allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ノスフェラトゥ(1978)

NOSFERATU: PHANTOM DER NACHT
NOSFERATU THE VAMPIRE [米]
NOSFERATU - FANTOME DE LA NUIT [仏]

吸血鬼ノスフェラトゥ(TV)

メディア映画
上映時間107分
製作国西ドイツ/フランス
公開情報劇場公開(ドイツ文化センター提供)
初公開年月1985/12/14
リバイバル→FOX=シネマテン=パルコ-85.12
ジャンルホラー
ノスフェラトゥ Blu-ray
参考価格:¥ 6,264
amazon.co.jpへ

【解説】
 ドイツ映画の古典であり、ドラキュラ映画の元祖であるF・W・ムルナウの「吸血鬼ノスフェラトゥ」(22)を、重厚な作風で知られるW・ヘルツォークがリメイクした作品。映画祭で上映された後、一般劇場公開はオクラ入り、その間にTVでは放映され、'85年になってようやく劇場公開されたが、その真意は興行的な問題だけであり、作品のクオリティに依るものでない事はまぎれもない事実。透明感をたたえた映像と怪奇ムードが合わさって何とも言えない雰囲気を醸し出しており、ペスト禍によって絶滅した村の描写などその最たるものである。吸血鬼の哀感を見せるキンスキーの表情とアジャーニの美貌も、作品の深みに多大な貢献を果たしている。
<allcinema>
評価
【関連作品】
吸血鬼ノスフェラトゥ(1922)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
438 9.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:呑気呆亭投稿日:2015-07-09 18:32:10
\'31年の「魔人ドラキュラ」に比べると話がご都合主義で、キンスキ−は確かに怖いしアジャ−ニも美しいが、ドラキュラ伯爵が間抜けにもわざわざ船を調達して棺桶に収まり、引っ越し先を探しに行くなどという筋立ては、原作に有るのかどうか知らぬが噴飯物である。http://d.hatena.ne.jp/nanjakuteituisho/
投稿者:namurisu投稿日:2014-07-26 11:05:02
70年代のホラー映画にしか、この圧倒的な美醜は出せません。
投稿者:bond投稿日:2013-09-17 08:38:26
静かで抒情詩でイザベルが綺麗。でも、クラウスのドラキュラはどこか滑稽で笑える。
投稿者:さとせ投稿日:2013-05-02 16:50:16
I・アジャーニと幸せに暮らすジョナサンだが愛する妻に家を買ってやる為にトランシルヴァニアのドラキュラ城へ家の契約に向う事にする。途中、寄った酒場では敬遠され宿でも古城があるのみで行けば旅人が行方不明にあんると言われるらしい。村人は一切協力してくれず馬も借りれないジョナサンは徒歩に
て城まで向うがキンスキーからの迎えの馬車により城へ到着する。キンスキーも場内も不気味で動揺するジョナサンだがやがてその城から出られない事を知り棺桶で眠るキンスキーを見てしまう。ジョナサンの身に何かが起きた事を知ったアジャーニは夫の身を重んじるが、ジョナサンはキンスキーがアジャーニを狙って海を渡って来るのを知りどうにか城を抜け出そうとするが・・・。

余りにも有名な古典の再映画化。昔から有名だが個人的には全く縁が無くビデオリリース時にも未見であった。今回、目出度くDVDがレンタルにてリリースされていたのでようやく鑑賞。HDリマスターされた画質はI・アジャーニ嬢やロケでの画質の美しさを堪能させてくれて眼が惹きつけられる。問題はラストで意外にも呆気なくドラキュラでは大活躍のヴァン・ヘルシングが殆ど活躍しない
投稿者:uptail投稿日:2013-02-19 13:59:28
演出:9
演技:8
脚本:7
音響:8
投稿者:なちら投稿日:2011-08-31 22:54:02
M・シュレックのノスフェラトゥは見た目の怖さのみだったけど、
キンスキーが演じると変態要素が加わって、精神面に大ダメージを受けるね。
ナイフで指を切ったB・ガンツに吸い付く場面なんて、なんだか痴漢に遭遇した気になる。

モノクロのムルナウ版の怖さは越えないだろうと思ってたけど、
こういうアプローチで越えてくるとは思わなかった。
自分はリメイク版の方が好きだな。

それにしてもさ、ナゼ、棺桶を脇に抱えて運ぶ?馬車を使えよー。
投稿者:民謡から演歌まで投稿日:2010-03-07 09:31:31
【ネタバレ注意】

…なのだが、+αの脚本(戦うイザベル/夫の運命)がストーリーの奥行きと彼の邪悪な雰囲気を多少増殖する。

映像(特に構図)の美しさは一級品。
海岸を歩くイザベルと夫、山越えの景観、建物、帆船…そしてネズミの大群…

怖いか、怖くないかって観点で言えばオリジナル版の怪しさには到底及ばないですが、十分満足な映像作品であろうと思います。終盤突如として専門家化して笑えないコミカルなやり取りをして逮捕されるヴァンヘルシンングのエピソードが賛否でしょうか。

確かに浮かび上がる蝙蝠の羽ばたきは次々と繰り出される美麗な映像の中で時代色…ってかB級ホラーっぽく浮いている…「バットマンですか?」って感じなのだが、まぁそんな夢映像の表現は兎も角、ノスフェラトゥの映像化としては成功しています。オリジナルも唯一無比で不気味な映像アート(って言ってもレトロ・ムービー・コレクションで観ただけですがね…)、要チェキラ!

投稿者:マジャール投稿日:2007-05-26 22:17:27
【ネタバレ注意】

劇場公開のときに観て、久しぶりにレンタル・ビデオで再見。
う〜ん・・・なんか凄く惜しい映画ですね。
とにかく面白かったです!東欧とか中央ヨーロッパにあこがれる一ホラー・ファンとしては充分に堪能できました。これでキンスキーの伯爵さえ出なければ、ムルナウのオリジナルを凌駕して、ブラム・ストーカー映画化作品全作の最高傑作になってたんじゃないかというくらいの素晴らしさです!
やっぱり英語圏に比べると<本場>モノは違うと思わせますね。
死の影に覆われた運河の街の終末観なんてゾクゾクするくらい魅力的!白面のヒロイン、アジャー二も怖いくらいに美しい。

ひとつ言わせてもらえれば、音楽のセンスがちょっと・・・あんなとこでワーグナーの楽劇なんかかけるんじゃない!(クラシック曲だってやたら使えばいいってもんじゃないでしょ)
あと森の民ジプシー(差別語?ロマ)を登場させたのはポイント高いです。原作にはちゃんと出てくるのに映画化されると何故か必ず削られる・・・。

投稿者:samurai83投稿日:2004-11-18 12:19:27
 阿鼻叫喚さながら、口は大きく開かれ、目を剥いたおぞましいミイラが延々と映しだされる。ヘルツォークの「ノスフェラト」の冒頭である。そして、コウモリのスローモーション。それらは、美女イザベル・アジャーニの悪夢である。嫌な予感がする。セムシ男に急き立てられ、夫がドラキュラ亭へ赴くと云うのだ。誰もが恐れおののくドラキュラ亭へ、旅中幾人モノ忠告も聞かず、またその悪噂をせせら笑い、強靱な或いは異常なまでの意思でドラキュラ亭の門を叩くのである。ここで、ミステリーやオカルト映画のルールとも云える、出し惜しみ出し惜しみの恐怖、これも一切無く、いきなりのダムの崩壊よろしく、ドラキュラ演じるキンスキーのご登場である。もう、これは冒頭のミイラ映像など霞んでしまうくらいに怖い。善玉であるか悪玉であるか一目でわかる、キンスキーワールドである。あとは特に書くことも無し、大量のペスト(鼠)と共にアジャーニ嬢の街へとドラキュラ来る。瞬く間に、集団ヒステリーと柩地獄である。この映画、キンスキーの怖さのみ。
投稿者:若田部投稿日:2004-08-04 14:48:57
アジャーニの顔がひたすら白かった。
投稿者:メタルヘッド投稿日:2002-12-12 00:55:19
全体的にゴシックな感じで、時折流れる映像がとても綺麗だ。しかしホラーとして恐いかというとあまり恐くなかった。だが、本作で最も恐ろしいのはアジャーニの顔である。個人的にノスフェラトゥよりアジャーニの驚いた顔が一番恐かった。顔だけでホラーが成り立つ顔面恐怖劇場。(笑)アジャーニはすごい
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-10-30 00:52:30
 ムルナウ版に比べると、ブルーノ・ガンツ演じる主人公の性格づけが随分変わ
ってる。ムルナウ版の難点は主人公が楽天的過ぎるところだと思うのだが、この
映画では、終始渋面でしかつめらしくていい雰囲気だ。ただしムルナウ版よりも
良いと思える部分はこれくらい。棺桶を持って飄々と歩くクラウス・キンスキー
が見たかったぞ。

 ブルーをバックに飛ぶ蝙蝠のスローモーションが嫌だね。こういう緊張感が中
断されるカットをどうして持って来るんだろう。
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:longisland投稿日:2001-10-04 01:24:02
F・W・ムルナウのも確かにいい作品と思うのだが、如何せん古さを感じるんだよね(演出・編集とかではなく撮影に)まあ、その古さが恐怖を感じさせるんだけど。 その点ヘルツォーク版の方が個人的には良かった、なんせクラウス・キンスキーの怪演&アジャーニの病的な肌の白さと美しさのコントラストが本作品の肝!! 撮影も良く欧州の時代雰囲気を伝えてるんじゃないかな?
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
■ 美術賞Henning von Gierke 
□ 参加作品 
【レンタル】
 【DVD】ノスフェラトゥ HDリマスター版レンタル有り
 【VIDEO】ノスフェラトゥレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION