allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

ハウス・パーティ(1990)

HOUSE PARTY

メディア映画
上映時間103分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(アミューズ=KUZUI)
初公開年月1991/08/17
ジャンルコメディ
ヘアーにびっくり、ダンスにどっきり、これがウワサのラップ・ムービー!!

【解説】
 高校生のキッドは、仲間とハウス・パーティを開くことにした。ところが、仲間の一人が不祥事を起こしたため、キッドは外出禁止を言い渡される。パーティに行きたいキッドは、なんとか部屋を抜け出すのだが……。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ロビーJ投稿日:2007-11-19 02:48:21
大好きなマーティン・ローレンスが出演してるという事で中古ビデオを買って鑑賞しました。なかなか面白かったです。マーティンは思っていた以上に登場してくれて、息の臭い役だったけど相変わらず本当に可愛くてカッコよかったです。でもやっぱり主演のクリストファー・リードのヘアスタイルが強烈過ぎて、一体どうなってるのか?という事ばかり考えてしまいました(笑)。
劇中流れる音楽も素敵だったし、リードのラップもかなり上手くてビックリ!会話も面白かったし、警察に毎回見つかっちゃう変な声の男を含む黒人男子3人組など結構楽しいシーンの連続だったので予想以上の作品でした。
でも何よりマーティンがとにかく可愛い!ファッションもルックスも何処を取ってもやっぱり素敵な若かりし頃のマーティンにまたもや惚れ惚れしてしまいました。 
という訳で素直に面白い映画だったので見て本当に良かったです。
投稿者:ASH投稿日:2003-04-27 16:02:57
黒人が主演の青春映画といえば、スパイク・リー監督が撮るようなアフリカ系の生き様や尊厳や辛い現実を描いた辛口の青春映画ばかりだけれど、こういうあちゃらかな映画があってもいいじゃないか。ハドリン兄弟の狙いはどうもそこら辺にあるようで、アフリカ系青年の苦悩なんてものはどうでもよくって終始楽しく描かれている。70年代に量産されたブラックスプロイテーション映画と違って90年代のその手の映画は問題意識ばかりが強調され、単純に楽しめる映画が少なかったことへのアンチテーゼと取れなくもない。と、小難しいことを並べてはみたが、パーティを開くために四苦八苦する青年2人のドタバタをテンポ良く描き、台詞も生き生きしていてハドリン兄弟の並ならぬ才能が痛感出来る単純明解なコメディであることには間違いない。KID N PLAYというラップ・グループとしても有名なC・リード(キッド)とC・マーティン(プレイ)のWクリスの丁々発止の掛け合いはブラック映画特有のノリで楽しい。修行時代のマーティン・ローレンスを見逃すな!
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 監督賞レジナルド・ハドリン 
 □ 主演男優賞クリストファー・リード 
 □ 助演男優賞ロビン・ハリス 
 □ 助演女優賞ティシャ・キャンベル 
  A・J・ジョンソン 
 □ 撮影賞ピーター・デミング 
 □ 新人作品賞レジナルド・ハドリン (監督)
  ワーリントン・ハドリン (製作)
【レンタル】
 【VIDEO】ハウス・パーティレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION