allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハイランダー2/甦る戦士(1990)

HIGHLANDER II: THE QUICKENING

メディア映画
上映時間90分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(UIP)
初公開年月1992/05/23
ジャンルアクション/SF
西暦2024-- 悠久の時空を駆ける SFバトル・ファンタジー!
ハイランダー2/甦る戦士 【HDニューマスター】ディレクターズ・カット完全版 [Blu-ray]
参考価格:¥ 4,860
価格:¥ 3,928
USED価格:¥ 2,853
amazon.co.jpへ

 Photos
ハイランダー2/甦る戦士

【解説】
 1999年、オゾン層の壊滅的状況に対し、マクラウド(ランバート)は科学者グループと共同でそれに替わる地球全体を覆うシールドを開発する。世界の危機は救ったが、地上は夜も昼も無く高温多湿になってしまう。それから25年、今は孤独に年老いたマクラウドだったが、その正体は500年前、ラミレス(コネリー)と共に惑星ザイストから地球に流刑にされた不死身のハイランダーだった。シールド破壊を目論むテロリストのルイーズ(マドセン)と出会った直後、マクラウドはザイスト人に襲われ、かつての力を取り戻し若返る。彼女によると実はオゾン層は元どおりになっており、シールド会社が自分の利益のためそれを隠しているのだ。折しもマクラウドを殺すべく宿敵カターナ(このネーミング!演ずるはアイアンサイド。)が現れ、蘇ったラミレスと共に人類の未来を賭けた戦いが開始される。
 時代設定のせいで前作前半部の詩情性は失っているが、二番煎じを嫌い舞台を未来に設定した以上致し方あるまい。よって前作ほどの完成度はないが、凝った映像はなかなか楽しめる。新たに加わった設定である、ハイランダーは異星人だった、などもまあまあ無理はないところ。ビリー・ドラゴと並ぶ“友達になりたくない俳優”アイアンサイドがいつもの如く怪演。来たばかりにしては、地球のことを知りすぎているのは変だけど。ビデオは劇場公開版の他、13分長い「ハイランダー2/甦る戦士 オリジナル・バージョン」(東北新社/バップ)と16分長い「ハイランダー2 ディレクターズ・カット完全版」(BMGビクター)あり。
<allcinema>
評価
【関連作品】
暗黒の戦士/ハイランダー 誕生編(1992)TVシリーズ第1作
暗黒の戦士/ハイランダー 激闘編(1992)TVシリーズ第2作
暗黒の戦士/ハイランダー 野望編(1992)TVシリーズ第3作
暗黒の戦士/ハイランダー 死闘編(1992)TVシリーズ第4作
暗黒の戦士/ハイランダー 復讐編(1992)TVシリーズ第5作
暗黒の戦士/ハイランダー 超空編(1992)TVシリーズ第6作
ハイランダー/悪魔の戦士(1986)シリーズ第1作
ハイランダー2/甦る戦士(1990)シリーズ第2作
ハイランダー3/超戦士大決戦(1994)シリーズ第3作
ハイランダー/最終戦士(2000)シリーズ第4作
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
18 8.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:リベルタド!!投稿日:2018-06-20 23:13:57
【ネタバレ注意】

前作は素晴らしい傑作だった!
特に、スコットランドの美しく風景を舞台にした前半パートは珠玉。死ねない男コナー・マクラウドが、愛する女性の最期をみとるシーンの刹那さに震えた。
現代に舞台を移した後半も、和的チャンバラアクションが斬新だたし、クイーンの名曲が余韻を残す!それが前作。
そんなカルト的人気作品の続編、どうするのかと思ったら、ある意味、前作の良かった所をかなぐり捨てたかようなハジケっぷり。情緒やロマンはなくなったかもしれないが、前作を凌駕するには仕方ない!?
「悪魔のいけにえpart2」もこんな感じだった。ここは、ラッセル・マルケイの決断を評価したい!

投稿者:dbma投稿日:2018-01-20 16:16:51
公開時にアメリカで1回見て
ショーン・コネリーとマイケル・アイアンサイドの弾けっぷりに
「1には勝てないけどおもしろかったなぁ」
という印象だったのに
かなりの不評の声を度々耳にしていて
「あれ?そんなに酷かったか?」
という状態でようやく再見してみたら
バージョン違いがあったのね。

バージョンまとめるよ。
・US公開版。約90分。コナーの笑顔で終わる。
・欧州公開版。約100分。コナー女と星に帰る。
・Director\'s Cut。約110分。異星人じゃなく古代文明人だったことにする。水辺でキスして終わる。
・2004特別編。約110分。DC版とほぼ同じ。シールドの色が違うとか視覚効果の微調整。サントラクレジットの後に2004年版スタッフクレジット

再見したの2004年版なんだけど
こっち先に見てたら確かに評価低かったな。
劇場版だとコナーと科学者がシールドを完成させるシーンが冒頭にあるけど
DC版だと中盤までないので
おやじ狩りしようとした不良がコナーだと気付いて退散したり
酒場で娼婦に絡まれたりする理由が分かりづらい。
編集がなんかチグハグなんだよな。無駄に長いし。
劇場版のほうが話がスムーズに進む。
異星人の設定を無かったことにしたかったようだけど手遅れだよな。
劇場版を正規版とするなら★5つ
投稿者:tomovsky投稿日:2007-11-29 23:05:39
【ネタバレ注意】

宇宙人て設定はチョット無理あるが、他のハイランダーシリーズとはかなり雰囲気が違うと思うんだが・・・・・・。アイアンサイドとコネリーが、前半から中盤にかけて、かなり笑わせてくれる。特に、コネリーが飛行機に乗ってる時に観てた、シートベルトの安全性を説明するビデオのシーン。個人的に大爆笑だった。気に入ってるシーンだ。このシリーズは全体的に重苦しい雰囲気の映画だが、この2はコネリーの演技のおかげでかなりネアカな雰囲気が漂っている。戦闘シーンは迫力不足だが、コネリーのコミカルな演技・アイアンサイドのクレイジーな振る舞いを見るだけでも、価値のある作品じゃないかな。シリーズの中じゃ、個人的には最高傑作だと思う。

投稿者:エース若田部投稿日:2003-01-02 14:55:21
ハイランダー1と、つじつまがあわん気がするけれど、ランバートの映画なんだからしょうがないだろう。バージニアマドセンが久しぶりにヒロイン役をちゃんと演じている。相変わらずきれい。コネリーはボンド役よりいい。(もちろんネバーセイネバーアゲインのことだよ)
投稿者:k_k投稿日:2002-06-06 22:48:52
 底抜け超大作ですよね。
制作費2億ドル(ほんとかよ)のほとんどは、コネリーのギャラなんじゃないかと思いした、いやまぢで。

 しかし私にとっては、未だに思い入れのあるシリーズです(涙)
ハイランダー4はビデオリリースさえないですが、いつでるのかな〜。
投稿者:DIO様投稿日:2002-06-03 05:06:53
前作の設定を見事に吹き飛ばしてしまう豪快さ。マルケイはただものじゃねいな。
おそらく、ただただかっこいいチャンバラシーンを撮りたいがためにこの映画を撮ったのだろう。ショーン・コネリーもよくこんな映画につきあったなぁ。えらいですな。
投稿者:ASH投稿日:2002-04-03 23:30:37
前作はトンデモ映画の傑作だったのに、これは並の完成度に終っちゃっている。
それなりに見せ場はあるけど、あまり印象に残るようなものじゃなかった。
悪役の名前がカターナ(刀)将軍というくらいだから、親日度はUPしているけど。
S・コネリーも前作に続いて出演しているけど、あまり活躍しない。
でも、V・マドセンが出ているので、まぁ良しとしましょう。
投稿者:fulcrum投稿日:2001-05-26 16:37:18
前作は見てるんですが、これは見てません。
↑の解説文はすばらしいですね。熱気があふれてて(笑)。思わず見たくなってしまいました。
しかしあらすじはなんとも……大がかりだけどなんかマヌケで。いいなあ。前作の詩情はないかもしれないけど、洋式山田風太郎だと思えば全然問題なし。

けど…オゾン層破壊に対処するために夜も昼もなくなしてしまうなんて。まるでバカみたいですね。
永井豪とか石川賢と同じ血が流れてるんでしょうね、ラッセル・マルケイ。
【レンタル】
 【VIDEO】ハイランダー2/甦る戦士レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION