allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

2000人の狂人<未>(1964)

TWO THOUSAND MANIACS!
2000 MANIACS

マニアック2000(ビデオ再発売時)

メディア映画
上映時間88分
製作国アメリカ
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルホラー
ハーシェル・ゴードン・ルイス ブルーレイBOX [Blu-ray]
参考価格:¥ 21,600
価格:¥ 26,049
USED価格:¥ 29,500
amazon.co.jpへ

【解説】
 誕生百周年を祝うからと、車に乗った旅行者6人を無理やり泊めて歓迎する南部の小さな町。だが、早速その晩のバーベキューには、旅行者の女性の腕がぐるぐる焚火でグリルされているという寸法。そのバイオレンスへの転換にかなりムチャがあり、そこがH・G・ルイスの面目躍如たる所で、病的な恐怖を漂わせている。実は敵さんが祝っている、否、呪っているのは“南北戦争終結百周年”なんでして、この町は百年前に北軍の大虐殺で全滅した忌しい歴史があり、とすると旅行者に罠をかけた、あの2000人もの町民はいったい……? ルイスはテーマソング(三人組のマウンテン・ミュージックのグループが画面でも演奏)まで作曲するマルチ・タレントぶりを発揮。思わず観せられてしまうヨタ映画です。
<allcinema>
評価
【関連作品】
2000人の狂人(1964)オリジナル
2001人の狂宴(2005)リメイク
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
430 7.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:68生男投稿日:2018-08-17 02:46:03
「ヨタ映画です。」などと書いている解説は「ヨタ解説」に違いないので参考にならない。「魅せられてしまう」も本気か皮肉かわからん。たぶんふつうは魅せられないだろう。ハマる人にはハマる映画だとは思う。
面白くないわけではないが、無人島に持っていくと考えたら、1000本の中にも入れられない。でもホラーに絞れば100本には入るかもしれない。その位の感じがする。
無粋かもしれないが、そんな書き方がしたくなった。ヨタ解説のせいかもしれない。
投稿者:4531731投稿日:2008-10-29 02:31:06
一見して、その底の浅いいかがわしさ、安っぽさ、間に合わせ感がすごい。
ハーシェル・ゴードン・ルイスは作家というよりは実業家なので
その即物的で大量消費的な性や恐怖演出がいかにもコカコーラ社やマクドナルド社ぽくて
作品、というよりは製品に近い性質を持っている。
H・G・ルイスの殺人シーンはいつも異様だが、べつに殺人には興味が無いという
スタンスが逆にあの異様な殺人シーンの数々を生んでいるといえる。
「オレは別に殺人は好きじゃないが、若者たちが求めてるからしようがないのさ。需要があるから
オレは殺人映画を作るだけのことさ」ということでしょう。

今回の作品はそれでも、中味はいつもよりは向上しており、一抹の悲哀を感じます。
南北戦争で皆殺しにされた南部の村が舞台になるのだ。
これはいい素材だと思うし、もっとマジメにやれば名作になったはずだが、
「名作なんか関係ねえ」という感じであつさり終わります。もっと余韻を大事にしてもいいんじゃないかと思うが。
ざっと見たところ、かの名作「悪魔のいけにえ」に影響を与えている気がする。
ルイスのふまじめなやり方に疑問を抱いたトビー・フーパーがあるべき「2000人の狂人」を作ったら
「悪魔のいけにえ」が完成した、という真相があったかないのかは誰も知らない…
でも、何人かのキャラや筋は似ているのは確かだ。
投稿者:bond投稿日:2008-03-23 16:50:07
【ネタバレ注意】

南北戦争の仕返しするのが何故6人限定なのか、でもって皆幽霊だったって事?明るく軽くスプラッター。

投稿者:ファルド投稿日:2008-03-15 10:18:19
残忍な殺人ゲームが行われるのだが、そのわりには笑いが絶えなく、何とも明るい雰囲気がある映画。エグい描写もそれなりにあるが、どちらかと言えば、ホラー・コメディのような印象を受けましたね。
投稿者:コハダ投稿日:2007-10-27 01:34:39
ああ、見ている間に私の脳みそが溶けて、どんどん頭が悪くなっていく‥この自堕落な愉悦こそ、誰にもマネできないルイスの魅力。
孤高の怪作群のなかでも、一番とっつきやすい作品だと思います。
投稿者:Henenlotter1138投稿日:2007-09-23 00:32:12
とにかく、白昼堂々と集団で、異常なほどに笑いながら惨殺するのが画的に観て申し分ない。
また、ことを終えた後のあの微妙な虚しさがたまらないし、馬鹿みたいに明るいカントリーミュージックも良い。スプラッターの傑作でしょう。


投稿者:フェニックス投稿日:2007-04-17 22:26:30
祭りの最中ということでか、明るく楽しく残酷に人殺しをする亡霊たち。
それも怖いが、殺した後、憑き物が落ちたみたいに沈んだ表情になるのも怖い。
本当は何もない荒れ地に大掛かりな祭りのセッティングをする亡霊たちはすごい。
でもラストで逃げ出す主人公を追う車も亡霊なのか?
投稿者:さとせ投稿日:2005-12-08 22:50:19
H・G・ルイス監督の最高傑作!
昔、にっかつから出ていたビデオとLDで見た時は衝撃的であった。
数年前にDVDがキングよりデジタルマスター化して発売。最高の画質で何と、監督のコメンタリー付きという素晴らしい仕様であった。キング万歳!
惜しむらくはDVDは冒頭の音楽が1秒切れていること。完全版であるビデオとLDが手放せない。
未公開映画の最高傑作と呼びたい!!
投稿者:やすのり投稿日:2005-10-23 01:27:16
南北戦争の時に北軍に殺された町民の亡霊たちが、北部出身者に復讐する話。町をあげての盛大なお祭りで北部からの旅行者たちをゲストとして手の込んだゲームに強制参加させて殺していくという暗い話なのだが、何故か全編にわたって能天気で明るい雰囲気が漂っており、かえって不気味。
そこまで誉めれた内容と出来ではないが、作られた年代、そして何より監督が誰であるかを考えれば上々の出来ではないでしょうか?
【レンタル】
 【DVD】ハーシェル・ゴードン・ルイス 2000人の狂人レンタル有り
 【DVD】マニアック2000レンタル有り
 【VIDEO】マニアック2000レンタル有り
 【VIDEO】2000人の狂人レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION