allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バード★シット(1970)

BREWSTER McCLOUD

BIRD★SHT バード・シット(初公開時)

メディア映画
上映時間104分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(MGM)
初公開年月1971/10/30
リバイバル→日本スカイウェイ=アダンソニア-2010.7.3
ジャンルコメディ
汚ない奴らをやっつけろ!鳥クソ(バード・シット)爆弾の攻撃だ
奇想天外・メッチャクチャ--〈マッシュ〉のアルトマン監督が 練りに練ったエロチック・コメディの新兵器!
バード★シット [DVD]
価格:¥ 4,104
amazon.co.jpへ

 Photos
バード★シットバード★シットバード★シットバード★シット

【解説】
 屋内野球場アストロドームで、背中に大きな傷跡を持つ女性が、一人の少年に空を飛ぶことを教える。そのころ、巷では奇妙な連続殺人事件が起こっていた。警察は、事件に少年が関わっていると見て彼を追うが……。R・アルトマンによるブラックな味わいの風刺コメディ。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
218 9.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:なちら投稿日:2012-02-17 22:36:05
今はチャンスがないと見られない作品だから期待しすぎた部分はあるけど、
アルトマン初体験作品にするには難易度高かったかも。

抑圧しすぎたか性的なリミッターの壊れかけた少女に、メンタル柔いマックイーン模倣デカや、
悲しく散った少年を囲んでの楽しげなエンディングパレード。
これらから、己の能力以上の事は不可能なんだから、
枠にはめられた社会で生きたらいんじゃね?アハ!ってなメッセージを感じた。

面白いか面白くないかはよくわからぬ。
良い意味で頭おかしい人が作った作品だとは思うよ。
投稿者:Bill McCreary投稿日:2011-01-03 20:02:52
【ネタバレ注意】

バッド・コートは好きな俳優なので、この映画を見逃すわけには行きません。正直何がなんだかよくわからないんですが、ラストの空を飛びシーンのすばらしさで爽快になります。なるほど、アストロドームが舞台なのはこのためねっていう感じ。CGの時代ではなくワイヤーで撮影されたのでしょうが、「E.T」なんかこのシーンのすばらしさと比べれば比較の対象にも・・・いや、やめておきましょう。

拙ブログにも記事を書いているので、興味のある方はどうぞ。

http://blog.goo.ne.jp/mccreary/e/2c6d636fe5aa80f60b5576600c2e04c0

http://blog.goo.ne.jp/mccreary

投稿者:ピグモグ投稿日:2004-08-15 19:24:28
【ネタバレ注意】

この映画でバッドコートが好きになって
あちこち回って3回ほど見ました。
『少年は虹を渡る』も良かったし、『いちご白書』もちょい役で出ていたけど
この映画の彼が一番ですね。
空間を泳ぐようにひょひょろと歩いてくるのがたまりません。
そして、あの、善意も悪意もまだ何もないような瞳。

最後のサーカスパレードの場面は、ちょっとゾッとしました。
起き上がるとばかり思っていたのに…。
賑やかな場面なのに心がシーンとしてしまった。

投稿者:pupyytale投稿日:2003-09-06 10:01:27
昔の映画雑誌のグラビアを見て以来、ずっと気になってたこの映画を、輸入ビデオにてやっと見ることができました!感無量です。台詞の意味がほとんどわかんなくても、かなり笑っちゃいました。とにかく、バッドとサリーの連携プレイがすばらしい。これがデビューのシェリーデュバルもあんまり可愛くてビックリしました。
あともうひとり、テンションの高い少女が出てきますがこの人も最高。
ラストのフライトからパレードまでは圧巻の一言。涙目になります。
投稿者:COUP投稿日:2000-12-12 19:33:21
言うまでもなく、アルトマンのベスト!
のちに同監督の変大作とも言える『ポパイ』他、多数出演しているシェリー・デュバルがまたいい。極私的な意見として、この手の映画は大好きだ。
リンゴ・スター主演の『キャンディ』とかね。
とにかく、ラストで主人公が翼を広げてドーム内をぐるぐると飛び回るシーンは泣けてきた。エンディングの楽屋落ちもグー。
なんでこれが☆☆なの?
投稿者:けいぞう投稿日:2000-04-22 01:48:54
20年以上前に深夜枠で見たきりです。冒頭変なアメリカ国歌に始まり、ラスト、出演者が全員登場しパレードが始まる。ストーリーの合間に変な教授が鳥類学の講義をする。空を飛ぶことにあこがれる主人公のいく所なぜか死体が残され、その死体には鳥のフンが・・・アメリカンニューシネマの時代だから生まれた、反体制パワーにあふれた作品だと記憶している。なぜいまだにビデオにならないのか、できない理由があるのだろうか。
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】バード★シット2012/11/26\3,800amazon.co.jpへ
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION