allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

2300年未来への旅(1976)

LOGAN'S RUN

メディア映画
上映時間118分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM=CIC)
初公開年月1977/04/16
ジャンルSF/ドラマ
恐るべき変貌をとげた地球文明! そこには「人類の生命」までもコントロールする 戦慄と衝撃の世界があった!
「2001年宇宙の旅」から8年-- MGM映画が再び未来の謎に挑む 今世紀最高のSF大スペクタクル巨篇!
2300年未来への旅 [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,500
価格:¥ 982
USED価格:¥ 2,160
amazon.co.jpへ

【解説】
 西暦2274年の未来社会。そこは、増えすぎた人口を抑制するため、30歳になると人為的に抹殺される恐怖の管理社会だった。コロニーからの脱走者の取締官ローガンは、一人の女性脱走者と知り合ったことから、コンピュータによる管理に疑問を抱くようになる。やがて彼は、人間の本来の姿を求めて、コロニーからの脱走を試みるが……。W・F・ノーランの原作を基に、アンチ・ユートピアをテーマにした未来SFドラマ。薄っぺらなドラマと、チャチな特撮が興を殺ぐ。後にTVシリーズ「未知への逃亡者/ローガンズ・ラン」となる。
<allcinema>
評価
【関連作品】
未知への逃亡者/ローガンズ・ラン(1977〜1978)TV版
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
528 5.60
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:sachi823投稿日:2015-03-08 08:42:35
SF映画は好きですが、近未来の管理社会を舞台にした作品は、
同じような設定で雰囲気も同様なものが多く
あまり面白くありません。
奇妙な儀式や露出度の高い服も度々見たように思います。
子役の頃から活躍しているジェニー・アガターは
なかなか魅力的です。
投稿者:uptail投稿日:2012-04-23 12:48:07
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:ジョー樋口2世投稿日:2006-01-13 13:25:12
ユアンとスカーレットヨハンソンの「アイランド」は
この映画と筋がまったく同じだ。
違うとすればジェニーアガターは脱ぐ、
ヨハンソンは脱がないというだけだ。
俺は「2001年宇宙の旅」より冗談抜きで
こっちのほうが名作と思う。
投稿者:wao投稿日:2004-07-27 02:54:18
どちらかというと,この映画より,「ローガンズ・ラン」という,日テレ深夜枠で放送されていたテレビ・シリーズに愛着があります。グレゴリー・ハリスンとヘザー・メンジーズ,それに「遊星からの物体X」のドナルド・モファットが加わった,このシリーズは,毎週夢中になって見てました。映画本編は,故人となった巨匠・ゴールドスミスのスコアが素晴らしいです。こちらは,同じMGMの「コーマ」とのタイアップで,サントラもリリース(輸入版)されてます。
投稿者:Zen-zen投稿日:2002-11-02 19:27:47
個人的にこの作品は、チープな特撮と薄っぺらな物語(褒め言葉)で一部の愛好者にのみ愛されてきたSF映画というジャンルが「スター・ウォーズ」の出現によって大きく変化する、その直前の、見かけは大作風だが中味はペラペラという正しいSF映画の伝統を正しく継承した最後の作品(監督がマイケル・アンダーソンで特撮監督がL・B・アボットだなんて、こんな組み合わせがその後あろうか?)、ターニングポイントとしてSF映画史上に記録されるべき大事な作品だと思っている。

この作品で描かれる未来都市の姿こそ、かつてのSF少年少女たちが想像した未来そのものではないか。そう、どこか手塚治虫の描く未来都市のような。

映画としてひどい出来なのは十分認めた上で、なお愛さずにはいられない。そんな愛すべき稚気(たとえ製作者がそれを目論んだのではないにせよ)を持った作品。

因みに、音楽のジェリー・ゴールドスミスの自選・指揮によるSF映画の音楽ばかりを集めたCDにこの映画から二曲収録されているということは、彼にとって自信作、愛着のある作品だったのだろう。確かに音楽は素晴らしい。
投稿者:falcon投稿日:2002-09-19 04:52:41
70年代のSF映画の邦題って「あ、この映画面白そう」と感じさせられる
センスの良いものが多い。この映画もそう。ストーリーは完璧に管理
された未来を描いたもの。SF好きならオススメ。

しかし、最近の邦題のセンスのなさはまったく嘆かわしい。きっと、コレ
今の時代でリメークしたら「ローガンズ・ラン」そのままじゃなかろうか。

投稿者:ASH投稿日:2002-06-13 01:16:16
【ネタバレ注意】

 サンドマン(逃亡者を取り締まる警察のような組織)として体制側に就いていた青年、ローガンが自分が従事していた管理社会の矛盾に気付き、デート・プログラムで出会った反乱者の美しい女性、ジェシカと共に逃走を試みる。SF大作のように謳われているが、実際は全編にB級テイストが漂っていて、そこがたまらない魅力になっている。スコアを担当したジェリー・ゴールドスミスも作品のトーンに合わせてか、シンセサイザーを使った未来的(?)なスコアを提供している。これがまた効果的なんだわ。

 ローガンとジェシカは彼らを追うサンドマンを振り切って、廃墟となったワシントンDCへたどり着く。そこで彼らは世捨て人のように暮らす老人と出会い、人間は30歳よりも長く生きられることを知り、この老人と共に30歳を迎えると抹殺される儀式を止めさせようとドームシティへと戻る。

 とまあ、SF映画によくある「管理社会からの逃走」もののひとつです。完璧に管理された社会が、本来の人間性を失わせていることを知った主人公が逃走を企てるという。人口調整のため、人は30歳を過ぎたら抹殺されるという設定は怖い。これを再生の儀式として人々は無条件に受け入れているのだ。人生たかが30年では、何も経験出来ないと思うよ。で、思い出したのが「Don't Trust Over 30」というスローガンだ。

 ジェシカを演じたジェニーは一瞬だけ無駄なヌードを披露。いや、彼女が出ているだけでこの映画には充分価値があるのだ。ファラ・フォーセットは整形外科医の助手役なのだが、アーパーな魅力が炸裂していてこれまた可愛い。後の「チャーリーズ・エンジェル」の時のファラとは違うのだ。

【My Cult Movie】

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 撮影賞アーネスト・ラズロ 
 □ 美術監督・装置Dale Hennesy美術
  Robert DeVestel装置
 ■ 特別業績賞(視覚効果)Glen Robinson 
  Matthew Yuricich 
  L・B・アボット 
【レンタル】
 【Blu-ray】2300年未来への旅レンタル有り
 【DVD】2300年未来への旅レンタル有り
 【VIDEO】2300年未来への旅レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION