
amazon.co.jpへ

【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2015-12-19 10:39:22
ジョーン・クロフォード(F・ダナウェイ)と養女クリスティーナ(D・スカーウィッド)の間に親子の愛情はなかったと思う。子供の頃、あんな虐待を受けたら、心の底には憎しみが残るだろうね。ジョーンがクリスティーナの髪を切るシーンやハンガーで叩くシーンなんかは、見ているだけでも気分が悪くなる。あと、F・ダナウェイの顔芸?や演技がオーバーアクトに見えた。
投稿者:hayate9投稿日:2015-09-22 16:32:54
【ネタバレ注意】

養女の首を絞めた時に第三者が止めに入ったり、養女がいない時の描写(ペプシ社のシーンとか)でも異常だったので、全てが嘘ではないと思います。
ただ、養女も度々帰ってきているので女優が養母であることが得であったり、それなりに幸せだったのでは?
財産は2人以外の養子には残していたのでしょうかね?

投稿者:カール犬投稿日:2014-12-19 12:38:25
この作品のフェイ・ダナウェイはすごい。

かつての大スターが、養子を虐待するってヘビーな内容を
一瞬にしてお笑いに変えてしまうというミラクルわざを披露。

見事ラジー賞GET!

ハリウッドスターが自分の母性や博愛ぶりアピール込みで、
養子をもらったりするのは今に始まったことじゃないけど、
結局子どもはストレスの元かもしくはその捌け口にしかならないって展開。

でもいくらジョークかホラーのようなデキでも、
ジョーン・クロフォードが反論するすべもないというアンフェアー。
彼女の死後すぐにこんな暴露本書いた養女も含め何ひとつ気に入らないね。

相続者リストから外されるほどこじれた関係だったのなら
当然ジョーン・クロフォードにだってそれなりの言い分があったっだろうよ。
投稿者:ASH投稿日:2014-02-11 13:34:54
【ネタバレ注意】

 オンデマンドDVDにて鑑賞!! その昔、深夜放映で観たときものすごい形相のオババが針金ハンガーで子供をビシバシと叩くシーンを目にして、「あ、コレ、ヤバい」と思い中断して以来、遂に全編を鑑賞!! そん時はクローフォードの養女が書いた回顧録の映画化なんてことは一切、知らんかったが、もしこれが真実だとしたら、トンデモねぇ話だよな。

 直近のコメントから約12年、まさに幻の映画!! ジャンルは「ドラマ」としか表記されていないけど、正しくは「ドラマ/伝記/ホラー/コメディ」だね。

投稿者:4531731投稿日:2002-06-28 00:57:50
 「知られぬ人」や「トランプ、トランプ、トランプ」でのジョーンに魅せられた俺は、実は、高度な笑いも理解してるんです、ってところを彼女が見せてくれた「血だらけの惨劇」や「何がジェーンに〜」での仕事も評価している。でも、実生活までもがあんなに強度な笑い(つまり破滅的)に溢れてるとは思わなかった。
 もっと彼女が好きになりましたね、美人の末路はこうでないと。非常に魅了される。もちろん見てる分には、ですが。
 特に「ハンガーを使うな」とワメきながら子供を折檻する名ギャグは、何やら前時代的で印象に残る。フェイ・ダナウェイ、一世一代の名演。コワい…。そのまま「死霊のはらわた(ヘンリエッタの代役)」に出演、OK!
 そう言えば、ニューヨークロックの重鎮、ブルー・オイスター・カルトがかつて「墓場から甦ったジョーン・クロフォード」なんて歌を(もちろん愛情を込めて)歌ってた、が。多分、ジョーンはヤツラにとってゴジラと同等なんだろう。別に間違ってない。
投稿者:ぴかりん投稿日:2002-03-18 10:37:00
まあまあ、面白かったかなって思ってたら、な、なんとこんなにラジー賞にノミネート&受賞されていたとは!!おっどろきました。
確かに、フェイ・ダナウェイの眉毛は凄かった・・・。(笑)
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ ワースト作品賞 
 ■ ワースト主演女優賞フェイ・ダナウェイ 
 □ ワースト監督賞フランク・ペリー 
 ■ ワースト助演男優賞スティーヴ・フォレスト 
 ■ ワースト助演女優賞ダイアナ・スカーウィッド 
  ルターニャ・アルダ 
  マラ・ホーベル 
 ■ ワースト脚本賞ロバート・ゲッチェル 
  フランク・ヤブランス 
  フランク・ペリー 
  トレイシー・ホッチナー 
 □ ワースト新人賞マラ・ホーベル 
■ この10年ワースト作品賞 
 □ この10年ワースト新人賞ダイアナ・スカーウィッド 
□ この25年のワースト・ドラマ作品賞 
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】愛と憎しみの伝説2015/06/10\1,429amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION