allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バイ・バイ・バーディー(1963)

BYE BYE BIRDIE

メディア映画
上映時間112分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(COL)
初公開年月1963/10/18
ジャンルミュージカル
バイ・バイ・バーディー [DVD]
価格:¥ 4,104
USED価格:¥ 4,000
amazon.co.jpへ

【解説】
 TVの人気スター、バーディーが徴兵されることになった。そこで、エド・サリヴァン・ショーで、お別れ番組が企画される。ファンの代表として、一人の少女にキスがプレゼントされたが……。同名ミュージカル劇の映画化作品。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Ikeda投稿日:2012-08-07 12:14:35
この主題曲は良く聴いた歌ですが、映画の方は最近やっと見ました。ただ期待したほどの作品ではなく、全体のストーリー展開が古くさく、またギャグがあまり面白くないのが
その理由です。プレスリーを想定した作品であることは解りますが、どうもバーディー
(ジェシー・ピアソン)に彼らしさが出ているとは思えないのに、女の子が彼の歌を聴いただけで気を失ってしまうのに反して、男の子は彼の人気がありすぎるのに怒って反対運動をするなどが面白いとは言えます。
それにキム(アン・マーグレット)にキスをさせることに反対していた連中もエド・サリバン・ショウに出演できると聞いて、とたんに賛成してしまうなど、どうもテレビ人気を皮肉っている感じもしました。ジャネット・リーも出演しているのに、思ったほど面白くない映画だったのは残念です。
投稿者:tea room投稿日:2010-04-21 20:28:05
これは1950年代、当時のロックの大スターのエルヴィス・プレスリーが軍役についたのでファンが惜しんだ実話を基にしたミュージカルのその映画版。この映画のロックのスーパースターであるコンラッド・バーディーのモデルは勿論プレスリー。作品解説にプレスリーのプの字も出てないのでお節介ながら書き添えさせてもらいます(^^)。

私自身はこの1963年製作の映画は高校生の頃リアルタイムで楽しみました。今日久しぶりにビデオでみました。47年ぶり?(笑)。今見ると時代の差を感じます。しかし同時に1960年代のノスタルジーにひたりました。歌って踊って若さ溢れるアン・マーグレットも魅力です。(しかし冒頭の歌は何だか調子っぱずれに聞こえます(^^)。それ以外の歌はそれほど悪くないのですが)。
投稿者:zuka投稿日:2009-06-21 02:34:50
もう少し安っぽい印象があったのですが,DVDで見直してみたら,結構きちんとした作りのミュージカルでした.色もカラフルだし,特撮を使っていたり,見ているだけでも楽しくなります.曲もたくさん出てきて,特にアン・マーグレットの主題歌は有名.
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 音楽(編曲賞)ジョン・グリーン 
 □ 音響賞Charles Rice Columbia Studio Sound Department
【ソフト】
  商品名  発売日  税抜価格  
 【DVD】バイ・バイ・バーディー2016/12/26\3,800amazon.co.jpへ
【レンタル】
 【VIDEO】バイ・バイ・バーディーレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION