allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バウンティフルへの旅(1985)

THE TRIP TO BOUNTIFUL

メディア映画
上映時間106分
製作国アメリカ
公開情報劇場公開(ヘラルド・エース=ヘラルド)
初公開年月1987/04/17
ジャンルドラマ

【解説】
 テキサスで息子夫婦と暮らす老女キャリー。気の強い嫁との口論に耐えかね、彼女は故郷バウンティフルを一目見たいと旅に出る。だが、故郷の町は人が流出し、かつての我が家も荒れ地の中にひっそりとたたずむ廃屋になってしまっていた……。老境の女性の心情を静かなタッチで描いた心温まる秀作。
<allcinema>
評価
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
17 7.00
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:グレコ投稿日:2012-05-14 12:51:14
名作だと思います。ジェラルディン・ペイジも上手いです。
投稿者:nabeさん投稿日:2011-03-27 02:41:33
息子夫婦と同居している寂しい老女が、故郷を一人で尋ねるロードムービー。主演のJ.ペイジがオスカーを獲った心温まる佳作である。
老い先短い老人にとって、息子夫婦との同居は息苦しいものであろう。その環境にある日耐えられなくなった主人公が、バスを乗り継いでかつて住んでいた故郷バウンティフルを目指す。見事に息子たちを巻いて、バスに乗り込み、次第に故郷に近づくにつれドキドキワクワク高揚してくるJ.ペイジが子供のようにカワイイ。
たどり着いたかつての我が家は、今は崩れかかった廃墟になっているが、主人公にとっては想い出のたくさん詰まった御殿であるに違いない。しばらくたたずんでいるとやがて息子が迎えに来るが、普段は鬼嫁の前で気の弱い彼も故郷に帰ったせいかどこか逞しい。
人は過去を捨てて未来に向かい、やがて過去に戻って一生を終える。そんな静かな人生も捨てたものではないと気づかせてくれる映画である。
投稿者:さち投稿日:2005-02-10 16:40:42
名作です。みんな見ましょう
投稿者:島岡投稿日:2004-03-04 11:07:32
このような老人の方きっと東京にもいるでしょう。作品としても素晴らしいしアカデミー主演女優も納得できるものです。
投稿者:SYCO投稿日:2001-08-26 11:30:49
目的地を目指してひたすら進むロードムービー。
たとえ主人公がおばあちゃんだって、ロードムービーはほんとに良いです!!
今にも心臓発作で逝ってしまいそうなおばあちゃんだからこそ、ハラハラドキドキ。 そして目的地に対する執念もすごいものがある。
こんな良い映画、今まで見落としていたなんて信じられない。
【レンタル】
 【VIDEO】バウンティフルへの旅レンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION