allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バイキング(1957)

THE VIKINGS

ヴァイキング(初公開時)

メディア映画
上映時間114分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(松竹)
初公開年月1958/09/20
ジャンル歴史劇
バイキング [DVD]
参考価格:¥ 1,000
USED価格:¥ 328
amazon.co.jpへ

【解説】
 50年代末に登場した大型画面の歴史活劇の表の最高作が、同じダグラス製作・主演の「スパルタカス」だとすれば、裏のそれはこの作品に違いあるまい。8〜9世紀ヨーロッパの海を荒しまわったヴァイキングは海神オディーンを尊び、戦いに生き、死ぬことを誇りとする北方の民族だった。中でも悪名高きラグナー(ボーグナイン)は英国王の命を奪い、その妃を犯した。王位は従弟アイエラが継ぎ、妃は密かにラグナーとの子を生み落とし、王権のせいせい象徴たる王剣の柄石を持たせイタリアに流した。めぐり巡って、その子エリック(カーティス)はそれと知らず父ラグナーの奴隷となって、異母兄であるエイナー(ダグラス)の虐待に反抗、狩り用の鷹で彼の片目を傷つける。が、処刑間際を、ラグナーの内通者だった逃亡の身の英国高官エグバート卿と女占師に助けられ、エイナーの虜囚となっていた英国王妃モーガナ(リー)と共に母国へ向け舟を漕ぎ出す。彼の手には魚の形をした磁石があるが、追うラグナーにはない。舵を誤って岩壁に激突、船は大破してラグナーは海に呑まれるが、エリックらに救われた所を、英軍に捕まる。ラグナーは即刻、狼の群れに放り込まれる処刑を受け、実子の渡した剣を手に、堂々と死んでいき、エリックは王にその左手を切り落とされた。英国への恨みを抱いてエイナーの元へ戻ったエリックは協力して王を討つことを提言。彼らは共に英軍城砦へと攻め入る(城壁をよじ登るダグラスの逞しき力演!)。王を倒したエイナーだったが、モーガナに、エリックと兄弟である真実を告げられてなお、彼女をめぐって合い争って、しかし、いざという時ひるんでしまい、逆に弟に刺されて死ぬ。この本物の砦の上での高度感たっぷりの格闘は大迫力で、TV画面でも存分に楽しめるだろう。撮影はJ・カーディフでその色彩は見事の一言。フライシャー演出はダイナミックかつ風格も充分で、とにかく大満足の一本である。
<allcinema>
評価
【関連作品】
スパルタカス(1960)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
434 8.50
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ちゃぷりん投稿日:2017-05-20 02:41:15
ストーリーもアクションも良かったけど、一番記憶に残るのはジャネット・リーの背中。
投稿者:bond投稿日:2016-12-27 22:38:04
悪王とバイキングと正義の奴隷の話しが上手く絡み合って、面白い。カーティス夫婦出演。
投稿者:gapper投稿日:2013-11-04 12:57:48
 推定予算500万ドル。

 史劇としては製作費は大したことが無く、スケール感には少々欠ける。
 しかし、バイキングの話であるので無理もない所だろう。

 悲運の子や政略結婚、恋のさや当て、復讐など定番の展開ではあるもののバイキングと言う珍しい題材でなおかつテンポの良さと嫌みの無さで最後まで飽きさせない。
 カーク・ダグラスのアクションは元よりだが、トニー・カーティスも負けておらずアクション作品としても楽しめた。

 ジャネット・リーがなかなか美しく、胸を強調した衣装はウエストが締って見えてかなり魅力的。
 本物の胸かは分からないが。
 ただ、「サイコ (1960)」でも下着姿を見せていて、詰めていてもそう多くはなさそうだ。
 「サイコ (1960)」では一般庶民のそれだが、この作品では結構気品が感じられる。

 今では「スパルタカス(1960)」と比べるとかなり知名度は落ちる感じだが、十二分に楽しめる作品。
http://gapper.web.fc2.com/
投稿者:uptail投稿日:2013-06-24 21:01:53
演出:7
演技:7
脚本:7
音響:7
投稿者:Ikeda投稿日:2008-08-25 11:13:30
オーソン・ウエルズによるナレーションで始まり、カーク・ダグラス、トニー・カーティス、アーネスト・ボーグナインと揃えて展開される活劇は、かなり迫力があります。当時カーティスの奥さんだったジャネット・リーも、映画の内容からいって「魔術の恋」の時ほどではないですが、なかなかの熱演です。
この映画で改めて感じたのは、イングランド側が野蛮人だと言っている北欧人が残虐なのは当然として、自分達もかなり残酷で、狩猟民族は我々農耕民族の歴史とは違う歩みをしていたのだと言うことでした。
風景描写も綺麗ですが、ロケ地を調べて見ると、ノルウエイの他、フランス、ドイツ、クロアチアと、あちこち廻っていますが、何故かイギリスには行っていません。内容が内容なので、イギリスに気を使ったのかなという気がしたので、公開日を調べて見ましたが、イギリスでの公開日は見つかりませんでした。
海賊船も実際に引き揚げられた物を、そっくり再現したそうで、そのため小さすぎて、オールを漕ぐのに苦労したという話も知りました。海賊船は北欧で実物を見た事がありますが、船中のベッドが非常に小さくて、北の国の人は「ベルクマンの法則」で皆大きい筈なのにと、不思議に思った事を思い出しました。
ストーリーも変化があって面白いですが、最後に骨肉の争いに移っていくあたりになると、少々、話を作りすぎかなという感じはありました。
投稿者:マジャール投稿日:2006-10-22 08:44:12
片眼の<バイキング>カーク・ダグラス、最高!
運動神経いいですねえ、この人。突き刺さった斧を足場によじ登っていくところは、『もののけ姫』のアクションシーンの元ネタか・・・・?
投稿者:佐藤紅茶投稿日:2006-09-01 05:26:00
【ネタバレ注意】

ビデオが廃盤になってかなり久しく、ずっとDVD化を待っていました。見せ場も多く、俳優はみんな好演。特に剣を手に誇り高く死んでいくボーグナインは忘れがたい。主演のダグラスも、芝居のやたら上手いのは定評通りだけど、特筆すべきはその運動神経のよさ。斧を足場に城壁をよじ登る雄姿は素晴らしい。そして最後の塔の上での決戦のカメラワークのよさ。評価通りの大満足の一本です。

投稿者:Bava44投稿日:2005-11-11 20:54:40
【ネタバレ注意】

カーク・ダグラスがかなりカッコ良かったのと、英軍城砦を攻めるヴァイキングの作戦が
アイデア満載で良かった。

しかし、ダグラスやボーグナインがアホな死に方するように変に暴力否定的で、
カーティスとリーが結ばれる、頭の悪いメロドラマみたいな脚本はダメ。
そういうところに当時のハリウッドの限界を感じる。
全体としては★★半ぐらいの映画。

【レンタル】
 【DVD】バイキングレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION