allcinema ONLINE オールシネマ 映画&DVDデータベース
検索オプション

バグダッド・カフェ(1987)

BAGDAD CAFE
OUT OF ROSENHEIM

メディア映画
上映時間91分
製作国西ドイツ
公開情報劇場公開(KUZUI)
初公開年月1989/03/04
ジャンルドラマ

【解説】
 監督P・アドロンが、「シュガーベイビー」に続き、女優M・ゼーゲブレヒトと組んで創った、砂漠に芽生えた女と女の友情の物語。アメリカ、ラスベガスとロサンゼルスを結ぶ道筋にあるモハヴェ砂漠のはずれ。そこにある、取り残された様な寂しげなモーテル“バクダット・カフェ”。ここをきりもりしているのは黒人女のブレンダだ。役に立たない夫、自分勝手な子供達、使用人、モーテルに居着いた住人たちにまで彼女はいつも腹を立てていた。そんなある日、ひとりの太ったドイツ女がやって来た。彼女の名はジャスミン。大きなトランクを抱え、スーツを着込み、砂埃の道をハイヒールで歩いてきたこの奇妙な客に、ブレンダは不快な表情を隠そうともしなかった。だが、この彼女の登場が、やがてさびれたカフェを砂漠の中のオアシスに変えてゆく……。冒頭、不安定なアングルで始まるキャメラ、何とも言えない不思議な色合いの映像、そんな中で繰り広げられるこの二人の物語は、観ている内に気持ちが暖かくなっている様な、妙な魅力を持つ素敵な作品。加えて、公開当時大ヒットとなったジュベッタ・スティールが歌う主題歌“コーリング・ユー”が、この映画の持つ雰囲気にぴったりマッチしており、映画の味を何倍にも膨らませると同時に、乾いた砂漠に奇妙な表情を与える印象的なモチーフとなっている。その後「完全版」や監督自ら全てのカットによる「ニュー・ディレクターズ・カット版」も公開された。
<allcinema>
評価
【おすすめ作品】
A=無難にチョイス B=チャレンジの価値アリ C=発見があるかも!?
[001]Aロック、ストック&トゥー・スモーキング・バレルズ (1998)
[002]Aパルプ・フィクション (1994)
[003]Aスティング (1973)
[004]AゴッドファーザーPART II (1974)
[005]Aファーゴ (1996)
[006]Aストレンジャー・ザン・パラダイス (1984)
[007]Aベルリン・天使の詩 (1987)
[008]Aハイ・フィデリティ (2000)
[009]Aドニー・ダーコ (2001)
[010]Aスナッチ (2000)
【ユーザー評価】
投票数合計平均点
20149 7.45
下記フォームからあなたのこの作品に対する採点を投票してください。
メールアドレス年齢性別
評価 (低い←→高い)
12345678910
【ユーザーコメント】
投稿者:Odd Man投稿日:2019-03-19 14:00:26
監督はドイツ人ということでメルヘンお伽噺なんでしょ。砂漠の中の完結世界に舞い込んだ妖精でマジックが始まる、か。
投稿者:ロッテンクロッチ投稿日:2015-09-02 08:16:26
どこか不思議な映画。
投稿者:hitomi投稿日:2014-09-01 11:08:34
WOWOW付けっぱなし状態でTwitterやってたもんで、最初の何分だろ??
見逃しちゃってたんだけど、何だか画面が気になってちゃんと観出したら不思議な雰囲気にどんどん吸い込まれてヽ(´ー`)ノ イッチャッタ
前半はジャスミンが殆ど喋らず“この人何なんだ?!”って観てるこっちまでブレンダ同様ちょっとイラッとしたけど、だんだん話が進むにつれてそんなジャスミンが何だかすごく愛らしい存在に思えてきた。

しかし、前半見逃してるのと後半は買い物に行かなきゃならない時間が迫ってきて他の事をしながら観てたのでもう一度最初からちゃんと観直したい映画だと思う。
つか、また近々WOWOWでやるだろー。やらなくてもオンデマンドで配信されるだろー。と軽〜く考えてたらドッチもやらないってどーゆー事よ?!(・ε・)
どーでもいい様な映画ばっかし何度も何度も放送する癖にコッチがまた観たいな〜〜。って思うのは中々やらんのはどうにかして欲しいわーhttp://dominoeiga.seesaa.net/
投稿者:sachi823投稿日:2014-04-27 18:59:57
砂漠の真ん中の人間模様を描いた
何やら不思議なムードの作品です。
すべてを飲み込むような大きな
ドイツ人女性の個性が際立っています。
人を心から信頼できるっていいことだと思います。
投稿者:ピースケ投稿日:2013-08-27 00:00:27
確かに眠気に襲われる。でも心地良い雰囲気の映画。
学生時代に観たきりなので、もういっぺん観たいな。
投稿者:ryu_tanaka投稿日:2012-05-13 20:12:02
【ネタバレ注意】

見方によるだろうが、私はこの映画を非常にやるせないものと受け止めた。
物語後半、ジャスミンが一旦帰国し、ローゼンハイムからモーテルへ電話がかかってくるシーンがある。少なくともあれ以降を私は、主人公ブレンダの夢と捉えている。
そう解釈すると、モハーヴェ砂漠の強烈な日光と相まって映画全編がまるで儚い白昼夢のようなものに見えて来る。
これ以降の夢シーンを見ているとブレンダが当初どういう夢をもってこのモーテルを始めたのかが見えてくるようで辛い。
・・ラスベガスにほど近い砂漠の真ん中で、ベガスに負けないようなショーをウリにしたモーテルを実現させたい。娘には歌やダンスを、息子にはベガスの楽師たちによる生演奏にも負けないようなピアノをマスターさせたい。そして店内にあふれかえる客たちからは“ベガスなんて目じゃない”と言わせられるような出し物を提供したい・・・
ところが現実は、娘は地元の友だちと遊び呆け、息子も店の番もせずに相変わらずうまくないピアノを爪弾くばかり。夫は出ていき、客も全く来る気配さえない。
そこにジャスミンが登場することで徐々にカフェは活気づき始める。また彼女が横に座った途端、息子は素晴らしい音色でバッハのプレリュードを奏で始め、彼女が居る時は天気もいつも穏やかだ。何でも叶えてくれるものとしての象徴として描かれているように思う。ジャスミンの登場によってブレンダもそれまで忘れかけていたかつての自分の夢を思い出したのかもしれない。しかしそれもつかの間、彼女は帰国しなければならなくなってしまう。
何でも叶えてくれるものなど居ないのだと現実を見るが、それでも達成したかった夢を見てしまうことを止められない。夢と現実とのあまりの隔たりを、後半ショーをバックにかかる”Brenda,Brenda”の歌詞の一部“浮世の悩みはマジックで消える”にあるように、ジャスミンのマジックで消して欲しかったのではないか。
アメリカンドリームに敗れたものの切ない物語だと思った。

投稿者:田舎のオジサン投稿日:2012-02-24 23:00:16
一部の人々に人気の映画で、これまで3回ほど挑戦したが、最後まで見続けることが、出来ず今回ビデオを借りて初めて最後まで見ることができた。
いい映画のことは、わかるが、映画よりむしろ写真集か観念的な小説にでもしたほうが良いだろう。もっとストーリーもシーンにも動きがほしい。往年の美少女クリスチーネ・カーフマンが、すっかり中年女性となっているのを見て
月日の流れをしみじみと感じた。好みの映画ではないが、お前にこの映画がつくれるかと言われれば絶対につくれない。そういう意味では評価できる。
投稿者:uptail投稿日:2011-02-09 13:27:35
マリアンネ・ゼーゲブレヒト
投稿者:こじか投稿日:2010-12-26 22:06:41
ミニシアターで大人気。こういう作品は若い頃に出会いたい。
投稿者:out_to_lunch投稿日:2010-09-13 16:50:42
【ネタバレ注意】

“このくらい描いておけば、ブレンダのヒステリックぶりは伝わるだろう……”
“このあたりで、手品でもさせとこうぜ……デブにも愛嬌だしさ”
“ブーメランなんて、どうよ? いいんじゃない、再生ってテーマなんだし…”
“やっぱ、ここは、CALLING YOUで決めてさ……”などと、と高を括っているのが見え見え。

実際、シーンが、どれも中途半端。
どれも、思わせぶりのレベルで満足している。
(観る側も、ムードでしかないものを過剰に評価してしまう)

どんなに短くても、“エピソード”として成立させてくれなきゃね。
砂漠のモーテルを題材にしたプロモーションビデオじゃないんだからさ。
カメラワークがすごい……?
砂漠の色彩感覚がいい……?
陳腐じゃないですか。(普通の撮影監督なら)誰だって、最初のアイデアとして、こうするでしょ。
(その上で、もっと違うアプローチはないだろうか? と模索するはず)

そんな事(スタイリッシュな映像)に気をつかう暇があるなら、ドラマの密度を高める努力をして欲しい。

手品で、“再生”が実現するなら、そんな簡単なことはない!
(という感想を抱いてしまうほど、浅薄な人物造型なので、困ってしまう)

投稿者:IDU投稿日:2009-09-22 00:15:05
歌とのシンクロ具合が
投稿者:SHELTER PEOPLE投稿日:2009-02-09 14:36:30
すきだ
投稿者:jordandas投稿日:2008-02-10 17:55:04
夫のサルが家に戻るチャンスを作って欲しかった。そんなにひどい夫には見えなかったけど・・。
何もかもうまくまわらずヒステリックな女と化したブレンダのあの感じはわかる。そんな手のつけられない女を、時に優しくいなしてくれる出来た夫なら文句なかったのに。ただ、「わかったよ」ってハグするだけでいいのに、それを誰もしてあげないばっかりに、引っ込みのつかないところまできてしまっただけのこと、だと思う。サルも不器用な男ってだけ。こんな女も何かで癒され、人のこころを取り戻す時が来るんだと痛感。ジャスミンは押し付けがましくなく、やんわりと包み込む優しさが自然体でいい感じ。

投稿者:non投稿日:2005-12-31 10:45:42
拾われるポット、戻ってくるブーメラン、頼まれもしない掃除、単純なマジック、光りのある絵画、「ブレンダに聞いてみないと」も、音楽も、全部メタファーとして機能していてよかった。むしろメタファーがテーマを語っていた。掃除が本来こういうことなんだなんて、思ってもできねえ。
唯一破綻のある台詞「仲良すぎ」がカウンターきいてた。
それぞれ全てがバラバラに落ち中心はそれを支えられないでいる、そんな世界を逆に喚起させたりもした。
投稿者:黒美君彦投稿日:2005-07-06 14:55:17
中心を喪った人々の物語、『バグダッド・カフェ』。
アメリカには世界中の都市の名前がある。『パリ、テキサス』のParis然り、この作品のBagdad然り。アメリカ・モハヴェ沙漠のはずれにあるBagdadは、本来のイラクのバグダッドの“気配”を感じさせる。アメリカにありながら異国であるかのような、不可思議な空間がそこに生まれる。
夫との諍いを経て、バグダッド・カフェに現れた巨大に太った女性、ジャスミン・ミューンヒクシュテットナー(マリアンネ・ゼーゲブレヒト)。
アメリカの沙漠とも、Bagdadとも縁のない(はずの)ドイツ人である彼女は、祖国あるいは帰る場所を持たない人々とも重なり合う。
そしてカフェの主人、ブレンダとその家族もまたバラバラな方向を向いて生きているが、やがてジャスミンはその倦んだ日常の中心となっていく。
ハリウッドから流れてきた画家、ルーディ・コックス(ジャック・パランス)の描いたジャスミンの絵は、まるで宗教画のようである。中心となる聖なる異人、それがジャスミンだ。

ジュベッタ・スティールが歌う“CALLING YOU”がどこまでも切なく心を震わせる。あなたの名を呼び続ける。聞こえないのかと声を振り絞る。私の声を聞いて
欲しいとあなたの名を呼び続ける…。
埃っぽい熱い画面と色彩。
ブーメランの回転する音。
仲が良すぎるから、と出て行く女性客。
苦く切ない物語だが、心の奥底に爽やかな風が吹く。
パーシー・アドロン監督は、この作品の後、アメリカに住み着き、ドキュメンタリー映画などを撮っているようだが、彼の新たな劇映画を観てみたいものだ。
投稿者:maldoror投稿日:2005-06-14 05:16:52
「完全版」はどうにもこうにもしょーもない出来だと思います。たった17分を付け加えるだけでここまでオリジナルのテンポを崩してしまうとは・・・。
こちらの『OUT OF ROSENHEIM』の方を観たいのですが今は無理なのでしょうか?
投稿者:caffe投稿日:2005-06-13 15:15:08
【ネタバレ注意】

そんなにコーリングユーが良かったとは思いませんでした。
暗すぎる曲じゃないですか??
良かったと思ったのはカメラワークかな。絵になる場面がいくつもありました。
それにしてもジャスミンの裸は見たくなかった。。もっと後ろから写すとかなかったのか。。

投稿者:シナモンガール投稿日:2005-06-01 07:13:27
何でだかわからないけど、大好きな作品。音楽がいいから?映像がきれいだから?それもあるが、たぶん見ると癒される気がするからだと思います。久々にまた見たいです。
投稿者:ぶくろう投稿日:2005-04-09 13:06:56
独特の色合いですね。
投稿者:jyunn投稿日:2005-02-01 06:43:37
【ネタバレ注意】

ロスからラスベガスに向かう途中、確かに長い長い砂漠が続いていました。
何も無い不毛な砂漠で不毛な暮らしをするブリンダ。そこに便利なポットとともにやってきた謎のドイツ人女性。二人は肌の色から国、その性格まで全く違うが、それでもお互い夫とは上手く行かない。そんな二人がどうしたかあんな砂漠のどまんなかで出会ってしまった。
ブリンダはたしかにいつも様々な事にカリカリしていたが、それでも集まる人は集まってきていたバグダットカフェ。他人に干渉しないブリンダだが、けして悪い人ではない。ジャスミンの到来から、ブーメラン兄ちゃんがやってきたり、ジャスミン目当てのおじちゃんもでしゃばってきたり、それぞれあまり干渉しあっていなかった人々の関係が緊密になっていく。やはり、人はどこかで人とのつながりをもとめているのだろう。乾いた砂漠の乾いた人間関係に、ジャスミンは人々のつながりという奇跡を創りだした。砂漠の小さなカフェはジャスミンのマジックでいっぱいになる。人もたくさん集まる。人がたくさん集まるところ、幸せも生まれる。刺青美女にはそうした人々の馴れ合いがきにくわなかったのか・・・。仲良すぎよ。はとてもいいです。
映画全体を通して、何一つたいしたことはおきていないようにみえますが、バグダットカフェに集まる人々は幸せになっていく。もう少し再見して、色々な事を感じたい映画です。

投稿者:マサ・ジャガー投稿日:2004-11-21 02:06:40
”コーリング・ユー”が恐ろしいほど良い効果を、かもし出している、、、。この曲あってのバグダッド・カフェや。ジャック・パランスが良い味出してますね―!!ブーメランばっかり投げてたバック・パッカ−は、”西城秀樹兄貴”か?ほのぼの系のストーリーも、フィルターをかけた美しい映像も、きもい系のブスやけど憎めないおばさんも、みんなまろやかにブレンドされて美味しい”コーリング・ユー”印のコーヒーになりましたとさ!!
投稿者:ふじこ投稿日:2004-11-19 12:44:05
爛魁璽螢鵐亜Ε罅辞爐砲里辰討笋辰突茲訛世瓩里ばちゃん。冒頭から奇妙な感覚に陥った。
おばちゃんはカラカラに乾いた砂漠のオアシスそのもの。
美しい映像と人々のあたたかい愛は観ていても心地良かった。
自分の生きる居場所を見つけることができるってすごく幸せなことだろうな。

どうもおばちゃんが、なぜか料理研究家・カーリー西条さんとダブっちゃって・・いかん、いかん・・。
だけど、ちょっと生活に疲れた時なんか観たくなる一本かな。
投稿者:かかと投稿日:2004-11-03 14:52:20
仲良すぎよ。。
投稿者:さち投稿日:2004-07-08 04:23:55
最高
投稿者:でにろう投稿日:2004-02-08 15:15:23
砂漠、空、モーテル、ブーメラン・・・全てが調和している。心に染み入る。
理屈よりも感性で訴えかけている映画だと思う。
俺は捕らえられたね。
投稿者:映画ね・・・。投稿日:2003-07-04 21:45:39
友人がビデオを貸してくれた(借りたのではない)ので見ました。2回、見ようとしたのですが、2回とも30分で寝てしまい3回目は早回しで見ました。驚いたことに、この映画はそれでも十分にストーリーを楽しめ?ます。嫌みのない映画ですが、???です。友人(女性)曰く『女でないと分からないかも・・』だそうです。映像が黄色がかっていたので、古いビデオの色抜けかと思ってイライラしながら見ていましたが、オリジナル色なのだとか・・。もう1つ?付けちゃいます。
投稿者:なべ投稿日:2002-03-17 22:11:18
 はじめは不条理劇。途中はブレンダのイライラ振りに観ているほうまでイライラしてくる程。後半ジャスミンが小さな奇跡を起こし始めると俄然画面が良くなって引き込まれてしまいました。
 一種おとぎ話ですが、こんなストーリーもあっていいんじゃないかと納得させられる展開で、観終った後は豊かな気分にさせてくれます。モハヴェ砂漠という舞台設定がよく生きています。ドイツ人がこんな場所までやってきて、完成度の作品を作っちゃうというのが映画のボーダーレスな素晴らしいところでしょうか。
 主人公の女性二人は言う事なしですが、ジャック・パランスの枯淡の味がいいですね。この味が後のシティ・スリッカーズの演技に繋がっ手来るんでしょう。
 もう一人女刺青師でクリスティーネ・カウフマンが懐かしい!でもすっかり変わっていて昔の面影(隊長ブーリバの時は本当に可愛かった)はありません。
 トニー・カーティスと別れてからの人生はあまりいいものではなかったのかなあ・・・とシンミリさせられました。
投稿者:ゆき投稿日:2001-10-16 00:12:53
 公開当時、女性雑誌で「今年のナンバー1」と謳われていて、「これは見なくては」と思った。見終わった後「?」が一杯頭に浮かんだ作品。童話的なストーリーだし、確かに悪くは無い。でも、取り立てて素晴らしくもない。可もなく不可もないといった作品に感じた。主題歌は好きになったので買ったけど、映画自体は噂されてるほどではなかった。「シュガー・ベイビー」を後で見たけど、こちらの方が良かったです。
投稿者:Katsumi Egi投稿日:2001-09-01 00:00:15
 アドロン+ゼーゲブレヒトではドイツ時代の『シュガー・ベイビー』が、ひた
らすら可愛くて好きだ。『バグダット・カフェ』は、面白くなくはないが、これ
みよがしの映像で可愛くない。言うなれば、『第三の男』や『エデンの東』級の
嫌らしい画面だと思う。ゼーゲブレヒトよりもCCH・パウンダーの方が良い。

 みんな、マジック・アワーと「コーリング・ユー」に騙されてるんとちゃう?
http://www.page.sannet.ne.jp/egi/
投稿者:missy投稿日:2001-08-16 23:28:29
やっぱりいい、の一言です。
なんの起伏もないんだけど、この凪の感じがまたたまらなくいい。
人生なんて、そうそうドラマティックなことがあるわけじゃない。
ジャスミンみたいに旦那(家族)と喧嘩したり、ブレンダみたいに生活に疲れてたり。。
でも、日々の生活をきちんと、そして愛とユーモアがあれば、人生は素晴らしくなるんだって、しみじみ教えられる。
平凡な生活に飽き飽きした時、見ると元気が出てきます。
投稿者:zion投稿日:2001-03-25 01:36:09
黄色・赤・青がとても痛くてきれいです。
砂漠の砂が目に入りそう。
【受賞履歴】
(■=受賞、□=ノミネート)
□ 主題歌賞ボブ・テルソン作詞・作曲 Calling You
□ 外国映画賞 監督:パーシー・アドロン(西ドイツ)
■ 外国映画賞パーシー・アドロン 
【サウンド】
『コーリング・ユー』
歌 :ジェヴェッタ・スティール
【レンタル】
 【VIDEO】バグダッド・カフェレンタル有り
【広告】

【スポンサーリンク】



【スポンサーリンク】



allcinema SELECTION

allcinema SELECTION