allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ネバーセイ・ネバーアゲイン(1983)

NEVER SAY NEVER AGAIN

メディア映画
上映時間133分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(松竹富士=ヘラルド)
初公開年月1983/12/
ジャンルアクション/サスペンス
ネバーセイ・ネバーアゲイン [Blu-ray]
参考価格:¥ 2,571
価格:¥ 1,409
USED価格:¥ 975
amazon.co.jpへ

 Photos
ネバーセイ・ネバーアゲイン

【解説】
 犯罪組織スペクターによるNATOの核ミサイル強奪事件が発生。特命を受けたジェームズ・ボンドはバハマに急行し、スペクター幹部・ラルゴの愛人との接触を図るが、そこにはスペクターの罠が待ちかまえていた……。「007/サンダーボール作戦」をアメリカ映画界がリメイク。本家のシリーズが元気のなくなっていた頃だけに、「007/ダイヤモンドは永遠に」以来12年ぶりにジェームズ・ボンドを演じるS・コネリーの颯爽とした芝居が心地よい。だが、作品としてはかなり大味、核ミサイルをめぐるストーリーも意表を突くものではない。
<allcinema>
評価
【関連作品】
007/ドクター・ノオ(1962)シリーズ第1作
007/ロシアより愛をこめて(1963)シリーズ第2作
007/ゴールドフィンガー(1964)シリーズ第3作
007/サンダーボール作戦(1965)シリーズ第4作
007は二度死ぬ(1967)シリーズ第5作
女王陛下の007(1969)シリーズ第6作
007/ダイヤモンドは永遠に(1971)シリーズ第7作
007/死ぬのは奴らだ(1973)シリーズ第8作
007/黄金銃を持つ男(1974)シリーズ第9作
007/私を愛したスパイ(1977)シリーズ第10作
007/ムーンレイカー(1979)シリーズ第11作
007/ユア・アイズ・オンリー(1981)シリーズ第12作
007/オクトパシー(1983)シリーズ第13作
007/美しき獲物たち(1985)シリーズ第14作
007/リビング・デイライツ(1987)シリーズ第15作
007/消されたライセンス(1989)シリーズ第16作
007/ゴールデンアイ(1995)シリーズ第17作
007/トゥモロー・ネバー・ダイ(1997)シリーズ第18作
007/ワールド・イズ・ノット・イナフ(1999)シリーズ第19作
007/ダイ・アナザー・デイ(2002)シリーズ第20作
007/カジノ・ロワイヤル(2006)シリーズ第21作
007/カジノ・ロワイヤル(1967)
ネバーセイ・ネバーアゲイン(1983)
007/ジェームズ・ボンド・ストーリー(1999)
007/慰めの報酬(2008)シリーズ第22作
007 スカイフォール(2012)シリーズ第23作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
953 5.89
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:gapper投稿日:2012-10-09 21:37:29
 推定予算3,600万ドル、総収益16,000万ドル(米)。

 「007/サンダーボール作戦(1965)」と同原作の映画化であるが、本家のイギリスを離れアメリカで作られたのが各部分に細かく影響を与えている。
 定番で007シリーズの象徴でもあるお色気タイトルが無いのは、結構大きい。

 同年の本家の「007/オクトパシー(1983)」の推定制作費は、2,750万ドルでこちらが850万ドルも多い。
 その割には、派手な感じがしない。
 特に、コンピューターを初めとするメカがしょぼく感じる。
 目立たないスタッフの実力差なのかアメリカで作ると経費がかさむのか。

 ボンドガール:良=キム・ベイシンガー、悪=バーバラ・カレラ
 秘密兵器:万年型ロケットランチャーなど
 車:ボンド(ショーン・コネリー)はバイクのXJ650TURBO、ファティマ(バーバラ・カレラ)は車ルノー5ターボ
 敵:スペクター
 目的:核兵器の強奪で金を要求

 エドワード・フォックスのMは、切れ者でも間抜けでもないのは中途半端。
 バハマの現地情報員に「ビーン (1997)」のローワン・アトキンソンだった。
 相変わらずのボケキャラで「007は二度死ぬ(1967)」のバート・クウォーク(「ピンク・パンサー2 (1975)」のケイトー)の様にまじめに働いてはいなかった。

 結構楽しめたのだが、いい所が少ない。 余り見ていないから楽しめたのか。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:ジョー樋口一世投稿日:2012-03-29 18:36:05
M役のエドワード・フォックスとのやりとりは楽しかったが
「ジャッカルの日」のファンとしては敵役で出てほしかった。
ミッシェル・ルグランの音楽はすばらしい。
投稿者:Kircheis投稿日:2011-07-05 20:37:17
【ネタバレ注意】

コネリーが年老いて禿げ散らかしたボンドを自ら演じた『サンダーボール作戦』のリメイク。

50歳を越え体力の落ちたショーン・コネリーのアクションはやはりキレが無くなっているが、ボンドガールに『ナインハーフ』でブレーク前のキム・ベイシンガー!悪女役に特徴的な笑い声がピッタリのバーバラ・カレラと脇役が素晴らしくストーリーは元々面白いので単体として観るなら結構面白い作品だ。
ラルゴに関しては好みが別れると思うが、見るからに悪そうな元祖より神経質で知能犯的なこっちの方が個人的には気に入った。

今作ではなんといってもキム・ベイシンガーの美乳をしっかり堪能できるのが嬉しい。サービスカット満載です。

アクションではバイクチェイスが一番の迫力!
風呂に沈められた新人諜報員の娘は哀れ…
ロジャー・ムーアのボンドよりどこか余裕が感じられるコネリーボンドはやはり良い!

想像以上の完成度なので、どうせならリメイクじゃなく完全オリジナル脚本でやって欲しかったな。

投稿者:ちゃぷりん投稿日:2010-05-12 20:25:18
ロートルボンドの復帰理由がよく解らなかったが、中盤まではギャグも挟んでいい感じで進んでて、同時期の本家より面白いと思ってたのだが、後半のアクションが悉く中途半端なのが残念だし、長過ぎだった。
投稿者:ジーナ投稿日:2010-03-17 03:11:57
ちょっと長さを感じましたが知的なセリフにユーモアを散りばめたり、脚本に古臭さを感じず楽しむ事が出来ました。

コネリー氏もお歳を召したのでさすがに軽やかで素早いアクションは無理ですが、銃撃戦からバイクや水中などアクションシーンは多彩でポイント高しです。

ショーン・コネリーのボンドも歳をとってはいるものの、オヤジならではの熟したセクシーさがあって良かったですし、、威厳や風格が漂っていて重みがありましたね。
女には相変わらず弱いボンドですが、大人の余裕は魅力的ですし立っているだけで絵になります。
ダンスシーンなんて本当にウットリしましたよ☆
ボンドガールのキム・ベイシンガーの美しさも素晴らしいかぎり♪
悪い男、ダメな男の女を演じるキム姐さんの安定力はすごいものです(笑)
殺し屋の女性もキム姐さんに負けず劣らずの艶やかさがあり、女性陣の美しさが光った作品になっていると思います。

007の定番オープニングや音楽を堪能する事は出来ませんが、程よいアクションやラブを絡めたストーリーはなかなかだと思います。
バハマの雰囲気と華やかな女優二人を観ているだけで贅沢な気分に浸れますね。
投稿者:メカゴジラ投稿日:2008-08-11 12:53:33
 
製作時は紆余曲折あったけど、同時期の本家「オクトパシー」よりもはるかに面白かった。
ジェームズ・ボンドのイメージがつくことを嫌って降板したコネリーが、開き直って「その後のボンド」を演じるのが楽しい。
もう訓練じゃ息が続かないわ、人間ドックには入らせられるわのオヤジぶりなんだが、それでも美味いものを飲み、食べ、美女を口説くのは忘れない。こういう「大人の余裕」がサツバツとしたクレイグ版「カジノ・ロワイヤル」には足りなかったんだよなー。

こういうボンドが本気になるからアクションシーンも面白いわけで、シリーズでも珍しいバイクでのチェイスや、潜水艦からフライング・プラットフォームを打ち上げるハッタリ感など、大人のマンガ映画である「007」らしい楽しさに溢れている。
Qやマネペニーが出ないのは残念だが、かわりにボンドガールがキム・ベイシンガー。
完璧だろ。
投稿者:映画元気投稿日:2008-08-08 12:45:28
<元気コメント>
 誰しも老いたることを自覚するのはつらいものである。
 増してや名声を築いた身なればこそだ。
 だが、それを跳ね返すことができた時、人生の達成感にあふれる。http://eigadegenki.cocolog-nifty.com/1/2006/09/post_52e4.html
投稿者:フェニックス投稿日:2006-06-20 00:06:45
初期から十年以上の年月を得て、イイ感じのシブ中年になったショーン・コネリーボンド。「サンダーボール作戦」のリメイクだがオリジナルに比べるとやや迫力ないかな。対してキム・ベイシンガーの色っぽいこと!
でもオリジナルと比べて主題歌はこれはこれでいい。
バイクで敵を負うシーンが劇中では一番よかったが、TVでやってた予告編で、リンゴを置物に串刺して、壁から顔をのぞかせ、銃をタキシードから取り出すシーンが一番かっこよかった(笑)
投稿者:bond投稿日:2006-02-12 14:55:56
悪くは無いけど、やっぱ観ていて辛い。おっさんボンドだもんなー。コミカルすぐるし。致命的なのは作品中のBGMで「ボンドのテーマ」が流れない事。
投稿者:ぱちょり投稿日:2004-03-18 23:36:51
今日地上波でやっていたので久しぶりに見てしまいました。↓でも好意的な方々が書いてらっしゃるように、私も007の中では一番の映画だと思ってます。製作会社が違うせいで、以前はビデオ屋さんで探しても見つからないこともあったりして、残念な思いをしたりしたものです。ミシェル・ルグランの主題歌も素敵だし、ボンドガールも綺麗で、ほんと、また見てよかったーという作品です。
投稿者:the hysteric green投稿日:2003-07-04 18:11:51
結構期待して見たんだけどつまんなかった。

ボンドらしい会話や次々に変わるロケーションなど、面白い要素は多かったんだけど、肝心のアクションシーン、全く迫力が無い。
これがハリウッド?全てのアクションシーンが83年製作とは思えないくらい地味で迫力の無い出来。

敵にまったくスケール感がなかったり、あっさりすぎるラストといい、見ててしらける部分多い。

話は面白かったけど、これで2時間以上あるのは長すぎ。
見終わった時の感想は「やっと終わった、、」。
投稿者:ケースケ投稿日:2003-01-06 14:24:24
お正月暇だったのでDVDで見ました。やはりボンドはショーンコネリーがいいですね。「Q」とボンドカーが物足りないが、敵役は「スペクター」バハマなどが舞台といった設定も基本ですね。ローワン・アトキンソンが若くて一瞬わからなかった。
投稿者:ASH投稿日:2002-01-20 16:04:15
【ネタバレ注意】

これは楽しかった!当時本家007「オクトパシー」があって友人たちとどっちが
面白いかいいあったものです。個人的にはどっちも好きなんですが。
アクションも冴えわたっているし、ユーモアのセンスも抜群。本家に対抗して
いるというよりは、役者も作り手も楽しんでいるって感じ。元祖が主演だし。
女優陣も皆よく、悪役も貫禄あり。勿論、ショーン・コネリーも健在。
ミスター・ビーンの人も出ているし、で何度でも観たくなります。

【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 助演女優賞バーバラ・カレラ 
【その他のおすすめ】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION