allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

愛と野望のナイル(1990)

MOUNTAINS OF THE MOON

メディア映画
上映時間135分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(東宝東和)
初公開年月1990/03/
ジャンルドラマ
私のほかに、見た者はいない--。
真実か、幻か!?……いま132年の沈黙を破って語られる世紀の『センチュリー・ロマン』大作!

【解説】
 世界探険史上に名高い2人のイギリス人、リチャード・バートンとジョン・スピークの苦難と栄光、波瀾に満ちたその半生の映画化。19世紀ビクトリア朝大英帝国--世界の冠として君臨し、植民地開拓と冒険家の活躍が華やかなりし時代。物語は、当時実在したこの2人の冒険家のナイル川源流を突き止めるためのアフリカ大陸路4700キロに及ぶ探険行を描くとともに、1世紀余りを経て今なお謎とされているビクトリア湖発見の“真実”に迫るスペクタクル・ドラマ。そしてそのミステリアスな史実を核に、友情、確執、愛といった人間ドラマを描く。内容はそれなりには出来上がってはいるが、全体的に見ると、あと一歩といった感じの作品である。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
110 10.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:ファルド投稿日:2018-09-22 09:06:32
原住民の襲撃を受けたり、ライオンに襲われたり、探検隊にマラリアが蔓延したり、得体の知れない虫に刺されたりなど、まさに死と隣り合わせの命懸けのアフリカ探検。バートン(P・バーギン)とスピーク(I・グレン)の勇敢さが凄い。この二人の友情にヒビを入れたのが、知り合いの嘘というのが腹立たしいね。
投稿者:sachi823投稿日:2015-02-07 21:30:15
世界中に植民地を有しかつて「太陽の沈まぬ国」と
呼ばれた大英帝国の時代
探検家たちの野望と苦難を装飾を排して
非情なタッチで描いています。
気持ちの悪い描写が目立つのが特徴で、そのあたりは
かえって作品としての甘さを感じます。
投稿者:五輪山投稿日:2008-02-23 08:18:11
【ネタバレ注意】

アフリカ好き(景色とかね)としては見逃せないと思い、劇場に駆けつけました。スタちゃんシュワちゃんで稼いでブイブイいわせてた頃のカルロコ製作なので、金もかかってるし、ロジャー・ディーキンズのカメラによる大自然の景観は堪能できました。
でもアフリカの大自然ほどには物語に起伏がなかったですね。ないというより、つけようとしていないと言うべきか。冒険ものにつきものの、ヒロイズムを排していて、大人向けと言われればそうなのでしょうが。
一箇所強烈な場面がありました。テントで寝てたジョン・スピークが突然うめいて起き上がる。耳の穴から昆虫が入り込み、頭の中でカサカサとうごめく音が聞こえるという。「気が狂いそうだ」とやおらジョンは、先の尖った火鉢棒のようなもので耳の穴を一突き。
流血しながら「音が止んだ」って、あんた耳きこえなくなってるよ!と観てて思わず身をよじってしまいました。
物語がどうなったのか、ちっとも憶えてないくらい、そこだけいやでも憶えています。

【レンタル】
 【VIDEO】愛と野望のナイルレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION