allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

農夫の妻<未>(1928)

THE FARMER'S WIFE

メディア映画
上映時間98分
製作国イギリス
公開情報劇場未公開・ビデオ発売
ジャンルコメディ
農夫の妻 [DVD]
参考価格:¥ 1,944
価格:¥ 840
USED価格:¥ 1
amazon.co.jpへ

【解説】
 アップルクラス農場の主、男やもめのサミュエル・スィートランドは、一人娘を嫁に出し、寂しい思いをしていたが再婚を決意。住み込みの女中アラミタに相談を持ちかける。彼は、貴族の未亡人、未婚の農場主、女性郵便局長、それに居酒屋の女主人の名を上げるが、アラミタは不服そう。実は彼女は心ひそかにサムを想っていたが、まさかそれを口に出すわけにはいかない。サムは一本調子の男臭さで初めの三人に求婚するがいずれも断られて意気消沈し、最後の女主人には結局何も切り出せずにすごすご帰宅。そこでようやく“灯台下暗し”、美しく働き者のアラミタの存在に気づいたのだった。ヒッチ御大もこんな小市民劇を撮っていたのか--という軽い恋愛コメディだが、部分的に後のスリラーの巨匠たる天才的ひらめきも見せる小品。それは、コミック・リリーフで貢献するG・ハーカーの作男アッシュがパーティ用の料理を盗み食いする--といった描写で主に発揮され、大変ユーモラスなものだ。サムが候補者に立てる女性たちがいずれ劣らぬ(?)ブスとデブ、おまけにヒステリー(無声映画の有り難みを実感)というのが図式以上にスゴい、舞台劇の映画化。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
16 6.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ルーテツ投稿日:2019-01-17 10:30:13
ヒッチコック監督サイレント期のロマンチックコメディ

男寡になった初老の男性が、再婚を考え複数の女性にアタックするが叶わず失意の底に
だが実は運命の人はいちばん身近にいた、というお話
わりと早い段階でオチはよめる

主演はリリアン・ホール=デイヴィス
農場主の家政婦で質素な服を着ているが、かなりの美形
冒頭から家のためにあくせく動き回るシーンがあり、心もきれいな女性とわかる
それに気づかずせっせと醜女めぐりをしている男にジェームソン・トーマス
下男のゴードン・ハーカーというおじさんが良い味を出している

美女好きのヒッチ作品において、いちばんブサイクが出てくる作品ではないだろうか
なんか恨みでもあるのか、というくらいに女性の描き方がひどい(現代なら問題だな)
とはいえ、ゆりやんレトリィバァ似の女優はちょっとかわいい
投稿者:bond投稿日:2016-09-03 21:04:01
流石ヒッチコック、コメディサイレントでも、しっかり基本を押さえてる。下僕がいい味出してる。
投稿者:TNO投稿日:2015-03-08 23:29:51
コメディだけど、いきなり知り合いの独身女性に片っ端に求婚する無理筋なら、いっそ思い切ってもっと崩して欲しかった。しかし、ヒッチコックのユーモアの片鱗や演出の細かさは十分出ている。ストーリーは、花嫁候補をリストアップしたあたりから読めてしまう。主演のジェイムソン・トーマスは、この後アメリカに渡り、フランク・キャプラの「ある夜の出来事」や「オペラハット」など多くの作品で活躍してますね。リリアン・ホール=デイヴィスは、美しく素晴らしい演技だと思ったが、若くして自ら命を絶ってしまった。
投稿者:uptail投稿日:2011-10-11 00:15:34
リリアン・ホール=デイヴィス
投稿者:gapper投稿日:2011-07-29 23:33:41
 アルフレッド・ヒッチコックのイギリス時代、軽妙なコメディ。

 チャップリン、キートン、ロイドなど喜劇が全盛の時代なのでヒッチコックもコメディをと言った感覚で作ったのではないかと思う。
 動作や表情など基本的な笑いをかなり使っているところなどが、そう思わせる。
 ヒッチコックらしい部分も時折認められる。

 サミュエル(ジェームソン・トーマス)が最初選ぶのは、家柄が有る夫人ばかり。
 劇中では出てこないが、ミンタ(リリアン・ホール=デイヴィス)は使用人で根底(あるいは原作)には身分差別があるはず。
 ヒッチコックは厳格な家庭で育ったカトリック教徒らしいが、学校生活の経験からか屈折したところがあるそうで上手く処理できずに完全に無くしてしまったのではないかと想像する。

 特段の作品ではない、しかし十分楽しめる作品。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:william投稿日:2010-04-05 12:35:19
レヴューにある通り、出てくる女がブスばっかで笑える。ミンタはある意味、その中で一番マシ、だったってとこもあるかも。
ヒッチコックらしい描写で、サイレントでもなかなか楽しめる。
投稿者:ミュジドラ投稿日:2006-05-22 12:41:31
 主人公サミュエルの女を見る目のなさに呆れる。独身なら誰でもいいのだろうか。ミンタに気付くのが遅すぎる。
投稿者:Ikeda投稿日:2005-03-29 00:14:33
最初にイギリスの農村風景が描かれ、農場主サミュエル(ジェームソン・トーマス)の奥さんが亡くなり、一人娘が結婚しますが、この辺は一度見ただけでは解りにくいです。その後、サミュエルが再婚しようとするけれども、次々に断られていく過程がこの映画の主題です。
サイレントなので大げさな演技が面白いですが、トーキーだったら、もっと面白いのではないかと思いました。という事は戯曲も面白いのでしょうが、この原作者イーデン・フィルポッツは「赤毛のレドメイン家」などの推理小説作家として有名なので、ヒッチコックとの組み合わせのコメディというのが異色です。
女中のリリアン・ホール=デイヴィス他の女性陣も、それぞれの役柄をうまく演技していますし、従僕アッシュ(ゴードン・ハーカー)が喜劇らしさを出しています。ストーリーとしては単純ですが、ラストもうまく纏まっています。
なお、熱い紅茶を受け皿に入れ、さまして飲むシーンがあり、これをインドの人がよくやることは知っていましたが、イギリスが本家だったことは初めて知りました。
【レンタル】
 【DVD】農夫の妻レンタル有り
 【VIDEO】農夫の妻レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION